« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

「インフルエンザノワクチンの予防接種」と「インフルエンザ」のウイルスについて教えて下さい。また「麻疹:はしか」「水疱瘡:みずぼうそう」=「水痘:すいとう」や「おたふくか:munps:ムンプス」などは1回の「ワクチン」でいいのに。なぜ「インフルエンザノワクチンの予防接種」は毎年必要なのでしょうか?「インフルエンザ」の「ウイルス:virus」についても教えていただけますか

大変奥の深い御相談です。
うまくご説明できるとよろしいのですが。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「インフルエンザノワクチンの予防接種」の
「ワクチン」の製造には
インフルエンザという「ウイルス」の
「生物学的にもとりわけて原始的な特異性」
から
「9ヶ月」という製造期間が必要なのです。
そして日本の場合「諸事情」から「厚生労働省」の検定に「3ヶ月」
必要です。
結局「インフルエンザノワクチン」を「1つ」
つくるのに「1年という期間」必要なのです。

今現在は「10月」です。
だから
「来年分の「インフルエンザノワクチンの製造」はもう
はじまっています。

インフルエンザのワクチンには製造会社の
出来・不出来があります。
「うまく出来たもの」が
「その年の「株」」になります。

確か昨年か一昨年に日本のインフルエンザワクチン
製造会社(2社ある)の「1社」が「すべて失敗」して
しまいました。
よって
「その年の「株」」が「残り「1社」の株」になりました。

「インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。」
との事です。=>

「毎年・毎年新薬を作る」ということは
「衛生行政」の「心情」からは「ストレス」
が極めて大きいものです。
そして。
特に日本の場合は「医療行政のレベル」の「性格」から。

「国家検定になんらかのミス」があり「副作用」
が「国家責任」になると「困る」。
=>
「接種の「回数を少なくしたがる」。
「有効期間」も他の「ワクチン」は「3年間」です。
「有効期間」も「1年間」に短縮すれば
「副作用報告」の「行政対応」のしかたも
非常に「極めて楽になります」。

上記の様な理由・事由から
「インフルエンザノワクチン」の「力価」は
他の
「おたふくか:munps:ムンプス」
「風疹」
「水疱瘡:みずぼうそう」=「水痘:すいとう」
「麻疹:はしか」の
ワクチンとは比較にならないほど「力価:パワー」が弱く
作られている。

だから今年に
「インフルエンザノワクチンの予防接種」を受けられても
「1年間」くらいしか持ちません
(2回法でです)

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「インフルエンザのワクチンの予防接種と
インフルエンザについておしえてください。

インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。

おたふくなどは1回やればよいとされています。

要領の悪いご質問ですみません。
御忙しい所をお時間があれば教えて下さい。」
との事です。

#2
##1
「インフルエンザノワクチンの予防接種」の「治療戦略」
については。

##2
「インフルエンザノワクチンの予防接種」「治療戦略」
の当初から
1・
固体の罹患を予防する目的
2・
或は「国規模による集団の罹患}=「パンデミック」
を予防する目的

「2つ」の「治療戦略」があります。

これらの「治療戦略」を「理解」するためには。
=>##3

##3
「インフルエンザ」という「ウイルス」
の「生物学的特徴についての正しい知識」が
極めて重要になります。

##4
マスコミから流布される情報は
止むを得ずも何故か
間違いが極めて多いものです。

#3
##1
まず
「ウイルス」には極めて特殊な特徴があります。
「遺伝子情報」の伝達には「2つの核酸」すなわち
「DNA」或は[RNA」が必要です。
「ウイルス」というのは「2つの核酸」すなわち
「DNA」或は[RNA」のどちらか・
「片方の「核酸」しか持っていない」という
「驚愕的な特性」があります。

##2
インフルエンザウイルスに関しては
「RNA」しかもっていません。
「DNA」は宿主にくっついてから作られます。

##3
宿主に罹患して初めて
「DNAを作り始める」。
=>
正確には
宿主に接着して初めて
「DNA」=「遺伝子或は生物としての個性」を作り始める。
=>##4・##5

##4
だから生物学的により原始的なインフルエンザの「A型」には
時として「変異」が発生する」。
「時として」です。
俗にいう
「頻々とではありません」。

##5
また「宿主に接触するまで」は生物・「生命体」を
定義づける「DNA」がありません。
=>##6

##6
「ワクチン製造」に際しての
「モデルウイルス」があっても「結局」絵空事になる。
「上手く出来たもの」が「その年の「株」」
ということになります。

##7
「B型」インフルエンザは「抗体価」が
安定化して出来やすい。

##8
一方では
「A型」インフルエンザ「抗体価」が
「不安定」です。
「B型」より「原始的」だからです。

##9
因みに
「C型」インフルエンザというものもあります。
=>##10

##10
「C型インフルエンザ」は「特殊であり」「良性であり」
「小児」が罹患する「病態」のインフルエンザウイルスです。

俗にいう「インフルエンザ」の「範疇(はんちゅう)」では
大きな問題がありません。

#3
##1
インフルエンザの「医学的予防」の「治療戦略」は
1・「個々人を予防するか」
2・「集団・団塊を予防するか」=
「かつてスペイン風邪と呼称され世界中で
沢山の死者をだすような流感」=「パンデミック」
と呼称致します。=>
「パンデミック」を予防するか。

「2つの大きな」予防の「治療戦略」があります。

##2
パンデミックを起す場合インフルエンザは
「A型」のみ・です。

##3
「インフルエンザノワクチンの予防接種」に関しては
「欧米諸国」では。
「「2・」のパンデミックの「予防」の「治療戦略」
から入り。その後に
「1・」の個々の「固体「予防」」の「治療戦略」
にはいります。

##4
さいわいなことか。
「本邦」では世界でも先進国の中ではでは「極めて稀な」
「島国」のため。
「パンデミック」の「歴史」がありません。
「怖さをしりません」。

##5
「SARS:サース・サーズと発音:
新型肺炎:Atypical Pneumonia,:非典型肺炎」
のときもそうでした。

#4
##1
上記のようにインフルエンザに限らず
「ウイルス」は核酸が「DNA」「RNA」のどちらか
しかありません。

##2
「おたふく」や「風疹」や「水痘」も
そうですが。
これらは「安定した抗体価を作りやすい」。
これは
「おたふく」や「風疹」や「水痘」が
「はるかに進化したウイルス」であるからなのです。

##3
インフルエンザも「B型」は
比較的「安定した抗体価」を作りやすい。
「B型」はインフルエンザといっても
元来弱いインフルエンザですが「生物学的には」「A型」
よりは進化している。

##4
上述のように
インフルエンザは「RNA」しか核酸を持っていない。
よって
極めて判りやすくいえば
固体にくいついてから「初めて」
「DNA」=「遺伝子」=「増殖情報」
を完成さ「正体をあかします」。

##5
「ウイルス」は「細菌」よりも
「遥かに原始的な生物」
(「生物」かどうか「インフルエンザA」
ではいまだに議論がある)のです。
=>##6

##6
「ウイルス」の中でも「インフルエンザウイルス」
は「とりわけ原始的なウイルス」です。
すなわち
チャールズ・ダーウィンの「進化論」の
「種の保存」に全く従いません。

#5
##1
インフルエンザワクチンの場合。
「ワクチン」の製造も
「同じウイルスの風疹・「麻疹:はしか」
「水痘:すいとう」「おたふくか:munps:ムンプス」
等の「高度に新化」したウイルス
に比較すれば。

##2
「インフルエンザノワクチン」の「製造」に関しては。
「極めて「どのようにしてつくるか」の「考え方と現実は難しい・」。
「うまくつくればもうそれでいこともあります」。
=>##3

##3
その結果「ワクチン」の「出来・不出来」が
出てしまいます。
「この結果」を「上手く出来たもの」を「今年の流行株」
と呼称することになるのです。
(作ってみればわかりますが「○○株を作って△△株に
ばける・などしょっちゅうです)

##4
このようにして「インフルエンザワクチン」は
「極めて「どのようにしてつくるか」の「考え方と現実は難しい」
から「製造に9ヶ月」という「月日」が必要である。
「9ヶ月」です!。

##5
(本邦では更に「国家検定」に「2-3ヶ月」が必要
だから本邦では「12ヶ月」。
「インフルエンザノワクチン」の製造に「1年間」の「時間がかかる」
ということになります。

#6
##1
「インフルエンザノワクチン」は「薬事法」では
「毎年」「新薬」ということになります。
このことは極めて重要です。
「新薬」を「治験なく用いることは不可能」だが
ここの過程は「省略」。

##2
「毎年・毎年新薬を作る」ということは
「衛生行政」の立場。「心情」からは「ストレス」
が極めて大きいものです。

##3
因みに
「合衆国USA」では予防接種の代わりに「点鼻薬を持たせます」

##4
だから「合衆国USA」ではインフルエンザ予防接種回数は
極めて判りやすくいえば
「無限大」回数です。有効期限2年。

#7
##1
インフルエンザの「医学的予防」の「治療戦略」は
1・「個々人を予防するか」
2・「集団・団塊を予防するか」=
「かつてスペイン風邪と呼称され世界中で
沢山の死者をだすような流感」=「パンデミック」
と呼称致します。=>
「パンデミック」を予防するか。

「2つの大きな」予防の「治療戦略」がある。

パンデミックを起す場合インフルエンザは
「A型」のみです。
「欧米諸国」では
「「2・」のパンデミックの「予防」の「治療戦略」
から入り
「1・」の個々の「固体「予防」」の「治療戦略」
にはいる。

##2
「本邦」ではさいわいにして「島国」である。
「パンデミック」の「歴史」がなく
「パンデミック」の「怖さをしりません」。

##3
インフルエンザは「RNA」しか核酸を持たず
固体にくいついてから
極めて判りやすくいえば
「DNA」=「遺伝子」=「増殖情報」
を完成させます。
=>##4

##4
「ウイルス」は「細菌」よりも
「原始的な生物」(「生物」かどうか「インフルエンザA」
ではいまだに議論があるが。)と
であるにまちがいありません。

##5
「ウイルス」の中でも「インフルエンザウイルス」
は「原始的なウイルス」です。
チャールズ・ダーウィンの「進化論」の
「種の保存」に従いません。

#8
##1
インフルエンザワクチンの場合。
「ワクチン」の製造も
「同じウイルスの風疹・「麻疹:はしか」
「水痘:すいとう」「おたふくか:munps:ムンプス」
等の「高度に新化」したウイルス
に比較すれば
「極めて「どのようにしてつくるか」の考え方は難しく」
その結果「出来・不出来」が
出てしまいます。「この結果」を「今年の流行株」
と呼称するのです。

このようにして「インフルエンザワクチン」は
「極めて「どのようにしてつくるか」の考え方は難しい」
から「製造に9ヶ月」が必要なのです。
「9ヶ月」です!。
(本邦では更に「国家検定」に「2-3ヶ月」が必要
だから本邦では「12ヶ月」製造に「時間がかかる」
ということになります。

##2
来年の分の製造はもうとうに日本では
始まっています。

##3
「毎年・毎年新薬を作る」ということは
各国家の「衛生行政」の「心情」からは「ストレス」
が極めて大きいものです。

特に日本の場合は「医療行政のレベル」の「性格」から。

「国家検定になんらかのミス」があり「副作用」
が「国家責任」になると「困る」。
=>
「接種も「回数を少なくしたがる」。

##4
因みに
「合衆国USA」では回数は「点鼻薬を持たせます」
だから「合衆国USA」ではインフルエンザ予防接種回数は
極めて判りやすくいえば
「無限大」回数です。

#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「インフルエンザノワクチンの予防接種と
インフルエンザについておしえてください。

インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。」
=>
上記御回答致しました。

##2
「インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。」
=>
上記の様な理由・事由から
「インフルエンザノワクチン」の「力価」は
他の
「おたふくか:munps:ムンプス」
「風疹」
「水疱瘡:みずぼうそう」=「水痘:すいとう」
「麻疹:はしか」の
ワクチンとは比較にならないほど「力価」が弱いのです。

##3
だから今年に
「インフルエンザノワクチンの予防接種」を受けられても
「1年間」くらいしか持ちません
(2回法でです)

##4
因みに「毎年「「インフルエンザウイルスの株がかわる」
は極めて判りやすくいえば
間違いです。
=>##5

##5
インフルエンザワクチンの場合。
「ワクチン」の製造も
「同じウイルスの風疹・「麻疹:はしか」
「水痘:すいとう」「おたふくか:munps:ムンプス」
等の「高度に新化」したウイルス
に比較すれば
「極めて「どのようにしてつくるか」の考え方は難しい」。
=>
その結果「出来・不出来」が
出てしまいます。
うまくできたもの「この結果」を「今年の流行株」
とせざるをえないのです。

ps
-------------------------------
インフルエンザウイルスにはA・B・Cの3型があります。
このうちA型とB型がヒトのインフルエンザの原因になり
ます。

C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になります。
(C型インフルエンザと呼ばれます。
毎年世界的な大流行を起こす
「一般的な生活の中で呼ばれるインフルエンザ」とは
症状や原因ウイルスの性状の点でも差異が大きいものです)

A型とB型のウイルス粒子表面にある「ヘマグルチニン」=
「(赤血球凝集素、HA)」と「ノイラミニダーゼ(NA)」という
糖蛋白は変異が大きくて。
「インフルエンザの種類の多様性」の要因となっています。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多い
のです。

これまで
1・
HAに16種類、
2・
NAに9種類の大きな変異が見つかっています。

その組み合わせの数の亜型が存在しうることになります。
これらの亜型の違いはH1N1 - H16N9 といった略称で表現
致します。

但し、これらの中で「ヒトのインフルエンザ」
の原因になることが明らかになっているのは。
1・
2005年現在でH1N1、H1N2、H2N2、H3N2の4種類のみです。
2・
この他に、H5N1、H9N1などいくつかの種類が
ヒトに感染した例が報告にあります。
けれどもヒトからヒトへの伝染性が低く大流行には至りません
でした。

いずれ新型インフルエンザが定期的に大流行を起こすことは
予言されつづけています*。

ヒトに感染しない亜型のウイルスは、
「鳥類や他の哺乳動物を宿主」にしていると考えられています。
とりわけ水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっています。
よって自然宿主として「水鳥」は重要な地位を占めていると
考えられます。

また同じH1N1であっても、
さらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なります。

「年によって流行するウイルスの型は異なる」というのは
「理論」でも「結果論」でもありません。
「毎年の予言のようなものです」*。
(長期的には「いずれ新型インフルエンザ」
が定期的に大流行を起こすことは
これまでもずっと予言されつづけています*。)

大流行をした欧米の重傷インフルエンザ患者さんの
すべてに「HAとNAの変異」を「検査」されているわけでもなければ
自然宿主として「水鳥」の各種をすべからく調査されたわけでも
ありません。

日本は幸いにして島国でパンデミックは
「欧米諸国」のように「深刻感」がありません。
けれども水鳥の飛来に合わせてインフルエンザ
の予防接種体制をリンクさせることは重要な
課題であるはずです。
-------------------------------

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年10月28日 10時29分41秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
インフルエンザのワクチンの予防接種と
インフルエンザについておしえてください。

インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。

おたふくなどは1回やればよいとされています。

要領の悪いご質問ですみません。
御忙しい所をお時間があれば教えて下さい。

2007年10月21日 22時7分38秒

[2007年10月21日 22時7分38秒]

|

35歳女性。大阪在住。大阪から週一回通院可能。鼻酒さで悩んでいます。鼻酒さレーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に鼻酒さのレーザー・レーザー治療・レーザー外科を超高性能Qスイッチレーザーで御願い致します。

御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談ですね。
また
「大阪府」を始め関西方面から「レーザー光照射」で御通院中の患者さん
は多いものです。
御相談者の御相談内容要旨御記載から御相談者の御相談内容要旨を
把握して御回答させて頂きます。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。」

大きな「補足事項」は思いに当たりません。

本邦では
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
皆様
御相談者と同じくに苦労されています。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の「つつましやかな・澄みとおる
お心持ち」が伺えます。
しいての補足事項とてありませんが
「レーザー光照射」の「回数(日)」ぼつどに
毎回さまざまに御話しをさせて頂きます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。

私の鼻以外にも額や頬にも酒さがありますが一番困っているのは鼻です。

私も昨年ようやくだまって受診した大学病院の皮膚科で
初めてすぱっと酒さですと診断され山本先生の仰るように
「鼻が一番強いですね。あと額と頬そして顎にも酒さがあります
第I度で紅斑酒さです」と診断されました。
そこの大学病院の皮膚科では
「レーザー以外は治療法はないが今そこの大学には酒さのレーザー
もおいてはいないし診てくださった先生御自身も含めて
酒さのレーザーのできる先生もいない」といわれました。
ちょっとずるかったかなとも思いつつ
毛細血管拡張症でしょうかと聞くと
「いや酒さと毛細血管拡張はちょっと違うので赤ちゃんの
毛細血管のレーザーではできません」といわれ逆にほっとしました。

昨年まで10年近く結果としてはあちこちの美容外科や形成外科を9件くらい
(正確に施術をしていただいたのが5件・施術を希望しなかった美容外科
は4件あります)回りました。

どこの美容外科や形成外科もきまりきって「赤ら顔」という診断で
きまりきって「毛細血管拡張症」が原因といわれます。

藁をもすがる思いでしたから「赤ら顔」の診断でもいいから
酸ピーリングもしたしイオン導入もしたしレーザーもしました。
Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。

3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60-70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。

山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。
来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))

酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。

お忙しいところを申し訳ございません。」
との事です。

#2
##1
「鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。」
=>
「10年間」に「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」

で「赤」を強調はされていないので
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」
で御苦労されていたことが
とてもよく判ります。

##2
「私の鼻以外にも額や頬にも酒さがありますが一番困っているのは鼻です。」
との事です。
=>
御相談者の御相談内容要旨御記載の
大学病院の「皮膚科科外来」の「皮膚科専門医先生」の
お話と「あわせれば」。
「症状・症候」が強いのは
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
ではあるけれども。

「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
と一通りの「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
を御持ちであることがよく判ります。

##3
「私も昨年ようやくだまって受診した大学病院の皮膚科・・略・」
から
と大学病院の「皮膚科科外来」の「皮膚科専門医先生」の仰られた
とおりに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「レーザー光照射」以外の「治療戦略」は
ありません。

##4
「「レーザー以外は治療法はないが今そこの大学には酒さのレーザー
もおいてはいないし診てくださった先生御自身も含めて
酒さのレーザーのできる先生もいない」といわれました。
との事です。
=>
実直な先生で宜しかったです。
「「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射装置」」
といえば限られますし。
「レーザー光照射装置」はあったとしても
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」が
可能な先生はいない。
=>
当然ながら
「大変に実直な先生」に「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
と診断されて宜しかったです。

##5
「ちょっとずるかったかなとも思いつつ
毛細血管拡張症でしょうかと聞くと
「いや酒さと毛細血管拡張はちょっと違うので赤ちゃんの
毛細血管のレーザーではできません」といわれ逆にほっとしました。」
=>
「ちょっとずるかったかなとも思いつつ」
とは御相談者は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「もうさいけっかんかくちょうしょう」
ではないことの知識がおありになったから。
=>
「「いや酒さと毛細血管拡張はちょっと違うので赤ちゃんの
毛細血管のレーザーではできません」といわれ逆にほっとしました。」
とは
「お受けもちの先生」が明確に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を「あかちゃん」の
「イチゴ状血管腫」のような「毛細血管:もうさいけっかん:capillary」
の「塊かたまり」とは違う・
と「おっしゃられ」
=>
治療は不可能ではあるけれども
正しい「診断戦略」の先生にであわれてほっと
されのであろうと思います。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。
当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

#3
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりに悩まれるものです。

##2
その原因は
###1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しては「皮膚科専門医」先生でも
「皮膚科専門医先生」御自身が詳しくないことが極めて多い。

###2
知識の「有無」の問題だけではないのだけれども
結果御相談者のように明確にレーザー治療・レーザー外科以外に
治療法のない
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であっても。
単純に「赤ら顔」といった
医学用語ではない
適切な表現が思い浮かばないのですが
素人レベルの「診断レベル」で「難易度の高い「病態」」に
挑み
「「できないはずの」治療」をしようとしても患者さんは
この状況に気づかないはずはなく苦しむ。

###3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合に限らず。
「皮膚科専門医」先生が」
「レーザー光照射装置」の「レーザー光照射」を修練されたこともなく
全く御経験もないことがあります。
=>
このような場合
患者さんのほうが「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
のレーザー治療・レーザー外科に関する知識は「遥かに高い」という
他のレーザー治療・レーザー外科の適応になる「病態」とは異なる」
「逆さや現象:ぎゃくさやげんしょう」が発生するために。
=>
患者さん御自身が医師との「対応」に疲れるようになります。

###4
「レーザー光照射」自体の難易度が最も高い「病態」の一つが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
用いる「レーザー光照射装置」も
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
であり患者さん自身がさまざまな「レーザー光照射装置」
の中でも始めて体験する「レーザー光照射」になる。
この「感覚」は
何回か患者さんが皮肉にも「藁をもすがる思いでその結果失敗しないと」
到達できない「感覚」です。

###5
その他

##3
##2のように
このようにして「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
患者さんは
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」で
辛い思いをされながら。
藁をもすがる思いで「間違った治療法」でも
とびつき「ひどくなり」の輪からぬけだすまでに
「決断」がつくまでに・時間が必要になります。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。

##5
当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

#4
##1
「昨年まで10年近く結果としてはあちこちの美容外科や形成外科を9件くらい
(正確に施術をしていただいたのが5件・施術を希望しなかった美容外科
は4件あります)回りました。

どこの美容外科や形成外科もきまりきって「赤ら顔」という診断で
きまりきって「毛細血管拡張症」が原因といわれます。」
との事です。
=>##2

##2
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」は
「血管腫」です。
生まれたときから存在する「血管腫」の一種です。

##3
「御顔」に
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」が
できているとあれば
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
でしょうか・と
患者さんは「お受けもちの先生」にたずねてもよいと
思います。
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」は「そう簡単に「御顔」にでたら大変です」。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。
これに「踊らされてはいけない」と今の私は考えます。

##5
当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

#5
##1
「藁をもすがる思いでしたから「赤ら顔」の診断でもいいから
酸ピーリングもしたしイオン導入もしたしレーザーもしました。
Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」
=>##2以後

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「脂腺疾患:しせんしっかん」
です。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が
複数の
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん]
の周囲に断面「ちくわ状」に増殖して
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」を
形成し
この「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の集簇
の「断面」が総合的に「御顔」の赤みとして「症状・症候」として
でるものです。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」のような
「血管腫」ではありません。

##4
だから「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」
と間違えられて
「Vビームレーザー」を「レーザー光照射」されれば
「血管」自体は赤くなりません。
=>##5

##5
「Vビームレーザー」は「「血管腫」のレーザー」
ですが「血管」自体は赤くなく白いものです。
毛細血管とて同様です。
「血管」の中を流れる「赤血球=「赤い」」のを利用して。

##6
毛細血管内を流れる「赤血球=「赤い」」を
破壊してその余剰「エネルギー」にて血管壁を破壊するものです。

##7
本物の「血管腫」の場合は
「Vビームレーザー」で血管を破壊する必要があり
そのための「Vビームレーザー」ですが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「血管腫」では
ありませんから
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんに
「Vビームレーザー」を照射すれば
当然「皮下内出血」を起します。

##8
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。

当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

#6
##1
「藁をもすがる思いでしたから「赤ら顔」の診断でもいいから
酸ピーリングもしたしイオン導入もしたしレーザーもしました。
Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」
との事です。

##2
「Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」
との事です。

##3
「血管腫」ではない患者さんを
「Vビームレーザー」で欺(あざむ)けるのは
「4・5回」が限界でしょう。

##4
「4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」

「貴方の体質は「Vビームレーザー」に合わない」
「もうこないで下さい」
は「強い口調ではなかったとは思います」。

##5
けれども内容は極めて「わかりやすい」ですね。
「いわばマニュアル化された「御話しのしかた」」
なのであろうと今の私は考えます。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。

当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

#7
##1
「「32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。」
=>
有難うございます。

##2
「3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60-70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。」
=>
宜しかったです。
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。

##3
「山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。」
との事です。
=>
「レーザー光照射装置」による「レーザー光照射」の必要のある
患者さんの「症状・症候」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
であれば或いは「傷痕」であれば
「御話しを御電話で伺えば」まず100%に近く把握できます。
=>
「レーザー光照射」の方法や「テクニック」は
毎回の「症状・症候」でどんどん変わります。
=>
患者さんが「しっかりと決断され」
「高い「御費用」を払われて」「レーザー光照射」の
ご希望があれば。
私も「まな板の上の鯉」にならざるを得ません。

##4
「来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))」
との事です。
=>
是非とも「おあがりいただければ宜しかったのに」
と思います。
どうぞ「肩の荷」をおろされてリラックスされて
お越し下さい。

#8
##1
「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。

お忙しいところを申し訳ございません。」
との事です。

##2
「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。」
との事です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんに限らず
「レーザー光照射」を「しっかり受けたい」という患者さんは
皆様「身をもって体験した知識が沢山つまっています。」
=>##3

