汗管腫は治せる。汗管腫の、最新のレーザー治療,は,東京都,山本クリニック世田谷,が権威,名医で有名。








山本クリニック、 世田谷 東京都、の公式ホームページ
形成外科の公式ホームページ 山本クリニック、世田谷、東京都、のレーザー治療山本クリニック 、世田谷、東京都,のレーザー治療山本クリニック、 世田谷、東京都、のレーザーの知識 そして 山本クリニック、 世田谷、東京都、の酒さのレーザー治療相談掲示板山本クリニック、 世田谷、東京都,の酒さレーザー治療のホームページ山本クリニック、 世田谷、東京都















汗管腫の、最新のレーザー治療は,東京都の,山本クリニック世田谷が得意です。綺麗に治したいですね。 汗管腫の、最新のレーザー治療は、名医で有名な,東京都にある,山本クリニック世田谷,です。 汗管腫は治せる。汗管腫の、最新のレーザー治療,は,東京都,山本クリニック世田谷,が権威,名医で有名。 汗管腫は治せる病気。汗管腫の、最新のレーザー治療,は,東京都,山本クリニック世田谷,が権威,名医で有名です。 汗管腫の最新のレーザー治療は,QスイッチNd・YAGレーザー治療の,山本クリニック世田谷の独壇場です。 汗管腫には炭酸ガスレーザーは不適切。最新のレーザー治療の,東京都の,山本クリニック世田谷,が得意です。 下瞼にある1mm弱の沢山のツブツブは酒さの第2度なのです。汗管腫と間違われる。 最新の汗管腫のレーザー治療では、権威、名医で有名な,東京都にある,山本クリニック世田谷、にレーザー治療御願い致します。 最新の汗管腫のレーザー治療で名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 下瞼にある1mm弱の沢山のツブツブは酒さ:しゅさ,の第2度です。汗管腫(かんかんしゅ)と間違われます。東京都の,山本クリニック世田谷,でレーザー治療をされてください。 下瞼にある、1mm弱の沢山のツブツブを,炭酸ガスレーザーや,電気メスで治療すると大変な事になります。酒さ:しゅさなのです。酒さ:しゅさ,の名医で有名な、山本クリニック世田谷、東京都,にてレーザー治療をされてください。 汗管腫と間違われる下眼嶮の酒さ:しゅさ、のレーザー治療の名医で有名な山本クリニック世田谷、にレーザー治療を御願い致します。 汗管腫と間違われる、下眼嶮の酒さ、のレーザー治療の名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 汗管腫と間違われる下眼嶮の酒さ:しゅさ、のレーザー治療の名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 皮膚科を4件受診致しました。汗管腫であるとかないとか、よく判らない様です。酒さ:しゅさ、ではないでしょうか。 酒さ:しゅさ、名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷,にレーザー治療を御願い致します。 汗管腫(かんかんしゅ)のレーザー治療で権威、名医で有名な,東京都にある,山本クリニック世田谷,に最新の汗管腫のレーザー治療御願い致します。兵庫から週一回通院可能です。 レーザー治療では名医で有名でいらっしゃる,東京都の,山本クリニック世田谷,に 汗管腫について、またレーザー治療について、御教示をよろしく御願い致します。 汗管腫(かんかんしゅ)は、汗管腫といわれたときから。「誤診」が多いものです。ほくろの治療戦略ではだめ。QスイッチNd・YAGレーザーによるlaser rejuvenation:レーザー・リジュビネーショ=レーザー・リサーフエシングでやらなければだめです。 汗管腫(かんかんしゅ)は、汗管腫といわれたときから。誤診が多いものです。酒さ:しゅさ の第2度なのに汗管腫(かんかんしゅ)いわれてしまいます。東京都の,山本クリニック世田谷,にレーザー治療を御願い致します。 35歳女です。兵庫在住。 二十歳代から両目の下眼嶮(したまぶた)か ら鼻のわきにかけてプツプツができています。 ふえたりはしていません。 直径1mmくらいで、光ったかんじです。 はだと同じ色でツブツブがたくさんあります。 3件の近くの皮膚科では、3件とも汗管腫?と診断されました。 1件では治療が不能、1件では液体窒素・ のこる一件ではレーザー治療しかない。 使うのはCO2(炭酸ガス)レーザーで ひとつずつとっていくのもできる。 けれども、顔に赤い点々がのこることがある・との事でした。 私には疑問があります。 1・そもそも汗管腫ってどういう病気。 2・ネットではCO2(炭酸ガス)レーザーでとるのが多いが、 痛いらしい。赤くなるのもこまる。 汗管腫 とレーザー治療しかないことはわかりました。 以上ですが、 レーザー治療では、口コミからも名医でいらっしゃる 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生 に 汗管腫について、またレーザー治療について、 おおしえいただけないでしょうか。 ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは 私には酒さがあるお確信しております。 兵庫から週一回通院可能です。 できるようならば、名医で有名な,東京都,世田谷区の,山本クリニック世田谷,にて レーザー治療を御願い致します。 よろしくお願いいたします。   この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=115 です。 「汗管腫(かんかんしゅ)」につきましては・・ 確かにレーザー治療しかありません。 けれども [汗管腫]の正診断率は非常低く、 「御婦人」の「下眼嶮(したまぶた)」あるいは「上眼嶮(うわまぶた)」 になにかブツブツがあると、 無条件い、 [汗管腫(かんかんしゅ)]と診断されてしまいます。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 1・ まず 「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という 病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」 には、なにも、「汗の管」の意味はありません。」 と、いうことを覚えてください => 「「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、 「汗」とはなんの関係もない 「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきものであったのです。 「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳です。」 