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載から
御相談者が「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。」
の状況がとてもよく
眼に浮びます。

##4
私の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「レーザー光照射」を受けられるうちに
「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。」は
「さらに上質な情報に書き換えられていかれる」と
今の私は考えます。

##5
「今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。」

「照射回(日)は週一回(日)のペース」で規則正しく
また「レーザー光照射」の定刻横着時間より
余裕をもって「お早めに」ということと
「「レーザー光照射」にはガッツが必要」ということを
何卒に御理解下さい。

##6
あと
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「脳神経外科専門医」の眼からみると
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の患者さんの
「85%」に「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を御持ちであり。
「皮膚外科医師」の眼からみると
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの
「15%」に「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
を御持ちであることが多いものです。

##7
これらは「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんにある
「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害と共に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副症状」と
呼称されます。
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
[2] [2007年 1月17日 20時13分51秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html
を是非ご一読下さいませ。
=>
一部
コピー致します。「★★★御参照頂けますか。★★★」

#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「もうさいけっかんかくちょうしょう」のような
「血管腫」ではありません。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」=
「脂腺疾患:しせんしっかん」を間違われて
「色素レーザー;ダイレーザー」や
「Vビームレーザー」
(「Vビームレーザー」も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。)
を照射されると大変なことになります。

##4
「32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。
・略・」
=>
有難うございます。

「3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60-70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。」
=>
宜しかったですね。

##5
「山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。
来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))

酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。」
=>
上記御解答致しました。
御相談者は「判断」も鋭く「付け加えることは今現在思いに当たりません。

##6
御予約の御電話をお待ち致します。
医療事務・受付嬢は既に御相談者の「御電話の件」
把握致しております。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の「つつましやかな・澄みとおる
お心持ち」が伺えます。

##8
しいての補足事項とてありません。
「レーザー光照射」の「回数(日)」ぼつどに
毎回さまざまに御話しをさせて頂きます。

##9
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。

##10
のう御読みになられているとは存じますが
ps
もう一度眼を通されて下さい。

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます(再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば
1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。

##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「★★★御参照頂けますか。★★★」++++++++++++++++

緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「とくちょう」について1

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは多いものです。
けれども
「緊張型」は「ふわふわ」「しめつけ感」「くらくら感」
「肩こり・頸こり・背中こり」」と「頭痛以外の「御自覚症状」」
でくることが大部分です。

そのために
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。
脳CT・MRIで「「異常所見」無し」
のまま。
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
二番目に困るのは
「心療内科「病態」」「精神科「病態」」と間違えられることです。

この
URL
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴その他につき御記載致します。御参考になれば何よりです。

++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「とくちょう」
は正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」であるという
ことです。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは多いものです。
けれども
「緊張型」は「ふわふわ」「しめつけ感」「くらくら感」
「肩こり・頸こり・背中こり」」と「頭痛以外の「御自覚症状」」
でくることが大部分です。

そのために
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。
脳CT・MRIで「「異常所見」無し」
のまま。
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
二番目に困るのは
「心療内科「病態」」「精神科「病態」」と間違えられることです。

これらは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「臨床神経診断学」上のほんの一例であり
今後さまざまな編集をかさねてまとめていきたいと
考えます。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++

#1
さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#2
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには
特有の「しびれ感」=「緊張型しびれ」(あだ名です)
があります。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。

##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。

##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。

##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。

#4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは
「「ぴくつき」と「しびれ」と「ふわふわ感」でとても悩んでいます。」
というように特有の「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」
が御座います。
##1
肩と背中がものすごく、こっているかたの場合
「適切でない内服薬」を処方されて内服された場合「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」
がでやすいことがあります。
パ○シルなど事例が多いです。

##2
##1の場合
2日-5日位の内服後からまず左上腕部がピクピクすることが多いものです。

##3
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
1日近くピクピクしています。

##4
落ち着いてきたなと思ったらまた体のあちらこちらが
ぴくぴくしだすのも特徴です。

##4
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
手・足・背中・わき腹・また唇や口の周辺或は眼嶮周囲にに出現いたします。

##5
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
ほとんどが1瞬で終わります。長くても10~15秒位の持続時間で御座います。

##6
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
運動したり、歩いたり、何かに気を取られている時は感じられないことが多いものです。

##7
体を休めているときや、じっとしているときにピクツキが気になります。

##8
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)
することが多いです。

##9
##8の「時期」=「タイミング」をすぎる・或ははずれると
その頃から比べれば若干1日にピクツク回数は減ったように思われることが
御座います。

##10
けれども「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
依然、毎日続くことが多いものです。

##11
その日によって場所はさまざまです。

##12
通常体のピクツキ以外他の症状は何も「御自覚症状」としては乏しいのが
特徴です。

##13
会話も普通に出来ます。握力も低下していません。
歩行や走ったり普通に出来ます。

##14
脳CT・MRI或は、血液検査もしましたが「「異常所見」無し」とされることが
多いものです。。

##15
大学病院などの総合病院の脳神経外科を御受診されても
異常は無いとのこととされ頭をかかえる患者さんは多いものです。

#5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの最たる特徴に
「めまい感」があります。

##1
「緊張型めまい」(あだ名です)は「仮性眩暈(ふわふわ感)」できます。

##2
めまいには「真性眩暈」と「仮性眩暈(ふわふわ感)」があります。

##3
「仮性眩暈(ふわふわ感)」は時として「真性眩暈」よりも
「症状・症候」が「唐突」で「不気味であり」一体何が起こったのだろよ
おもわれることがあります。

##4
「緊張型」の患者さんの場合88%は「回転性の眩暈」できます。

##4
急に事務仕事をしていて鋭角的に体がシフトするように感じられるときが
あります。

##5
患者さんは「真性眩暈」と思っていても
平衡機能検査では「内耳神経=前庭神経」の「「異常所見」無し」
とでることが多いものです。

##6
「緊張型」の患者さんの「緊張型めまい」(あだ名です)の場合
「メリスロン」「アデホスコーワ:adenosine triphosphate diosdium:ATP」
が投与なども検討されることございます。
全く「効果」はありません。

##7
適切な「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「治療戦略」により「ふわふわ感」「くらくら感」「めまい感」」は
消失致します。

##8
「睡眠障害」をともなわれている「緊張型」の患者さんに起こりやすいものです。

##9
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##10
「緊張型めまい」(あだ名です)をお持ちの
患者さんは2月・6-7月、9月・11月に症状増悪時に
「頭部発汗」「夜間発汗」「腋下(えきか)発汗」などの
「発汗障害」を併発することが多いものです。

##11
脈拍の増加=頻脈を伴う事も御座います。

##12
第30回日本頭痛学会総会での
山根清美先生(太田熱海病院 脳神経センター神経内科)
による
「緊張型頭痛におけるめまいの臨床的検討」の論文によれば

「緊張型頭痛と診断した114症例。
男性39例、女性75例、年齢平均61.2歳(16~86)

めまいが存在したのは69/114例(60.5%)
回転性めまい(verigo)が43例(62.3%)
浮動性めまい(dizziness)が26例(37.7%)
[結論]
臨床的にめまいの原因の鑑別として
緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考える。 」
との事です。

##13
臨床医は「めまい」の鑑別診断として
「緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考えた。 」
と結論されています。

#6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは
ときとして
顔が張ったり「胸の痛み」でくることが御座います。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「背中バリバリ症候群」(あだ名です)の
「前への押し寄せの「症状・症候」」の「胸痛」につき。
(「海辺の外科先生」はこの「胸痛」の「症状・症候」に対して
気胸や潜水病と鑑別が旨く御経験豊富なためお得意でいらっいます)

##1
この「胸の痛み」は「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の患者さんによく出現いたします。

##2
心臓痛と勘違いされて心配されたり
「脳神経外科専門医先生」以外の先生の場合
「心臓の精密検査」をされることもあります。

##3
「「肩こりの胸への押し寄せ」と考えて頂くと宜しい
ものなのです。

##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の「症状・症候」の一環でございます。

##5
因みに
海辺の「外科医先生」は救急疾患である「潜水病」や「自然気胸」
との鑑別で「日常茶飯事」になられております。

##6
この「病態」には
大変お得意でいらっしゃいます。

##7
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と同一延長線上の
「病態」と考えられていただけますか。

#7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんはお腹が痛くなることが御座います。

##1
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う胃ばけ(あだ名です)もお持ちの様です。

##2
胃ばけ(あだ名です)には
胃ばけ(あだ名です)には「3つ」のタイプが御座います。

##3
###1
「胃ばけ(あだ名です)タイプ1」まさにみぞおちがきりきり激痛で痛みます。
###2
「胃ばけ(あだ名です)タイプ2」臍の左右いずれかに「鈍痛」がきます。
###3
「胃ばけ(あだ名です)タイプ3」盲腸・恥骨上・差側盲腸に「鈍痛」がきます。

##4
「また下痢感のない下痢」或は「下痢だとおもっても全くでない」
或は「下痢の「御自覚症状」」がないのに「急に下痢」が起こる
という「下痢化け(あだ名です)」
で消化器系の「症状・症候」がくることが御座います。

##5
「胃ばけ(あだ名です)」=)とりわけ「胃ばけ(あだ名です)タイプ1」
(「胃ばけ(あだ名です)タイプ2」の場合は夜間に「救急車騒ぎ」
を起すほど「激烈」なことが御座います。

##6
また「胃ばけ(あだ名です)タイプ3」盲腸・恥骨上・差側盲腸に「鈍痛」がきます。
の場合には「俗にいう盲腸炎」=「急性虫垂炎」として手術をされてしまうこと
も御座います。

##7
##6の場合は「俗にいう盲腸炎」=「急性虫垂炎」の手術
のあとで「炎症は少なかった」とか煮え切らない御説明が
されることも多いです。

##8
更には
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」の下記を御参照下さい。
###1
「骨盤の痛みで質問したものです [2] [2003年 8月29日 11時35分44秒]」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/619282601009221.html
###2
「骨盤の痛み [2] [2003年 8月28日 11時31分46秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0306681951778991.html

##9
このように「緊張型」では消化器の「症状・症候」も
惹起致します。

##10
さもなくても
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」が「胃ばけ(あだ名です)」
により更に
正診断率の大変低い「病態」へと変化致します。

#9
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは一種独特の
「震え」=「振戦」を伴われることが
御座います。。

##1
「ふるえ」=振戦は「緊張型」の患者さんでよく出現致します。

##2
「振戦:しんせん」には
「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」が御座います。

##3
「休止時振戦」は患者さんの身体(四肢・体幹・頭部)が
休止している状況で発生する振戦で御座います。

##4
「活動時刻振戦」は筋肉が「何らかの活動をしているときに
その部位に出現する振戦」この中で「活動時刻振戦」は「2つ」
に更に分類されます。
「運動時振戦」と「姿勢時振戦」で御座います。
=>##5

##5
###1
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」
###2
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」

##6
ちょっと「専門的」ですが。
「活動時振戦」の「2種類」=「運動時振戦」と「姿勢時振戦」と。

「「活動時振戦」の2つはは
「英国臨床神経学」」の「アクション振戦:action tremor」
という「力をいれたとき「出現」する振戦とは「全く別物」です。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「「振戦:しんせん」=「ふるえ」は上記
「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」」
の中で。=>##8

##8
「活動時振戦」=
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」

「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
であり。
「緊張型」の患者さんに最も多発する
振戦=「ふるえ」で御座います。

#10
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんに多発する
「喉化け(あだ名です)」について下記は
不思議だが重要な特徴です。

##1
飲み込むときにいつも常に「引っ掛かる」感じがされませんか。

##2
以前と比較され飲食時に「むせる」頻度が多くなられていませんか。

##3
頸の周囲から耳元そして耳の穴にかけて何か「熱感」が
ありませんか。

##4
瞼が重くピントフオーカスがあいにくくなっていませんか。

##5
おちいさいときから
なにか常に弱い耳鳴のようなものがありませんか。

##6
唾を飲み込むときに喉の奥で「痰が保留されている」
のに気が付かれますか。

##7
喉といわず鼠径部の内側
(或いは膝の裏)
にも「違和感」がありませんか。

##8
全体的に「暑いか寒いか判らない「症状・症候」」はありませんか。

##9
お小さいときと異なり
唾液の分泌が減少されてはいらっしゃいませんか。

##10
普通に音を耳で聞いていただいている状態で「手のひら」を
後頚部にあてがうと「音の立体感」が無くなる
或いは「音がちいさくモノラル」に聞こえませんか。

##11
##10の「手のひら」を
後頚部にあてがう・或いは「「手のひら」を離されたとき」
特に「「手のひら」を離されたとき」に後頚部の体温が
変動し一瞬熱くなりそのあとも数分間は後頚部の体温不安定
が続きませんか。

##12
単純明快に「たったコップ一杯分-或いは0.5杯分」の「お水」を
飲み込まれて下さい。
想像以上に「嚥下「エネルギー」」を必要とされてはいませんか。

##13
##12のために「わずかなお水」を飲むだけでも
「2回-3回-4回数」の「複数嚥下」をされてはいませんか。

##14
これはとても重要なことなのですが。
昔の「内科学」ではこの「喉化け(あだ名です)」の
「症状・症候」は「仮病」であると記載されています
(「ヒステリー球:ヒステリーきゅう」)。
(勿論間違いです)

##15
##14のため即座に「心療内科専門医先生」を
受診を勧められたときは極めてご用心下さい。

#11
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには
「因果付け」という「思考過程」の一種が
御座います。

#1
ここで「因果付け」についてご説明。
##1
「緊張型」の患者さんは「独特な思考過程」があります。
##2
「因果付け」という。
「○○がこうだから□□である」という錯覚方程式。
##3
いとも簡単に抵抗無く
「原因(と自分が考えているもの)」と「結果あるいは結論」を
「結合」させてしまう。
##4
すなわち自己思考の「極めて強固な固定」です。
これは「自己防御」のための「ブレーキ」でも有る。
##5
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##6
だから他もしくは「他人」と自己もしくは「自分」の
判別が不可能。
##7
「日常」では不可能な「複数人格演出」も始まりやすい。
##8
「緊張型」はさもなくて「非生産的」な状態。
##9
御自分の頭の中では「鶏が先か卵が先」かを深く考えたり致します。
##10
一方「他覚的現象」については
火事場に急行する消防車を見て
「消防車」が火をつけていると本能で錯覚し嫌悪することすらある。
##11
そしてこの「「自分の結論」が間違い」気づく時は驚くほど多くを失う。
何もかもが上手くいかなくなる

#11-#2
##1
「因果付け」と「自分隠し」により
「独身」の患者さんでは「御自分の天与の才能や業績」を巻き込みます。
##2
例えば
「自営業」の患者さんは築いたものを尽いて失います。
##3
「因果付け」「自分隠し」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の思考過程としては大変に有名なもので御座います。

##4
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
##5

###1
「困った輪」「未解決の輪」「悪魔の輪」
###2
「因果付け」の
###3
「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)のため
「他人攻撃」
(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない)
の「魔の2月」。
##4
「魔の2月」乗り越えましょう。

#11-#3
##1
「緊張型」は
「脳神経外科⇒整形外科⇒内科⇒心療内科などぐるぐる回った挙句」という
困った意味で「典型的」な輪を回ります。
これを「困った輪」「未解決の輪」「悪魔の輪」とか称します。
##2
患者さんによっては「困った輪」「未解決の輪」「悪魔の輪」
に封印され20年くらい経過してしまうことすら
稀ではありません。
##3
また「緊張型」の「治療が奏功してきた患者さん」にすら
6ヶ月ー1年目くらいでこの「悪魔の輪」は忍び寄り入り込んできます。

#12
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには
「収束性のない思考過程」=「逆ピラミッド型でない「思考過程」」
から「多重人格演出」という特徴が御座います。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。

##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。
##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。
##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。
##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」
##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」
##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。
##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。
##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。
#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。
##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。
##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。
##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。

#13
#13-#1
#1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。

##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。


#13-#2
#2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく
毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。

-------------------------------
上記
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「とくちょう」1

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「とくちょう」について1

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは多いものです。
けれども
「緊張型」は「ふわふわ」「しめつけ感」「くらくら感」
「肩こり・頸こり・背中こり」」と「頭痛以外の「御自覚症状」」
でくることが大部分です。

そのために
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。
脳CT・MRIで「「異常所見」無し」
のまま。
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
二番目に困るのは
「心療内科「病態」」「精神科「病態」」と間違えられることです。

この
URL

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html

にて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴その他につき御記載致します。御参考になれば何よりです。

[2007年1月17日 20時13分51秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)   
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「とくちょう」1
を上記御記載致しました。

御参考になれば何よりです。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは多いものです。
けれども
「緊張型」は「ふわふわ」「しめつけ感」「くらくら感」
「肩こり・頸こり・背中こり」」と「頭痛以外の「御自覚症状」」
でくることが大部分です。

そのために
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。
脳CT・MRIで「「異常所見」無し」のまま。

一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
二番目に困るのは
「心療内科「病態」」「精神科「病態」」と間違えられることです。

この
URL
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html

にて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴その他につき御記載致します。御参考になれば何よりです。

これらは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「臨床神経診断学」上のほんの一例であり
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「とくちょう」の「1%」にも到りません。

今後さまざまな編集をかさねてまとめていきたいと
考えます。

[2007年1月17日 20時11分42秒]

「★★★御参照頂けますか。★★★おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年3月18日 17時47分45秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: のんの   
32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。

私の鼻以外にも額や頬にも酒さがありますが一番困っているのは鼻です。

私も昨年ようやくだまって受診した大学病院の皮膚科で
初めてすぱっと酒さですと診断され山本先生の仰るように
「鼻が一番強いですね。あと額と頬そして顎にも酒さがあります
第I度で紅斑酒さです」と診断されました。
そこの大学病院の皮膚科では
「レーザー以外は治療法はないが今そこの大学には酒さのレーザー
もおいてはいないし診てくださった先生御自身も含めて
酒さのレーザーのできる先生もいない」といわれました。
ちょっとずるかったかなとも思いつつ
毛細血管拡張症でしょうかと聞くと
「いや酒さと毛細血管拡張はちょっと違うので赤ちゃんの
毛細血管のレーザーではできません」といわれ逆にほっとしました。

昨年まで10年近く結果としてはあちこちの美容外科や形成外科を9件くらい
(正確に施術をしていただいたのが5件・施術を希望しなかった美容外科
は4件あります)回りました。

どこの美容外科や形成外科もきまりきって「赤ら顔」という診断で
きまりきって「毛細血管拡張症」が原因といわれます。

藁をもすがる思いでしたから「赤ら顔」の診断でもいいから
酸ピーリングもしたしイオン導入もしたしレーザーもしました。
Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。

3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60-70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。

山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。
来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))

酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。

お忙しいところを申し訳ございません。

[2007年3月17日 23時13分37秒]

|

1

テクノラティプロフィール

|

山口県在住。山口県より週一回通院可能。酷い目の下のくまで悩んでいます。目の下のくまレーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に目の下のくまの超高性能Qスイッチレーザーによるレーザー・レーザー治療・レーザー外科御願い致します。

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。
1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 は
最近は「filler療法(フイラー療法)」での
「傷痕」での「傷痕レーザー外科」を希望される
患者さんが後をたちません。

「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質とされるもの」
の注入は「filler療法(フイラー療法)」といいます。

「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
には
御注意下さい。

「眼の下のクマ」「目の下のクマ」

「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「レーザー・リサーフエシング」の
独壇場です。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「目の下のクマをレーザー治療できるクリニックを探していて、山本クリニックさ
んを知りました。
ホームページの内容からですと、詳しいことが分らなかったので直接メールさせ
て頂きました。
他のクリニックからも説明を受けているのですが、治療法、料金など自分にあっ
たクリニックにお願いしたいので、詳しく教えて頂けると助かります。
お忙しいところ申し訳ありませんが、お返事お待ちしております。」
との事です。

#2
##1
目の下のくまは
大変にデリケートな「病態」です。

##2
目の下のくまの「治療戦略」は
「御顔」の「美容外科」です。

##3
何卒に慎重に
進路をとられて下さい。

#3
##1
「他のクリニックからも説明を受けているのですが、治療法、料金など自分にあっ
たクリニックにお願いしたいので、詳しく教えて頂けると助かります。
お忙しいところ申し訳ありませんが、お返事お待ちしております。」
との事です。

##2
目の下のくまは
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
による
「レーザー・リサーフエシング」で
「治療戦略」をとります。

##3
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 で御注意
戴きたいことが御座います。
=>##4

##4
事故例が極めて多いから
間違っても
「脂肪注入」「ヒアルロン酸注入」などの
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
はおこなわれませんように。

##5
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
目の下のクマで悩んでいます [2] [2007年 2月21日 20時 8分21秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0328671842153234.html
を御参照頂けますか。

(コピー致します=>「補足1」)

##6
##5の中に
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療戦略」
そして「総御費用(消費税込み)」など詳述して
御座います。
何卒に御参考にされてください。

#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には
間違っても
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」を
行われませんように。

##3
「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質とされるもの」
の注入は「filler療法(フイラー療法)」といいます。

「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療効果比:therapeutic ratio:TR」
がないどころか
極めて「傷痕」で苦悩されるかたが多いものです。

##4
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

典型的な「皮膚の薄い」
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 です。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の適応です。
=>
「また副作用などはありますか」
=>
全くありません。

薄くなっても再発などはしないんでしょうか?」
=>
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

による
「レーザー光照射」の「副作用」は全くない。

「薄くなっても再発などはしないんでしょうか?」
=>
根治療法です。「再発」はありません。

御参考までに。
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
という「方法」が昔はありました。

「ヒアルロン酸注入」や「脂肪注入」で「fil:詰める」
「治療戦略」です。今現在はもうおこなわれません

ときおり「filler療法(フイラー療法)」を行われてあとが
大変になることが御座います。
「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質とされるもの」の注入は
「filler療法(フイラー療法)」と呼称されます。

「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を用いた
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療戦略」
の独壇場です。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「目の下のクマで悩んでいます。
茶ぐまでここ3年前ぐらいから年々濃くなってきています。
レーザーで少しは薄くできるでしょうか、
また副作用などはありますか、
薄くなっても再発などはしないんでしょうか?」
との事です。

#2
##1
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
レーザー治療・レーザー外科
の「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には
「4種類」あります。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「皮膚の薄いくま」と考えます。

##3
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療戦略」は
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
による「レーザー・リサーフエシング」の独壇場です。

##4
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「レーザー・リサーフエシング」に抜群に優れています。

##5
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」

根治療法であり「対症療法」ではありません。

##6
「再発」とは無縁の「治療戦略」です。

#3
##1
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「レーザー・リサーフエシング」に関しては。

##2
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
で「レーザー光照射」を繰り返す「治療戦略」が必要です。

##3
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」での
「レーザー・リサーフエシング」の「レーザー光照射」は。
「down time:ダウン・タイム」(この言葉は日本で生まれた用語)
が全くありません。

##4
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」ごとの「レーザー光照射」は
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

#4
##1
「レーザー光照射」の「メカニズム」としては
「3種類」の「メカニズム」
が御座います。

##2
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による「レーザー・リサーフエシング」に際しては
「レーザー光照射」の「メカニズム」としては「3種類」の「メカニズム」
「phto-thermal effects:「光熱反応」
「photo-chemikal effects:「光化学反応」」
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」
の中で
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」のみを
用います。

##2
「熱」に化けません。
=>
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」=
「photo-ablation:フオト・アブレーション」
(アブユレージョン:aburasionではありません)

##3
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」=
「photo-ablation:フオト・アブレーション」
(アブユレージョン:aburasionではありません)

「photo-ablation:フオト・アブレーション」とは
「熱作用を用いず組織を再構築させるレーザー治療」
のことです。

##4
赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人であれば
「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います

#4
##1
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」総集編3
[2] [2007年 2月11日 18時22分38秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/454429007907496.html
を御参照頂けますか。
一部コピー致します。
=>
「★★★どうぞごらんくださいませ★★★」

##2
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「レーザー光照射」
の理論。
「御費用」そして御通院の方法。
御予約のとりかた。施術開始の時間その他が御記載されています。

#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「また副作用などはありますか、
薄くなっても再発などはしないんでしょうか?」
=>##3

##3
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

による
「レーザー光照射」の「副作用」は全くない。

##4
「薄くなっても再発などはしないんでしょうか?」
=>
根治療法です。「再発」はありません。

##5
御参考までに。
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
という「方法」が昔はありました。

##6
「ヒアルロン酸注入」や「脂肪注入」で「fil:詰める」
「治療戦略」です。今現在はもうおこなわれません

##7
ときおり「filler療法(フイラー療法)」を行われてあとが
大変になることが御座います。
「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質とされるもの」の注入は
「filler療法(フイラー療法)」と呼称されます。

##8
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を用いた
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療戦略」
の独壇場です。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
(せたがやく みなみからすやま)

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

++「★★★御参照頂けますか。★★★」++++++++++++++++

目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科
「過去の御相談と御回答」総集編3

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/454429007907496.html
眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
レーザー治療・レーザー外科に関する「過去の御相談と御回答」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/454429007907496.html
#1
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「目の下のクマ」 に関する過去の「御相談と御回答」を
[2004年8月29日 12時20分37秒]」から
[2007年 1月10日 19時44分18秒]
「今現在」までのおおむね「2年半分」を。