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、 増えもせず、あとは「化石」として残ります。 この化石はコラーゲンの塊でできています。そしてうずまきのような 形をしています。顕微鏡でみても「汗腺や汗管」の成分はみあたりません。 上記はなにを意味しているかというと、 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、生理の始まる前後にできるのだけれども 20歳を、すぎると、プツプツの中身は、「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 或いは「コラーゲンの「うず」」になっています。 だから、10台の方より、お年をめした30-40-50台の「御婦人」 の「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、もはや「生もの」ではなく、 「コラーゲンでできた化石でうずまきになっている」のです。 アンモナイトのようにコラーゲンでできた化石です。 この「うずまきの状態」は 、いわば一種の「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 とも考えられます。 本物の「汗管腫(かんかんしゅ)」のレーザー治療は、 「このうずまきをほぐしてあげる」レーザー治療をすることが 必要です。 すなわちコラーゲンのうずまきをターゲット にして、 QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)で。 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 という方法を、行います。 「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」 ということなのです。 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば 「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 には1回数(日)の 「ショット数」」は2両眼で、10000ショット が必要です・ 「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の1「皮膚のターンオーバー」 で「Qスイッチヤグレーザー」の「レーザー光照射」を くりかえす必要があること。 「熱レーザー「レーザー光照射装置」」の「CO2(炭酸ガス)レーザー」 「エコツー eCO2レーザー」のでは「治療戦略」は不可能です。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++ #1 ##!1 「35歳女です。兵庫在住。 二十歳代から両目の下眼嶮(したまぶた)か ら鼻のわきにかけてプツプツができています。 ふえたりはしていません。 直径1mmくらいで、光ったかんじです。 はだと同じ色でツブツブがたくさんあります。 3件の近くの皮膚科では、3件とも汗管腫?と診断されました。 1件では治療が不能、1件では液体窒素・ のこる一件ではレーザー治療しかない。 使うのはCO2(炭酸ガス)レーザーで ひとつずつとっていくのもできる。 けれども、顔に赤い点々がのこることがある・との事でした。 私には疑問があります。 1・そもそも汗管腫ってどういう病気。 2・ネットではCO2(炭酸ガス)レーザーでとるのが多いが、 痛いらしい。赤くなるのもこまる。 汗管腫 とレーザー治療しかないことはわかりました。 以上ですが、 レーザー治療では、口コミからも名医でいらっしゃる 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生 に 汗管腫について、またレーザー治療について、 おおしえいただけないでしょうか。 ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは 私には酒さがあるお確信しております。 兵庫から週一回通院可能です。 できるようならば、名医で口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科にて レーザー治療を御願い致します。 よろしくお願いいたします。」 との事です。 #2 ##1 まず 「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という 病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」 には、なにも、「汗の管」の意味はありません。 ##2 「汗腺腫瘍」とか「汗管腫(かんかんしゅ)」と、誤訳したのは 昔の日本の皮膚科の先生です。 ##3 御相談者御自身は「シリンダー」という言葉をご存じだと 存じます。 「シリンダー」は「空洞の円柱」のことです。 ##4 だから 「元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」」も、 古代ギリシャ語で「syrinxは=円柱」という意味なのです。 => にかしの日本の医師は、古代ギリシャ語は習いません。 だから、外国語の病名を日本語病名に翻訳すのにはとてもこまったはずです。 ##5 上述のごとく 「sylingoma:シリンゴーマ」の「sylingは円柱」「omaは=腫瘍」 ということなのですから。「円柱腫」と訳せればよかったのですが、 「汗管腫(かんかんしゅ)」になってしまったのです。 ##6 だから、おおよそ、 [汗管腫(かんかんしゅ)]と診断される先生の 大部分は、このような歴史をしらないで、ずっと、使ってこられたということになります。 ##7 事実、脳神経外科にも「脳腫瘍」に、「sylingoma:シリンゴーマ」性格には 「cyridroma:シリンドオーマ」という「脳腫瘍」があります。 これは文字通り、「円柱腫」と翻訳されています。 ##8 医療の世界では注射器を、「シリンジ」といいます。 同じ意味です。 ##9 #2で、以上から申し上げたかったことは、 「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、「汗」とはなんの関係もない 「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきもので、 「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳であったということです・。 ##10 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 ##11 ただし、以下、 [汗管腫(かんかんしゅ)]ですませます。 御了解ください。