新しい順に過去の「御相談と御回答」のURLと
「御相談者の御相談文章」のみをコピーして
目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/954553150179894.html
として
御記載致します。
=>+「ごさんこう」+

#2
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
[2007年 1月10日 19時44分18秒]
から
[2004年08月29日 12時20分37秒] までさかのぼり
この間の「「眼の下のクマ」「目の下のクマ」
のレーザー治療・レーザー外科」に関連する
さまざまな
「過去の御相談と御回答」で御座います。

#3
「「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
レーザー治療・レーザー外科」
に関する
を御相談者への御解答引用のためこのページ

にまとめます。=>#4以後
「「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 のレーザー治療・レーザー外科」
に関して
これから御相談をされようとする方は何卒に
御参考になれば何よりです。

なお
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を用いた
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」では
赤くなりません・腫れません・痛くありません。

御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
「メイク」が可能で御座います

#4
御相談のタイトルとURLのみは下記の通りです。
-1・
目の下のたるみのクマに脂肪注入後の上下瞼に凹凸
[2] [2007年 1月10日 19時44分18秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/43272567734039.html

1・
目のしたのクマのレーザー治療のお願い。2
[2] [2006年 8月17日 14時50分52秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/574089919290603.html
2・
目のしたのクマのレーザー治療のお願いします。
[2] [2006年 8月17日 11時57分46秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/121589726842107.html
3・
片方の下瞼の脂肪の膨らみのレーザー治療 2
[2] [2006年 3月11日 19時29分51秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/22702986149034.html

4・
片方の下瞼の脂肪の膨らみのレーザー治療
[2] [2006年 3月11日 18時42分52秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/279838652423681.html
5・
眼の下のクマの目の下の弛み取りの手術のひどい傷痕 3
[2] [2006年 2月23日 8時53分16秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/391250184112327.html

6・
眼の下のクマの目の下の弛み取りの手術のひどい傷痕 2
[2] [2006年 2月23日 8時49分26秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/525576306813495.html

7・
眼の下のクマの目の下の弛み取りの手術のひどい傷痕
[2] [2006年 2月23日 8時46分37秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0628807976181669.html
8・
目のしたのクマ治療をしたいのですが
[2] [2006年 2月20日 18時34分28秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/967072912798361.html
9・
上眼瞼手術後の二重ラインの段差
[2] [2005年12月14日 19時52分51秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0825452185972644.html
10・
目頭切開の傷痕の手術以外の治療法
[2] [2005年11月11日 18時50分28秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/311316412015916.html
11・
眼の下のクマ [2] [2005年10月13日 13時50分53秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/223338350960152.html

12・
「めのしたのくま [2] [2005年10月12日 8時51分31秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/216844478928582.html
13・
「目の下のくま回数何回かかってもよいから
1回の治療費用 [2] [2005年 6月29日 16時19分58秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/427769449147494.html
14・
「有りがたくて涙がとまりません。 [2] [2005年 6月18日 19時30分55秒]」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/469687915946455.html
15・
「目の下のくまの1日の回数 [2] [2005年 6月16日 15時53分37秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/28231607594444.html
16・
「にきび痕?+目の下のクマ [2] [2005年 5月14日 19時45分 5秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/85653363571419.html
17・
「目の下のくまの通院方法 [2] [2005年 5月 5日 10時40分 4秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0755659940923614.html
18・
「目の下のクマ [2] [2005年 3月31日 12時52分13秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/238664830177189.html

19・
「目の下のくま [2] [2005年 2月27日 10時26分36秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/719292332026274.html
20・

「目の下の茶くま [2] [2005年 2月24日 15時 6分42秒」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/756356896207766.html

21・
「くまで悩んでいます。 [2] [2005年 2月 6日 12時21分45秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/854085162821324.html
22・
「目の下のクマを治したいです。 [2] [2005年 1月11日 18時39分24秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/538408246663497.html
23・
「こんなに早いご回答に感謝しています。 [2] [2005年 1月 2日 12時11分23秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0261543964306874.html

24・
「目の下のクマレーザー治療 [2] [2005年 2月24日 15時 5分12秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/309398924307065.html
25・
「目のクマがレーザーで消える?3 [2] [2004年12月19日 10時31分 6秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/394998919292451.html

26・
「目のクマがレーザーで消える?2 [2] [2004年12月16日 13時53分25秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0851541858437521.html
27・
「目のクマがレーザーで消える? [2] [2004年12月12日 9時50分35秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/744883624444814.html
28・
「目の下のくまについての相談 [2] [2004年11月18日 12時 0分24秒]」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/298024859353067.html
29・
「目の周りのクマとシミみたいなもの [2] [2004年10月31日 16時48分50秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/375600504529761.html
30・
「眼の下のくま [2] [2004年10月31日 8時48分26秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/253725641480745.html
31・
「目の下のクマで悩んでいます [2] [2004年10月24日 8時58分11秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0339759314238144.html
32・
「目の下のクマ [2] [2004年10月23日 19時11分38秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168002496081503.html
33・
「目の下のくまのレーザー治療 [2] [2004年10月 3日 11時 2分57秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/129556089014844.html
34・
「目の下のくまで悩んでおります。 [2] [2004年 9月23日 8時37分16秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/208693813839094.html
35・
「目の下にクマがあり悩んでいます  [2] [2004年 9月13日 19時19分12秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/110001439535157.html
36・
「目の下のクマ [2] [2004年 8月29日 14時23分37秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/949199802548723.html

#5
なお
2005年以前には下記に該当する「ふるい御回答」も
御座います。

------------------------------------------------------------

この「過去の御相談と御回答」は「昔のもの」です。

の「レーザー光照射」の昔の回数は10回(日)
とか16回(日)
となっているかもしれません。

山本クリニック美容外科の「レーザー光照射」
の技術は当たり前ながらどんどん向上しています。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
最近の山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

御回答では照射回(日)は週一回(日)のペースで
最低20-24回(日)
以上と御回答しています。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

是非とも
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の2006以後の「最近の御相談と御回答」もご参照されて下さい。

------------------------------------------------------------

#6
レーザー治療・レーザー外科の
「初診のしおり」です。
------------------------------------------------------------

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます(再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば
1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(この状態は今現在緩和されてきております)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。
(この状態は今現在緩和されてきております)
##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。
(この状態は今現在緩和されてきております)
「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。

##3
口腔内細菌感染・或いは「上気道感染」
(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
或いは
「腹痛」などの急性疾患に見舞われたときは。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。

------------------------------------------------------------

「★★★御参照頂けますか。★★★おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年2月21日 20時8分21秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
目の下のクマで悩んでいます。
茶ぐまでここ3年前ぐらいから年々濃くなってきています。
レーザーで少しは薄くできるでしょうか、
また副作用などはありますか、
薄くなっても再発などはしないんでしょうか?

Wednesday, February 21, 2007 2:34 PM

[2007年2月21日 14時34分37秒]

「補足1おわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年5月1日 18時34分42秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
目の下のクマをレーザー治療できるクリニックを探していて、
山本クリニックさんを知りました。

ホームページの内容からですと、
詳しいことが分らなかったので直接御相談させ
て頂きました。

他のクリニックからも説明を受けているのですが、

治療法、料金など自分にあったクリニックにお願いしたいので、
詳しく教えて頂けると助かります。

お忙しいところ申し訳ありませんが、
お返事お待ちしております。
Tuesday, May 01, 2007 4:15 PM 

[2007年5月1日 16時15分27秒]

|

関西在住の女性です。5年前の目頭切開傷痕で悩んでいます。関西から週一回通院可能。目頭切開傷痕レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に目頭切開傷痕の傷痕レーザー外科を超高性能Qスイッチレーザーで御願い致します。

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

傷を「きれいに」消すか直すのが「昔の言葉で「美容整形」」
ですね。

「美容整形」だと「整形外科」になってしまうので
「美容外科」というカテゴリーで呼称されるようになり
もうすぐ40年になります。

けれども「傷痕」にはメスをいれてはいけない「傷痕」
もあります。

この場合は
超高性能Qスイッチレーザーによる
「レーザー光照射」で
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
を行います。

「関西圏で上記のような傷跡の治療を行っていて
信頼できる病院はないでしょうか?」
=>
困難な気が致します。

美容外科とりわけ
「レーザー外科専門医」(この名称の専門医はありません)
の世界では。
「#3・#4の状態」を「精密に診断して」
「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。

**
よく「写真をみせてほしい」という患者さんが
いらっしゃいます。
=>
設計図は今現在の御回答のように文章にしたり
あるいは「イラスト」或は「写真」に
置換えられるものでは到底ありえません。

たまたま美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は。
=>
「「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。」
ではありません。

美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は
美容外科施術で最も重要な「途中過程」の
「立体的な設計図」を「なんら伝達していません」。

超高性能Qスイッチレーザーを用いた
「傷痕レーザー外科」=
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の場合はこの設計図は。
=>
「レーザー光照射」の間にも変わりまた「レーザー光照射」を
する日によっても精密に異なります。
=>
だから
この「立体的な設計図」は「3次元」ではなく「4次元」
の設計図なのです。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「5年前に目頭切開の手術をしてその傷跡で悩んで
外に出れずにひきこもっています。

傷跡は凹んでいて白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちます。

山本クリニックで診療を受けたいのですが今住んでいるところからでは
遠くて東京まで行くことができません。

関西圏で上記のような傷跡の治療を行っていて
信頼できる病院はないでしょうか?

本当に苦しくて、恐くて、不安で…。

どうか助けてください。 」
との事です。

#2
##1
傷を「きれいに」消すか直すのが「昔の言葉で「美容整形」」
ですね。

##2
「美容整形」だと「整形外科」になってしまうので
「美容外科」というカテゴリーで呼称されるようになり
もうすぐ30年になります。

##3
けれども「傷痕」にはメスをいれてはいけない「傷痕」
もあります。

##4
この場合は
超高性能Qスイッチレーザーによる
「レーザー光照射」で
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
を行います。

#3
##1
「5年前に目頭切開の手術をしてその傷跡で悩んで
外に出れずにひきこもっています。

傷跡は凹んでいて白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちます。」
との事です。

##2
「傷痕」は「点」或は「線」から構成されています。

##3
これが美容外科の「傷痕」の「「治療戦略」の「根源」です。

##4
すなわち「傷痕」を「傷痕」全体の形態を見失わずに
かつ実際の施術の場合は「傷痕」を構成する
「点」或は「線」を見据えます。

#4
#3をもう一度。
##1
「傷痕」は「点」或は「線」から構成されています。

##2
##1の「「点」或は「線」」は「隆起している場合」「陥没している場合」
があります。

##3
##1の「「点」或は「線」」は「色素沈着がある場合」或は
膠原線維が透けて見える「白い場合」或は「周囲と同色」
のことがあります。

##4
##1の「「点」或は「線」」は「大きい場合」と「小さい場合」
が御座います。

##5
そして「傷痕」には
「御顔」の皮膚はとりわけ「形状記憶性」「色調記憶性」が強い
という特徴があり「傷痕」を「正常皮膚構造」とみなして
ターンオーバーを繰り返す特性があります。

#5
##1
「「5年前に目頭切開の手術をしてその傷跡で悩んで
外に出れずにひきこもっています。

傷跡は凹んでいて白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちます。」
との事です。」
との事です。

##2
「傷跡は凹んでいて」
=>
#4##2の
「##2
##1の「「点」或は「線」」は「隆起している場合」「陥没している場合」
があります。」
の陥没性の「病態」。

##3
「白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちます。」
=>
#4##3の
「##3
##1の「「点」或は「線」」は「色素沈着がある場合」或は
膠原線維が透けて見える「白い場合」或は「周囲と同色」
のことがあります。」の
「膠原線維が透けて見える「白い場合」」
の「病態」

#6
##1
美容外科とりわけ
「レーザー外科専門医」(この名称の専門医はありません)
の世界では。
「#3・#4の状態」を「精密に診断して」
「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。

##2
よく「写真をみせてほしい」という患者さんが
いらっしゃいます。
=>##3

##3
##1の設計図は今現在の御回答のように文章にしたり
あるいは「イラスト」或は「写真」に
置換えられるものでは到底ありえません。

##4
たまたま美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は。
=>
「「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。」
ではありません。

##5
##4では
美容外科施術で最も重要な「途中過程」の
「立体的な設計図」が「抜けています」。

##6
超高性能Qスイッチレーザーを用いた
「傷痕レーザー外科」=
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の場合はこの設計図は。
=>##7

##7
「レーザー光照射」の間にも変わりまた「レーザー光照射」を
する日によっても精密に異なります。
=>
だから
この「立体的な設計図」は「3次元」ではなく「4次元」
の設計図なのです。

##8
たまたま美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は。
適切な表現が思い浮かばないのですが。
1・
オリンピック種目のライフルの100m標的射撃で
射撃の前の「標的」と射撃のあとの「標的紙」を見せられても
選手の名前やその選手の
「うちかたの特徴」や「他の選手と異なるテクニック」
まではは伝わらないのと同じ。
2・
ジェット旅客機の「離陸前」と「着陸後」の写真を
みせられても「機長」の「フライト「テクニック」」は
伝わらないのと同じ。

#7
##1
超高性能Qスイッチレーザーによる「傷痕レーザー外科」=
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の場合。

##2
理論的には
###1
凹凸の凸のでっぱりは「凹ませれば」よいし。
###2
凹凸の凹は持ち上げればよいし。
###3
色素沈着沈着があれば「消すか皮膚と同色」にすればよいし。
###4
白い「傷痕」は「皮膚」と同色にすればよい。
###5
問題は「「治療戦略」の対象が大きすぎると」一度には
不可能ということ。

##3
##2を使用とすると
「レーザー光照射装置」を用いない場合は
須らくの治療「微小外科」技術を用いる上に。
手術用顕微鏡などを用いるなどの特徴が御座います。

##4
そして
メスをいれてはいけない「傷痕」の場合は。
「レーザー光照射」という「強力」な手段に移行が必要です。

#8
##1
レーザー外科・レーザー治療で用いる「レーザー光照射」
は「Qスイッチレーザー」であること。

すなわち
超高性能Qスイッチレーザーによる「レーザー光照射装置」
による「レーザー光照射」が必要なこと。
=>

##2
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」が必要なのは。
理由は
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」=
「photo-ablation:フオト・アブレーション」*とは
「熱作用を用いず組織を再構築させるレーザー治療」

表皮を傷つけず「真皮形成」を行う必要があるから。

##3
*「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」=
「photo-ablation:フオト・アブレーション」
とは
「ablation:フオト・アブレーション」であり
「アブユレージョン:aburasion:剥奪」ではありません)

#4
##1
「御顔」の皮膚はとりわけ「形状記憶性」「色調記憶性」が強いです。

##2
「色調記憶性」に関しては
場合によっては「黒」と「赤」の「2大色素沈着」に対して
「レーザー光照射」の「波長」を変えること。

##3
##2のためには「複数」の「レーザー光照射」を
「使いこなすこと」

##4
「白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちます。」
は「表皮欠損:epithelial deficit」により
「表皮クロージング:epithelial closure」がないから
真皮が透けてみえること。

##4
けれどもレーザー光は「魔法の光」ではありません。

##5
「レーザー光照射」の「「レーザー光線」は「レーザービーム」
というけれどもこの直径が「赤ちゃんの髪の毛のように」
細いこと。

##6
以上を使いこなして「顔面皮膚」のレーザー外科・レーザー治療
は「レーザーフェイシアル」として
「信じられないパワー」を作り出します。*

*「レーザーフェイシアル」=「フエイシアルリサーフエシング系」を
難しいですが。
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」と呼称致します。
正確には「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」と呼称。
俗称「フエイシアル」。

「rejuvenation;リジュベネーション」とは。
「re」=「再び」 「juven」=「若く・新鮮に」 「ation」=「しましょう」
という意味です。「再び・元通りに・しましょう」という意味です。

#7
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「内眼角形成術」(通称目頭切開)の
「傷痕」で苦労されるかたは多いものです。

##2
超高性能Qスイッチレーザーによる
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
が必要です。

##3
「関西圏で上記のような傷跡の治療を行っていて
信頼できる病院はないでしょうか?」
との事です。
=>##4

##4
今現在に東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科に
超高性能Qスイッチレーザーによる
「傷痕レーザー外科」の関西方面の患者さんに。

##5
関西圏内から通院中の患者さんに時ならず
関西の「傷痕レーザー外科」につきお尋ねするのですが。
東京圏内に比較して
「傷痕レーザー外科」の「範疇(はんちゅう)」では。
「格段にレーザー・レーザー治療・レーザー外科の
「テクニック」と「レベル」が低い」ようです。

##6
今現在関西から御通院中の患者さんで
関西で美容外科医師をされているかたすら
いらっしゃいます。

##7
「御遠方」から御通院される患者さんは多いものです。
今現在国内で「御遠方」といえば
1・北海道網走西20km
2・九州宮崎県・鹿児島・沖縄
3・岩手県
が比較的国内では「御遠方」の患者さんです。

##8
「合衆国USA」或は豪州(オーストラリア)から
御通院されているかたが10名くらい今現在いらっしゃいます。
これらのかたは文字通り「御遠方」です。

#8
##1
お顔の美容外科はくれぐれも慎重に進路をおとり下さい。
本当にくれうれも慎重に進路をとられて下さい。

##2
美容外科で「内眼角形成術」(通称目頭切開)を行うに。
外科医どころか。
「半年ー1年前まで臨床医師ではない」先生が
具体的には
「俄仕立て」で美容外科医師に「化ける」ことも
稀ならず御座います。

##2
なんとか
御通院のご計画はままなりませんか?

##3
関西から御通院の患者さんはとても多いです。
「初診のしおり」のようなものを
貼布致します。

##4
綺麗に治したいですね。

#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「レーザーフェイシアル」ではどのような「傷痕」も
「元通りにできるはず」です。

##3
けれども回数は多ければ多いほど宜しいです。

##4
おかおの皮膚の「ターンオーバー(Tdと呼称)」の
「「生長解析」も重要。

##5
より各種の「レーザー光照射」装置が「医療用」であれば
よいのですが。

##6
御相談者にとられては
取り留めのない御回答かも知れません。

##7
或は
「御回答としては一般論で具体性がなく判り難い」
或は「判り安すぎる」御回答かもしれません。

##8
「レーザー光照射」による「レーザーフェイシアル」
のことを「お伝えしたい」と考えると
このような御回答になりました。

##9
御回答で難しい言葉も用い舞台裏の話も用いましたが
お顔の美容外科は何卒に慎重に進路をとられてくださいますように
と願ってのことです。

##10
綺麗に治したいですね。

##11
ps御参照頂けますか。

-------------------------------

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------

上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお大事にされてくださいませ。

[2007年10月18日 13時58分4秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
5年前に目頭切開の手術をしてその傷跡で悩んで
外に出れずにひきこもっています。

傷跡は凹んでいて白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちます。

山本クリニックで診療を受けたいのですが今住んでいるところからでは
遠くて東京まで行くことができません。

関西圏で上記のような傷跡の治療を行っていて
信頼できる病院はないでしょうか?

本当に苦しくて、恐くて、不安で…。

どうか助けてください。
Wednesday, October 17, 2007 9:34 PM

[2007年10月17日 15時34分11秒]

|

25歳女性。秋田県在住。秋田より週一回通院可能です。にきび痕=にきび引っ掻き痕に悩んでいます。にきび痕=にきび引っ掻き痕レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生ににきび痕=にきび引っ掻き痕の超高性能Qスイッチレーザーレーザー・レーザー治療・レーザー外科を御願い致します。

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

止むを得ずも
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「部位と範囲」
の御記載が明確ではありません。

御相談者の御相談内容要旨御記載
からは
この「病態」は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」+
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「病態」です。

「ハードレーザー光照射装置」で
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
にて「治療戦略」を
とります。

結論:の御回答の一部に
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
両側の頬の酒さとこめかみニキビ?と得体の知れぬ吹出物のレーザー
[2] [2007年 3月25日 17時 9分17秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/931038824915053.html
を引用させて頂きます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「レーザー治療についてお聞きします。
 現在、25歳の女性なのですが、
高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 
色々な美容液やピーリング品を試しましたが良くなりませんでした。

ニキビ痕の部分はヶ所程度で、2mm四方くらいの大きさで
キズ跡が深く目立っています。

 この度レーザー治療を考えているのですが、
良くなるのでしょうか? 

また費用はどれ位掛かるのでしょうか?

ご回答の程、宜しくお願い致します。」
との事です。

#2
##1
「にきび痕」は「治療戦略」或は
「治療効果比:therapeutic ratio:TR」
から考える場合に際して
「にきび痕」という「病態」の「鑑別診断」が大変重要です。

##2
「25歳の女性なのですが、
高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 」
との事です。

##3
「25歳の「御婦人」」に
「高校時代」の「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」
が「活発であった」と仮定しても。
通常の
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」が酷い「痕」として
残るでしょうか。

##4
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」は通常
「御婦人」では
小学生の高学年から中学あたりが「最盛期」になります。

##5
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」の「病態」自体は
簡単なようでいて。
いざその「発症」に関しての議論はなかなか「むずかしい」。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 」からは。

##7
「ニキビ痕の部分は(御記載なし)ヶ所程度で、2mm四方くらいの大きさで
キズ跡が深く目立っています。」というように。
「御婦人」の「お顔の傷痕」にまで到っているようです。

##8
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」もあったのでしょう。
けれども
慎重に「病態」をかんがえていかねばならないと
考えます。

#3
##1
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」
だけでは「にきび痕」には到りません。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##2
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」の痕は
通常呼称される「にきび痕」には至りません。

##3
「高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 」からは。
「にきび」「にきび跡」「にきび痕」と間違われやすい
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」の併発
を考えなければなりません。

##4
いずれにしても「にきび痕」は何らかの理由で
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」を「強く引っ掻く」
状況が「数年以上」続かないと「にきび痕」には
到りません。

##5
ここで「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」
として呼称致します。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」です。

##7
そして「肌が荒れていた」状況から推察するに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の存在が
考えられる。

#4
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載から
御相談者の「症状・症候」は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」+
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「病態」が
極めて可能性濃厚に
考えられるため。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
のレーザー・レーザー治療・レーザー外科の観点からの「治療戦略」
も踏まえて
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の
「治療戦略」をとると想定する必要が御座います。
#5以後に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」につき
簡単にご説明致します。

##3
因みに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を御持ちであるにも
かかわらず
俗にいう「赤ら顔」とのみされて
あるいは「毛穴痕の拡大」とのみされて。
「病態」をあやふやにされがちな事例が極めて多いものです。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」+
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」である。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の御説明がどうしても
必要になります。

#5
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」
には
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」が「脂腺疾患」
であることを理解した上での「治療戦略」が必要です。

##2
「欧米人」と異なり「日本人」は「皮脂腺」が豊富なため
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
として「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」があります。

##3
勿論「欧州・米国」=「コーカサス人種」にも
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は御座います。

##4
##3の
この場合皮脂腺の少ない欧米の「コーカサス人種(白人種)」
の場合に。
=>
「顔面細菌感染症」で「あかくなった」
「汚れ顔症候群:赤みあぶら顔毛嚢炎症候群:dirty-face syndrome」
をも「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」と呼称
することが御座います。

##5
だから「欧米」の「形成外科専門医先生」や「皮膚科専門医先生」
と「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の話を
するとき或は外国に居られて「御受診」される場合は注意が必要です。

#6
##1
これは「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」+
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」を
考えるにあたりこれをレーザー外科で治そうとすれば。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の
「治療戦略」としては
「脂腺」を「不活化」する「レーザー光照射」が必要になります。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「毛細血管拡張或は増殖」という
「症状・症候」を伴います。

##3
けれども断じて「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:tele-angiectasia」というような「血管腫」
ではありません。
「血管腫」であれば例外なく生下時より「お持ちのはず」です。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」
=「血管腫」と間違えられて。
=>
「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」などの
「血管腫」「レーザー光照射装置」を用いると大変なこと
になります。

##5
「皮下血腫」をおこします。

##6
当院にも「Vビームレーザー」が「3機種」と。
「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
があります。
(「Vビームレーザー」*も
「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。)
(*「キャンディラ社:Candela Co・」の「レーザー光照射装置」
です)

##7
「Vビームレーザー」は
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
などの「血管腫」の患者さんの「治療戦略」に用います。

##8
けれども「血管腫」とは「病態」の異なる
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん
には用いません。

##9
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が増殖した
「病態」でありなんら「血管腫」とは関係がありません。

#7
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」+
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」の患者さん
からの御相談としてよくあるものに。
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との御相談が多いものです。

##2
#8以後に御回答致します。

#8
##1
まず
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には
「レーザー光照射」による「治療戦略」で必要な
「分類法」が御座います。

##2
この分類について下記に簡単にご説明致します。

##3
病理学的に
1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
という「病理学的分類法」

##4
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の性状からの分類法。
1・
常時マジックインキをぬったような
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「強い」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「赤酒さ:あかしゅさ:red rosacea: レッド・ロザケア」
2・
時々「赤み」の変化する桃色肌の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」

##5-1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」から
1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
4・「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と「4分類」することが御座います。

##5-2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」
から##5-1よりさらに
5・「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
6・「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」
に「皮膚部位」からの
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」からの
分類が追加されることもあります。
更に
7・「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
と「皮膚部位」から分類される「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
があります。

#9
##1
#8##5の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「皮膚部位」からの分類ですが。
1・
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
2・
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
3・
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」

かなり「特殊性」があります。

##2
#8の
##5-1の
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:テイーゾーン・ロザケア」
ですが。
2004年ころまでは
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」=
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」+
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
と分類されてきました。

##3
けれども
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」は
現実的には
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
は「眉毛」-「鼻根部」までの「独特の赤み・桃色」でくることが
あり「症状・症候」も
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」や
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」と異なり
「改めて」
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」という
「皮膚部位」からの分類の方が正確です。

##4
#8##5-2

「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の「temple」=「眼鏡のつるのあたる部分」ですが
「感覚障害・知覚障害」が強く脂漏性も強く
「皮膚部位」感染を起しやすい。
=>
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」と間違われる「クレーター」
を作ることで有名であり「レーザー光照射」では
難易度が高いです。

##5
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」

「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」と
合併することもあれば
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
の「レーザー光照射」により「横に逃げる」形で
「毛嚢炎」」或は「毛包のう腫(もうほうのうしゅ)」を合併しやすい
という特徴があります。

##6
このようにして
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」と
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の場合には。
=>
患者さんは「レーザー光照射」と併用して
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
が必要な事例が多いものです。

#10
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」+
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」の患者さん
からの御相談としてよくあるものに。
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との御相談は多いものです。

上記の#7#8#9の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
それぞれの鑑別によって「レーザー光照射」による
「治療戦略」は全く異なります。
よって
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の部位によって
「治療戦略」は全く異なります。

##2
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」のかたは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「クレーター」を
併せ持つことが多いです。

##3
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の患者さん
は「レーザー光照射」の難易度が最も「高い」ものです。
この難易度の高さは「回数(日)」が必要であるということになります。

##4
「「
(1)酒さには痒みってありますか。」
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「一種」独特の「もぞもぞ感」といった「知覚障害」を
「病態」と併せ持っておられるかたが多いものです。

##5
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)のかたが
「知覚障害」のために「引っ掻くと」
「落屑性皮膚炎:らくせつせいひふえん」のような「小さなパイの皮」
のような「皮膚の破片」=「落屑:らくせつ」がついたり。
或いは
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)に
移行することがあります。

##6
けれども
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)と
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に合併或は併発する
「毛嚢炎」」或は「毛包のう腫(もうほうのうしゅ)」は全く
異なる「病態」です。

##7
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)の
場合は注意が必要です。

#11
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」+
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」の患者さん
からの御相談としてよくあるものに。
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との御相談は多いものです。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の正確な御記載
がありませんが。
あくまでも推測すれば。

=>
典型的な
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
であり
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
或は及び
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
であり
「知覚障害」=「もぞもぞ感」を伴う
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で御座います。

##3
因みに
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
の場合に共通して
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
という「脂腺」の「配列」を呼称する構造物の呼び名があります。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「ハードレーザー光照射装置」でありかつ
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「レーザー光照射」
により
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
に沿って「脂腺」が「不活化」されていきます。
そして
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」に対しては
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の「効果」で「治療戦略」がとれます。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」とは
「毛細血管」を中心に周囲に「脂腺」の分布する「ちくわ」のような
構造物です。

#12
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」+
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」の患者さん
からの御相談としてよくあるものに。
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との事です。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「「毎週1回(日)照射」のペース」で。

##3
「レーザー光照射」により
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の場合
「頬と鼻翼の間」「頬と耳の間」の「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が飛んでいきます。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
正確な「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の
「部位と範囲」の御記載がありません。
推測すれば
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
であり
「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」です。

##5
即ち頬の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は概ね「逆三角形」
をしている「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。
=>「一次消退」と呼称致します。

##6
「内側」と「外側」の「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は
「部位」と「程度」という「内側」と「外側」の「間」に
次第に「「縦しま」の帯状」のように「赤み」=「赤さ」=「紅さ」
は消退していきます。

##7
この「せばまった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の「部位」

「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。
=>「二次消退」と呼称致します。

##8
##5・6・7の
「「内側」と「外側」の「間」に次第に「「縦しま」の帯状」のように
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消退していきます。」+
「「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。」
の「ほぼ「同時」進行」で
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。

##9
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー光照射」で
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。

##10
「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます
=>「二次消退」と呼称致します」
は「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
を構成する「「脂腺」のターンオーバー」に依存致します。
 

#13
##1
「現在、25歳の女性なのですが、
高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 
色々な美容液やピーリング品を試しましたが良くなりませんでした。

ニキビ痕の部分はヶ所程度で、2mm四方くらいの大きさで
キズ跡が深く目立っています。

 この度レーザー治療を考えているのですが、
良くなるのでしょうか? 」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」に
加えて。

##3
かゆみがつよく引っ掻かれる傾向に到る
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の成分を御持ちの様です。

##4
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の「temple」=「眼鏡のつるのあたる部分」ですが
「感覚障害・知覚障害」が強く脂漏性も強く
「皮膚部位」感染を起しやすい。
=>
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」と間違われる「クレーター」
を作ることで「レーザー光照射」では
難易度が高いです。

#14
##1
一般的には
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と若干異なり。

##2
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の
場合は
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「大きさ」が他の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
よりも大きい。
=>##3

##3
よって
「レーザー光照射」による「脂腺」を「不活化」する
場合
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
(とは「「毛細血管」を中心に周囲に
「脂腺」の分布するちくわ状の構造物」
のサイズが大きいので難易度ははるかに高くなります。

##4
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の「temple」=「眼鏡のつるのあたる部分」ですが
「感覚障害・知覚障害」が強く脂漏性も強く
「皮膚部位」感染を起しやすい。
=>##5

##5
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」と間違われる「クレーター」
を作ることで「レーザー光照射」では
難易度が高いです。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」+
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
で加えて「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」にて。
「レーザー光照射」の「治療戦略」をとります。

##7
「 現在、25歳の女性なのですが、
高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 
色々な美容液やピーリング品を試しましたが良くなりませんでした。

ニキビ痕の部分はヶ所程度で、2mm四方くらいの大きさで
キズ跡が深く目立っています。

 この度レーザー治療を考えているのですが、
良くなるのでしょうか? 」
=>
「よくなるでしょう」
=>##8

##8
場合により
「レーザー光照射」に併用して
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
も考えなければいけませんね。

#15結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「レーザー治療についてお聞きします。
 現在、25歳の女性なのですが、
高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 
色々な美容液やピーリング品を試しましたが良くなりませんでした。

ニキビ痕の部分はヶ所程度で、2mm四方くらいの大きさで
キズ跡が深く目立っています。

 この度レーザー治療を考えているのですが、
良くなるのでしょうか? 

また費用はどれ位掛かるのでしょうか?」
=>

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」+「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の
「ハードレーザー光照射装置」である
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
で「治療戦略」をとります。

##3
「また費用はどれ位掛かるのでしょうか?」
との事です。
=>##4及びpsを御参照頂けますか。

##4
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」

「照射回(日)は週一回(日)のペース」で
「レーザー光照射」を続けます。
=>
1回(日)の「レーザー光照射」の「御費用」は
「5万円」です。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で
24回数(日)以上は必要でしょう。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##5
よくある御相談に
「是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。
費用や山本先生の方法は十分に理解しています。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」といわれていますが
やっとそのようにできそうです。
・略・
「もとよりすっぴんでもつるつるになどとは思ってはいません。
できうるだけきれいにしていただければと思います。
(ひどいかおです。吹出物もきになりすぎです)
・略・
山本先生のレーザー照射で治っていくと確信しています。
是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。」
という方が多いものです。
=>##6

##6
「予約」で御来院になられた「初診の当日」は
09:50AM御到着で「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」
で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」を
拝見し
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の走り方などを「「診断」致します。 」
その後「レーザー光照射装置」の「オリエンテーション」=「御説明」
を致します。 

##5
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
両側の頬の酒さとこめかみニキビ?と得体の知れぬ吹出物のレーザー
[2] [2007年 3月25日 17時 9分17秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/931038824915053.html
から下記##6に引用させて頂きます。

-------------------------------
##6
*1
「是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。
費用や山本先生の方法は十分に理解しています。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」といわれていますが
やっとそのようにできそうです。」*(=>ps1)
=>
御相談者の御相談の御記載内容からは
「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低40-50回(日)の
「レーザー光照射」が必要です。
「照射回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
「照射回数(日)」は「皮膚のターンオーバー」=「4週間」の「倍数」
でTDF(time dose fractionation factor)を計算致します。 

*2
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

*3
「両側の頬からこめかみにかけて赤く毛穴が大きく
ニキビを引っ掻いたような痕も片側各々10個位あります。
小さなクレーターになっていて痒みというか昼間は変な感じで
夜中にこめかみなど引っ掻いているような気が致します。」
=>
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」+
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
であり
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「知覚障害」=「もぞもぞ感」
を伴い「夜中」に「引っ掻く」
典型的な「症状・症候」で御座います。

*4

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。

もとよりすっぴんでもつるつるになどとは思ってはいません。
できうるだけきれいにしていただければと思います。
(ひどいかおです。吹出物もきになりすぎです)

=>
上記御回答致しました。

頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

*5
またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。
-------------------------------

##7
因みに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に
御記載致します。 

##8
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」+
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」

「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の独壇場です。

##9
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」をくれぐれも
「血管腫」と間違われて
「Vビームレーザー」或いは「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
など「レーザー光照射」されないようにご留意は大変重要です。

##10
もうお読みになられていることと存じます。
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の過去の「御相談と御回答」の相談文章と御回答のURL
のある
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」10
[2] [2007年10月 6日 19時16分42秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/759224928290681.html

を再度御参照頂けますか。

##11
綺麗に治したいです。
私も頑張ります。

##12
psに「レーザー光照射」の患者さんの
「初診のしおり」が御座います。
山本クリニックは「アットホーム」な病院です。
どうか「肩の荷」をおろされてリラックスされて起こし下さい。

##13
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副「症状・症候」」
につき「補足」に御記載致します。
御参照頂けますか。

##14
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。

------------------------------------------------------------

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます(再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば
1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。

##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に御記載致します。 

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃や下腹部が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
もしくは虫歯もないのに奥歯が痛みませんか。

##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
あるいは洗髪で頚部前屈されて「症状・症候」がでませんでしょうか。

(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」が
併発し
「上気道」や「呼吸器」の「症状・症候」が併発します。
##31
「ウイルスによる風邪症候群」と間違われて「風邪症候群」
あるいは気管支炎からの熱発と頭痛というように包括されてしまうことが
少なからず御座います。
##32
「反復性上気道感染」のため「リンパ節腫大」と「緊張型」による
頚部・顔面の「しこり」か区別されていないことも御座います。
##33
そのため「リンパ節腫大」とか「頚部のしこり」とか「緊張型」の患者さん
は「表現」されるため「「悪性リンパ腫」などとんでもない疾患の
検査をされることが御座います。
##34
左側のほうが「症状・症候」お強く御座いませんでしょうか。

「補足1おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年10月14日 16時2分57秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
お世話になります。

レーザー治療についてお聞きします。
 現在、25歳の女性なのですが、
高校生時にニキビ、肌荒れがひどく
当時のニキビ痕が未だに残っています。 
色々な美容液やピーリング品を試しましたが良くなりませんでした。

ニキビ痕の部分はヶ所程度で、2mm四方くらいの大きさで
キズ跡が深く目立っています。

 この度レーザー治療を考えているのですが、
良くなるのでしょうか? 

また費用はどれ位掛かるのでしょうか?

ご回答の程、宜しくお願い致します。
Sunday, October 14, 2007 12:26 AM

[2007年10月14日 12時26分22秒]

|

海外在住。顔面外傷で鼻が曲がってしまいました。傷痕レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に御願い致します。

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。けれども
1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

仮に「鼻中隔:びちゅうかく」の骨折があったとしましょう。
あくまでも「仮定」です。

これは「顔面頭蓋」の外傷すべてにいえる「一般論」ですが
患者さんが「何を気にするか」という「ポイント」があります。
=>
極端なことをいえば
適切な表現が思い浮かばないのですが
1・機能は落ちてもよいから「容姿を重要視される」かたがいます。
2・「容姿はかまわないから」機能を最優先して直したいという方がいます。

「両方とも「治療戦略」」とすると
「顔面頭蓋」の外傷の場合には「うまくいかない」ことが
ある。
或は「危険=リスク」があることがあります。
=>
けれども
「顔面外傷」には怖い「落とし穴:pit-fall」が
あり
「中枢神経系専門医先生」でないと解決できない
事例が多いものです。

「頭蓋骨」は「神経頭蓋」+「顔面頭蓋」から
構成されています。
御相談者の御相談内容要旨御記載の文面からは
「顔面頭蓋」の「鼻」の「顔面外傷」であるようです。

まずは「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されて下さい。
そして「脳神経外科専門医先生」にて
「何らかの問題がない」と診断されたのであれば。
=>
お鼻の「形成外科」的なことが気になられる場合は
そのことを「脳神経外科専門医先生」に相談され
「形成外科専門医先生」を「御受診」されるように
図っていただくと宜しいでしょう。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「海外在住です。

実は、昨日鼻が曲がってしまいました。
といいますのも、友人にさそわれて地元の柔道クラブにいったんですが、
その際に相手のひざが鼻にあたってしまい
ピキッという音と共に血が沢山でました。鏡をみると鼻が異常にまがっていました。

すぐに自分でまがったことろを押したらズイブンともとの位置にはもどったのですが、
まだ違和感があります。

地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなくもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうことでしたが、
それは妥当な判断なんでしょうか?

インターネットでみると、
早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いて
ありました。

初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、
ご回答いただけましたら幸いです。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
下記の「10項目」の
今回の「顔面外傷」に関する要旨に分解しうること。
1・海外在住でいらっしゃること。
2・October 10, 2007で「昨日=10・9(火曜日)鼻が曲がってしまった」
という「症状・症候」
3・「2・」は「地元の柔道クラブにいったんですが、
その際に相手のひざが鼻にあたってしまい・略・」で顔面外傷が原因であること
4・「ピキッという音と共に血が沢山でました。
鏡をみると鼻が異常にまがっていました。」と「鼻が異常にまがった」という「症状・症候」
5・「すぐに自分でまがったことろを押したら
ズイブンともとの位置にはもどったのですが」と「自己整復」されていること。
(「自己整復」が可能であったこと)
6・「地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなくもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうこと」で病院を御受診されている」
=>「診断名は何故御記載がないぼでしょうか」

7・「それは妥当な判断なんでしょうか?」
=>御質問の「意味・意義」が理解できません。

8・「インターネットでみると、
早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いて
ありました。」からは御相談者の御相談内容要旨御記載にはない
「キーワード」をお持ちであると推定されること。=>「診断名?」
9・「初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。」
=>「怪我をされたことは一度もない」ということ。
10・「その他」
の「10項目」です。

#3
##1
止むを得ずも御相談者の御相談内容要旨御記載からは
海外在住でご不便もおありであったと存じますが。
病院「御受診」された結果の「御診断」の御記載がありません。

##2
「鼻が曲がってしまった」と「ピキ」と「音がした」からは。
そして「自己整復」で「ずいぶんよくなった」からは。
=>##3

##3
顔面外傷により
「鼻中隔:びちゅうかく」に「なんらかの「病態」」が「発生」したと
推定されます・。あくまで「推定」であり「仮定」です。

##4
「鼻中隔:びちゅうかく」には鼻粘膜にはさまれて「薄い骨」
が存在致します。

##5
「鼻中隔:びちゅうかく」には鼻粘膜にはさまれて「薄い骨」
に「骨折」或は「類似の「病態」」が発生したと「仮定」は
可能です。

#4
##1
「地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなくもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうことでしたが、
それは妥当な判断なんでしょうか?」
との事です。

##2
顔面外傷であれば頭部X線撮影は必要である。
脳CTは頭部X線撮影の結果からまた「臨床神経診断学」から
頭部X線撮影のみで必要な場合も必要でない場合
もある。

##3
「 インターネットでみると、
早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いて
ありました。」
との事ですが御相談者の御相談内容要旨御記載の
この「文章」の「主語」が
御相談者の御相談内容要旨御記載の御相談文面からは
探索が不可能です。
=>##4・5

##4
仮に「鼻中隔:びちゅうかく」の骨折があったとしましょう。
これは「顔面頭蓋」の外傷すべてにいえる「一般論」ですが
患者さんが「何を気にするか」という「ポイント」があります。
=>##5

##5
極端なことをいえば
適切な表現が思い浮かばないのですが
1・機能は落ちてもよいから「容姿を重要視される」かたがいます。
2・「容姿はかまわないから」機能を最優先して直したいという方がいます。

##6
##5の「両方とも「治療戦略」」とすると
「顔面頭蓋」の外傷の場合には「うまくいかない」ことが
ある。
或は「危険=リスク」があることがあります。
=>##7

##7
けれども
「顔面外傷」には怖い「落とし穴:pit-fall」が
あり
「中枢神経系専門医先生」でないと解決できない
事例が多いものです。

#5
##1
「初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、
ご回答いただけましたら幸いです。」
との事です。

##2
まず「頭蓋骨」は「神経頭蓋」+「顔面頭蓋」から
構成されています。
御相談者の御相談内容要旨御記載の文面からは
「顔面頭蓋」の「鼻」の「顔面外傷」であるようです。

##3
まずは「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されて下さい。
そして「脳神経外科専門医先生」にて
「何らかの問題がない」と診断されたのであれば。
=>##4

##4
お鼻の「形成外科」的なことが気になられる場合は
そのことを「脳神経外科専門医先生」に相談され
「形成外科専門医先生」を「御受診」されるように
図っていただくと宜しいでしょう。

##5
「脳神経外科」或は「中枢神経系専門医」的な問題としては
「顔面外傷」としての顔面骨骨折などによる「病態」から
1・
「末梢性顔面神経」の損傷による「末梢性顔面神経」の問題
2・
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の
損傷による「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の問題。
3・
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」の
存在の「有無」による「外眼筋トラップ」「有無」の問題
4・
「頭蓋底骨折」の「有無」による「髄液漏(ずいえきろう)」
の「有無」の問題
5・
その他

が御座います。

##6
##5の「いずれもの問題」を総合して
「お受けもちの先生」は「違和感」という表現を用いられ
「72時間」の経過観察期間を設けられたのでしょう。

#6
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載と同じ事例で
鼻の「顔面外傷」であったかたが
「脳神経外科専門医先生」の「病態」に
おきかわる事例が稀ならずあり「むしろ多いものなのです」。

##2
まずは
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されて
鼻の「形成外科専門医先生」の課題は
その次に考えられておかれたほうが
よいように今の私は考えます。

#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、
ご回答いただけましたら幸いです。」
とのことですが本当に御災難であったと
存じます。
御気持ちは大変よく判ります。

##3
上記御回答致しました。
「顔面外傷」に潜む「落とし穴:pit-fall」は
有名なものであり沢山の「病態」があります。

##4
「病院」で最初に「御受診」された
「お受けもちの先生」が
「脳神経外科専門医先生」であればいまのままで
「(金曜日)に伺う」で宜しいです。

##5
けれども
「お受けもちの先生」が
「脳神経外科専門医先生」でなかったのであれば
改めて「脳神経外科専門医先生」を「御受診」される
意思表示をとられるのが宜しいと今の私は考えます。

##6
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
けれども。
「顔面外傷」に潜む「落とし穴:pit-fall」は
有名なものであり。
沢山の「病態」があります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年10月11日 15時6分28秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
海外在住です。

御相談して良いのかどうかわかりませんが、
少し緊急なことで悩んでおりますので、
ご回答頂ければ幸いです。

実は、昨日鼻が曲がってしまいました。
といいますのも、友人にさそわれて地元の
柔道クラブにいったんですが、
その際に相手のひざが鼻にあたってしまい
ピキッという音と共に血が沢山でました。
鏡をみると鼻が異常にまがっていました。

すぐに自分でまがったことろを押したらズイブン
ともとの位置にはもどったのですが、
まだ違和感があります。

地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなくもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうことでしたが、
それは妥当な判断なんでしょうか?

インターネットでみると、
早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いて
ありました。

初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、
ご回答いただけましたら幸いです。

Wednesday, October 10, 2007 3:28 AM

[2007年10月10日 03時28分34秒]

|

38歳女性。北海道在住で北海道から週一回通院可能です。上瞼脂肪注入の傷痕でとても悩んでいます。上瞼脂肪注入傷痕レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に傷痕の超高性能Qスイッチレーザーによるレーザー・レーザー治療・レーザー外科を御願い致します。

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。

++++++++++++++++++++++

「この凸凹感を直したいのですが、
過去に注入した脂肪を切らずに取り除く方法は
ありますか?」
=>
「過去に注入した脂肪を切らずに取り除く方法」
をお考えになられていらっしゃることは誠に
は正解です。
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「上眼嶮(うわまぶた)」の
この凹凸にメスをいれてはいけません。

このように考えると
「レーザー・リサーフエシング」が「治療戦略」
になります。

週一回(日)のペース=
「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
での
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
による
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
が最も適切であると考えます。

「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質」の注入は
「filler療法(フイラー療法)」と呼称。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
「上眼嶮(うわまぶた)」或は「下眼嶮(したまぶた)」
の「filler療法(フイラー療法)」の結合組織癒着などの
「トラブル」は大変に多いものです。

改めて
「filler療法(フイラー療法)」
(「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質」の注入は)
「filler療法(フイラー療法)」といいます。)
の危険性が指摘される昨今です。

適切な表現が思い浮かばないのですが
「filler療法(フイラー療法)」は
大変に「昔の「治療戦略」」です。

結局「上眼嶮(うわまぶた)」や「下眼嶮(したまぶた)」

「脂肪注入」など「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は「やってはいけません」。
「「肉芽形成:にくがけいせい:granukar form,ation:GF」
で大変なことになる事例が御座います。

「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」は
さもなくとも皮膚は薄い。

「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」
共にもう「絶対にメスをいれてはいけません」。
修復が不可能になります。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「初めまして。
私は38歳の女性です。

16年前に上瞼のくぼみが気になり、
お腹から脂肪を取り、瞼に注入しました。
4年後、注入した脂肪が吸収されてしまったのか
、再びくぼむようになったので
別の病院で再度脂肪注入をしました。
この時は、二の腕の脂肪を注入しました。

現在は、過去に注入した脂肪がシコリのようになり、
瞼中央が盛り上がり凸凹になってしまいました…
目を閉じると、上瞼に何か入っているのがハッキリと分かります。

この凸凹感を直したいのですが、
過去に注入した脂肪を切らずに取り除く方法はありますか?