» 続きを読む

|

眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたのレーザー治療で名医で有名な,東京都にある,山本クリニック世田谷。





山本クリニック、 世田谷 東京都、の公式ホームページ
形成外科の公式ホームページ 山本クリニック、世田谷、東京都、のレーザー治療山本クリニック 、世田谷、東京都,のレーザー治療山本クリニック、 世田谷、東京都、のレーザーの知識 そして 山本クリニック、 世田谷、東京都、の酒さのレーザー治療相談掲示板山本クリニック、 世田谷、東京都,の酒さレーザー治療のホームページ山本クリニック、 世田谷、東京都












まぶた,の二重や目頭の手術の,失敗傷痕は最新のレーザー治療。名医で有名な,美容整形,東京都にある,山本クリニック世田谷。 まぶた,の二重や目頭の手術の,失敗傷痕は最新のレーザー治療。名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 まぶた、の二重や目頭の手術の傷痕の最新のレーザー治療で、名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 ふたえ,や,目頭,の手術で失敗したときの最新のレーザー治療で名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 ふたえ,や,目頭,の手術の傷痕の最新のレーザー治療が得意の、名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 目頭,二重,の手術の傷痕で悩む。まぶたの,最新の,レーザー治療で,名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 ふたえの手術の傷痕で悩む。まぶたのレーザー治療で名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷。 眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたのレーザー治療で名医で有名な,東京都にある,山本クリニック世田谷。 山本クリニック,世田谷,にレーザー治療御願い致します。 上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な,東京都にある,山本クリニック世田谷,から本物のレーザーをけたい。 36歳女。長崎県在住。長崎から週一回通院可能です。 上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な,東京都の,山本クリニック世田谷,から本物のレーザーを受けたい。 36歳女。長崎在住。長崎から週一回通院可能です。
まぶた,の手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な,東京都にある,山本クリニック世田谷,から本物のレーザーを受けたい。 36歳女。長崎県在住。長崎から週一回通院可能です。




5年前、上まぶた1cm位の所から横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉を摘出、その部分が全体的に凹み、 中奥に表の瞼が癒着して凹んでいます。 美容整形をした医師にそれを相談すると、 凹みを治すにはその癒着をとるために瞼の1mm上を 全切開して癒着を綺麗に取り除き、脇から脂肪をとって注入するしかない。 全切開すると、白い傷痕が残ります。 きずあと・傷跡レーザー治療レーザーで評判の 世田谷区 山本クリニック・世田谷にレーザー治療御願い致します。 ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。 また。 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。




「上眼嶮(うわまぶた)」の「リジャブ」=rejuvenation・リジャビュネーション。上眼レーザー ------------------------------ 題名:上まぶたについて2
相談者:匿名希望 年齢:0 性別:女性 
地域:長崎県  上まぶたについて2

Wednesday, July 15, 2009 1:32 PM
相談掲示板の中で。
「御相談ログ番号」 50 でログ検索で検索をされてください。
あるい相談掲示板の中のはキーワード検索「上まぶたについて」
で検索されてください。






5年前、 上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。 美容整形をしたお医者さんにそれを相談すると、 へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。 と言われたのですが、 全切開すると、白い傷痕が残り、 脂肪もきれいに注入できるかわかりません。 でもまぶたの癒着をはがし、 脂肪がないところには注入しなければこの癒着とへこみは治らないでしょうか? 全切開しないで脂肪注入*もしないで癒着とへこみを治す方法はないでしょうか? *すみません。脂肪注入ではなく、脂肪移植でした。 でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか? 抜いたところには脂肪移植しないと元通りにはならないような気がします。 そこの所がよくわかりません。 脂肪移植しないでどうやって 新たな脂肪が生まれてくるのか、 そこをお聞きしたいです。 まぶたの全体的なへこみというのは、 脂肪と筋肉がないことによるものだと言われました。 レーザーで脂肪を増やすことは可能なのでしょうか? どうしても治したくて必死で御相談をしています。 現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?