瞼がくぼむのも嫌なのですが、
上瞼の中央だけポコンと盛り上がっているのも
とても気になります。
周囲にも指摘されて気になっています…

ご回答、宜しくお願い致します。」
との事です。

#2
##1
「16年前に上瞼のくぼみが気になり、
お腹から脂肪を取り、瞼に注入しました。
4年後、注入した脂肪が吸収されてしまったのか
、再びくぼむようになったので
別の病院で再度脂肪注入をしました。
この時は、二の腕の脂肪を注入しました。」
との事です。

##2
このような「上眼嶮(うわまぶた)」の凹みに対して
安易に
「上眼嶮(うわまぶた)」
(「下眼嶮(したまぶた)」の場合も同様です)
俗にいう「脂肪注入」=
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は行われなかったほうがよろしいのですね。

##3
「filler療法(フイラー療法)」=
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質」の注入は)
「filler療法(フイラー療法)」といいます。

##4
「上眼嶮(うわまぶた)」の凹みがいかなる「病態」
によるものかに関する
「お受けもちの先生」の診断=「病態把握」が
御相談者の御相談内容要旨御記載からはありません。

##5
そこの「症状・症候」があるから
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は正しい或は適切な考え方ではない。

#3
##1
「filler療法(フイラー療法)」。
「脂肪注入」あるいは
「真皮を作る物質」の注入は)
「filler療法(フイラー療法)」と呼称されます。

「脂肪注入」などを「filler療法(フイラー療法)」=
「fill:詰める」
と呼称致します。

##2
「上眼嶮(うわまぶた)」や「下眼嶮(したまぶた)」の
凹みの患者さんは「病態把握」がなされていて。
「それが絶対必要」と複数の医師から判断される以外は
絶対やってはいけません。

##3
「「肉芽形成:にくがけいせい:granukar form,ation:GF」
により
取り返しの付かない
「傷痕」或いは皮下組織の「瘢痕:はんこん」を
形成致します。

##4
「脂肪注入」での「豊胸術」なども今現在全くよほど
ご経験のある先生が行うに該当する事例意外はまずは
おこなわれません。

##5
極めて判りやすくいえば
美容外科・形成外科的には
「脂肪注入」或は「ヒアルロン酸注入」などの
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は30-40年前の「古い「治療戦略」」なのです。

##6
しいて美容外科の「病態」をもたれる患者さん
は「古い「治療戦略」」を
選択される理由はなにもありません。

#4
##1
「上眼嶮(うわまぶた)」或は「下眼嶮(したまぶた)」
に「脂肪注入」とはいえ
あくまでも「異物を注入」するわけだから
「皮下結合組織」の
「「肉芽形成:にくがけいせい:granukar form,ation:GF」
はさけられず「「危険=リスク」が大きい」。

##2
そして御相談者は
御自分の「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」
に「メス」をいれられたり
してはいけません。

##3
このように考えれば
「超高性能Qスイッチレーザー」による
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の「治療戦略」が浮上致します。

##4
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
である
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
により「治療戦略」をとります。

#5
##1
「この凸凹感を直したいのですが、
過去に注入した脂肪を切らずに取り除く方法はありますか?」
との事です。
=>##2

##2
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
として
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」を致します。

##3
「超高性能Qスイッチレーザー」にての
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」

「1ショット時間」が「10億分の10秒」とは
「光速度」でも「光が3mしか進めない時間」での
「レーザー光照射」になります。

##4
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」
が可能で御座います

##4
「この凸凹感を直したいのですが、
過去に注入した脂肪を切らずに取り除く方法は
ありますか?」
=>
「切らずに取り除く方法は」は「正解」です。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「上眼嶮(うわまぶた)」のこの「症状・症候」に
「絶対に」「メスをいれてはいけません」。

##5
必ずや「修復」が「不可能」な状況が発生致します。

#6
##1
「上眼嶮(うわまぶた)」の
「filler療法(フイラー療法)」のトラブルに関しては
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

目の下のたるみのクマに脂肪注入後の上下瞼に凹凸
[2] [2007年 1月10日 19時44分18秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/43272567734039.html
も御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」
(本編と重複部分は省略してあります)

##2
「上眼嶮(うわまぶた)」の
「filler療法(フイラー療法)」のトラブルに関しては
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編修版4
[2] [2007年 1月27日 19時27分57秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/522749955606745.html
も御参照頂けますか。

#6
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「上眼嶮(うわまぶた)」の「病態」ですが。
「皮膚が「薄くなっている」あるいは「表皮が薄い」」
が考えられます。

##2
「下眼嶮(したまぶた)」の「病態」である
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に関する
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
目の下のくま 目の下のクマ 眼の下のクマの
レーザー治療・レーザー外科の情報がお役に立つと思います。

##3
目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」2
[2] [2006年12月13日 18時28分34秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/669264693352492.html
御参照頂けますか。

##4
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に関する
様々な「過去の御相談と御回答」かr
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の分類。
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「レーザー光照射」
による「治療戦略」
につき御記載してあります。
=>
一部をコピー致します。
=>
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」
の中の「「補足1」で代用致します。
「補足1」
(御相談者の御相談内容要旨御記載と全く同様の
御相談者もいらっしゃいます)

#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
昨今「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」
の「病態」に積極的な
「脂肪注入」=「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は「もうおこなわない」になってから久しいです。

##3
お顔の形成外科・美容外科は
取り分け「上眼嶮(うわまぶた)」や「下眼嶮(したまぶた)」

「皮膚が「薄くなっている」あるいは「表皮が薄い」」
「病態」に
「filler療法(フイラー療法)」が行われると
「「肉芽形成:にくがけいせい:granukar form,ation:GF」
から「結合組織」の「活断層」が発生し
「傷痕」に移行しやすいです。

##4
このような
「filler療法(フイラー療法)」の
「傷痕」に関しては
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
にて
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」

「レーザー・リサーフエシング」が「治療戦略」
としてあげられます。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「レーザー光照射装置」としては
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」は
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の独壇場です。

##6
お顔の美容外科・形成外科には
極めて慎重に進路をとられますように。

そして
綺麗に治したいですね。

------------------------------------------------------------

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

-------------------------------
「上眼嶮(うわまぶた)」の
「filler療法(フイラー療法)」のトラブルに関しては
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

目の下のたるみのクマに脂肪注入後の上下瞼に凹凸
[2] [2007年 1月10日 19時44分18秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/43272567734039.html
も御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」

++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に
「脂肪注入」或は「ヒアルロン酸注入」などを用いた
「治療戦略」を
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
と呼称致します。

大変に「昔の「治療戦略」」です。
「脂肪注入」など「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は「やってはいけません」。

「「肉芽形成:にくがけいせい:granukar form,ation:GF」
で大変なことになる事例が御座います。

「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」は
さもなくとも皮膚は薄い。

「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の患者さん
ではとりわけ薄いです。

「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 は
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
での
「レーザー・リサーフエシング」
で「治療戦略」をとります。

「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」
共にもう「絶対にメスをいれてはいけません」。
修復が不可能になります。

「春まで・」が
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「レーザー・リサーフエシング」を考えれば。

もう今現在が
「傷痕」の状態です。
「レーザー・リサーフエシング」は早いほうが
宜しいと今の私は考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「私は40歳の主婦です。
8月に目の下のたるみのクマを取るために、脂肪注入しました。
出来は満足していたのですが、少し窪んできたので12月に目の下に再注入と、
上瞼の凹みに注入しました。
ところが、今度は上瞼はボコボコし、その下に三重瞼のラインができ、
目の下の注入した部分がプクッと膨れています。
注入して、3週間程なので、担当医は「目の下の膨らみは必ず吸収されてなくなる
し、
もし、春まで待って膨らみがなくならなかったら、ステロイド局注をする」と言って
います。
上瞼に関しては、「多分良くなる」というだけです。
でも、私的には、脂肪を入れすぎたような気もするし、デザインも悪いので、
改善されないような気がしています。
春になって改善されなければ、上瞼は切開です。
目の下はステロイド局注ですが、本当によくなるのか、副作用は大丈夫なのか心配で
す。

質問ですが、先生のところで、切らずにこの状態を良くする方法はありませんか?
もし切るとしても最小限の傷跡で抑えたいです。
もし先生のところで方法があるのなら、治療していただく時期は早いほうが良いです
か?
それとも、春まで待ってから治療した方が良いですか?
毎日不安で不安で生きた心地がしません。
お忙しいとは思いますが、お返事よろしくお願いします。」
との事です。

#2
##1
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「脂肪注入」などを「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
と呼称致します。

##2
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には
絶対やってはいけない。

##3
「傷痕」或いは皮下組織の「瘢痕:はんこん」を
形成致します。

##4
「脂肪注入」での「豊胸術」も今現在全くよほど
ご経験のある先生が行う意外はおこなわれません。

##5
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「脂肪注入」或は「ヒアルロン酸注入」などの
「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は30-40年前の「古い「治療戦略」」である。

##6
あくまでも「異物を注入」するわけだから
「皮下結合組織」の
「「肉芽形成:にくがけいせい:granukar form,ation:GF」
はさけられず「「危険=リスク」が大きい」。

##7
もう御相談者は
御自分の「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」
に「メス」をいれられたり
してはいけません。

#3
##1
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 は
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
により「治療戦略」をとります。

##2
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に関する
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」2
[2] [2006年12月13日 18時28分34秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/669264693352492.html
御参照頂けますか。

##3
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に関する
様々な「過去の御相談と御回答」かr
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の分類。
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「レーザー光照射」
による「治療戦略」
につき御記載してあります。
=>
一部をコピー致します。
=>
「補足1」
(御相談者の御相談内容要旨御記載と全く同様の
御相談者もいらっしゃいます)

#4
##1
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 のレーザー外科
での「単独」での御相談では
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
目のしたのクマのレーザー治療のお願い。2
[2] [2006年 8月17日 14時50分52秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/574089919290603.html
目のしたのクマのレーザー治療のお願いします。
[2] [2006年 8月17日 11時57分46秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/121589726842107.html
が宜しいかもしれません。

##2
長くて判り辛い・読みにくいかもしれませんが
山本クリニック美容外科での
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 のレーザー外科
について余すことなく御記載いたしております。

#5
##1
「質問ですが、先生のところで、
切らずにこの状態を良くする方法はありませんか?」
=>
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
で「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「レーザー・リサーフエシング」を致します。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」
が可能で御座います

##2
「もし切るとしても最小限の傷跡で抑えたいです。
もし先生のところで方法があるのなら、
治療していただく時期は早いほうが良いです
か?」
=>
御相談者の御相談内容要旨御記載から
「症状・症候」を推定致します。
=>
「絶対に」「メスをいれてはいけません」。
必ずや「修復」が「不可能」な状況が発生致します。

##3
「それとも、
春まで待ってから治療した方が良いですか?」
=>
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「レーザー・リサーフエシング」を
施行する場合。
今現在「傷痕」の状況です。
早いほうが宜しいと今の私は考えます。

#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
昨今「脂肪注入」=「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
は「もうこなわない」になってから久しいです。

##3
お顔の形成外科・美容外科は
取り分け「下眼嶮(したまぶた)」・「上眼嶮(うわまぶた)」は
皮膚がたりなくなり
「傷痕」に移行しやすいです。

##4
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 は
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の独壇場です。

##5
お顔の美容外科・形成外科には
極めて慎重に進路をとられますように。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
とても心配です。

##7
綺麗に直したいものです。

##8
とりあえずに第一報としての御回答を致します。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」2

眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
レーザー治療・レーザー外科に関する「過去の御相談と御回答」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/954553150179894.html

#1
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「目の下のクマ」 に関する過去の「御相談と御回答」を
[2004年8月29日 12時20分37秒]」から
[2006年10月21日 21時17分34秒]
「今現在」までのおおむね「2年分」を。

新しい順に過去の「御相談と御回答」のURLと
「御相談者の御相談文章」のみをコピーして
目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/954553150179894.html
として
御記載致します。
=>+「ごさんこう」+

#2
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

[2006年10月21日 21時17分34秒] から
[2004年08月29日 12時20分37秒] までさかのぼり
この間の「「眼の下のクマ」「目の下のクマ」
のレーザー治療・レーザー外科」に関連する
さまざまな
「過去の御相談と御回答」で御座います。

#3
「「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
レーザー治療・レーザー外科」
に関する
を御相談者への御解答引用のためこのページ

にまとめます。=>#4以後
「「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 のレーザー治療・レーザー外科」
に関して
これから御相談をされようとする方は何卒に
御参考になれば何よりです。

#4
御相談のタイトルとURLのみは下記の通りです。

1・
目のしたのクマのレーザー治療のお願い。2
[2] [2006年 8月17日 14時50分52秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/574089919290603.html
2・
目のしたのクマのレーザー治療のお願いします。
[2] [2006年 8月17日 11時57分46秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/121589726842107.html
3・
片方の下瞼の脂肪の膨らみのレーザー治療 2
[2] [2006年 3月11日 19時29分51秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/22702986149034.html

4・
片方の下瞼の脂肪の膨らみのレーザー治療
[2] [2006年 3月11日 18時42分52秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/279838652423681.html
5・
眼の下のクマの目の下の弛み取りの手術のひどい傷痕 3
[2] [2006年 2月23日 8時53分16秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/391250184112327.html

6・
眼の下のクマの目の下の弛み取りの手術のひどい傷痕 2
[2] [2006年 2月23日 8時49分26秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/525576306813495.html

7・
眼の下のクマの目の下の弛み取りの手術のひどい傷痕
[2] [2006年 2月23日 8時46分37秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0628807976181669.html
8・
目のしたのクマ治療をしたいのですが
[2] [2006年 2月20日 18時34分28秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/967072912798361.html
9・
上眼瞼手術後の二重ラインの段差
[2] [2005年12月14日 19時52分51秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0825452185972644.html
10・
目頭切開の傷痕の手術以外の治療法
[2] [2005年11月11日 18時50分28秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/311316412015916.html
11・
眼の下のクマ [2] [2005年10月13日 13時50分53秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/223338350960152.html

12・
「めのしたのくま [2] [2005年10月12日 8時51分31秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/216844478928582.html
13・
「目の下のくま回数何回かかってもよいから
1回の治療費用 [2] [2005年 6月29日 16時19分58秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/427769449147494.html
14・
「有りがたくて涙がとまりません。 [2] [2005年 6月18日 19時30分55秒]」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/469687915946455.html
15・
「目の下のくまの1日の回数 [2] [2005年 6月16日 15時53分37秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/28231607594444.html
16・
「にきび痕?+目の下のクマ [2] [2005年 5月14日 19時45分 5秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/85653363571419.html
17・
「目の下のくまの通院方法 [2] [2005年 5月 5日 10時40分 4秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0755659940923614.html
18・
「目の下のクマ [2] [2005年 3月31日 12時52分13秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/238664830177189.html

19・
「目の下のくま [2] [2005年 2月27日 10時26分36秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/719292332026274.html
20・

「目の下の茶くま [2] [2005年 2月24日 15時 6分42秒」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/756356896207766.html

21・
「くまで悩んでいます。 [2] [2005年 2月 6日 12時21分45秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/854085162821324.html
22・
「目の下のクマを治したいです。 [2] [2005年 1月11日 18時39分24秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/538408246663497.html
23・
「こんなに早いご回答に感謝しています。 [2] [2005年 1月 2日 12時11分23秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0261543964306874.html

24・
「目の下のクマレーザー治療 [2] [2005年 2月24日 15時 5分12秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/309398924307065.html
25・
「目のクマがレーザーで消える?3 [2] [2004年12月19日 10時31分 6秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/394998919292451.html

26・
「目のクマがレーザーで消える?2 [2] [2004年12月16日 13時53分25秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0851541858437521.html
27・
「目のクマがレーザーで消える? [2] [2004年12月12日 9時50分35秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/744883624444814.html
28・
「目の下のくまについての相談 [2] [2004年11月18日 12時 0分24秒]」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/298024859353067.html
29・
「目の周りのクマとシミみたいなもの [2] [2004年10月31日 16時48分50秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/375600504529761.html
30・
「眼の下のくま [2] [2004年10月31日 8時48分26秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/253725641480745.html
31・
「目の下のクマで悩んでいます [2] [2004年10月24日 8時58分11秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0339759314238144.html
32・
「目の下のクマ [2] [2004年10月23日 19時11分38秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168002496081503.html
33・
「目の下のくまのレーザー治療 [2] [2004年10月 3日 11時 2分57秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/129556089014844.html
34・
「目の下のくまで悩んでおります。 [2] [2004年 9月23日 8時37分16秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/208693813839094.html
35・
「目の下にクマがあり悩んでいます  [2] [2004年 9月13日 19時19分12秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/110001439535157.html
36・
「目の下のクマ [2] [2004年 8月29日 14時23分37秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/949199802548723.html

#5
なお
2005年以前には下記に該当する「ふるい御回答」も
御座います。

------------------------------------------------------------

この「過去の御相談と御回答」は「昔のもの」です。

の「レーザー光照射」の昔の回数は10回(日)
とか16回(日)
となっているかもしれません。

山本クリニック美容外科の「レーザー光照射」
の技術は当たり前ながらどんどん向上しています。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
最近の山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

御回答では照射回(日)は週一回(日)のペースで
最低20-24回(日)
以上と御回答しています。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

是非とも
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の2006以後の「最近の御相談と御回答」もご参照されて下さい。

------------------------------------------------------------

「補足1おわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年1月10日 19時44分18秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
私は40歳の主婦です。
8月に目の下のたるみのクマを取るために、脂肪注入しました。
出来は満足していたのですが、少し窪んできたので12月に目の下に再注入と、
上瞼の凹みに注入しました。
ところが、今度は上瞼はボコボコし、その下に三重瞼のラインができ、
目の下の注入した部分がプクッと膨れています。
注入して、3週間程なので、担当医は「目の下の膨らみは必ず吸収されてなくなる
し、
もし、春まで待って膨らみがなくならなかったら、ステロイド局注をする」と言って
います。
上瞼に関しては、「多分良くなる」というだけです。
でも、私的には、脂肪を入れすぎたような気もするし、デザインも悪いので、
改善されないような気がしています。
春になって改善されなければ、上瞼は切開です。
目の下はステロイド局注ですが、本当によくなるのか、副作用は大丈夫なのか心配で
す。

質問ですが、先生のところで、切らずにこの状態を良くする方法はありませんか?
もし切るとしても最小限の傷跡で抑えたいです。
もし先生のところで方法があるのなら、治療していただく時期は早いほうが良いです
か?
それとも、春まで待ってから治療した方が良いですか?
毎日不安で不安で生きた心地がしません。
お忙しいとは思いますが、お返事よろしくお願いします。
Wednesday, January 10, 2007 2:43 PM

[2007年1月10日 14時43分0秒]

「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年6月27日 9時49分54秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
初めまして。
私は38歳の女性です。

16年前に上瞼のくぼみが気になり、
お腹から脂肪を取り、瞼に注入しました。
4年後、注入した脂肪が吸収されてしまったのか
、再びくぼむようになったので
別の病院で再度脂肪注入をしました。
この時は、二の腕の脂肪を注入しました。

現在は、過去に注入した脂肪がシコリのようになり、
瞼中央が盛り上がり凸凹になってしまいました…
目を閉じると、上瞼に何か入っているのがハッキリと分かります。

この凸凹感を直したいのですが、
過去に注入した脂肪を切らずに取り除く方法はありますか?

瞼がくぼむのも嫌なのですが、
上瞼の中央だけポコンと盛り上がっているのも
とても気になります。
周囲にも指摘されて気になっています…

ご回答、宜しくお願い致します。
Sunday, June 24, 2007 11:24 PM

[2007年6月24日 23時24分16秒]

|

33歳女性。兵庫在住です。酒さ「赤ら顔」で悩み抜いています。酒さ「赤ら顔」レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に超高性能Qスイッチレーザーを御願い致します。兵庫より週一回通院可能です

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「運動枝」
(判りやすく言えば運動神経)が正常とは異なり
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第3枝:だいさんし」
のみではなく「各枝」すなわち「第1枝:だいいっし」「第2枝:だいにし」
にも存在する結果。

お顔の「脂腺疾患:しせんしっかん」=
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん]
の周囲にが幾重にもまきついて
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」を
形成して「その断面」としてお顔の表面が「赤く」みえる
「病態」です。

「超高性能Qスイッチレーザー」である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」=
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
により
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」を不活化
を試み「治療戦略」をとります。

よく「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」と間違われて。

「赤ら顔」であるからと「Vビームレーザー」*を
照射されることがあります。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「前置き」は
「1・」-「8・」と「8つ」の情報じから
構成されています。

まとまった「レーザー光照射」の時間或は
スケジュールが今現在は不可能なので。
まずは
「フアーストオリエンテーションのみの「レーザー光照射」」
の御相談と解釈致します。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「私は兵庫県在住の33歳の女性です。
私は、18歳から頬と鼻と顎の紅班性酒さで悩んでいます。
今まで数々の皮膚科や美容外科に行きましたが、全く良く
なりませんでした。私は相談掲示板を読んで、初めて酒さが
「脂腺疾患」であることを知り、驚きと同時に、酒さの知識を
持っている医者が少ないことも知りました。精神的に相当辛い
症状なので正確な知識を持った医者が増えることを切に願います。
 私事ですが、酒さが原因で結婚にふみきれません。現在半年
通っている皮膚科では、アイピーディカプセル・温清飲エキス
顆粒とアズノール・イオウの混合の塗り薬で治療しています。
脂線疾患であることが分かった今では全く無意味な治療である
ことが分かりました。治らない私に対して「あなたは気にしすぎ
なのよ」とまで言われてしまいました。

 前置きが長くなって申し訳なかったのですが、3点お伺いしたい
ことがございます。
 ①相談掲示板で「頬と鼻の酒さとの同時の施術は不可能なことが
多い」とありましたが、それは「どちらかを先に治してからでないと
だめ」なのか「同じ日に施術をすることができないのか」どちら
でしょうか。私は極力同時進行というか同じ日に施術をしたいと
強く願っております。
 ②鼻・頬・顎の合計の1回の費用はいくらでしょうか。別々にする
場合は一箇所につき5万円かかるのでしょうか。

 ③現在仕事の都合上、週1回通うことができませんので、
通えそうな時期になってから施術を始めようと思っております。
ただ自分の酒さの状態(顕微鏡で見ていただけるのですよね)などを
きちんと知っておきたいので、通い始める前に先に一度だけ一通りの
施術(初回の方が受ける治療)を受けることは可能でしょうか。
酒さだと思いこんでるだけで全く違う疾患ということもありえると
思いますから。ちなみに今まで10ヶ所近く病院に行き、酒さと
診断した先生は2人だけです。後の先生は「にきびなどで炎症を
おこしているだけでしょう」でした。

 山本先生がお忙しいことは重々承知しております。要領を得ない
長いメールを送ってしまいましたことも大変申し訳なく思っております。
ただ日本で頼ることができるのは山本先生だけだと思っております。
15年間のひきこもり人生から開放されればどんなに幸せだろうと
思います。ご多忙中恐れ入りますが、ご回答お待ちしております。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載から「前置き」と
されていらっしゃる文章に
「「私は兵庫県在住の33歳の女性です。
私は、18歳から頬と鼻と顎の紅班性酒さで悩んでいます。
今まで数々の皮膚科や美容外科に行きましたが、全く良く
なりませんでした。私は相談掲示板を読んで、初めて酒さが
「脂腺疾患」であることを知り、驚きと同時に、酒さの知識を
持っている医者が少ないことも知りました。精神的に相当辛い
症状なので正確な知識を持った医者が増えることを切に願います。
 私事ですが、酒さが原因で結婚にふみきれません。現在半年
通っている皮膚科では、アイピーディカプセル・温清飲エキス
顆粒とアズノール・イオウの混合の塗り薬で治療しています。
脂線疾患であることが分かった今では全く無意味な治療である
ことが分かりました。治らない私に対して「あなたは気にしすぎ
なのよ」とまで言われてしまいました。」
との事です。

##2
##1から「判断できること」は
下記の##3の「1・」-「8・」の「8つ」の
情報です。

##3
1・御相談者が兵庫県在住であられること。
2・「18歳から頬と鼻と顎の紅班性酒さで悩んでいます。」
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」でいらして今現在
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
であること。
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
に関する「積極的な御記載はない」こと。
3・「「2・」の「部位と範囲」が
「頬と鼻と顎の・略・」ですから
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
であられること。
4・
「初めて酒さが
「脂腺疾患」であることを知り、驚きと同時に、酒さの知識を
持っている医者が少ないことも知りました。」
=>
これまで「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」が
「脂腺疾患:しせんしっかん」であることを御存知ではなかったこと。
5・
「酒さの知識を
持っている医者が少ないことも知りました。精神的に相当辛い
症状なので正確な知識を持った医者が増えることを切に願います。」
=>
「本邦では海外留学の御経験のある先生でないとまず
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は御理解されていません。

因みに御理解されにくい「病理構造」として。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」
が「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」にそって
増殖して「横走毛細血管:transverse capillary」の周囲に
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が巻きついている状況が
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」である。
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」が多数束になり
その断面が皮膚に現れて「赤くみえること」。
間違っても
「毛細血管:もうさいけっかん:capillary」の拡張=「症状・症候」
はともなっても
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」という
「血管腫」ではないこと。
もしもお顔に
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」が
本等であるならば
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」のような
「神経皮膚症候群:しんけいひふしょうこうぐん:neuro-cutaneous syndrome」
を「考えねばならないこと」。
などです。

6・
「私事ですが、酒さが原因で結婚にふみきれません。」
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」をお持ちの「御婦人」にとっては
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「御婦人」の「大敵」
であるという(「困られている」という認識)が
「お医者さん」に「欠落していること」。
これは
「御婦人」の「お医者さん」の場合も不思議なことに「同様」です。

7・
「現在半年
通っている皮膚科では、アイピーディカプセル・温清飲エキス
顆粒とアズノール・イオウの混合の塗り薬で治療しています。
脂線疾患であることが分かった今では全く無意味な治療である
ことが分かりました。」
=>
「IPD:アイピィーディー:トシル酸スプラタスト:suplatast tosilate」
は「アレルギー性皮膚炎」或は「アレルギー性気管支喘息」の内服薬である。
「温清飲エキス顆粒:ジオウ3.0・オウゴン1.5・
シャクヤク3.0・オウバク1.5・センキュウ3.0・オウレン1.5・トウキ3.0・
サンシン1.5:漢方薬」は
「月経前症候群:premenstrual syndrome:PMS」「更年期障害」「神経症」の内服薬。
「アズノール・イオウの混合の塗り薬」は
40年前から行われている古典的なニキビの治療法です。
=>
御相談者の皮膚の「症状・症候」は
御薬からすると
「アレルギー性皮膚炎+月経困難症+ニキビ」の治療薬という
ことになります。
=>
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
けれども
御相談者は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であり
「アレルギー性皮膚炎+ニキビ」ではないから整合性がありません。
=>
「脂線疾患であることが分かった今では全く無意味な治療である
ことが分かりました。」
=>
「ということになりますね」。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「外用薬禁」で
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖「病態」
です。
レーザー・レーザー治療・レーザー外科以外に「治療戦略」は
有りません。

8・
「治らない私に対して「あなたは気にしすぎなのよ」
とまで言われてしまいました。」
との事です。
=>
「お受けもちの先生」は「御婦人」のようです。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
お顔の「症状・症候」できます
(「異所性酒さ:しゅさ:ectopic rosacea:異所性ロザケア」という
「病態」もありますが)
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
お顔の「症状・症候」は時として「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害
も伴います。
=>
「気にされないかたはいらっしゃらないでしょう」。

##4
##3に御相談者の御相談内容要旨御記載の「前置き」には
「8つ」の「情報」が御記載されています。

##5
これをまとめれば
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「診断」の「治療戦略」
ではなく「アレルギー性皮膚炎」の「治療戦略」を施されており。

「治療戦略」のいずこにも「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「治療戦略」に寄与するものは少なく。

お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かりますが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は苦手のようです。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
レーザー・レーザー治療・レーザー外科以外の「治療戦略」は
有りません。

#3
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態概念」と「治療戦略」
に関しては「しっかりとした知識」と
「超高性能Qスイッチレーザー」による「レーザー光照射」の「治療戦略」
を御理解頂かなければなりません。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する
御相談は多いものです。

##3
もうすでに御読みいただいているかもしれませんが。
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
1・
両側の頬の酒さ。レーザーでの治り方は?
[2] [2006年 4月27日 13時22分55秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/358903005560027.html
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」(一部編集・省略)
2・
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」9
[2] [2007年 8月15日 11時18分29秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/063687271279381.html
を御参照頂けますように。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」はレーザー・レーザー治療・レーザー外科
以外の「治療戦略」はありません。
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の
「脂腺疾患:しせんしっかん」です。
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」
=「血管腫」
と間違われて「Vビームレーザー」など照射されませんように
御注意下さい。
##3の「2・」
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」9
[2] [2007年 8月15日 11時18分29秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/063687271279381.html

このような事例の「過去の御相談と御回答」が
御座います。

##5
「Vビームレーザー」*は当院にも「3機種」御座います。
けれども「本物の「血管腫」の患者さん」以外には
用いません。


「Vビームレーザー」の
経緯は1983年にDr. AndersonとDr. Parrishにより提唱された
Selective Photothermolysis理論(選択的光加熱分解)に基づいて
1987年にDr. Tanらが単純性血管腫治療に対して
Candela Laser Corporation(現:Candela Corporation)製
のパルス波ダイ(色素)レーザーを使用して良好な治療結果を
得たことから端を発しています。、
当時の初期モデルに数々の改良が加えられ現在の
「Vビームレーザー」「レーザー光照射装置」に至っております。
このように「Vビームレーザー」は「「血管腫」のレーザー」
であり「赤色に反応するレーザー」とは意味合いは
異なります。

#5
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「運動枝」
(判りやすく言えば運動神経)が正常とは異なり
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第3枝:だいさんし」
のみではなく「各枝」すなわち「第1枝:だいいっし」「第2枝:だいにし」
にも存在する結果。

##2
お顔の「脂腺疾患:しせんしっかん」=
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん]
の周囲にが幾重にもまきついて
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」を
形成して「その断面」としてお顔の表面が「赤く」みえる
「病態」です。

##3
「超高性能Qスイッチレーザー」である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」=
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
により
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」を不活化
を試み「治療戦略」をとります。

##4
よく「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」と間違われて。

##5
「赤ら顔」であるからと「Vビームレーザー」を
照射されることがあります。

##6
因みに
「Vビームレーザー」自体が
「血管腫」の血管になんら作用するわけではないのです。
標的は「赤血球=「赤い」」です。
「毛細血管」の中を流れる「あかい」「赤血球」を「破壊したエネルギー」
で「「毛細血管」の壁」を「破壊」する「「血管腫」のレーザー」
です。

#4
##1
「前置きが長くなって申し訳なかったのですが、3点お伺いしたい
ことがございます。
 ①相談掲示板で「頬と鼻の酒さとの同時の施術は不可能なことが
多い」とありましたが、それは「どちらかを先に治してからでないと
だめ」なのか「同じ日に施術をすることができないのか」どちら
でしょうか。私は極力同時進行というか同じ日に施術をしたいと
強く願っております。」
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」

「4分類」にくわえて。
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」*
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」

「3分類」が加わります。

##3

「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」は
「昔の分類」=「額酒さ:ひたいしゅさ:
forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」+
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」

「眉毛」=>「鼻根部」にかかる「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
で難易度の高い
「新しい分類法」の
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」があります。

##4
「「頬と鼻の酒さとの同時の施術は不可能なことが
多い」とありましたが、それは「どちらかを先に治してからでないと
だめ」なのか「同じ日に施術をすることができないのか」どちら
でしょうか。」
との事です。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー」である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」を用いての
##1-##3までの「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の「部位と範囲」による分類法からの
「その「部位と範囲」への「レーザー光照射」」は。

##6
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー
(ウルトラQスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の「超高性能Qスイッチ」は
「1ショット時間」が「10億分の10秒」とは
「光速度」でも「光が3mしか進めない時間」で
「10億分の10秒」で高エネルギーの「1ショット」を。
毎秒10ショットする「高速レーザー」ですが
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」で「レーザー光照射」を
重ねていきます。

##7
「1部位」の1回(日)の「レーザー光照射」でも
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」を不活化する場合
1回(日)に10000「ショット」は必要です。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー」の「レーザー光照射」は
これは大変な「体力」を必要と致します。
よって「2部位」以上は「私の体力上」の問題であり
「物理的には「不可能」ではありません」。

#5
##1
「 ②鼻・頬・顎の合計の1回の費用はいくらでしょうか。別々にする
場合は一箇所につき5万円かかるのでしょうか。」
=>
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」+
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」+
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
の場合「3箇所」同時であれば
1回(日)の「御費用」は
「5万円」x「3部位」になります。

##2
部位により「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
の「レーザー光照射」には難易度の相違があり
ます。
いずれも難易度は高いですが
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」は
最も難易度が「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー」の中では「ずば抜けて」難しいですし
「ショット数」も必要ひいては「回数(日)」もより多く必要
です。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」により。
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」を不活化する場合
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「超高性能Qスイッチレーザー」
=「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
は「超高性能Qスイッチレーザー」の
独壇場です。

##4
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

#6
##1
 「③現在仕事の都合上、週1回通うことができませんので、
通えそうな時期になってから施術を始めようと思っております。
ただ自分の酒さの状態(顕微鏡で見ていただけるのですよね)などを
きちんと知っておきたいので、通い始める前に先に一度だけ一通りの
施術(初回の方が受ける治療)を受けることは可能でしょうか。」
=>
いかなる
「レーザー光照射」も
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
の場合は
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
で「レーザー光照射」をしていきます。

##2
##1③より
「 「③現在仕事の都合上、週1回通うことができませんので、
通えそうな時期になってから施術を始めようと思っております。」
であれば「不可能」ではありませんが。

##2
最初の日は「症状・症候」の
「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」での
「症状・症候」の確認と「治療戦略」及び
「レーザー外科」の「オリエンテーション」が「しっかりと必要」なため
9:50AMから「午前の診療終了」までの「10:50am」まで
「レーザー外科」の「オリエンテーション」。
そして11:50amよりの「レーザー光照射」の既往の古い方からの
順番での「レーザー光照射」にくわえ・
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品
を「おわたし」することになります。

##3
そのため「どなたも初日は5万円」ですが
実際の実費は「初日」は「+25.000円」必要になります。

##4
「フアーストオリエンテーションのみの「レーザー光照射」」
で「後に」続かない場合は
「御費用」は「75.000円」になります。

##5
但しレーザー・レーザー治療・レーザー外科の既往の
「有無」にもよりますが
「初めての「レーザー光照射」」のかたには
1回(日)で初日からの「2部位以上」は「無理があるように思えます」。

##6
初回より「2部位」以上で開始の場合。
通常の「レーザー光照射」の時間帯(ps御参照頂けますか。)
以外になる可能性が御座います。

#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
上記御回答致しました。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん]
の周囲にが幾重にもまきついた「病態」です。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「超高性能Qスイッチレーザー」以外の「治療戦略」は
ありません。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」と
間違われて「Vビームレーザー」の「レーザー光照射」を
されないことが肝要です。

##6
また
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
今現在は
1・
「IPD:アイピィーディー:トシル酸スプラタスト:suplatast tosilate」
は「アレルギー性皮膚炎」或は「アレルギー性気管支喘息」の内服薬である。
2・
「温清飲エキス顆粒:ジオウ3.0・オウゴン1.5・
シャクヤク3.0・オウバク1.5・センキュウ3.0・オウレン1.5・トウキ3.0・
サンシン1.5:漢方薬」は
「月経前症候群:premenstrual syndrome:PMS」「更年期障害」「神経症」の内服薬。
3・
「アズノール・イオウの混合の塗り薬」は
40年前から行われている古典的なニキビの治療法です。
=>
御相談者の皮膚の「症状・症候」は
御薬からすると
「アレルギー性皮膚炎+月経困難症+ニキビ」の治療薬という
ことになります。
=>
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
けれども
御相談者は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であり
「アレルギー性皮膚炎+ニキビ」ではないから整合性がありません。

##7
綺麗に治したいですね。

------------------------------------------------------------

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++

これはさぞかしにご心配なことと存じます。
御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

大変に的を射られた御相談で感心致しました。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」の。

「「毎週1回(日)照射」のペース」での
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消えていく経過についての
御相談と解釈致しました。

「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに
山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」
=>
頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状が御座います。
「補足1」に御記載致します。 

下記順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「山本先生初めまして。
32才女です。
酒さと4年前に診断されました。
そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。

山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい
心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました。

是非治療(レーザー)をお願いしようと決心してから4ヶ月もたち
早速にも予約をとらせていただきたいと昨日決断いたしました。

方法も費用も心得ています。
私の酒さは両側の頬です。
自分では1回の費用が5万円で
毎週通院して30回くらい必要なのかなあと考えています。

両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた
痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な
かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。

酒さにはかゆみってありますか。
またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに
山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。

お忙しい所をすみません。
お時間のあるときにまた治療を始めさせていただいてからでも
よいのですが教えて下さい。」
との事です。

#2
##1
「山本先生初めまして。
32才女です。
酒さと4年前に診断されました。
そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。」
との事です。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に治療法がない
などということはありません。

##3
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー光照射」にて「治療戦略」を
とります。

#3
##1
けれども「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」
には
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」が「脂腺疾患」
であることを理解した上での「治療戦略」が必要です。

##2
「欧米人」と異なり「日本人」は「皮脂腺」が豊富なため
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
として「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」があります。

##3
勿論「欧州・米国」=「コーカサス人種」にも
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は御座います。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の
「治療戦略」としては
「脂腺」を「不活化」する「レーザー光照射」が必要になります。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「毛細血管拡増殖」という
「症状・症候」を伴います。

##6
けれども断じて「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「毛細血管拡張症:tele-angiectasia」というような「血管腫」
ではありません。

##7
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を「血管腫」と間違えて
「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」などの
「血管腫」「レーザー光照射装置」を用いると大変なこと
になります。

##8
当院にも「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
はあり「血管腫」の患者さんの「治療戦略」に用います。
けれども「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん
には用いません。

#4
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には
「レーザー光照射」による「治療戦略」で必要な
「分類法」が御座います。

##2
この分類について下記に簡単にご説明致します。

##3
病理学的に
1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
という「分類法」

##4
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の性状から
1・常時マジックインキをぬったような
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「強い」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「赤酒さ:あかしゅさ:red rosacea: レッド・ロザケア」
2・時々「赤み」の変化する桃色肌の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」から
1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
4・「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と「4分類」することが御座います。

##6
##5の
「2・」+「3・」=
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:テイーゾーン・ロザケア」
と呼称することもあります。

#5
##1
上記の#4の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
それぞれによって「レーザー光照射」による
「治療戦略」は全く異なります。

##2
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」のかたは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「クレーター」を
併せ持つことが多いです。

##3
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の患者さん
は「レーザー光照射」の難易度が最も「高い」です。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「一種」独特の「もぞもぞ感」といった「知覚障害」を
「病態」と併せ持っておられるかたが多いものです。

##5
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)のかたが
「知覚障害」のために「引っ掻くと」
「落屑性皮膚炎:らくせつせいひふえん」のような「小さなパイの皮」
のような「皮膚の破片」=「落屑:らくせつ」がついたり。
或いは
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)に
移行することがあります。

#6
##1
「私の酒さは両側の頬です。・略・

両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた
痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な
かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。

酒さにはかゆみってありますか。
またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに
山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」
との事です。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
典型的な
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
であり
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
であり
「知覚障害」=「もぞもぞ感」を伴う
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で御座います。

##3
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
の場合に共通して
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
という「脂腺」の「配列」があります。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「レーザー光照射」
により
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
に沿って「脂腺」が「不活化」されていきます。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」とは
「毛細血管」を中心に周囲に「脂腺」の分布する「ちくわ」のような
構造物です。

#7
##1
「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに
山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」
との事です。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「「毎週1回(日)照射」のペース」で。

##3
「レーザー光照射」により
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の場合
「頬と鼻翼の間」「頬と耳の間」の「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が飛んでいきます。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」であり
「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」です。

##5
即ち頬の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は概ね「逆三角形」
をしている「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。
=>「一次消退」と呼称致します。

##6
「内側」と「外側」の「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は
「部位」と「程度」という「内側」と「外側」の「間」に
次第に「「縦しま」の帯状」のように「赤み」=「赤さ」=「紅さ」
は消退していきます。

##7
この「せばまった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の「部位」

「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。
=>「二次消退」と呼称致します。

##8
##5・6・7の
「「内側」と「外側」の「間」に次第に「「縦しま」の帯状」のように
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消退していきます。」+
「「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。」
の「ほぼ「同時」進行」で
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。

##9
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー光照射」で
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。

##10
「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます
=>「二次消退」と呼称致します」
は「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
を構成する「「脂腺」のターンオーバー」に依存致します。
 

#8
##1
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と若干異なり。

##2
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の
場合は
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「大きさ」が他の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
よりも大きい。

##3
よって
「レーザー光照射」による「脂腺」を「不活化」する
場合
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
(とは「「毛細血管」を中心に周囲に
「脂腺」の分布するちくわ状の構造物」
のサイズが大きいので難易度ははるかに高くなります。

#9結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「32才女です。
酒さと4年前に診断されました。
そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。」
=>
間違いです。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
で「治療戦略」をとります。

##3
「山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい
心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました。」
=>
有難うございます。

##4
「是非治療(レーザー)をお願いしようと決心してから4ヶ月もたち
早速にも予約をとらせていただきたいと昨日決断いたしました。」
=>
宜しかったです。
「予約」で御来院になられた「初診の当日」は
10:10AM到着で「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」
で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」を
拝見し
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の走り方などを「「診断」致します。 」
その後「レーザー光照射装置」の「オリエンテーション」=「御説明」
を致します。 

##5
「方法も費用も心得ています。
私の酒さは両側の頬です。
自分では1回の費用が5万円で
毎週通院して30回くらい必要なのかなあと考えています。」*(=>ps1)
=>
御相談者の御相談の御記載内容からは
「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低30回(日)の
「レーザー光照射」が必要です。
「照射回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
「照射回数(日)」は「皮膚のターンオーバー」=「4週間」の「倍数」
でTDF(time dose fractionation factor)を計算致します。 
「30回(日)」「レーザー光照射」をされるのであれば
4週間(「「毎週1回(日)照射」のペース」で4回(日))
x8=32回(日)のほうが本当に宜しいです。

##6
「両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた
痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な
かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。

酒さにはかゆみってありますか。」
=>
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」であり
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「知覚障害」=「もぞもぞ感」
を伴い「夜中」に「引っ掻く」
典型的な「症状・症候」で御座います。

##7
「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに
山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」
=>
上記御回答致しました。
頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

##8
またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。

##9
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に
御記載致します。 

##10
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」

「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の独壇場です。

##11
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」をくれぐれも
「血管腫」と間違われて
「Vビームレーザー」或いは「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
など「レーザー光照射」されないようにご留意は大変重要です。

##12
もうお読みになられていることと存じます。
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の過去の「御相談と御回答」の相談文章と御回答のURL
を「補足2」に御記載致します。

##13
綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。

「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年9月16日 15時58分52秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
私は兵庫県在住の33歳の女性です。

私は、18歳から頬と鼻と顎の紅班性酒さで悩んでいます。
今まで数々の皮膚科や美容外科に行きましたが、全く良く
なりませんでした。
私は相談掲示板を読んで、初めて酒さが
「脂腺疾患」であることを知り、驚きと同時に、酒さの知識を
持っている医者が少ないことも知りました。精神的に相当辛い
症状なので正確な知識を持った医者が増えることを切に願います。

 私事ですが、酒さが原因で結婚にふみきれません。現在半年
通っている皮膚科では、アイピーディカプセル・温清飲エキス
顆粒とアズノール・イオウの混合の塗り薬で治療しています。
脂線疾患であることが分かった今では全く無意味な治療である
ことが分かりました。治らない私に対して「あなたは気にしすぎ
なのよ」とまで言われてしまいました。

 前置きが長くなって申し訳なかったのですが、3点お伺いしたい
ことがございます。

 ①相談掲示板で「頬と鼻の酒さとの同時の施術は不可能なことが
多い」とありましたが、それは「どちらかを先に治してからでないと
だめ」なのか「同じ日に施術をすることができないのか」どちら
でしょうか。私は極力同時進行というか同じ日に施術をしたいと
強く願っております。
 ②鼻・頬・顎の合計の1回の費用はいくらでしょうか。別々にする
場合は一箇所につき5万円かかるのでしょうか。

 ③現在仕事の都合上、週1回通うことができませんので、
通えそうな時期になってから施術を始めようと思っております。
ただ自分の酒さの状態(顕微鏡で見ていただけるのですよね)などを
きちんと知っておきたいので、通い始める前に先に一度だけ一通りの
施術(初回の方が受ける治療)を受けることは可能でしょうか。
酒さだと思いこんでるだけで全く違う疾患ということもありえると
思いますから。ちなみに今まで10ヶ所近く病院に行き、酒さと
診断した先生は2人だけです。後の先生は「にきびなどで炎症を
おこしているだけでしょう」でした。

 山本先生がお忙しいことは重々承知しております。要領を得ない
長いメールを送ってしまいましたことも大変申し訳なく思っております。
ただ日本で頼ることができるのは山本先生だけだと思っております。
15年間のひきこもり人生から開放されればどんなに幸せだろうと
思います。ご多忙中恐れ入りますが、ご回答お待ちしております。
Saturday, September 15, 2007 10:48 AM

[2007年9月15日 10時48分45秒]

|

60歳男性。兵庫在住。兵庫から週一回通院可能です。「右頭部」のこぶで悩んでいます。こぶ・しこりレーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生にレーザー・レーザー治療・レーザー外科を御願い致します。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」の性状の御記載
だありません。
御記載がなく御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「10年前」の「頭部外傷」に関連した「コブ」=「腫瘤」
とは到底考えられないから
他の原因による「コブ」=「腫瘤」を考えざるを得ません。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「コブ」=「腫瘤」の性状の御記載がない。
よって推測になります。或は「仮定」になります。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」は「頭部外傷」
とは関連少なく。
=>
#1
「1・「頭蓋骨」由来のもの。」
「「頭蓋骨」由来」のものとしてはまずは「頭蓋骨腫瘍」が考えられます。
1・「骨腫:osteoma」
2・「類上皮腫:epidermoid」
3・「好酸性肉芽腫:eosoiophilic granuloma」
4・「転移性骨腫瘍」
5・「その他」
#2
「「2・頭皮の「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」」由来のもの」。
1・「粉瘤(ふんりゅう)=アテローマ」
2・「脂肪腫:しぼうしゅ:lipoma」
3・「何らかの「肉芽腫:にくがしゅ:granuloma」
4・「悪性腫瘍である「肉腫:にくしゅ:sarcoma」
5・「骨欠損」を前提とした「先天奇形」
6・「その他」

「いずれか」です。

御相談者の御相談内容要旨御記載には
繰り返しますが
「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」の「大きさ」「色調」
等の性状の御記載がありません。
だから
あくまでも・「仮定」「可能性」です。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
範囲内からの御回答です。
間違いも勘違いもある可能性があります。

「コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。」

「1・治療費」
「2・治療期間」
「3・治療内容」
いずれも「お答えが不可能な御相談」である。

まずは。
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることを
お勧めいたします。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
「60歳男性です。
10年程前仕事中物を落としたので取るとき不注意で
右頭を工作機械に強く打ち出血しました。
痛くはなかったので、そのまま治療せずにおいたら
右頭にコブが出来ました。
コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。」
との事です。

#2
##1
御心配でしょう。御気持ちは大変よく判ります。

##2
けれども「10年前」の「頭部外傷」と今現在
の「右頭部」の因果関係はいかなるものでしょう。
「10年前」の「頭部外傷」のときのコブが存続
しているとは考えられません。

##3
今現在「右頭部」に「コブ」があるとしたら
この「コブ」がいかなる「コブ」であるのか
見極めなければなりません。

##4
1・年齢 2・性別の御記載はありますが
「右頭部」の「コブ」の性状の御記載がありません。
=>##5

##5
「コブ」の性状とはまず「大きさ」と「色」
すなわち「直系3cm」くらいで「高さが1cm」あるとか
頭皮との関連です。

##4
「小児頭部外傷」の場合稀ですが
「液化頭皮下血腫」が「皮下血腫・真皮下血腫」正確には
「帽状腱膜(ガレアといいます)下血腫」等の吸収がされずに
「石灰化」をおこすことがあります。

##5
いずれにしても
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「10年前」の「頭部外傷」に関連した「コブ」=「腫瘤」
とは到底考えられないから
他の原因による「コブ」=「腫瘤」を考えざるを得ません。

#3
##1
「10年程前仕事中物を落としたので取るとき不注意で
右頭を工作機械に強く打ち出血しました。
痛くはなかったので、そのまま治療せずにおいたら
右頭にコブが出来ました。
コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。」
との事です。

##2
この「コブ」=「腫瘤」の局在は「右頭部」との事です。
「右頭部」とはいえ御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「顔面頭蓋」或は「顔面頭蓋」に近いところに「コブ」=「腫瘤」
があるから「とりたい」と思われると考えます。

##3
この御相談者の御相談内容要旨御記載の「コブ」=「腫瘤」は
大きく分けて「2種類」の「範疇(はんちゅう)」のものが
考えられる。
1・「頭蓋骨」由来のもの。
2・「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」
の「2種類」です。

##4
#4に簡単にご説明致します。

#4
「1・「頭蓋骨」由来のもの。」
##1
「「頭蓋骨」由来」のものとしてはまずは「頭蓋骨腫瘍」が考えられます。
1・「骨腫:osteoma」
2・「類上皮腫:epidermoid」
3・「好酸性肉芽腫:eosoiophilic granuloma」
4・「転移性骨腫瘍」
5・「その他」
です

##2
いずれも「1・」-「4・」の順番は私が経験した頻度です。

##3
##1の「4・」=「転移性骨腫瘍」などは
原発巣が「癌」或は「肉腫」に気づかれず「転移性骨腫瘍」として
みつかるものです。
原発巣として「乳がん」・「甲状腺癌」・「前立腺癌」がありますが
何故か「右頭部」というより「後頭骨」に転移致します。

##3
##1の「骨腫:こつしゅ:osteoma」「類上皮腫:エピデルモイド:epidermoid」
「好酸性肉芽腫:eosoiophilic granuloma」は頭部X線撮影のみで
「いづれか」ほぼ診断はつきます。

但し
「好酸性肉芽腫:こうさんせいにくがしゅ:eosoiophilic granuloma」は
「ヒスチオサイトーシスX :hystiocytosis X 」*という
「骨腫瘍」の「3つのうちの一種」ですから
全身「骨腫瘍」の「「有無」を探索する」必要がある。

##4
「ヒスチオサイトーシスX :hystiocytosis X 」ですが
1・「好酸性肉芽腫:こうさんせいにくがしゅ:eosoiophilic granuloma」
2・「Hand-Schuller-Christian病:ハントシューラー・クリスチヤン病 」
3・1・「Letter-Siwe病:レッター・シーヴエ病 」
と「3「病態」」あります。

##5
「好酸性肉芽腫:こうさんせいにくがしゅ:eosoiophilic granuloma」は
1・「Letter-Siwe病:レッター・シーヴエ病 」の
「一種」です。
(「ヒスチオサイトーシスX :hystiocytosis X 」については
御説明「省略」致します。’

##5
「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」が「骨腫瘍」であれば
「骨腫:こつしゅ:osteoma」「類上皮腫:エピデルモイド:epidermoid」
「好酸性肉芽腫:こうさんせいにくがしゅ:eosoiophilic granuloma」は
「転移性骨腫瘍」と比較すれば「良性「骨腫瘍」」である。

##6
このように
仮に御相談者の御相談内容要旨御記載の
「右頭部」「コブ」=「腫瘤」が「骨腫瘍」であると
仮定すれば。

##7
この場合は
しっかりと「術前診断」をつけて。
その後「開頭手術」等により
「コブ」=「腫瘤」の「摘出手術」を行います。

#5
2・「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載の「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」
が「やわらかい」ものであれば
頭皮の「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」である可能性がある。