  ログ番号50です。 A/ 御回答要旨 「御相談者」の「症状・症候」を御表現されている さまざまな御表現は。 適切な表現が思い浮かばないのですが。 「正確」とは思えません。 けれども 前回に「御回答」致しましたように。 「御相談者」に存在する 明確な「症状・症候」として「御記載」のある ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。 また。 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。 「御受け持ちの先生」も一生懸命で いらっしゃることがよくわかります。 けれども 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「超精密機械」に対して 「re-do:リドゥー:再手術」を 御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりの「症状・症候」である のであれば。 もう「re-do:リドゥー:再手術」としてメスをいれるべきではないです。 下記に少し詳しく説明到します。


B/詳しい「御回答」1 「5年前、上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 との事です。 「5年前、上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい」 との事ですが 非常に不思議におもえることがいくつかあります。 この御相談者の御相談内容要旨御記載の「局在部位」 が御相談者の御相談内容要旨御記載どおりであるとすれば。 => 「上眼嶮(うわまぶた)」の中央部位ですから には 「脂肪組織」はありません。 「脂肪と筋肉をとってしまい」の「筋肉」はなんという筋肉 なのでしょうか。


B/詳しい「御回答」2 まぶたは表面から順に、 皮膚、 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 「眼瞼挙筋〈がんけんきょきん〉」 「ミュラー筋」 「眼瞼結膜〈がんけんけつまく〉」 という層状の構造になっています。 人体のほかの部分は皮膚の下に脂肪があってその下に筋肉があります。 まぶたは「皮膚」のすぐ下にも筋肉があり脂肪組織はありません 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 眼嶮は「超精密機械」であり「軽くできています」。 この「超精密機械」としての 特殊な構造が微細な動きを可能にしているのです *まぶたでも眉毛や頬に近いほうには脂肪があります。 「美容整形をしたお医者さんにそれを相談すると、 へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。 と言われたのですが、 全切開すると、白い傷痕が残り、 脂肪もきれいに注入できるかわかりません。」 との事です。 「癒着:adhesion:アドヒージョン」は「形成縫合線」には 必ず「発生」致します。 「切創」は 「癒着:adhesion:アドヒージョン」によって「縫着:ほうちゃく」 が完成到します。 だから一度「癒着:adhesion:アドヒージョン」が完成した 組織を再度「前回の「形成縫合線痕」にそってはがす」ことは まず「不可能」です。 もしも 行う場合は「顕微鏡手術」で行う手術方法で行います。 「へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。」 は。 極めて判りやすく言えば 「その部位の何らかの「組織欠損」」が「病態」である。 そして 「癒着:adhesion:アドヒージョン」は 関係ないのではないでしょうか。


B/詳しい「御回答」3 「でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか?」 脂肪組織に関しては 「脂肪注入」にしろ「何にしろ」。 人体から「とりだした段階」で「その組織は死にます」。 「脂肪注入」のあと「脂肪」は「脂肪」としてのこるわけはありません。 「脂肪注入」の脂肪は「真皮の「マクロフアージ;macrophage」あるいは 「貪食細胞」という「白血球」の一種」にたべられて 自然に「消滅」到します。 「御自分」の脂肪組織とはいえ「注入」にしろ「脂肪移植」 (という概念も用語もありませんが) は体内にはいってその瞬間から「異物」としての反応を起こします。 そして結局線維芽細胞という細胞におきかわり 線維化がおきます。 これが「瘢痕:はんこん」の「状態」です。 「でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか?」 => 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 の「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で。 「なにもないところに」 「脂肪組織:adipose tissue」や「筋肉:muscle」 ははえてきませんが。 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 の「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で。 今現在そこのある 「脂肪組織:adipose tissue」や 今現在そこのある「筋肉:muscle」を 増やすことも減らすこともできます。*


B/詳しい「御回答」4 * ------------------------------ ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 で「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」で 殿部の「レーザー光照射」により 「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」はきえたのですが 「皮下結合組織」および「脂肪」までとんでしまい 「親指のさき」がはいるくらいの空隙ができて凹んでしまわれた 「御婦人」の患者さん がいらっしゃいました。 => ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 の「御受け持ちの先生」から 「水疱瘡の痕」くらいならなんとかなるが「これほど大きい」 と「「レーザー光照射」では不可能」といわれたそうです。 当院の「レーザー光照射」ですっかり改善されて ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 の「御受け持ちの先生」から「これはどのようにして!」 と絶句されたそうです。 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 のやりかたで「プラス・マイナスを逆にすれば」 「皮下結合組織」や「脂肪組織:adipose tissue」を 減らすこともできます。 ------------------------------


» 続きを読む

|

«修正,修復の美容外科の名医は、東京世田谷の、山本クリニック世田谷が評判がとても良いです。