##2
「頭皮の「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」」には
1・「粉瘤(ふんりゅう)=アテローマ」
2・「脂肪腫:しぼうしゅ:lipoma」
3・「何らかの「肉芽腫:にくがしゅ:granuloma」
4・「悪性腫瘍である「肉腫:にくしゅ:sarcoma」
5・「骨欠損」を前提とした「先天奇形」
6・「その他」
が考えると思います。

##3
##2の「4・」位下の
「悪性腫瘍である「肉腫:にくしゅ:sarcoma」や
「骨欠損」を前提とした「先天奇形」は稀と考えます。

##4
「悪性腫瘍である「肉腫:にくしゅ:sarcoma」は
「肉腫:にくしゅ:sarcoma」と「肉芽腫:にくがしゅ:granuloma」
と一見「類似用語」にみえますが
「海と山」の相違程」があります。

##5
一般に
「悪性腫瘍」とは「癌:cancer」+「肉腫:にくしゅ:sarcoma」
であり。

##6
「癌:cancer」と「肉腫:にくしゅ:sarcoma」をあわせて
「がん」と呼称致します。
(「がん」であり「癌」ではありません)

##7
だから「がんセンター」であり「癌センター」という
御施設は存在しません。

#6
##1
「右頭にコブが出来ました。
コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。」
との事です。

##2
上記より御相談者の御相談内容要旨御記載の
「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」が如何なるものか
診断していただくのが宜しいでしょう。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「コブ」=「腫瘤」の性状の御記載がない。
よって推測になります。或は「仮定」になります。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」は「頭部外傷」
とは関連少なく。
=>##5

##5
「1・「頭蓋骨」由来のもの。」
「「頭蓋骨」由来」のものとしてはまずは「頭蓋骨腫瘍」が考えられます。
1・「骨腫:osteoma」
2・「類上皮腫:epidermoid」
3・「好酸性肉芽腫:eosoiophilic granuloma」
4・「転移性骨腫瘍」
5・「その他」
「「2・頭皮の「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」」由来のもの」。
1・「粉瘤(ふんりゅう)=アテローマ」
2・「脂肪腫:しぼうしゅ:lipoma」
3・「何らかの「肉芽腫:にくがしゅ:granuloma」
4・「悪性腫瘍である「肉腫:にくしゅ:sarcoma」
5・「骨欠損」を前提とした「先天奇形」
6・「その他」

「いずれか」です。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載には
繰り返しますが
「右頭部」の「コブ」=「腫瘤」の「大きさ」「色調」
等の性状の御記載がありません。
だから
あくまでも・「仮定」「可能性」です。

#7
##1
「60歳男性です。
10年程前仕事中物を落としたので取るとき不注意で
右頭を工作機械に強く打ち出血しました。
痛くはなかったので、そのまま治療せずにおいたら
右頭にコブが出来ました。
コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
まず
「コブ」=「腫瘤」の診断をつけなければなりません。

##3
そのためにさまざまに考えましたが
御相談者が「本当に「コブ」=「腫瘤」をとりたい」
とお考えであるのであれば。
=>##4

##4
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##5
「コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。」

「1・治療費」
「2・治療期間」
「3・治療内容」
いずれも「お答えが不可能な御相談」である。

##6
上・御了解下さいますように。

#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「「60歳男性です。
10年程前仕事中物を落としたので取るとき不注意で
右頭を工作機械に強く打ち出血しました。
痛くはなかったので、そのまま治療せずにおいたら
右頭にコブが出来ました。
コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。」
との事です。

##3
上記御回答致しました。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載の
範囲内からの御回答です。
間違いも勘違いもある可能性があります。

##5
但し御相談者の御相談内容要旨御記載から
「右頭部」の今現在の「コブ」=「腫瘤」が
「10年前」の「頭部外傷」」の「コブ」=「腫瘤」
と考えるには「無理」があります。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

上記御回答致しました。
上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年10月7日 14時38分25秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
60歳男性です。
10年程前仕事中物を落としたので取るとき不注意で
右頭を工作機械に強く打ち出血しました。
痛くはなかったので、そのまま治療せずにおいたら
右頭にコブが出来ました。
コブを取りたいのですが、およその治療費と治療期間、
治療内容を教えてください。
Saturday, October 06, 2007 12:25 PM

[2007年10月6日 12時25分54秒]

|

37歳女性。生下時よりの臀部と下肢の付け根の扁平母斑の茶あざで悩んでいます。扁平母斑レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に扁平母斑の超高性能Qスイッチレーザーのレーザー・レーザー治療・レーザー外科を御願い致します。

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

1・年齢 2・性別の御記載はあるのですが
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
(と思われる「茶あざ」)の部位は判りました。
けれども
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
(と思われる「茶あざ」)の範囲の御記載がなく
御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
「茶あざ」が
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」であれば。
=>
「超高性能Qスイッチレーザー」である
1・「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
2・「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」

「ダブルレーザー」=
「2機種のレーザーによるレーザー治療・レーザー外科」

「Bleaching cream therapy:漂白治療」=「ブリーチング・セラピー」
をくわえて「治療戦略」をとります。

「生まれつき、扁平母班と思われる茶アザが片足の付け根(
ヒップとの境界)あた
りにあります。
 水着を着ると、もろに見えてしまうので、
治療が出来たらと思っております。
 つきましては、レーザー治療は可能か。・略・」
=>
可能で御座います。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「はじめまして。都内在住の37歳の女性です。
 生まれつき、扁平母班と思われる茶アザが
片足の付け根(ヒップとの境界)あた
りにあります。
 水着を着ると、もろに見えてしまうので、
治療が出来たらと思っております。

 つきましては、レーザー治療は可能か。
治療期間はどれくらいか。費用はどれ
くらいかをお伺い出来たらと思います。

 ご多忙中のところを恐縮でございますが、
ご回答頂けましたら幸いです。」
との事です。

#2
##1
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
部位は見当がつきますが。
「大きさ」=「部位と範囲」の御記載がありません。

##2
「大きさ」により
「レーザー光照射」の「回数(日)」は
変わってきます。
このことには
御留意下さいますように。

##3
まず
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「治療戦略」ですが。
=>#3

#3
##1
「レーザー光照射装置」には
超高性能Qスイッチレーザーの。
1・「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

2・「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
を選択致します。
=>##2

##2
「ダブルレーザー」=
「2機種のレーザーによるレーザー治療・レーザー外科」
を行います。

##3
また
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の患者さん
の「レーザー光照射」の場合には
「Bleaching cream therapy:漂白治療」=「ブリーチング・セラピー」

「ハイドロキノン:hydroquinone」
或は
「トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)」或は
両方を
用いて行います。

#4
##1
「超高性能Qスイッチレーザー」を用いた
「Qスイッチレーザー治療・外科」の場合
「down time:ダウン・タイム」はありません。

##2
「down time:ダウン・タイム」(この言葉は日本で生まれた用語)
とは
(1回目から2回目・と次回までの「レーザー光照射」不能になる時間のことです)
「超高性能Qスイッチレーザー」の「レーザー光照射」には
「down time:ダウン・タイム」がありません。

#5
##1
「レーザー治療は可能か。治療期間はどれくらいか。費用はどれ
くらいかをお伺い出来たらと思います。」
との事です。

##2
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」が
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」に
間違いがなく
「大きさ」が「子供さんのてのひら」位と仮定しての
おはなしです。
=>##3

##3
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で
「大きさ」が子供の手のひらくらいであれば。

##4
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
で「レーザー光照射」を重ねていきます。

##5
「ダブルレーザー」=「2機種のレーザーによるレーザー治療・レーザー外科」
による「レーザー光照射」にくわえて。
=>##6

##6
「Bleaching cream therapy:漂白治療」=「ブリーチング・セラピー」
を行っていきます。

#6
##1
##1
「レーザー治療は可能か。治療期間はどれくらいか。費用はどれ
くらいかをお伺い出来たらと思います。」
との事です。

##2
1回(日)の「御費用」は「大きさ」が
子供の手のひら以内であれば
5万円です。

##3
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で24回(日)
は必要です。

##3
だから
「御費用」=5万円x24=120万円=「総御費用(消費税込み)」
の概算で
治療期間は24週ということになります。

##4
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##5
そして「御費用」は
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「「大きさ」」により当然のことながら変化致します。


上記は
(「大きさ」により子供の手のひらとしての「御費用」です)

##6
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
「メイク」が可能で御座います

#7
##1
「はじめまして。都内在住の37歳の女性です。
生まれつき、扁平母班と思われる茶アザが片足の付け根(ヒップとの境界)あた
りにあります。
水着を着ると、もろに見えてしまうので、治療が出来たらと思っております。
つきましては、レーザー治療は可能か。・略・」
との事です。

##2
「超高性能Qスイッチレーザー」にて可能です。

##3
「Qスイッチレーザー治療・外科」の場合
「超高性能Qスイッチレーザー」の「レーザー光ビーム」は
「下から上にレーザー光照射」を
しなければいけないので。

##4
立位にて施術を致します。
すなわち「おたち頂いて」「レーザー光照射」を
致します。

##5
だから「レーザー光照射」の「部位と範囲」を
出しやすい「巻きスカート」のような
おようふくが必要でしょう。

#8
##1
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」による「再発」について御記載致します。

##2
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「3種類の再発の機構」があります。
この「俗にいう再発」には「3つのタイプ」が御座います。

「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
1・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと。
###1
「タイプ1」
「レーザー光照射」後すぐに綺麗に「病態」は消失するが
その後「1年」位で「再発」がみられることがあります。
しかし「再発」しても「レーザー光照射」の「再照射」を繰り返す
ことにより「再発」までの期間は次第に長くなり「再発色」も次第
に薄くなるタイプ。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
2・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと
###2
「タイプ2」
「レーザー光照射」後に一時的に色調は薄くなるが
すぐに「炎症性色素沈着」をおこし「レーザー光照射」1ヶ月後には
「レーザー光照射」前よりも色調は濃くなる。
この場合もさらに「数ヶ月後」には「色調」は次第に元にもどります。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
3・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと
###3
「タイプ3」
「レーザー光照射」後色調は「薄く」なるが「毛穴」に一致して
「色素増強」をきたして「毛穴」の「色調」が目立ってしまう。
このような場合も「色素増強」を来たした「部位」を何回も再照射
すると「活性化」された「メラニン含有細胞(メラノサイト)」が
破壊されて次第に「脱色素斑」に至ります。

##2
「扁平母斑:naevus spilus」の
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
に際しては。

##3
「レーザー光照射」には「レーザー光照射」の最中から
「レーザー光照射」の反応を特殊なゴーグルで確認しつつ。

##4
「レーザー光照射」による「メラニン色素」の蒸散をみながら。

##5
その結果を確認しながらから全体的な「レーザー光照射」を
行います。

##6
だから
「扁平母斑:naevus spilus」
の「レーザー光照射」には「大変な経験」が必要です。

#9
##1
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
レーザー・レーザー治療・レーザー外科に関しましては。
=>##2

##2
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の「レーザー光照射」
[2] [2007年 7月23日 18時22分41秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/939707271595584.html
を御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」

##3
また「ps」に
「レーザー光照射」の患者さんの「初診のしおり」*のようなもの
を貼布致します。

この「初診のしおり」は顔面の
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を「お手本」に
していますから御留意下さい。
けれども
私の「レーザー光照射」に関する「理念と「治療戦略」」には
「初診のしおり」としてあますことなく御記載いたしてあると
考えます。

#10結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」は難易度の大変高いものです。

##3
「37歳の女性です。
 生まれつき、扁平母班と思われる茶アザが片足の付け根(ヒップとの境界)あた
りにあります。
 水着を着ると、もろに見えてしまうので、治療が出来たらと思っております。
 つきましては、レーザー治療は可能か。治療期間はどれくらいか。費用はどれ
くらいかをお伺い出来たらと思います。」
との事です。

可能です。
上記御回答致しました。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。

##4
綺麗に治したいですね。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1(せたがやく みなみからすやま)

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
-------------------------------

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の「レーザー光照射」
[2] [2007年 7月23日 18時22分41秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/939707271595584.html
を御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」

++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++

扁平母斑
「扁平母斑:naevus spilus」
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
「扁平母斑:naevus spilus」のレーザー治療・レーザー外科

1・ 生まれつき、
2・または思春期から現れてくる茶色いアザです。

「扁平母斑:naevus spilus」の「病態」。
=>
「病態」は「表皮にメラニン色素が沈着」しているもので、
極めて判りやすくいえば
シミやソバカスと同じものです。

極めて判りやすくいえば
当然、治療方法も一緒であり
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
を行う「治療戦略」です。

「レーザー光照射」に関して
シミやソバカスと大きく異なる点があります。

「扁平母斑:naevus spilus」は
「レーザー光照射」に関して
シミやソバカスと大きく異なる点があります。

一番の違いはこのアザは「レーザー光照射」の後に
俗にいう「再発の可能」性があるということです。*

私は「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
の「レーザー光照射」のあとのこの「俗にいう再発」
は本等は「再発」ではなく「レーザー外科専門医」
(この名称の専門医はありません)の「テクニック」
に関連すると考えてもいます。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「3種類の再発の機構」があります。
この「俗にいう再発」には「3つのタイプ」が御座います。

「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
1・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと。
###1
「タイプ1」
「レーザー光照射」後すぐに綺麗に「病態」は消失するが
その後「1年」位で「再発」がみられることがあります。
しかし「再発」しても「レーザー光照射」の「再照射」を繰り返す
ことにより「再発」までの期間は次第に長くなり「再発色」も次第
に薄くなるタイプ。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
2・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと
###2
「タイプ2」
「レーザー光照射」後に一時的に色調は薄くなるが
すぐに「炎症性色素沈着」をおこし「レーザー光照射」1ヶ月後には
「レーザー光照射」前よりも色調は濃くなる。
この場合もさらに「数ヶ月後」には「色調」は次第に元にもどります。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
3・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと
###3
「タイプ3」
「レーザー光照射」後色調は「薄く」なるが「毛穴」に一致して
「色素増強」をきたして「毛穴」の「色調」が目立ってしまう。
このような場合も「色素増強」を来たした「部位」を何回も再照射
すると「活性化」された「メラニン含有細胞(メラノサイト)」が
破壊されて次第に「脱色素斑」に至ります。

「扁平母斑:naevus spilus」の
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
に際しては。

「レーザー光照射」には「レーザー光照射」の最中から
「レーザー光照射」の反応を特殊なゴーグルで確認しつつ。

「レーザー光照射」による「メラニン色素」の蒸散をみながら。

その結果を確認しながらから全体的な「レーザー光照射」を
行います。

だから
「扁平母斑:naevus spilus」
の「レーザー光照射」には「大変な経験」が必要です。

「扁平母斑:naevus spilus」
の「レーザー光照射」には「大変な経験」が必要です。

普通はありえない話です。けれども。
これはすべからく全ての「レーザー光照射」にいえることだけれども。
経験の浅い先生が
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」を行うと
患者さんをおおいに苦しめることになります。

本当に。「経験の浅い先生が・」は
普通はありえない話です。
(実は大変多い事例です)
けれども。
これはすべからく全ての「レーザー光照射」が必要な「病態」
に共通していえることです。

経験の浅い先生が「レーザー光照射」が必要な「病態」に
むやみやたらに「レーザー光照射」を行うと。

その結果。

患者さんをおおいに苦しめることになります。

この現象は美容外科・形成外科では「レーザー光照射」の関与する
すべからくの「病態」に対して
いえることなのです。
「レーザー光照射」では
経験の浅い先生が「レーザー光照射」が必要な「病態」に
むやみやたらに「レーザー光照射」を行うと。

その結果。

患者さんをおおいに苦しめることになります。

------------------------------------------------------------
「扁平母斑:naevus spilus」の日本と「欧米」
での「病態概念」の相違。1

1・
「扁平母斑:naevus spilus」は日本においては極めて馴染み深い
「名称」なのですが「欧米」の「皮膚科専門医先生」は用いません。
「欧米」での「扁平母斑:naevus spilus」の名称は
「speckled lentiginous naevus:黒子(こくし)状小斑点母斑:(強いて
訳すと)」
になります。

2・
本邦では「扁平母斑:naevus spilus」とは先天性或いは後天性に
体表面に生ずる「境界明瞭で隆起しない均一な淡褐色斑」を
「扁平母斑:naevus spilus」と呼称致します。

「扁平母斑:naevus spilus」の日本と「欧米」
での「病態概念」の相違。2

「欧米」では。
###1
出生時或いは生後まもなく「褐色斑」を
「カフエ・オレ斑:cafe-au-lait macule」と呼称致します。

###2
そして
「境界明瞭な「淡褐色斑」の中に
それよりも「色の濃い」
「褐色」の「斑点」或いは「丘疹:きゅうしん」
が点状に存在するものを
「扁平母斑:同義語=speckled lentiginous naevus:
黒子(こくし)状小斑点母斑:(強いて訳すと)」(「欧米」)
と呼称致します。

だから外国に在住のお子様或いはご本人が外国での
「皮膚科専門医先生」に
1・「カフエ・オレ斑:cafe-au-lait macule」
或いは
2・「扁平母斑:
同義語=speckled lentiginous naevus黒子(こくし)状小斑点母斑:
(強いて訳すと)」(「欧米」)

と「御診断」された場合は
日本でいう「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」と
異なることがある。

注意が必要です。
-------------------------------

「扁平母斑:naevus spilus」とは極めて判りやすくいえば
「茶あざ」のことです。

##1
通常の「扁平母斑:naevus spilus」では
表皮基底層での「メラニン色素」増加が主体であり「色素細胞」或いは
「母斑細胞」の「増加」は認められません。

##2
「扁平母斑:同義語=speckled lentiginous naevus」(「欧米」)
の場合は##1に加えて「母斑細胞」が表皮内或いは真皮内にあり
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」の要素
(「俗にいう「ほくろ」の微小なもの」)が混在いたします。

##3
#2-#3はちょっと難しいかもしれませんが
「扁平母斑」が「どこの国で「御診断」」されたかにより
「事情」が異なるということを是非覚えて置かれて頂きたかった
ためのものです、

##4
また「茶あざ」の「複雑さ」をも理解して頂きたかったので
御記載致します。
何卒にご注意ください。

*因みに「皮膚科専門医同士」が「語り合う」
「はお顔の「しみ」」の場合は
「「しみ」といえば」
「病態」は
「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」*を意味します。

*「「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」の
色素沈着は「メラニン沈着」ですが「肝臓のような「色」」
をしているので「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」
と呼称されます。

「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」の
「レーザー光照射」
は難易度最大級です。

ただならぬというかさまざまな経験に裏打ちされた
「テクニック」=技量を「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」
の「レーザー光照射」に際しては必要とします。

「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」の
「レーザー光照射」
は難易度最大級です。

「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」の
「レーザー光照射」
ただならぬというか。

さまざまな経験に裏打ちされた
「テクニック」=
技量を「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」
の「レーザー光照射」に際しては必要とします。

また一方では
「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」の
「レーザー光照射」は「大変である」という
「教科書伝説」から施術件数の
御経験がなく
「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」はレーザー治療・レーザー外科
の対象にならないとか。

「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」は
「よくわからない」先生もいらっる
に到ったと今の私は考えます。

このようにして。
「皮膚科専門医同士」が「語り合う」
「はお顔の「しみ」」の場合は
「「しみ」といえば」
「病態」は
「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma」*を意味します。

「皮膚科専門医」が患者さんと話をする場合の
俗に言う「しみ」であれば。
[日光性黒子(こくし)]からはじまり
ほほのしみ・しみ・あざ・ほくろ・茶あざ・日焼け・扁平母斑・老人性しみ・
などと様々です。

とりわけ現実問題では
「「加齢(aging)」依存性」の「しみ」などが
「しみ」として問題になるでしょう。

このような「しみ」達のなかで。
とりわけ
「脂漏性角化症:seborrheic keratosis」=
「老人性疣贅:ろうじんせいゆうぜい」
は「しみ」ですが
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
に対する抜群の感受性と「治療効果比:therapeutic ratio:TR」
が極めて高いです。
「治り消えますから」しっかりとした
診断をしていただくことが重要な「病態」
です。

「脂漏性角化症:seborrheic keratosis」=「老人性疣贅:ろうじんせいゆうぜい」
です。
本当に「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
で「消えてしまいます」。
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います

##1
「ただの「茶あざ」」の場合
「扁平母斑:naevus spilus」でも「欧米」でいう
「カフエ・オレ斑:cafe-au-lait macule」に近い印象を
「私」はもちます。

##2
「古い教科書」には「扁平母斑:naevus spilus」の「治療」は
「容易ではない。皮膚剥離術も行われるが。・・。
」等と記載されていますが。
=>
今現在では勿論「間違い」です。

「レーザー外科」
とりわけ
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」が
行われるようになり
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の「治療戦略」の
様相は全く変わりました。

##3
それでも「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー外科」は
大変な熟練=「テクニック」と経験が必要な「病態」なのです。
以下に
「扁平母斑」の「レーザー外科」について簡単にご説明致します。

##1
俗に言う「茶あざ」=
「扁平母斑」の「レーザー外科」の「治療戦略」に用いられるのは
###1
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
###2
「shrt pulse RUBY laser レーザー光照射装置」=
「ショートパルスルビーレーザー光照射装置」
###3
「long pulse RUBY laser レーザー光照射装置」=
「ロングパルスレーザー光照射装置」
###4
「QスイッチNd・YAGレーザー光照射装置」=
「Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー光照射装置」
###5
「Qスイッチ・アレックス・レーザー」=
「Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー」*

「5種類」の「何れか」或いは「組み合わせ」で「治療戦略」を
とります。

(*「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は「「脱毛レーザー」
で有名ですが。
脱毛をお得意とされていていて
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」しかなければ
「メラニン色素系の「病態」」には
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」で
対応せざるを得ません。)
(*「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は「「脱毛レーザー」
で有名ですが。
脱毛をお得意とされていていて
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」しかなければ
「メラニン色素系の「病態」」には
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」で
対応せざるを得ません。)


「私」は
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
に関しては。
###1
「QスイッチNd・YAGレーザー光照射装置」=
「Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー光照射装置」及び
###2
「shrt pulse RUBY laser レーザー光照射装置」=
「ショートパルスルビーレーザー光照射装置」    及び
###3
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「Qスイッチ・ルビーレーザー光照射装置」

「3種類」の「レーザー光照射装置」で「治療戦略」をとります。

私は「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」に関して
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を筆頭に「治療戦略」をとります。

「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
そして
場合により
「sort-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「ショート・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
を用います。

私は「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」に関して

「ルビーレーザー光照射装置」では
「long-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「ロング・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
は「用いません」。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
患者さんに
ましてやただの
「ルビーレーザー光照射装置」は全く用いません。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
の患者さんのように
「メラニン色素系の「病態」」の場合は
「レーザー光照射」とともに。

そして「レーザー光照射」の「治療戦略」と
ともに
「Bleaching cream:漂白クリーム」を併用駆使致します。
1・
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」
2・
「トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)
クリーム:tretinoin cream」
です。
勿論「純薬」からの「精密自家調剤」です。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
の患者さんのように
「メラニン色素系の「病態」」の場合は
「レーザー光照射」とともに。

そして「レーザー光照射」の「治療戦略」と
ともに
「Bleaching cream:漂白クリーム」を併用駆使致します。

1・
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」
2・
「トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)
クリーム:tretinoin cream」

「基剤(マトリックス)」
として
「親水性難航:しんすいせいなんこう」=クリームを用います。
あるいは「ゲル」を用います。

1・
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」
2・
「トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)
クリーム:tretinoin cream」

「基剤(マトリックス)」
として
間違っても
「ハイドロキノン」の「軟膏」*は用いません。
軟膏基材(なんこうきざい)として
「軟膏=ワセリン・ベース=「吸水性軟膏;きゅうすいせいなんこう」」

俗にいう軟膏は間違っても用いません。

「レーザー光照射」と併用して
「メラニン色素系の「病態」」の患者さん
の場合。

「ハイドロキノン」や
「トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)」などの
「基剤(マトリックス)」
として
「親水性難航:しんすいせいなんこう」=クリームを用います。
あるいは「ゲル」を用います。

*「all-trans retinoic acid」の
「trans retinoic acid」の頭文字から「トレチノイン:tretinoin」

「私」は
俗にいう「「茶あざ」の「レーザー外科」」では。
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
に関しては。

「3種類」の「レーザー光照射装置」*で
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
「扁平母斑:naevus spilus」。
「茶あざ」=「扁平母斑」の「治療戦略」にあたります。

「###1
「QスイッチNd・YAGレーザー光照射装置」=
「Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー光照射装置」及び
###2
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「Qスイッチ・ルビーレーザー光照射装置」」

###3
まれに
「shrt pulse RUBY laser レーザー光照射装置」=
「ショートパルスルビーレーザー光照射装置」   
です。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」
が可能で御座います

1回(日)に
或は
1「クール」の「時間内」で。

「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」のできる
「範囲:広がり」は1クールで2.5x5cmが或いは「指2本分」が
限界です。
このような限界であるはずです。

これより広い「範囲:広がり」の「扁平母斑:naevus spilus」
を「1クール」「一度」に「レーザー光照射」を
しようとすれば。

当然の事ながら「レーザー光照射」医師
には「体力限界」がありますから。

「扁平母斑:naevus spilus」の「病態」「範囲:広がり」に
対して十分な「エネルギー」の「ショット」或は「ショット数」
をこなすことが出来ず。

=>

「アンダー照射」(「有効打」にならない「ショット数」)
になる「危険=リスク」があります。

極端なことを言えば
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「ある「皮膚部位」に対して面積あたり
1000「ショット数」必要なのに。

面積あたり
最悪「1ショット」ずつトータルの「レーザー光照射」にすら
にならざるをえない「危険=リスク」があります。

当然の事ながら「レーザー光照射」医師
には「体力限界」があります。

極めて判りやすくいえば
医師が何人いても
患者さんひとりに「レーザー光照射装置」は
一台ですからレーザー外科というのは一人で
施術をせざるをえないものです。

医師には「体力限界」があり「「範囲:広がり」」の広い
「レーザー光照射」をしようとすれば「ショット数」を
減らさざるをえない=「効果」がない「レーザー光照射」
をせざるをえない。ということになります。
だから良心的な先生はむやみに初めから照射不可能な
「レーザー光照射」の「範囲:広がり」設定をして
「レーザー光照射」の「皮膚部位」を大きくしたりはしません。

これは極めて重要なことです。
この情報は大変に重要なことなのです。
けれども患者さんにとっては
なかなか理解が困難なようでもあるような印象を受けます。

「落とし穴」なのです。

「病態」の「部位と範囲」の面積あたりの「ショット数」を
「減らす」=>極端な場合は「パチパチ・・」と意味のない
「1ショット」だけ
を「レーザー光照射」される先生もいます。

面積分が広く要求されれば「レーザー光照射」の
必要とされる「ショット数」よりも少ない「ショット数」での
施術を余儀なくされます
面積分を意味も無く広げれば「スカスカ」の
「レーザー光照射」を余儀なくされます。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
の「レーザー光照射」の場合
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
による「レーザー光照射」では痛くはありません。

「Qスイッチレーザー」では全く痛くありません。

「Qスイッチ」のない「レーザー光照射装置」。
「nonQレーザー」=「Qスイッチレーザーではないレーザー」

「熱レーザー「レーザー光照射装置」」
で「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」を
「レーザー光照射」されれば
「痛いはずです」。

(私は「局所麻酔」を必要とする「レーザー光ビーム」を
発射する「レーザー光照射装置」を
もっています。
けれどもまず「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
の患者さんには「使いません」。)

そもそも
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
「局所麻酔」を行える「範囲:広がり」が
(もしも「局所麻酔」を行うのであれば)
「レーザー光照射」の「部位と範囲」の「限界になる」
と思われても
よいでしょう。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

「局所麻酔」を「広範囲」に行えば「局所麻酔薬」とはいえ
「全身麻酔」になってしまいます。

また
痛みを伴う「レーザー光照射」の場合には。
「局所麻酔薬」を用いる場合には
「局所麻酔」を行える「範囲:広がり」が
「レーザー光照射」の「部位と範囲」の限界になるとも考えます。

因みに
私は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」に「局所麻酔」は一切用いません

「局所麻酔」の場合は。
「局所麻酔薬」の皮下注射」での
「局所麻酔」の浸潤麻酔・伝達麻酔が最も確実です。

「局所麻酔」を「広範囲」に行えば「局所麻酔薬」とはいえ
「全身麻酔」になってしまいます。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。
このような場合
「局所麻酔」ではなく「表面麻酔」と呼称して。

よく
「ペンレステープ」とか。

最強といわれる
「エムラクリーム:Emla Cream 5% 」
「エムラ・パッチ:Emla Patch 」
等といわれますが「麻酔「効果」」は
全く現実的には
実用的ではありません。
=>「ありません」
御注意下さい。

よく
「ペンレステープ」とか。

最強といわれる
「エムラクリーム:Emla Cream 5% 」
「エムラ・パッチ:Emla Patch 」
等といわれますが。

「麻酔「効果」」は全く現実的には
実用的ではありません。
=>「ありません」

「効果」がないのに何故用いられるのか。

ある美容外科の先生のサイトには
このように御記載があります。
*「広範囲のあざのレーザー治療にもっとも有効です。
ペンレスよりは麻酔効果が強いのですが、
痛みに敏感な患者さんでは
EMLA を使ってもレーザーの痛みに
耐えられないことがあります。」
=>
「痛みに敏感な患者さんでは
EMLA を使ってもレーザーの痛みに
耐えられないことがあります。」
=>
「痛みに鈍感な患者さんなどいない」と
思います。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」

「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの。

「メラニン色素系の「病態」」の場合。

は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

このような場合の「レーザー光照射」に際しては。

1・
「レーザー光照射装置」では「Qスイッチ」のない
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」のような「痛いレーザー」は
用いない(場合によります)

2・
患者さんに「レーザー光照射」をする前に
患者さんの眼の前で「御自分の同じ「皮膚部位」」
に必ず「ためし照射」をしてみる
(私は必ず「レーザー光照射」に際して行います)。

「レーザー外科専門医」(この名称の専門医はありません)
はありとあらゆる「レーザー光照射装置」の
「レーザー光照射」の感触になれていますから。

患者さんよりは「強い」はずです。
それでも「いたいかな」と思うときは迷わず
「局所麻酔」の「表皮麻酔」=>「真皮麻酔」=>「局所麻酔」
と「注射麻酔」で行われるか
「N2O(笑気)ガス麻酔」を行うべきでしょう。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

広範囲の「メラニン色素系の「病態」」
にはもしも「局所麻酔」がどうしても必要な場合。

「局所麻酔」の
「表皮麻酔」=>「真皮麻酔」=>「局所麻酔」

「注射麻酔」「30「Ga(ゲージ)」針」での「局所麻酔注射」が
適切です。(痛くはありません)。

因みに
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。
に対しては。

私は「痛くない」
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「レーザー光照射装置」を用います。

「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」

「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」

「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」を
用いても。

それでもお鼻の中の
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
などは「粘膜」だから痛いです。

「粘膜」にはキシロカインゼリー・スプレー
が皮膚とは異なり「粘膜には「効果」が抜群のもの」
であり「粘膜麻酔」は「表面麻酔」で可能です。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。
このような
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
の場合。
「病態」の「部位と範囲」の面積あたりの「ショット数」を
「減らす」。
=>
極端な場合は「パチパチ・・」と「1ショット」だけ
「範囲:広がり」に「1ショット」ずつトータルの
「有効打」には程遠い「ショット数」での
「レーザー光照射」「レーザー光照射」の方法?
も確かにあります。

あるというか・されることがあります・・。

「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合。

「病態」
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
の場合。

けれどもこのような場合。
しっかりとした先生であれば。

まずは「レーザー光照射」の「1ショット」の
「エネルギー」を「強度」にすることで
まずは「なんとかしようとする」。

或は「レーザー光照射」の
「レイリー散乱」*を皮膚表面に「媒体」を塗り
緊密な「エネルギー」での「カバー」をしようとする。

このような
勿論
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「レーザー光照射装置」は必要ですが。
1・
「超高性能Qスイッチレーザー」の「レーザー光ビーム」
2・
「「レーザー光ビーム」の散乱」
といったスーパー「テクニック」を駆使致します。


散乱係数の波長と散乱粒子の大きさに
関わるパラメータとしてサイズパラメータ
D:粒子直径
λ:波長
があり、
「α=πD/λ」
α < 0.4 はレイリー散乱の領域、
0.4 < α < 3 はミー散乱の領域、
α > 3 は回折散乱の領域とされます。

「レーザー光照射」の「レーザー光ビーム」は光ですから
いろいろな散乱があります。
「レーザー光照射」の「治療戦略」に応用できる散乱もあります。
「レイリー散乱」は「レーザー光照射」の皮膚表面の「エネルギー」密度
をあやつるために。
また「レーザー光照射」に用いる「レーザー光ビーム」は眼に見えない
ものが多いものです。このとき「チンダル散乱」で
「レーザー光ビーム」の軌跡をみる「テクニック」もあります。

「レーザー光ビーム」の
いろいろな散乱
1・
レイリー散乱
空が青いのは、太陽光が大気中の空気分子と
レイリー散乱するところが大きいです。
2・
ミー散乱(レイリー散乱より大きい粒子による光の散乱です)
3・
電磁波の散乱
3・-1
トムソン散乱
3・-2
コンプトン散乱(散乱波の波長が変化する)
3・-3
ラマン散乱
(→実験でフォノンバンドやフォノン状態密度が求まる)

4・
ブリュアン散乱(←非弾性散乱)
5・
コロイドによる光の散乱(→チンダル現象)
或は「チンダル散乱」。

1・
牛乳もレイリー散乱を起こしているが、
多重散乱により白く見えます。
2・
雲が白いのは多重散乱+ミー散乱によります。
3・
レイリー散乱
空が青いのは、太陽光が大気中の空気分子と
レイリー散乱するところが大きいです。
4・
レーザーアートで「レーザー光ビーム」が
「一本線」にみえるのは
「空気中の粒子」による「チンダル散乱」です。

美容外科でレーザー治療・レーザー外科をされる
先生にも
適切な表現が思い浮かばないのですが
「しっかりした先生でない場合」があります。

「有効打」には程遠い
「レーザー光照射」「レーザー光照射」の方法?
で「レーザー光照射」をされても平気です。

「レーザー光照射」「レーザー光照射」の方法?
で「レーザー光照射」をされても平気でいらっしゃるのは。
やはり適切な表現が思い浮かばないのですが
「レーザー」の知識がないからです。
(本等です。「本等にありません」。)

=>
「有効打」には程遠い
「レーザー光照射」「レーザー光照射」の方法?
で「レーザー光照射」をされても
「何も感じない」=「怖さを感じない」。

「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
の場合。

そこで「結局」はうまくいかなくなり
「3種類」の「俗にいう再発」が発生します。

「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
の際に患者さんは「再発の説明」をうけられると
思います。
「扁平母斑:naevus spilus」の「3種類の再発」
は確かに御座います。

けれども現実的には。
単に「再発」というが「レーザー光照射」の
不足による事例が極めて多いように今の私は考えます。

適切な表現が思い浮かばないのですが
「「再発」といえば聞こえがよいです」。

「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

これは
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
のみならず。

すべからく全ての「レーザー光照射」が必要な「病態」
に共通していえることです。

経験の浅い先生が「レーザー光照射」が必要な「病態」に
むやみやたらに「レーザー光照射」を行うと。

その結果。

患者さんをおおいに苦しめることになります!!。

これは
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
のみならず。

すべからく全ての「レーザー光照射」が必要な「病態」
に共通していえることです。

「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
についてもう一度。
1・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと。
###1
「タイプ1」
「レーザー光照射」後すぐに綺麗に「病態」は消失するが
その後「1年」位で「再発」がみられることがあります。
しかし「再発」しても「レーザー光照射」の「再照射」を繰り返す
ことにより「再発」までの期間は次第に長くなり「再発色」も次第
に薄くなるタイプ。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
2・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと
###2
「タイプ2」
「レーザー光照射」後に一時的に色調は薄くなるが
すぐに「炎症性色素沈着」をおこし「レーザー光照射」1ヶ月後には
「レーザー光照射」前よりも色調は濃くなる。
この場合もさらに「数ヶ月後」には「色調」は次第に元にもどります。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」の
「レーザー光照射」の後には
「扁平母斑:naevus spilus」「3種類の再発の機構」
3・
「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
が上手でないと
###3
「タイプ3」
「レーザー光照射」後色調は「薄く」なるが「毛穴」に一致して
「色素増強」をきたして「毛穴」の「色調」が目立ってしまう。
このような場合も「色素増強」を来たした「部位」を何回も再照射
すると「活性化」された「メラニン含有細胞(メラノサイト)」が
破壊されて次第に「脱色素斑」に至ります。

「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

「扁平母斑:naevus spilus」の「病態」に対して
私が使用する「3種類」の「レーザー光照射装置」*でも
使用する順番は「病態」により異なります。

1・
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
2・
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
3・
「sort-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「ショート・パルス・ルビーレーザー光照射装置」

「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

また「扁平母斑:naevus spilus」

「扁平母斑」の患者さんの「皮膚の性状」は「千差万別」です。
「レーザー光照射装置」による「レーザー光ビーム」への「反応」
も患者さんによりみな「千差万別」であるので。

患者さん個々に適した「レーザー光照射」を行わなければなりません。

この「患者さん個々に適した「レーザー光照射」」判断は
努力し・考えることは。

「レーザー外科専門医」(この名前の専門医はいません)
であれば「あたりまえ」のことです。

「扁平母斑:naevus spilus」や
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」

「レーザー光照射」術後の「ドレッシング方法」*
も患者さんの
「レーザー光照射」後の「皮膚の性状」により異なります。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」

「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
では「レーザー光照射」の後に
「かさぶたができる「レーザー光照射装置」」を
用いられることがあります。

このような
「かさぶたができる「レーザー光照射装置」」
による「レーザー光照射」のあとは
ばんそうこう・ガーゼ・テープが必要なことが
御座います。

これを「ドレッシング・テクニック」
といいます。

「レーザー光照射」のあとで。
勿論・「テクニック」や方法にもよりますが。
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
の場合は。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」
直後から「メイク」が可能で御座います

「non dressing:ノン・ドレッシング」で
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
の場合は「大丈夫」。

「non dressing:ノン・ドレッシング」とは
「レーザー光照射」施術後「ばんそうこう」や「ガーゼ」を
あてる必要が無い事を意味します。

「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の特徴。

「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の特徴。

「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
とは。

「超高速の「Qスイッチ」」でもとりわけ
「1ショット時間」が「極少短時間」である
「10億分の10秒」で。
高エネルギーの
「1ショット」を。毎秒10ショットする「高速レーザー」
としての「Qスイッチ」=「キュースイッチ」の
「性能」が必要です。

「レーザー光照射装置」としても
「ハードレーザー光照射装置」の中でも
極めて高額です。

とりわけ
「超高性能Qスイッチレーザー」は極めて
高額です。

「超高性能Qスイッチレーザー」の場合は。
「1ショット時間」が「10億分の10秒」で「光速度」でも
「光が3mしか進めない時間」です。

このような「超高性能Qスイッチレーザー」による
「レーザー光照射」は
「photo-ablation:フオト・アブレーション」
(アブユレージョン:aburasionではありません)
という「レーザー光照射」の作用機序です。

極めて判りやすくいえば
「超高性能Qスイッチレーザー」の「レーザー光ビーム」

「熱」に化けません。

超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の特徴。
「レーザー光照射」のあとすっぴんで
構わない・ということです。

「レーザー光照射」のあとすっぴんでも
「レーザー光照射」をしたことが
わからない。だから「レーザー光照射」の
あとすっぴんで構わない・ということです。

また
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
に用いられる
「超高性能Qスイッチレーザー」は。

皮膚にダメージを与えないから
「すっぴんでかまわない」
「non dressing:ノン・ドレッシング」
で構わないということです。

「レーザー光照射」痕が残らないということです。

だから
「レーザー光照射」のあと直後から
「メイク」しても構わないということです。

扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

けれども
「超高性能Qスイッチレーザー外科あ
るいは超高性能Qスイッチレーザー治療*」
であれば。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「
メイク」が可能で御座います。

「non dressing:ノン・ドレッシング」とは
「レーザー光照射」施術後「ばんそうこう」や「ガーゼ」を
あてる必要が無い事を意味します。


「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の特徴。

「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
とは。

「超高速の「Qスイッチ」」でもとりわけ
「1ショット時間」が「極少短時間」である
「10億分の10秒」で。
高エネルギーの
「1ショット」を。毎秒10ショットする「高速レーザー」
としての「Qスイッチ」=「キュースイッチ」の
「性能」が必要です。

「Qスイッチ」の「1ショット時間」が
「10億分の10秒」
を超えると「しんどくなります」

「Qスイッチ」の「1ショット時間」が
「10億分の20秒」
が「超高性能Qスイッチ」の「超高性能」の
限界と今の私は考えます。

因みに
「脱毛レーザー」で有名な。
「アレキサンドライトレーザー
俗称「アレックス」」
というレーザーがあり
「Qスイッチ」の付いているものもあります。

「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
の多くは
俗にいう「「脱毛レーザー」であり
「1ショット時間」=「パルス幅」」
がみじかすぎては
皮肉なことに

「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」
での「治療戦略」に支障がでます。

俗にいう
「脱毛レーザー:LASER」は存在しません。

「レーザー光照射」による
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」
で「毛根ごと皮膚を破壊」致します。
だから「Qスイッチ」も「1ショット時間」
が長いです。

「Qスイッチ」は
「1ショット時間」が「10億分の200秒」
で「早いとはいえません」。

「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」の
「レーザー光照射」であれば。

「レーザー光照射」のあとすっぴんで構わない・ということです。
「レーザー光照射」のあと直後から
「メイク」しても構わないということです。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
或は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
などの「メラニン色素系の「病態」」の場合
は「広範囲」の「病態」であることが御座います。

「超高性能Qスイッチレーザー外科あるい
は超高性能Qスイッチレーザー治療」を
行うための「超高速のQスイッチレーザー光照射装置」
の「Qスイッチレーザー」の「Qスイッチ」とは。

「Qスイッチ」とは「レーザー:LASER」の
広い意味での「1ショット時間」の「パルス幅」
が。
「1ショット時間」が「10億分の○○秒」と。

「光速度」でも「光がm単位でしか進めない時間」の
「単位」での
「極少短時間」での「1ショット時間」の
「レーザー光照射」
を行うのが「Qスイッチ」です。

「Qスイッチ」が速ければ速いほど
「phto-thermal effects:「光熱反応」の
影響はなくなります。

=>

そして「レーザー光照射」の「メカニズム」としては
「3種類」の「メカニズム」の中では「最強」の。

「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」のみの
「最強力」のパワーを生み出す事になります。
=>
「1ショット時間」が「極少短時間」
=「1ショット時間」が「10億分の10秒」
ですから。

ウルトラハイパワーにも関らず
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
「メイク」が可能で御座います

「レーザー光照射装置」による
レーザー治療・レーザー外科での
「レーザー光照射」は。

1・「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」

2・「Qスイッチレーザー」は「Qスイッチレーザー」でも。
「超高性能ではない「Qスイッチ」をつけた」
「中くらいの位下のランクのQスイッチレーザー外科・治療」

3・「パルスレーザー外科あるいはパルスレーザー治療」

4・「CO2(炭酸ガス)レーザー」のような
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」

5・「レーザー光照射装置」のほかに
「正体不明の
「道具」」のついている「レーザー光照射装置」
(これらの大半は
「ハードレーザー光照射装置」ではなく
「ソフト・レーザー光照射装置」です。)

の「5種類」にわけられます。

(「5・」に関しては。

○○タッチレーザーとか
フラクセルとかいうように。

波長がわからない・「管球(レーザーロッドと呼称)」
が正体不明である・といった極めて大きな特徴があります)
「1・」=>「5・」にいくにつれて
「レーザー光照射装置」による「レーザー光照射」
のスキルの意味合いはぼやけてきます。
「レーザー光照射装置」の真骨頂は薄れていきます。

このように考えると。
「レーザー光照射」を必要とするすべからくの「病態」
に対して共通していることは。

「レーザー光照射」は。
「レーザー光照射装置」と「レーザー光照射」の理論。
そして「レーザー光照射」の対象になる「病態」への
深い造詣と数多くの施術経験。

そして何よりも「治す」というドクターマインド。

「レーザー光照射装置」を操り「レーザー光照射」を行い
「病態」を「なおす」ということは。

よほどの経験がないと
「全く不可能である」と今の私は考えます。

適切な表現が思い浮かばないのですが。
いかなる場合でも。

例えばの話。
いかなるレーザー治療・レーザー外科
でも「同じ」ですが。
例えば「ルビーレーザー:Ruby Laser」を用いる場合
その他「ほくろ」などさまざまですが。

「レーザー光照射」の「御費用」が異様に「安価」である場合は
何卒ご注意下さい。

##1
「扁平母斑:naevus spilus」
「扁平母斑」の「レーザー光照射」=「レーザー外科」の場合
の特徴に「再発」があります。

##2
この「再発」には「3つのタイプ」が御座います。

「扁平母斑:naevus spilus」の
「レーザー光照射」による「再発」からの「3分類」
###1
「タイプ1」
「レーザー光照射」後すぐに綺麗に「病態」は消失するが
その後「1年」位で「再発」がみられることがあります。
しかし「再発」しても「レーザー光照射」の「再照射」を繰り返す
ことにより「再発」までの期間は次第に長くなり「再発色」も次第
に薄くなるタイプ。

###2
「タイプ2」
「レーザー光照射」後に一時的に色調は薄くなるが
すぐに「炎症性色素沈着」をおこし「レーザー光照射」1ヶ月後には
「レーザー光照射」前よりも色調は濃くなる。
この場合もさらに「数ヶ月後」には「色調」は次第に元にもどります。

###3
「タイプ3」
「レーザー光照射」後色調は「薄く」なるが「毛穴」に一致して
「色素増強」をきたして「毛穴」の「色調」が目立ってしまう。
このような場合も「色素増強」を来たした「部位」を何回も再照射
すると「活性化」された「メラニン含有細胞(メラノサイト)」が
破壊されて次第に「脱色素斑」に至ります。

##3
このように考えると。
「扁平母斑:naevus spilus」
「扁平母斑」の「レーザー光照射」=「レーザー治療」
が「大変に難易度」が高いことがご理解頂けると思います。

「扁平母斑:naevus spilus」の「レーザー光照射」
の場合。
いかなる「レーザー光照射」の場合も同様ですが。
しっかりとした「病態概念」の知識と「診断戦略」
が重要です。

しっかりとした
「レーザー光照射」にあたる「レーザー光照射装置」の選択と
「レーザー光照射装置」の「エネルギー設定」と。

「ポストレーザーの「ドレッシング方法」」のノウハウが無ければ。

「扁平母斑:naevus spilus」
「扁平母斑」の「レーザー治療」は不可能です。

これはいかなる「病態」に対する「レーザー光照射」の場合にも
共通することです。

「扁平母斑」=「ルビーレーザー*2回までの保険適応」も
俗にいう「保険から削られる」=「保険」から拒否される事例
が大部分です。

このような事例では
「保険」でやってみたのですが「やはりとおらなくて」と
患者さんに美容外科施設から「はなし」がきます。
結局患者さんは「実費」を当然のことながら
「しはらうように催促されます」。


「扁平母斑:naevus spilus」の場合
保険適応であるからには
「レーザー光照射装置」にも制限があります。
「ルビーレーザー:Ruby Laser」しか保険適応
はありません。

現実的に美容外科目的と見破られれば
保険適応は消滅します。当たり前のことですが。

当院では「レーザー光照射」はすべからく実費です。
お顔は御婦人では「生きている宝石」です。

「宝石」を「保険」でかうことがむなしいと「虚実」であるように。

「安くお顔の「レーザー光照射」」を考えられるのは
全く「むなしい」ことをご理解いただくのは。

「御自身を守る」ためにも「極めて重用」なことです。

「御婦人」であれば「1カラット」*の
本物のダイアモンドの指輪の「御費用」が「\5.000円」
であるといわれれば。
まず「買うまえに疑う」と思います。
そして購入されないと思います。


「カラット(carat) ct,car 系 非SI単位 量 質量 定義 200mg =0.2g」

よく「保険」で「俗にいう「ほくろ」」がとれる。
とか○○が保険でレーザー可能という記事も。
昔はありましたが今現在は極めて少なくなりました。

現実的に美容外科目的と誰かが見破れば「非合法」ですから。
保険適応は消滅します。当たり前のことです。

[2007年7月23日 18時22分41秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」という
「レーザー光照射」に「特融の「テクニック」」
を有する「病態」があります。

「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」を
中心とする「メラニン色素系の「病態」」の
「レーザー光照射」につき。

散文的ではありますが「レーザー光照射」
とりわけ近代の
「メラニン色素系の「病態」」の。

「メラニン蒸散」=「「メラニン色素」という固体」
を「気体」に換える」=
「「メラニン色素」だけ飛ばしてしまう。
傷跡は一切残りません。

「メラニン色素系の「病態」」の「レーザー光照射」
につき
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」を
中心に御記載致します。

[2007年7月23日 18時21分51秒]

「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年10月2日 17時39分9秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
はじめまして。都内在住の37歳の女性です。
 生まれつき、扁平母班と思われる茶アザが
片足の付け根(ヒップとの境界)あた
りにあります。
 水着を着ると、もろに見えてしまうので、
治療が出来たらと思っております。

 つきましては、レーザー治療は可能か。
治療期間はどれくらいか。費用はどれ
くらいかをお伺い出来たらと思います。

 ご多忙中のところを恐縮でございますが、
ご回答頂けましたら幸いです。
Tuesday, October 02, 2007 12:06 PM

[2007年10月2日 12時06分13秒]

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »