« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

フワっとしためまい感・ぴくつき・後頭部・頚部・肩の鈍痛・頬の違和感で悩んでいます。ペインクリニック・レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック脳神経外科専門医の山本博昭 先生に「診断戦略」「治療戦略」を御願い致します。

東京 都 世田谷 区 山本クリニックの脳神経外科専門医 山本博昭 先生

ご心配でしょうね。
典型的な「症状・症候」であるにもかかわらず
「病態」診断がつかないようですね。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。

よく
「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」が
あるときなど「メージュ症候群:Meige's syndrome 」
などと間違われたり致します。

また
「上眼嶮(うわまぶた)」の「はった感じ」から
「御婦人」の場合
「上眼嶮(うわまぶた)」肥大と間違えられて
形成外科・美容外科を「御受診」されることが
御座います。

実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

しっかり治されるためには
「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を「御受診」されるのが宜しいと今の私は考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「24歳に突然回転性のめまいに襲われ、
大学病院でMRIを
撮りましたが特別異常はなく、
喫煙してたので止めるように言われ、
止めました。

その後、回転性めまいは半年に一度くらいのペースで
起こるくらいで他の症状はなく、
その時にだけ心配しておりました。

ところが、今度はここ3年ほど、
回転ではなく、
浮遊的なめまいが常にあり、
他の症状は、のぼせ
、手足の冷え、発汗、手の指のしびれ、頭痛、寒気、
喉の異物感、まぶたが重い、
吐き気がしょっちゅう起こるようになりました。

毎日連続ではなく、症状が出るときはばらばらです。

ストレスや心因性といわれていますが、
現在ストレスになるようなことは何もありま
せん。

血液検査、心電図、血圧も異常が見られず、
自律神経失調症や、パニック障害過喚起症候群といわれ続け、
どこの病院に行ってもろくに検査もしてくれず
同じ事を言われます。
薬は、メリスロンとデパスとメチコバールを飲んでいますが、

デパスが効いてる気がしなくもありませんが、
もし脳の病気の前兆かと思うと不安でしょうがありません。

でも検査に行く勇気がまだなくて・・先生に御教授いた
だいてからと思いました。
これらの症状で脳の病気は何かあるのでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが、
教えていただきたく存じます。
宜しくお願いいたします。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
このめまいは
「真性眩暈:しんせいげんうん」ではなく
「仮性眩暈:かせいげんうん(ふわふわ感)」
です。

##2
「真性眩暈:しんせいげんうん」
「仮性眩暈:かせいげんうん(ふわふわ感)」
につき#3に簡単に説明致します。

#3
##1
まず「めまい感」と「めまい」とは全く異なる
「臨床神経学」の「症状・症候」である
ということを覚えて下さいませ。

##2
「めまい」=「真性眩暈」であり
「めまい感」=「仮性眩暈」と呼称致します。

##3
判りやすくいえば
「真性眩暈」を「真性めまい」としてまた
「仮性眩暈(めまい感)」を「仮性めまい」として
御説明致します。

##4
「中枢神経系専門医」は「めまいがあるのですが」
という患者さんの場合に「めまい」と「「めまい感」の何れかかの「確認」
が必要になります。

##5
「真性めまい」=「真性眩暈」の場合は
通常「文字通り「前庭機能の障害」でおこり
中枢的には脳幹部・小脳性にも発症しうる
「症状・症候」で御座います。

##6
「仮性めまい」=「仮性眩暈(めまい感)」の場合は
###1
周囲の風景=環境は「一定だが」自分が「ふわふわ感」
がありいわゆる
「不安定感」がある。

###2
「末梢神経系」にも「中枢神経系」のも
「臨床神経診断学的「症状・症候」」
としての「異常所見」は認められないものです。

###3
通常悪心・嘔吐は伴わないません。

###4
「真性眩暈:しんせいげんうん」に特有な
「失調性歩行」はなく歩行可能である。
また「失調性」の「構語障害:dysarthria:デイスアリスリア」
はなく


###5
多くの場合
「一時的」であり「「発作性」であり「永続性」はない」

というような「病態」或いは「症状・症候」
が「仮性眩暈(めまい感)」で御座います。

##7
御相談者の御記載内容からは
「仮性眩暈(めまい感)」と考えられます。

##8
「仮性眩暈(めまい感)」は元来「病態」であっても
「末梢神経障害」=「前庭機能障害」或いは「中枢神経系」の機能障害
を認められないもので御座います。

##9
「緊張型めまい」(あだ名です)という
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんにおこる「ふわふわ感」「くらくら感」は
「頭痛系の「症状・症候」」と等価に考える取り決めになっています。

##10
この「緊張型めまい」(あだ名です)ゆえに
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
ととよく間違えられます。

##11
第30回日本頭痛学会総会での
山根清美先生(太田熱海病院 脳神経センター神経内科)
による
「緊張型頭痛におけるめまいの臨床的検討」の論文によれば

「緊張型頭痛と診断した114症例。
男性39例、女性75例、年齢平均61.2歳(16~86)

めまいが存在したのは69/114例(60.5%)
回転性めまい(verigo)が43例(62.3%)
浮動性めまい(dizziness)が26例(37.7%)
[結論]
臨床的にめまいの原因の鑑別として
緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考える。 」
との事です。

##12
臨床医は「めまい」の鑑別診断として
「緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考えた。 」
と結論されています。

#4
##1
「ところが、今度はここ3年ほど、
回転ではなく、
浮遊的なめまいが常にあり、
他の症状は、のぼせ
、手足の冷え、発汗、手の指のしびれ、頭痛、寒気、
喉の異物感、まぶたが重い、
吐き気がしょっちゅう起こるようになりました。

毎日連続ではなく、症状が出るときはばらばらです。

ストレスや心因性といわれていますが、
現在ストレスになるようなことは何もありま
せん。」
との事です。

##2
「「ところが、今度はここ3年ほど、
回転ではなく、
浮遊的なめまいが常にあり、」は
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」の「ふわふわ感」
のことを仰られていると考えます。

#5
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
重要な「症状・症候」が御記載されています。

##2
他の症状は、
「のぼせ」=>極めて判りやすくいえば「「暑いか寒いか判らない「症状・症候」」
ですね。

##3
、「手足の冷え、発汗、手の指のしびれ、」
=>
「緊張型しびれ」(あだ名です)の「症状・症候」です。

##4
「頭痛、寒気、」
=>
「緊張型頭痛:tension-type headache」の頭痛です。

##5
「喉の異物感」
=>
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは「緊張型喉化け(あだ名です)」
という「「喉に異物感がある「症状・症候」」」
が通常御座います。

##6
「まぶたが重い」
=>
これは極めて重要な「症状・症候」で
ちょっと難しい「用語」ですが
この「症状・症候」を呈する患者さんは
「メージュ症候群*」=顔面表情筋の不随意運動+
「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」
とよく間違われます。
=>
「ボトックスブロック」を施術されたり
することが御座います。

##7
「吐き気がしょっちゅう起こるようになりました。」
=>
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんに特有な
「胃ばけ(あだ名です)」という「症状・症候」
です。=>##8

##8
また事実「慢性胃炎:chlonic gastritis」
とりわけ「びらん性胃炎」から
「胃酸過多」になられていることが推定
されます。

#6
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「瞼が重い」「症状・症候」は
よく「車の運転」をされていて
パトカーの警察官に「居眠り運転」と間違われる
ことがあります。「メージュ症候群:Meige's syndrome 」と
よく間違われます。

##2
「メージュ症候群:Meige's syndrome 」は中高年に発症し
まぶたが自分の意思とは無関係に持続的にこわばる状態となります。
両側の眼が開きにくくなる病気です。
まばたきが増加する症状が発症初期に出現したり,
高頻度に口がもぐもぐする運動を併せ持つことが特徴です。
薬剤による副作用で発症したり
さまざまな大脳疾患や
重症筋無力症,顔面神経麻痺後の合併症として現れたりもします。
原因不明の場合もあります.

従来は内服療法が主でしたが,
最近はボツリヌス毒素をまぶたの周りに注射して
筋肉のこわばりをとる治療が開発され,
より良好な結果が得られるようになりました。

チックやジストニアは眼輪筋を含む顔面の複数の筋肉が
自動的に収縮する不随意運動の病気で
内服療法が一般的です。

開眼失行は眼輪筋の麻痺や不随意運動がないにもかかわらず,
眼が開けられない状態をいいます。
錐体外路の障害されるパーキンソン病などにみられる現象です。

##3
昨今pcに携わる方やその他のかたに
「「上眼嶮(うわまぶた)」が上がらない+
「眼が閉じてしまう」「症状・症候」に「あまりにも
「何かの一つ覚え」のように
「メージュ症候群:Meige's syndrome 」と
いわれてしまいます。

##4
「メージュ症候群:Meige's syndrome 」は
「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」
を伴うことが多いものです。

##5
けれども
「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」もなく
「「光」が眩しい」「pc仕事が多く立て込んで発症」などと
「本物の「メージュ症候群:Meige's syndrome 」の「症状・症候」」
をしっかりと御経験されている
「中枢神経系専門医先生」はまず間違えません。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
由来の「上眼嶮(うわまぶた)の重さ」或いは「前頭筋群のはり」
両側の「開眼障害」は。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
では
1・
「前頭神経ブロック:frontal nerve block」
或いは
2・「前頭神経ブロック:frontal nerve block」+
「ベノキシール」点眼にて。
=>
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
由来の「「上眼嶮(うわまぶた)」の重み」は
劇的に改善されますから「鑑別診断」及び「診断的治療」
としては価値の高い方法・「テクニック」です。。

#7
##1
「ストレスや心因性といわれていますが、
現在ストレスになるようなことは何もありま
せん。」との事です。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
により
「前頭部の締め付け」かん由来の「上眼嶮(うわまぶた)」
の重い感覚は
「御婦人」では「上眼嶮(うわまぶた)」の「腫れ」とも
間違われます。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
により
「前頭部の締め付け」かん由来の「上眼嶮(うわまぶた)」
の重い感覚は
「御婦人」では形成外科や美容外科を「御受診」されることすら
あります。

##4
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##5
この点御相談者は
「ストレスや心因性といわれていますが、
現在ストレスになるようなことは何もありま
せん。」と「自己分析されていることは大変に立派」である
と今の私は考えます。

#8
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
につきましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」特集10
[2] [2008年 5月17日 20時37分32秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html

御参照頂けますか。

一部コピー致します。
=>
「★★★どうぞごらんくださいませ1★★★」

##2
また「メージュ症候群:Meige's syndrome 」
につきましては
ちょっと古い御相談ですが
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
から

メージュ症候群のようです [2] [2003年11月13日 10時48分39秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/92978982960722.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/92978982960722.html


御参照頂けますか。
コピー致します。

「★★★どうぞごらんくださいませ2★★★」

#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」
及び
「喉に異物感がある「症状・症候」」
「胃ばけ(あだ名です)」の
「症状・症候」がおありです。

##3
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##4
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##5
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##6
「緊張型」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、外用薬も用いて
場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」
は全く「効果」がありません)
ことです。

##7
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##8
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

##9
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##10
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

++「★★★どうぞごらんくださいませ1★★★」++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは多いものです。
けれども
「緊張型」は「ふわふわ」「しめつけ感」「くらくら感」
「肩こり・頸こり・背中こり」」と「頭痛以外の「御自覚症状」」
でくることが大部分です。

そのために
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。
脳CT・MRIで「「異常所見」無し」
のまま。
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
二番目に困るのは
「心療内科「病態」」「精神科「病態」」と間違えられることです。

これらは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「臨床神経診断学」上のほんの一例であり
今後さまざまな編集をかさねてまとめていきたいと
考えます。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++

#1
さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#2
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには
特有の「しびれ感」=「緊張型しびれ」(あだ名です)
があります。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。

##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。

##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。

##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。

#4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは
「「ぴくつき」と「しびれ」と「ふわふわ感」でとても悩んでいます。」
というように特有の「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」
が御座います。
##1
肩と背中がものすごく、こっているかたの場合
「適切でない内服薬」を処方されて内服された場合「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」
がでやすいことがあります。
パ○シルなど事例が多いです。

##2
##1の場合
2日-5日位の内服後からまず左上腕部がピクピクすることが多いものです。

##3
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
1日近くピクピクしています。

##4
落ち着いてきたなと思ったらまた体のあちらこちらが
ぴくぴくしだすのも特徴です。

##4
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
手・足・背中・わき腹・また唇や口の周辺或は眼嶮周囲にに出現いたします。

##5
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
ほとんどが1瞬で終わります。長くても10~15秒位の持続時間で御座います。

##6
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
運動したり、歩いたり、何かに気を取られている時は感じられないことが多いものです。

##7
体を休めているときや、じっとしているときにピクツキが気になります。

##8
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)
することが多いです。

##9
##8の「時期」=「タイミング」をすぎる・或ははずれると
その頃から比べれば若干1日にピクツク回数は減ったように思われることが
御座います。

##10
けれども「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
依然、毎日続くことが多いものです。

##11
その日によって場所はさまざまです。

##12
通常体のピクツキ以外他の症状は何も「御自覚症状」としては乏しいのが
特徴です。

##13
会話も普通に出来ます。握力も低下していません。
歩行や走ったり普通に出来ます。

##14
脳CT・MRI或は、血液検査もしましたが「「異常所見」無し」とされることが
多いものです。。

##15
大学病院などの総合病院の脳神経外科を御受診されても
異常は無いとのこととされ頭をかかえる患者さんは多いものです。

#5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの最たる特徴に
「めまい感」があります。

##1
「緊張型めまい」(あだ名です)は「仮性眩暈(ふわふわ感)」できます。

##2
めまいには「真性眩暈」と「仮性眩暈(ふわふわ感)」があります。

##3
「仮性眩暈(ふわふわ感)」は時として「真性眩暈」よりも
「症状・症候」が「唐突」で「不気味であり」一体何が起こったのだろよ
おもわれることがあります。

##4
「緊張型」の患者さんの場合88%は「回転性の眩暈」できます。

##4
急に事務仕事をしていて鋭角的に体がシフトするように感じられるときが
あります。

##5
患者さんは「真性眩暈」と思っていても
平衡機能検査では「内耳神経=前庭神経」の「「異常所見」無し」
とでることが多いものです。

##6
「緊張型」の患者さんの「緊張型めまい」(あだ名です)の場合
「メリスロン」「アデホスコーワ:adenosine triphosphate diosdium:ATP」
が投与なども検討されることございます。
全く「効果」はありません。

##7
適切な「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「治療戦略」により「ふわふわ感」「くらくら感」「めまい感」」は
消失致します。

##8
「睡眠障害」をともなわれている「緊張型」の患者さんに起こりやすいものです。

##9
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##10
「緊張型めまい」(あだ名です)をお持ちの
患者さんは2月・6-7月、9月・11月に症状増悪時に
「頭部発汗」「夜間発汗」「腋下(えきか)発汗」などの
「発汗障害」を併発することが多いものです。

##11
脈拍の増加=頻脈を伴う事も御座います。

##12
第30回日本頭痛学会総会での
山根清美先生(太田熱海病院 脳神経センター神経内科)
による
「緊張型頭痛におけるめまいの臨床的検討」の論文によれば

「緊張型頭痛と診断した114症例。
男性39例、女性75例、年齢平均61.2歳(16~86)

めまいが存在したのは69/114例(60.5%)
回転性めまい(verigo)が43例(62.3%)
浮動性めまい(dizziness)が26例(37.7%)
[結論]
臨床的にめまいの原因の鑑別として
緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考える。 」
との事です。

##13
臨床医は「めまい」の鑑別診断として
「緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考えた。 」
と結論されています。

#6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは
ときとして
顔が張ったり「胸の痛み」でくることが御座います。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「背中バリバリ症候群」(あだ名です)の
「前への押し寄せの「症状・症候」」の「胸痛」につき。
(「海辺の外科先生」はこの「胸痛」の「症状・症候」に対して
気胸や潜水病と鑑別が旨く御経験豊富なためお得意でいらっいます)

##1
この「胸の痛み」は「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の患者さんによく出現いたします。

##2
心臓痛と勘違いされて心配されたり
「脳神経外科専門医先生」以外の先生の場合
「心臓の精密検査」をされることもあります。

##3
「「肩こりの胸への押し寄せ」と考えて頂くと宜しい
ものなのです。

##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の「症状・症候」の一環でございます。

##5
因みに
海辺の「外科医先生」は救急疾患である「潜水病」や「自然気胸」
との鑑別で「日常茶飯事」になられております。

##6
この「病態」には
大変お得意でいらっしゃいます。

##7
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と同一延長線上の
「病態」と考えられていただけますか。

#7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんはお腹が痛くなることが御座います。

##1
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う胃ばけ(あだ名です)もお持ちの様です。

##2
胃ばけ(あだ名です)には
胃ばけ(あだ名です)には「3つ」のタイプが御座います。

##3
###1
「胃ばけ(あだ名です)タイプ1」まさにみぞおちがきりきり激痛で痛みます。
###2
「胃ばけ(あだ名です)タイプ2」臍の左右いずれかに「鈍痛」がきます。
###3
「胃ばけ(あだ名です)タイプ3」盲腸・恥骨上・差側盲腸に「鈍痛」がきます。

##4
「また下痢感のない下痢」或は「下痢だとおもっても全くでない」
或は「下痢の「御自覚症状」」がないのに「急に下痢」が起こる
という「下痢化け(あだ名です)」
で消化器系の「症状・症候」がくることが御座います。

##5
「胃ばけ(あだ名です)」=)とりわけ「胃ばけ(あだ名です)タイプ1」
(「胃ばけ(あだ名です)タイプ2」の場合は夜間に「救急車騒ぎ」
を起すほど「激烈」なことが御座います。

##6
また「胃ばけ(あだ名です)タイプ3」盲腸・恥骨上・差側盲腸に「鈍痛」がきます。
の場合には「俗にいう盲腸炎」=「急性虫垂炎」として手術をされてしまうこと
も御座います。

##7
##6の場合は「俗にいう盲腸炎」=「急性虫垂炎」の手術
のあとで「炎症は少なかった」とか煮え切らない御説明が
されることも多いです。

##8
更には
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」の下記を御参照下さい。
###1
「骨盤の痛みで質問したものです [2] [2003年 8月29日 11時35分44秒]」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/619282601009221.html
###2
「骨盤の痛み [2] [2003年 8月28日 11時31分46秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0306681951778991.html

##9
このように「緊張型」では消化器の「症状・症候」も
惹起致します。

##10
さもなくても
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」が「胃ばけ(あだ名です)」
により更に
正診断率の大変低い「病態」へと変化致します。

#9
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは一種独特の
「震え」=「振戦」を伴われることが
御座います。。

##1
「ふるえ」=振戦は「緊張型」の患者さんでよく出現致します。

##2
「振戦:しんせん」には
「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」が御座います。

##3
「休止時振戦」は患者さんの身体(四肢・体幹・頭部)が
休止している状況で発生する振戦で御座います。

##4
「活動時刻振戦」は筋肉が「何らかの活動をしているときに
その部位に出現する振戦」この中で「活動時刻振戦」は「2つ」
に更に分類されます。
「運動時振戦」と「姿勢時振戦」で御座います。
=>##5

##5
###1
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」
###2
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」

##6
ちょっと「専門的」ですが。
「活動時振戦」の「2種類」=「運動時振戦」と「姿勢時振戦」と。

「「活動時振戦」の2つはは
「英国臨床神経学」」の「アクション振戦:action tremor」
という「力をいれたとき「出現」する振戦とは「全く別物」です。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「「振戦:しんせん」=「ふるえ」は上記
「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」」
の中で。=>##8

##8
「活動時振戦」=
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」

「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
であり。
「緊張型」の患者さんに最も多発する
振戦=「ふるえ」で御座います。

#10
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんに多発する
「喉化け(あだ名です)」について下記は
不思議だが重要な特徴です。

##1
飲み込むときにいつも常に「引っ掛かる」感じがされませんか。

##2
以前と比較され飲食時に「むせる」頻度が多くなられていませんか。

##3
頸の周囲から耳元そして耳の穴にかけて何か「熱感」が
ありませんか。

##4
瞼が重くピントフオーカスがあいにくくなっていませんか。

##5
おちいさいときから
なにか常に弱い耳鳴のようなものがありませんか。

##6
唾を飲み込むときに喉の奥で「痰が保留されている」
のに気が付かれますか。

##7
喉といわず鼠径部の内側
(或いは膝の裏)
にも「違和感」がありませんか。

##8
全体的に「暑いか寒いか判らない「症状・症候」」はありませんか。

##9
お小さいときと異なり
唾液の分泌が減少されてはいらっしゃいませんか。

##10
普通に音を耳で聞いていただいている状態で「手のひら」を
後頚部にあてがうと「音の立体感」が無くなる
或いは「音がちいさくモノラル」に聞こえませんか。

##11
##10の「手のひら」を
後頚部にあてがう・或いは「「手のひら」を離されたとき」
特に「「手のひら」を離されたとき」に後頚部の体温が
変動し一瞬熱くなりそのあとも数分間は後頚部の体温不安定
が続きませんか。

##12
単純明快に「たったコップ一杯分-或いは0.5杯分」の「お水」を
飲み込まれて下さい。
想像以上に「嚥下「エネルギー」」を必要とされてはいませんか。

##13
##12のために「わずかなお水」を飲むだけでも
「2回-3回-4回数」の「複数嚥下」をされてはいませんか。

##14
これはとても重要なことなのですが。
昔の「内科学」ではこの「喉化け(あだ名です)」の
「症状・症候」は「仮病」であると記載されています
(「ヒステリー球:ヒステリーきゅう」)。
(勿論間違いです)

##15
##14のため即座に「心療内科専門医先生」を
受診を勧められたときは極めてご用心下さい。

「★★★どうぞごらん下さいませ1おわりおわり」

++「★★★どうぞごらんくださいませ2★★★」++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「51才、女性です。
2年位前から目が眩しくなった。
その時点抗鬱薬を3年くらい服用していた。
瞼が下がり、ボツリヌス注射も2度受けたが、効果なかった。
症状は進み、今では目の染みるような痛みでで長く目を開けていられない。
鼻も痛く、下顎が上下して、唇にしびれを感じる時もある。
リボトリールを処方されたが、効果無く、
ビタミンEも飲んでいるが効果なく、困って居ります。
何か薬あるいは治療法はありませんか?お教え下さいませ。」
との事です。

#2
##1
「瞼が下がり、ボツリヌス注射も2度受けたが、効果なかった。
症状は進み、今では目の染みるような痛みでで長く目を開けていられない。
鼻も痛く、下顎が上下して、唇にしびれを感じる時もある。」
との事です。
##2
この「症状・症候」は「偽性眼嶮下垂」を伴い「「眼の奥が痛い」
また「鼻の奥の閉塞感」は
「頭痛系の「症状・症候」」で御座います。
##3
「眼嶮痙攣」+アルフア=「メージュ症候群」
であるかどうかは別として。
##4
この「症状・症候」は「頭痛系の「症状・症候」」であり
「機能性頭痛系の「症状・症候」」で御座います。

#3
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」が考えられない場合を呼称いたします。
##3
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の
一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」の成分をおもちのようですが。
##5
治療戦略上は「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
と考えたほうが宜しいです。
##6
上記ご理解頂いたうえ「緊張型頭痛」或いは
「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さんの特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#7
##1
「眼科疾患」「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」
等ととよく間違えられます。
##2
皮肉なことに「脳神経外科専門医」にて
脳MRI所見から
「キアリ・アーノルド奇形:Chiari-Arnold malformation]
と間違われます。
##3
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。
##4
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##4
「メージュ症候群」はひとたび忘れられて。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
「ホルネル症候群」とりわけ
###1
「眼球陥凹」型「ホルネル症候群」
###2
眼裂の狭小型「ホルネル症候群」
と間違われます。

##7
「メージュ症候群」は教科書的な「疾患概念」で
「眼嶮痙攣」の意味しかないので「メージュ症候群」と
間違われることは少ない気が致します。

#8結論:
##1
「メージュ症候群」のことはひとたび忘れられて頂き。
##2
もしも御相談者に
「肩こり・頸こり・背中こり」がお強いようでしたらば。
##3
##2を強調されて
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
##5
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##6
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 10時48分39秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前:    URL
51才、女性です。
2年位前から目が眩しくなった。
その時点抗鬱薬を3年くらい服用していた。
瞼が下がり、ボツリヌス注射も2度受けたが、効果なかった。
症状は進み、今では目の染みるような痛みでで長く目を開けていられない。
鼻も痛く、下顎が上下して、唇にしびれを感じる時もある。
リボトリールを処方されたが、効果無く、
ビタミンEも飲んでいるが効果なく、困って居ります。
何か薬あるいは治療法はありませんか?お教え下さいませ。

[2003年11月12日 23時58分2秒]

「★★★どうぞごらん下さいませお2わりおわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年9月26日 19時9分49秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: 匿名希望   
先生初めまして。
30歳の女性です。

突然申し訳有りません。
大きな脳の病気の前兆ではと不安になり、
先生にご相談させていただきたく存じます。

以前突然に回転性のめまい(脳MRIで異常無し)。
過去3年ほど浮遊性のめまいその他の症状があります。

24歳に突然回転性のめまいに襲われ、
大学病院でMRIを
撮りましたが特別異常はなく、
喫煙してたので止めるように言われ、
止めました。

その後、回転性めまいは半年に一度くらいのペースで
起こるくらいで他の症状はなく、
その時にだけ心配しておりました。

ところが、今度はここ3年ほど、
回転ではなく、
浮遊的なめまいが常にあり、
他の症状は、のぼせ
、手足の冷え、発汗、手の指のしびれ、頭痛、寒気、
喉の異物感、まぶたが重い、
吐き気がしょっちゅう起こるようになりました。

毎日連続ではなく、症状が出るときはばらばらです。

ストレスや心因性といわれていますが、
現在ストレスになるようなことは何もありま
せん。

血液検査、心電図、血圧も異常が見られず、
自律神経失調症や、パニック障害過喚起症候群といわれ続け、
どこの病院に行ってもろくに検査もしてくれず
同じ事を言われます。
薬は、メリスロンとデパスとメチコバールを飲んでいますが、

デパスが効いてる気がしなくもありませんが、
もし脳の病気の前兆かと思うと不安でしょうがありません。

でも検査に行く勇気がまだなくて・・先生に御教授いた
だいてからと思いました。
これらの症状で脳の病気は何かあるのでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが、
教えていただきたく存じます。
宜しくお願いいたします。

Friday, September 26, 2008 1:56 PM

[2008年9月26日 13時56分33秒]

|

思考が不安定で悩んでいます。不安定な思考につき。ペインクリニック・レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック脳神経外科専門医の山本博昭 先生に不安定な思考の「診断戦略」「治療戦略」を御願い致します。

東京都世田谷区山本クリニック「脳神経外科専門医」の山本博昭 先生

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「表現力はとても豊か」である。
また「言葉づかい」も「豊穣な躍動感」がある。

結果作成された御相談は「起承転結」理路整然
として私が拝見して
御相談内容は「詩」のようにすらみえる。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者が「大変豊かな感性」をお持ちであることが
判ります。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
結果論的には
「収束性のない思考過程」=「逆ピラミッド型でない「思考過程」」から
派生する「さまざまな不具合」
「御心配」されています。

##2
「頭の中が重たい感じ、
ぼーっとしているとかボワンとしているという感じもあります。
後頭部から来る感じです。」
との事です。

「頭の中が重たい感じ、・略・後頭部から来る感じです。」
との事です。

御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

この「症状・症候」は
元来御相談者は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をお持ちのようです。
典型的な
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」で
情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

その結果=「考えられない・言葉が出ない・思ったとおりに行かない」
という
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」
を起されているように今の私は考えます。

しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「山本先生

初めてメールさせていただきました。
一日中頭がボーっとしています。仕事をしていても頭の中が重たい感じ、
ぼーっとしているとかボワンとしているという感じもあります。
後頭部から来る感じです。

歩いている時は右手と右足が一緒にでてしまうような感じで、
なんだか体がいうことをきかない感じです。
頭は、普段は何も考えていないか、頭の大半がからっぽのような感じです。

何か動作でできないことがあるという訳ではなく、
計算とか深く考える、覚えるとかいったことが難しいように感じます。
また、気がついたら呼吸をしていない時もあります。

質問に答える際、回答が何を言っているのかわからないような回答とか、
同じことを繰り返していたり、まわりもあきれて、論理的に発言するように
言われます。

研修にもだしてもらって勉強したのですが、
頭で考えるのと実際の発言がうまくリンクしません。
会話も次のことを考えていない、頭がからっぽの状況なので、
続かないという状況です。

生活していく上で大変困っておりますが、
先生のご診察の範囲でしょうか。

また、何処にいけばこのような見えない症状を
診察していただくことができるのでしょうか。

もし先生の所へ診察へ行った場合、どのような検査が実施でき、
失礼ですが、費用はどの位かかりますでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
1・「一日中頭がボーっとしています。仕事をしていても頭の中が重たい感じ、
ぼーっとしているとかボワンとしているという感じもあります。
後頭部から来る感じです。」
=>「後頭部からくる頭が重たい感じ」
2・「歩いている時は右手と右足が一緒にでてしまうような感じで、
なんだか体がいうことをきかない感じです。
頭は、普段は何も考えていないか、頭の大半がからっぽのような感じです。」
=>「体と頭がいうことをきかない感じ」
3・「何か動作でできないことがあるという訳ではなく、
計算とか深く考える、覚えるとかいったことが難しいように感じます。
また、気がついたら呼吸をしていない時もあります。」
=>
「機能的に「運動麻痺」などはない。
けれども具体的に計算とか深く考える、覚えるとかいったことが難しいように感じる。」
4・「質問に答える際、回答が何を言っているのかわからないような回答とか、
同じことを繰り返していたり、まわりもあきれて、論理的に発言するように
言われます。」
=>
「質問に対する解答がわけがわからないように(思える)し・
周囲からも(あきれはてて)論理的に発言するように
「言われます。」と分析されていること。
5・「研修にもだしてもらって勉強したのですが、
頭で考えるのと実際の発言がうまくリンクしません。
会話も次のことを考えていない、頭がからっぽの状況なので、
続かないという状況です。」
=>
「考えた通りの発言」が「おもいどおりにいかない」
「会話も次の「状況判断」をされずに。
「続かない状況」があると御相談者は考えている。
6・「生活していく上で大変困っておりますが、
先生のご診察の範囲でしょうか。

また、何処にいけばこのような見えない症状を
診察していただくことができるのでしょうか。」
=>
「生活に支障をきたしている」この「症状・症候」を
「見えない「症状・症候」」と表現して。
今現在の状況を「解決したい」と考えるが
「方法がわからない」

##2
##1
の「1・」-「6・」の起承転結をされて御相談者は
ご相談をされている。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「表現力はとても豊か」である。
また「言葉づかい」も「豊穣な躍動感」がある。

##4
##3の結果作成された御相談は「起承転結」理路整然
として私が拝見して
御相談内容は「詩」のようにすらみえる。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者が「大変豊かな感性」をお持ちであることが
判ります。

#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
結果論的には
「収束性のない思考過程」=「逆ピラミッド型でない「思考過程」」から
派生する「さまざまな不具合」
「御心配」されています。

##2
「頭の中が重たい感じ、
ぼーっとしているとかボワンとしているという感じもあります。
後頭部から来る感じです。」
との事です。

##3
「頭の中が重たい感じ、・略・後頭部から来る感じです。」
との事です。

##4
さて
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##5
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##6
この「症状・症候」は
元来御相談者は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をお持ちのようです。

##6
典型的な
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」で
情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##7
その結果=「考えられない・言葉が出ない・思ったとおりに行かない」
という
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」
を起されているように今の私は考えます。

#4
##1
脳の「神経細胞」が考える=働く場所(皮質)を2つに分類する事ができます。

##2
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
新皮質(霊長類からヒトで大活躍:コンピューターでいわばメモリー(ラム))
です。

##3
1・
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)は
「「古い昔の記憶」=「remote memory」=「リモート・メモリー」と呼称致します。」
を司ります。
2・
「記銘力」(recent memory)とは「これからなにをするかという
リアルタイムで必要な情報を文字通り現在進行形で情報処理を行う
pcでいうラムのようなものです。

##4
「記銘力」(recent memory)とは
リアルタイムで必要な情報を文字通り現在進行形で「判断」する
リアルタイムの情報源を処理する「能力」です。
そして
現在進行形で「脳」に刷り込むのが記銘力です。

##5
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」

「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
とも
呼称されます。

#5
##1
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

##2
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##3
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##4
ストレスには弱くなります。「因果関係」を逆転すれば
ストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。

#6
##1
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」
=「考えられない・言葉が出ない・思ったとおりに行かない」

##2
##1は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」として
たまさか稀ならず発生致します。

##3
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)があり
「肩こり・頸こり・背中こり」」により
「症状・症候」が増悪・或は出現致します。

##4
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

##5
「疼痛系の「病態」」であるけれども
「「疼痛」の「症状・症候」」でくることは
極めて稀です。

##6
「緊張型」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##7
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

#7
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」につき「補足3」に。
御記載致します。

##2
御参考になれば何よりです。

#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
を御持ちであり。
これに併発する
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」=
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「お悩みである」と考えます。

##3
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

##4
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

##6
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
1

「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」につき「補足3」に。

#1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。

##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。


#2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく
毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。

「補足3おわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年9月24日 20時21分39秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: 匿名希望   
山本先生

初めてメールさせていただきました。
一日中頭がボーっとしています。仕事をしていても頭の中が重たい感じ、
ぼーっとしているとかボワンとしているという感じもあります。
後頭部から来る感じです。

歩いている時は右手と右足が一緒にでてしまうような感じで、
なんだか体がいうことをきかない感じです。
頭は、普段は何も考えていないか、頭の大半がからっぽのような感じです。

何か動作でできないことがあるという訳ではなく、
計算とか深く考える、覚えるとかいったことが難しいように感じます。
また、気がついたら呼吸をしていない時もあります。

質問に答える際、回答が何を言っているのかわからないような回答とか、
同じことを繰り返していたり、まわりもあきれて、論理的に発言するように
言われます。

研修にもだしてもらって勉強したのですが、
頭で考えるのと実際の発言がうまくリンクしません。
会話も次のことを考えていない、頭がからっぽの状況なので、
続かないという状況です。

生活していく上で大変困っておりますが、
先生のご診察の範囲でしょうか。

また、何処にいけばこのような見えない症状を
診察していただくことができるのでしょうか。

もし先生の所へ診察へ行った場合、どのような検査が実施でき、
失礼ですが、費用はどの位かかりますでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。
Wednesday, September 24, 2008 11:51 AM

[2008年9月24日 11時51分43秒]

|

36歳女性。外国在住。顔の「眼の下ー外側しみ」レーザー後の色素沈着で悩んでいます。レーザー後の色素沈着レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生にレーザー後の色素沈着のレーザーを御願い致します。外国から週一回通院可能です。真摯で暖かい山本先生のレーザー治療を決断致しました。

山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

皮膚のメラノサイト1個は。
その周囲の約36個の表皮細胞に「メラノソーム:melanosome」
を「配送」しています。
「メラノソーム:melanosome」とは
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」
内部で「メラニン:melanin」を生成する「小器官」のことです。

皮膚の「メラニン代謝:melaninーmetabolism」
すなわち「メラニン:melanin」の生成から分解・消失までは
次の「3段階」から構成されています。
-------------------------------
###1
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での
「メラノソーム:melanosome」の生成。

###2
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」で生成された
「メラノソーム:melanosome」の「ケラチノサイト:keratinocyte」
への「移行」

###3
「ケラチノサイト:keratinocyte」内部での「メラノソーム:melanosome」
の崩壊・消化・と皮表からの剥奪。
です。
-------------------------------
###1・###2・###3の
「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を
Fitzpatrickは
「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
と定義づけました(1998)。

けれども。
現実的には炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊によりこれらの
細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。

加えて「第4の機構」である
-------------------------------
###4
「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」
の「貪食」による「メラノソーム:melanosome」の除去が加わります。
-------------------------------

=>
###1+###2+###3+###4
すなわち。
「「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を
Fitzpatrickが定義づけた(1998)
「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
(###1・###2・###3)

###4
「「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による
「メラノソーム:melanosome」の除去」
が加わります。
=>
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
と命名された
重要な「メラノソーム:melanosome」の移行機構理論です。

これが
皮膚で「メラニン:melanin」が合成され「メラニン:melanin」が
動き回る
(消え去る)機構なのです。

この
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」は
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」

「超高性能Qスイッチレーザー光照射」による
「治療戦略」には極めて重要です。

なぜならば
「レーザー光照射」の「治療戦略」の計算違いで。
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
のいずれのステップに異常が起きても。
=>
怖い
「色素異常症:pigmentary anomalies:PA:
disorders of skin color:DSC 」
すなわち
1・
「色素脱失症:hypo-pigmentation:HP」
2・
「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」
が発生致します。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「こんにちは。いきなり相談してもうしわけございません。
本当に申し訳ないですが、相談にのっていただけないでしょうか?
お願いします。

 こんにちは。私は○○○に住んでいる女性です。
シミを取るためのレーザー治療後、顔が黒くなって、○○○と○○の
サイトで情報を検索する途中、先生のホームページを拝見させて
いただきました。とても詳しく説明しくださるので。
私も勇気を出して(外国人の悩みにも相談にののってもらえるかどうか…)
書き込みをしてみます。

 私は36歳の女性です。
 去年くらいから目の下から外側に広くシミが目だったので、
シミを取るために今年の2月から6月までレーザー
(ND YAG)を15回にわたりあてられました。

4月くらいから顔は黒くなったと覚えておりますし、
6月末15回目のレーザー後病院から色素沈着になっているので、
2ヶ月くらい時間が経ってから顔の状態を見てみようと言われて
、頑張って時間がたつごとを待っております。

 7月末からは病院からもらった
ハイドロキノンの軟こう薬を夜寝る前に一回塗っており、
現在は7月よりは黒さは薄くなっておりますが、私の顔の状態は下のようです。

 元々シミがあった目横(耳の方向)から
下の方に黒くなっているし、シミがなかったほほにも
レーザーを宛あてたせいで丸く広く黒くなっている状態です。
そして、額や顎のところにもレーザーをあてたところは転々と黒くなっております。
 
 知りたいことですが。。。
1.色素沈着(PIH)は全部なくなるでしょうか?
 (理論的には、肌は28日周期で再生されるので、
ふるい角質と色素沈着がはがれるということだと聞きました。
しかし、シミが出来たということはこの再生能力が衰えているという
証拠なので、
PIHもはがれ難いのではないでしょうか?)

2.PIHの中に米粒の大きさで白い(というかピンクといくか)部分が
何箇所もあります。
これはシミがレーザーで完治されたのでしょうか?
または、色素が全部なくなった(低色素沈着)でしょうか?
これも直るものでしょうか?

3.この白い部分にハイドロキノンを塗ってもいいでしょうか?

4.黒い部分は赤くもなっていますが(赤い部分がもっと広いです)、
よくみると毛細血管は見えているようです。
  これはレーザーの後遺症でしょうか?
時間がたてば直るものでしょうか?

 質問が多くて申し訳ないですが、相談にのっていただけるでしょうか?
 助けてください。」
との事です。

#2
##1
「私は36歳の女性です。
 去年くらいから目の下から外側に広くシミが目だったので、
シミを取るために今年の2月から6月までレーザー
(ND YAG)を15回にわたりあてられました。

4月くらいから顔は黒くなったと覚えておりますし、
6月末15回目のレーザー後病院から色素沈着になっているので、
2ヶ月くらい時間が経ってから顔の状態を見てみようと言われて
、頑張って時間がたつごとを待っております。」
との事です。
これは困りましたね。

##2
「シミを取るために今年の2月から6月までレーザー
(ND YAG)を15回にわたりあてられました。」
との事です。

##3
一番重要なことですが。
「シミ」の「皮膚科的診断」は正確には
如何なる「御診断」であったのでしょう。

##4
「皮膚科専門医先生」は「皮膚科専門医先生」と
話をするとき「シミ」といえば
これは通常は
「肝斑:かんぱん:chloasma:melasma:クロアスマ:メラスマ」
のことです。

##5
「皮膚科専門医先生」が患者さんと話をするいとき「シミ」といえば。
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」
ほほのしみ・しみ・あざ・ほくろ・茶あざ・日焼け・
その他「加齢(aging)しみ:エイジングしみ」など。
「何でもあり」です。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「しみ」が「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」
の「しみ」であることは理解できます。

##7
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載の「情報範囲内」
からは。
=>
「レーザー光照射」後に「色素沈着」で悩まれているシミが
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」の
「いかなる「病態」であるのか」が判断はできません。

#3
##1
「去年くらいから目の下から外側に広くシミが目だったので、
シミを取るために今年の2月から6月までレーザー
(ND YAG)を15回にわたりあてられました。

4月くらいから顔は黒くなったと覚えておりますし、
6月末15回目のレーザー後病院から色素沈着になっているので、
2ヶ月くらい時間が経ってから顔の状態を見てみようと言われて
、頑張って時間がたつごとを待っております。」
との事です。

##2
「(ND YAG)を15回にわたりあてられました。」
との事です。

##3
(ND YAG)は「Qスイッチ」のついていない
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」
の「Nd・YAGレーザー:ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
のことと推察致します。

##4
「Qスイッチ」のついた
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「Qスイッチ」の付いていない
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていない「レーザー光照射装置」
の「Nd・YAGレーザー:ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
とは
「海と山」の相違程」があります。
=>##5

##5
「海と山」の相違程」とは「海」にイノシシや鹿や熊がいて
「山」に鯛やひらめやエビがさまようという以上の相違です。

#4
##1
「去年くらいから目の下から外側に広くシミが目だったので、
シミを取るために今年の2月から6月までレーザー
(ND YAG)を15回にわたりあてられました。

4月くらいから顔は黒くなったと覚えておりますし、
6月末15回目のレーザー後病院から色素沈着になっているので、
2ヶ月くらい時間が経ってから顔の状態を見てみようと言われて
、頑張って時間がたつごとを待っております。」
との事です。

##2
「今年の2月から6月までレーザー
(ND YAG)を15回にわたりあてられました。」
との事です。
=>##3

##3
「レーザー光照射」に際されての
「レーザー光照射装置」の「1ショット」の「エネルギー」
「ジュール(joule) :J」
の御記載がありません。
「ショット数」の御記載もありません。

##4
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」の
「シミ」に「レーザー光照射」をされたのであるから
「波長;ラムダ:λ」は1064nm(ナノメーター)であろうと推察致します。

##5
##3からは「5ヶ月間」の「15回」の「レーザー光照射装置」からの
「エネルギー・トランスフアー:energy transfer:ET」の
具体的な「累積線量」の数値がわかりません。

##6
極めて判りやすくいえば
「強い「エネルギー・トランスフアー:energy transfer:ET」」なのか。
「弱い「エネルギー・トランスフアー:energy transfer:ET」」なのか。
ということです。

##7
具体的には1回(日)の「レーザー光照射」
の際の
1・
「ショット数」総計或は
2・
「1ショット」の「エネルギー」=「ジュール(joule) :J」
等の「変数」=「parameter:パラメター」
です。

#5
##1
「7月末からは病院からもらった
ハイドロキノンの軟こう薬を夜寝る前に一回塗っており、
現在は7月よりは黒さは薄くなっておりますが、私の顔の状態は下のようです。」
との事です。

##2
「Bleaching LASER therapy:漂白治療」=
「ブリーチング・レーザー・セラピー」
を目的とした
「ハイドロキノン:hydroquinone」軟膏?は
「%」はどのくらいでしょうか。

##3
また
「ハイドロキノン:hydroquinone」は
「Bleaching LASER therapy:漂白治療」=
「ブリーチング・レーザー・セラピー」
に際して。
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」
として

「親水性軟膏:しんすいせいなんこう」=クリーム調剤のものを用います。
「親水性軟膏:しんすいせいなんこう」=俗にいうクリーム

##4
「軟膏=ワセリン・ベース=「吸水性軟膏;きゅうすいせいなんこう」」
に間違いありませんか。
不思議です。

##5
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」
でなく「ハイドロキノン:hydroquinone」軟膏
を選択された理由が判断できません。

#6
##1
「7月末からは病院からもらった
ハイドロキノンの軟こう薬を夜寝る前に一回塗っており、
現在は7月よりは黒さは薄くなっておりますが、私の顔の状態は下のようです。

 元々シミがあった目横(耳の方向)から
下の方に黒くなっているし、シミがなかったほほにも
レーザーを宛あてたせいで丸く広く黒くなっている状態です。
そして、額や顎のところにもレーザーをあてたところは
転々と黒くなっております。」
との事です。

##2
 「元々シミがあった目横(耳の方向)から
下の方に黒くなっているし、シミがなかったほほにも
レーザーを宛あてたせいで丸く広く黒くなっている状態です。
そして、額や顎のところにもレーザーをあてたところは
転々と黒くなっております。」
との事です。
 
##3
「シミがなかったほほにも
レーザーを宛あてたせいで丸く広く黒くなっている状態です。
そして、額や顎のところにもレーザーをあてたところは
転々と黒くなっております。」
との事です。
=>##4

##4
何故「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」の
「シミ」のない
場所に「レーザー光照射」が行われたのでしょうか。
「お受けもちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
=>##5

##5
「お受けもちの先生」が
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」としての
「シミ」と同じ「病態」を見出されたのでしょうか。
=>##6

##6
##5であれば御相談者の御相談内容要旨御記載の「病態」
は「広範囲」の「病態」ということになります。
たとえば
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」などです。

#7
##1
「 知りたいことですが。。。
1.色素沈着(PIH)は全部なくなるでしょうか?
 (理論的には、肌は28日周期で再生されるので、
ふるい角質と色素沈着がはがれるということだと聞きました。
しかし、シミが出来たということはこの再生能力が衰えているという
証拠なので、
PIHもはがれ難いのではないでしょうか?)」
との事です。
=>##2

##2
「大きな間違い」があります。

##3
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
とい「メラニン:melanin」のダイナミクスがあります。
簡単にご説明致します。
=>#8

#8
##1
皮膚のメラノサイト1個は。
その周囲の約36個の表皮細胞に「メラノソーム:melanosome」
を「配送」しています。

##2
「メラノソーム:melanosome」とは
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」
内部で「メラニン:melanin」を生成する「小器官」のことです。

##3
皮膚の「メラニン代謝:melaninーmetabolism」
すなわち「メラニン:melanin」の生成から分解・消失までは
次の「3段階」から構成されています。
=>##4

##4
「メラニン:melanin」の。
生成から分解・消失までの「3段階」

-------------------------------
###1
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での
「メラノソーム:melanosome」の生成。

###2
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」で生成された
「メラノソーム:melanosome」の「ケラチノサイト:keratinocyte」
への「移行」

###3
「ケラチノサイト:keratinocyte」内部での「メラノソーム:melanosome」
の崩壊・消化・と皮表からの剥奪。
です。
-------------------------------

##5
##4の###1・###2・###3の
「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を
Fitzpatrickは
「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
と定義づけました(1998)。

##6

-------------------------------
現実的には炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊によりこれらの
細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。
##5に加えて「第4の機構」である
###4
「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」
の「貪食」による「メラノソーム:melanosome」の除去が加わります。
-------------------------------

##7
##4+##6の###4
すなわち。
「「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を
Fitzpatrickは
「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
と定義づけました(1998)。」
(###1・###2・###3)

「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による
「メラノソーム:melanosome」の除去。

「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
と命名されました。

##8
これが
皮膚で「メラニン:melanin」が合成され「メラニン:melanin」が動き回る
機構なのです。

#9
##1
#8の
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
のいずれのステップに異常があっても。
=>

##2
「色素異常症:pigmentary anomalies:PA:
disorders of skin color:DSC 」
すなわち
1・
「色素脱失症:hypo-pigmentation:HP」
2・
「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」
は発生致します。

##3
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」

「皮膚のターン・オーバー」の考え方で「診断戦略」或は「治療戦略」
をたてると「大失敗」を致します。

#10
##1
「1.色素沈着(PIH)は全部なくなるでしょうか?
 (理論的には、肌は28日周期で再生されるので、
ふるい角質と色素沈着がはがれるということだと聞きました。
しかし、シミが出来たということはこの再生能力が衰えているという
証拠なので、
PIHもはがれ難いのではないでしょうか?)」
との事です。

##2
「#9」の
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」

「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」+
「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による
「メラノソーム:melanosome」の貪食
からは。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「(理論的には、肌は28日周期で再生されるので、
ふるい角質と色素沈着がはがれるということだと聞きました。
しかし、シミが出来たということはこの再生能力が衰えているという
証拠なので、
PIHもはがれ難いのではないでしょうか?)」
は間違いとなります。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」
で「レーザー光照射」を行われ。
「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」
を主体とした
「色素異常症:pigmentary anomalies:PA:
disorders of skin color:DSC 」
が発現しています。

##5
これは
上記の
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
のいずれかのステップの
「一つ或は複数の
不適切な状態か」ら発生しているものです。
「皮膚のターン・オーバー」単独とは関連が少ない
はずです。
=>##6

##6
即ち
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
-------------------------------
###1
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での
「メラノソーム:melanosome」の生成。

###2
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」で生成された
「メラノソーム:melanosome」の「ケラチノサイト:keratinocyte」
への「移行」

###3
「ケラチノサイト:keratinocyte」内部での「メラノソーム:melanosome」
の崩壊・消化・と皮表からの剥奪。

###4
「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による
「メラノソーム:melanosome」の除去。

-------------------------------
のいずこかに不具合があります。

##7
とりわけ###4の
「「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による
「メラノソーム:melanosome」の除去。」

「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=「貪食細胞」という
「白血球」の一種」葉寿命が長く。
また「メラノソーム:melanosome」を貪食した
「マクロフアージ;macrophage」が死滅しても
「メラノソーム:melanosome」の「メラニン:melanin」は
他の「マクロフアージ;macrophage」に貪食
されますから「メラニン:melanin」は皮膚に留まり続けます。

##8
「(理論的には、肌は28日周期で再生されるので、
ふるい角質と色素沈着がはがれるということだと聞きました。
しかし、シミが出来たということは
この再生能力が衰えているという証拠なので、
PIHもはがれ難いのではないでしょうか?)」
という「皮膚のターン・オーバー」の問題より。

##9
「症状・症候」の可能性としては。
「「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による
「メラノソーム:melanosome」の存続」

「レーザー光照射」により炎症性に加速されている
可能性が極めて高いです。

##10
このようにして
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」で
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」をする場合
には
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
をよく御理解された先生が「レーザー光照射」を
行うと。
=>##11

##11
「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」
「色素脱失症:hypo-pigmentation:HP」を
始めとする
怖い
「色素異常症:pigmentary anomalies:
PA:disorders of skin color:DSC 」
をおこして「真っ黒」になってしまうこともあります。

##12
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

#11
##1
「2.PIHの中に米粒の大きさで白い(というかピンクといくか)部分が
何箇所もあります。
これはシミがレーザーで完治されたのでしょうか?
または、色素が全部なくなった(低色素沈着)でしょうか?
これも直るものでしょうか?」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
1・
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」である
「しみ」の「病態」が推察不能であること。

2・
「これはシミがレーザーで完治されたのでしょうか?」

「レーザー光照射装置」或は「レーザー光照射」の
「変数」=「parameter:パラメター」が御記載ないこと
から。
=>##3

##3
「これはシミがレーザーで完治されたのでしょうか?」
「または、色素が全部なくなった(低色素沈着)でしょうか?」
「これも直るものでしょうか?」
=>
判断が不可能。
申し訳ございません。

#12
##1
「3.この白い部分にハイドロキノンを塗ってもいいでしょうか?」
=>
「お受けもちの先生」と御相談されていただけますか。
「ハイドロキノン:hydroquinone」の
「Bleaching LASER therapy:漂白治療」=
「ブリーチング・レーザー・セラピー」
の「percentage %」が判りません。

##2
「4.黒い部分は赤くもなっていますが(赤い部分がもっと広いです)、
よくみると毛細血管は見えているようです。
  これはレーザーの後遺症でしょうか?
時間がたてば直るものでしょうか?」
=>
「詳細な所見」不明で御回答限界でも御座います。

#13結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」には
実に様々な「病態」が「あります。

##3
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」は
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による「超高性能Qスイッチレーザー光照射」
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の「独壇場」です。

##4
その「メラニン蒸散」=「「メラニン色素」という固体」を「気体」に換える」=
「「メラニン色素」だけ飛ばしてしまう。傷跡はのこらない。
の根底理論は。

##5
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
であり。
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」
でこの
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
をまちがえれば。

##6
怖い
1・「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」
2・「色素脱失症:hypo-pigmentation:HP」
をはじめとする
「色素異常症:pigmentary anomalies:PA:
disorders of skin color:DSC 」
のさまざまな「病態」が
はからずも発生することがあります。
真っ黒になってしまうこともあります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##7
上記御回答致しました。
うまくご説明できているとよろしいのですが。
御参考になれば何よりです。

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年9月17日 22時19分40秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: 匿名希望   
山本先生

 こんにちは。いきなり相談してもうしわけございません。
本当に申し訳ないですが、相談にのっていただけないでしょうか?
お願いします。

 こんにちは。私は○○○に住んでいる女性です。
シミを取るためのレーザー治療後、顔が黒くなって、○○○と○○の
サイトで情報を検索する途中、先生のホームページを拝見させて
いただきました。とても詳しく説明しくださるので。
私も勇気を出して(外国人の悩みにも相談にののってもらえるかどうか…)
書き込みをしてみます。

 私は36歳の女性です。
 去年くらいから目の下から外側に広くシミが目だったので、
シミを取るために今年の2月から6月までレーザー
(ND YAG)を15回にわたりあてられました。

4月くらいから顔は黒くなったと覚えておりますし、
6月末15回目のレーザー後病院から色素沈着になっているので、
2ヶ月くらい時間が経ってから顔の状態を見てみようと言われて
、頑張って時間がたつごとを待っております。

 7月末からは病院からもらった
ハイドロキノンの軟こう薬を夜寝る前に一回塗っており、
現在は7月よりは黒さは薄くなっておりますが、私の顔の状態は下のようです。

 元々シミがあった目横(耳の方向)から
下の方に黒くなっているし、シミがなかったほほにも
レーザーを宛あてたせいで丸く広く黒くなっている状態です。
そして、額や顎のところにもレーザーをあてたところは転々と黒くなっております。
 
 知りたいことですが。。。
1.色素沈着(PIH)は全部なくなるでしょうか?
 (理論的には、肌は28日周期で再生されるので、
ふるい角質と色素沈着がはがれるということだと聞きました。
しかし、シミが出来たということはこの再生能力が衰えているという証拠なので、
PIHもはがれ難いのではないでしょうか?)

2.PIHの中に米粒の大きさで白い(というかピンクといくか)部分が
何箇所もあります。
これはシミがレーザーで完治されたのでしょうか?
または、色素が全部なくなった(低色素沈着)でしょうか?
これも直るものでしょうか?

3.この白い部分にハイドロキノンを塗ってもいいでしょうか?

4.黒い部分は赤くもなっていますが(赤い部分がもっと広いです)、
よくみると毛細血管は見えているようです。
  これはレーザーの後遺症でしょうか?
時間がたてば直るものでしょうか?

 質問が多くて申し訳ないですが、相談にのっていただけるでしょうか?
 助けてください。

Wednesday, September 17, 2008 10:16 AM

[2008年9月17日 10時16分47秒]

|

36歳女性。富山県在住。臀部・蒙古斑で悩んでいます。蒙古斑レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生び蒙古斑のレーザーを御願い致します。富山から週一回通院可能です。暖かい山本先生の治療を決断致しました。

「ここをおして」をクリックされてください。山本クリニック 世田谷区公式ホームページ

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

成人の「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
には
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
の「2種類」があります。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
「青あざ」=
「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」=
「太田母斑:
naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:おおたぼはん」
とは異なる「病態」です。

「生理的」な「真皮メラノサイトーシス:dermal melanocytosis」
の「範疇(カテゴリー)」の「病態」です。

「病態」が
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」に間違いなく
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
であり
臀部に(隠れるところ)に
「病態」があると仮定して御回答致しました。

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」や
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
など
成人の
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は。

「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」などの
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」=
「パルスルビーレーザー光照射装置」で間違った「レーザー光照射」
をされて「皮膚の陥凹」をおこすことがあります。
=>
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により
「治療戦略」をとります。

「「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、・略・」
=>
可能で御座います。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「山本博昭 先生

HPを拝見させて頂いた者です。

私は36歳(女)ですが、幼少より、500円玉大の青あざ(蒙古斑)が
消えずに残っています。

仕事やレジャーで地方に行き、仲間達とお風呂に入らねばならないのが
とても憂鬱で、なるべく避けるようにしたり、例え、1人で入っても、
見ず知らずの人の視線が気になってくつろげません。

治療できる事を知らずに今まできたのですが、
治療可能の可能性を知り、詳しくお聞きしたいと思いました。

年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、

また、可能な場合、治療にかかる期間と費用をお尋ねしたく、
宜しくお願い致します。」
との事です。

#2
##1
成人になられても「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
が消えずに残っている「病態」は
「2種類」あります。
=>##2

##2
1・「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
2・「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
の「2つ」です。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載から

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
で「正しいと仮定」させて頂きます。

#3
##1
成人しても残っている「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
が正しく。
かつ
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」であると
仮定させて頂きます。

##2
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」の
「大きさ」=「500円玉大」ということで「大きさ」は判ります。
「部位と範囲」はどのあたりでしょうか。

##3
「幼少より・略・消えずに残っています。」との事ですから。
=>
臀部であると推察致します。

##4
「臀部」といっても大変ひろいのですが。
臀部の正中部でしょうか。背中に近い・或は背中なのでしょうか。
それとも「おしり」にあるのでしょうか。

##5

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
と仮定して。
=>##6

##6
成人しても残存する「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
で「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」の場合
「治療戦略」が
「変わってきます」

#4
##1
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
ともに「青あざ」=「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」
たとえば「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」のような
「母斑:ぼはん」系=「あざ」とは異なります。

##2
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は。
「胎生期真皮メラノサイト」が一部残存しているもので。
「生理的」な「真皮メラノサイトーシス:dermal melanocytosis」
の「範疇(カテゴリー)」の「病態」であり。

##3
「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」=
「伊藤母斑:いとうぼはん:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus:あおあざ」
のように。
「褐色」や凹凸の凸もありません。

##4
但し当たり前のことですが
「広範囲のもの」「異所性」「青色の濃いもの」は
若干消え難いことがあります。

#5
##1
臀部の「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
であれば
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」での
「メラニン蒸散」=「「メラニン色素」という固体」を「気体」に換える」=
「「メラニン色素」だけ飛ばしてしまう。」
で「治療戦略」をとります。

##2
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
の場合は「隠せる」ところであれば
やはり
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
で「治療戦略」をとります。

##3
お鼻の穴に
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」のできた
かたがいて。
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
で「レーザー光照射」をされたかたがいます。

##4
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必要です。

##5
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
で今現在
「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」=
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
の「レーザー光照射」をされているかtがいます。

##6
##5の患者さんは
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」で
「レーザー光照射」を行っていますが。
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
との
「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:
MQST」
で「レーザー光照射」を
行っています。

#6
##1
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
の場合の「レーザー光照射」ですが。
#5の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」では。

##2
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能です。

#7
##1
「仕事やレジャーで地方に行き、仲間達とお風呂に入らねばならないのが
とても憂鬱で、なるべく避けるようにしたり、例え、1人で入っても、
見ず知らずの人の視線が気になってくつろげません。」
との事です。
=>
御気持ちは大変よく判ります。

##2
「治療できる事を知らずに今まできたのですが、
治療可能の可能性を知り、詳しくお聞きしたいと思いました。」
との事です。
=>
宜しかったです。

##3
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、」
=>
もちろん可能です。

##4
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。」
=>
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は
正確には「青あざ」ではありません。
=>
御相談者の御相談内容要旨御記載の意味は判ります。
=>##5

##5
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
の「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が「御年齢」により
難易度が高いなどということは全く。
全くありません。

##6
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、」
=>
もちろん可能です。

#8
##1
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」が
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
として「500円玉」くらいの場合に。
=>##2

##2
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
に間違った「レーザー光照射」をおこなわれることがあります。
=>##3

##3
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」

「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」など
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」=
「パルスルビーレーザー光照射装置」で行うと
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」でとりますから
「レーザー光照射」に陥凹になります。
何卒に御注意ください。

#9
##1
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、

また、可能な場合、治療にかかる期間と費用をお尋ねしたく、
宜しくお願い致します。」
との事です。

##2
「レーザー光照射装置」には。
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」で「治療戦略」をとります。
=>##2

##2
高精度の
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
=>
「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」

「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
の「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:MQST」
で「治療戦略」をとります。

##3
1回(日)の「レーザー光照射」の「御費用」は「5万円」
です。
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」

「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」が「500円玉」
であれば。
「10回(日)」は必要な気が致します。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##4
だから「御費用」は
「5万円」x「10回(日)」=「50万円」=「総御費用(消費税込み)」
ということになりますが
「2-3回数(日)」「回数(日)」は変動するかもしれません。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の
「レーザー光照射装置」により
「500円の「大きさ」」の。

「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」を
けす期間は「10週間」ということになります。

##6
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

#10結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「病態」が
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」に間違いなく
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
であり
臀部に(隠れるところ)に
「病態」があると仮定して
上記御回答致しました。

##3
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」や
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
など
成人の
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」などの
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」=
「パルスルビーレーザー光照射装置」で間違った「レーザー光照射」
をされて「皮膚の陥凹」をおこすことがあります。
=>##4

##4
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##5
「「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、・略・」
=>
可能で御座います。

##6
綺麗に治したいですね。

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

ps
「蒙古斑:mongolian spot」は。
ドイツ人の東京大學教授である
「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Baelz」*
( 1849年1月13日 - 1913年8月31日)
により在日中1885年に世界に向けて報告された「病態概念」です。

「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Balz」
の「蒙古斑:mongolian spot」の「論文」から
当時の欧米人医師達は「蒙古斑:mongolian spot」のことを
知り「非常に驚いたそうです」。

(*
但し「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Balz」
自身は「蒙古斑:mongolian spot」の論文のなかで
「アジア人種」=「モンゴロイド」に
「蒙古斑:mongolian spot」があるのは

「原始的な(さるにちかいとほうとうにかいてしまった)」
ため京都大学の病理学教授が激怒して急遽ドイツに
わたりドイツ人にも「蒙古斑:mongolian spot」
がある「報復論文」という「エピソード」があります)

=>

この論文をみて。
アメリカインデイアンや
イヌイット(旧 エス・キモー(エス:食べるキモ:肉)
の乳児にも
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」のあることが
判り。
人類学に「新たなる道」が開けました。

因みに
「蒙古斑:mongolian spot」という「症状・症候」を
「欧州・米国」圏内では。

「今現在」でも医師でなければ知らないかたが
大部分です。

「欧米諸国」では「domestic violence:DV」
とりわけ「小児虐待」に関しては極めて「敏感」です。

よく「欧米」で日本人の幼児のお尻をみられて
「幼児虐待」と申告されることも稀ならずあります。

私が「合衆国USA」にいたときも
同じ病院の日本人の先生のお宅の
ベビーシッターからお子様の
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
を「小児虐待」として警察に通報されて。
「大騒ぎ」になったことがありました。

御注意下さい。


-------------------------------
「蒙古斑:mongolian spot」を発見した
「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Balz」は
ドイツの医師。
「日本に来たのは大正解」でした。

1・「ベルツ水」で「元祖化粧水の生みの親」
2・「草津温泉」の「再発見」
3・「皇室」の「侍従医師」
4・「東京帝国大学」=「今現在の東大医学部」の
「建立」と
「全科目の初代教授」
5・ドイツという欧州の一国を日本人に認識させた
=>今現在も
「ドイツに関する日本人の好印象ははぐくまれています」

6・
その他数知れぬ恩恵を日本の医学会にもたらしました。
-------------------------------

[2008年9月14日 14時53分25秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: 匿名希望   
山本博昭 先生

HPを拝見させて頂いた者です。

私は36歳(女)ですが、幼少より、500円玉大の青あざ(蒙古斑)が
消えずに残っています。

仕事やレジャーで地方に行き、仲間達とお風呂に入らねばならないのが
とても憂鬱で、なるべく避けるようにしたり、例え、1人で入っても、
見ず知らずの人の視線が気になってくつろげません。

治療できる事を知らずに今まできたのですが、
治療可能の可能性を知り、詳しくお聞きしたいと思いました。

年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、

また、可能な場合、治療にかかる期間と費用をお尋ねしたく、
宜しくお願い致します。

Saturday, September 13, 2008 7:17 PM

[2008年9月13日 19時17分0秒]

|

29歳。ぴくつきで「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」が心配です。ぴくつきペインクリニック・レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック脳神経外科専門医の山本博昭 先生にぴくつきの「ペインクリニック」を御願い致します。

「ここをおして」をクリックされてください。山本クリニック 世田谷区公式ホームページ

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は怖い「病態」
です。
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」には
「中枢神経系専門医」からは
「診断基準」も
「陰性徴候:megative symptom」=
「これがあるから「病態」を否定しうる」
も明確なものはありません。

ある意味では御経験のみがものをいう。

「総合病院」或いは「大学病院」等の「高次医療機関」
の「神経内科専門医先生」でも
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の患者さんの
「診断戦略」「治療戦略」
にあまねく御経験のある先生は少なく極めて稀です。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「はじめまして。
私は27歳。男性でデスクワークの仕事をしています。
パソコンを見ることが多いです。
1ヶ月くらい前から、筋肉のピクつきが気になるように
なりました。1週間ほど前に神経内科を受診して、一応
握力などの検査をしてもらいましたが、正常とのことでした。
しかし、ピクつきはなくならず、1時間に1回くらいの割合で
ゆっくり「ピク」とします。
 ピクつきは夜になると頻度が減り、一応眠ることができ
ます。むしろ朝方に頻度が多いようです。
こむら返りを起こすような激しいピクつきはほとんどありません。
ピクつきは主に尻からふくらはぎにかけて出ます。

 alsなのではないかと不安で仕事に身が入りません
どうすれば、良いのでしょうか。
アドバイスを頂きたく投稿しました。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「症状・症候」は。

###1
「27歳。男性でデスクワークの仕事をしています。
パソコンを見ることが多いです。」
=>
pcに関する「座業」で緊張の多いことが示唆されます。

###2
「1ヶ月くらい前から、筋肉のピクつきが気になるように
なりました。」
=>
「7月末」から「筋肉のピクつきが気になるようになりました。」

1・「ぴくつき」が回数或は頻度が多くなった
2・「回数」「頻度」など「ぴくつき」の性状は不変だが
「7月末・・略・から気になるようになる」

「2つ」の可能性が考えられます。
「1・」「2・」の両者の「可能性」に。
=>
「私の判断の自由度」を広げます。

###3
「1週間ほど前に神経内科を受診して、一応
握力などの検査をしてもらいましたが、正常とのことでした。」
=>
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「正常」の意味が判断できません。
=>
「正常範囲内での「ぴくつき」」と
「お受けもちの先生」
「神経内科専門医先生」から「御診断」を頂いた
と解釈させて頂きます。

###4
「しかし、ピクつきはなくならず、1時間に1回くらいの割合で
ゆっくり「ピク」とします。」
=>
「ぴくつき」は「お受けもちの先生」は正常範囲内
との「御診断」だが「まだある」。

###5
「 ピクつきは夜になると頻度が減り、一応眠ることができ
ます。むしろ朝方に頻度が多いようです。」
=>
「ぴくつき」は「睡眠前に減少」「起床後朝方に「頻度」大」

###6
「こむら返りを起こすような激しいピクつきはほとんどありません。」
=>
「関節運動を伴う「ぴくつき」」ではない「症状・症候」
と解釈さえていただきます。
=>
「ぴくつき」=
「fasciculation:フアスキキュレーション:ファスシキュレーション」
であること。

###7
「ピクつきは主に尻からふくらはぎにかけて出ます。」
=>
「ぴくつき」の「部位と範囲」は
「臀部から下肢」にかけての
「ぴくつき」であること。

###8
「 alsなのではないかと不安で仕事に身が入りません
どうすれば、良いのでしょうか。
アドバイスを頂きたく投稿しました。」
=>
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」による
「fasciculation:フアスキキュレーション:ファスシキュレーション」
=俗にいう「ぴくつき」を御心配されていること。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載
から「症状・症候」は
上記##2の
「###1-###8」の「8つ」の点に集約されます。

#4
##1
御相談者は
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を御心配されています。

##2
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は
「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」の
一種で「最近多発している」怖い「病態」です。

##3
ここで何卒に何卒に御注意頂きたいことがあります。
=>#4

#4
##1
大学病院の如く
「神経内科専門医先生」が複数常駐される「神経内科外来」の
「神経内科専門医先生」でも。

##2
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の患者さんの
「診断戦略」「治療戦略」を御自身で経験された先生は。
「極めて少ない」「びっくりするほど少ない」ということです。

##3
「総合病院」或いは「大学病院」等の「高次医療機関
の「神経内科専門医先生」外来では
まず
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の御経験があるか否か
(御知識の「有無」ではありません)
を「伺う必要性」があります。

##4
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

#5
##1
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

##2
家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS?
[2] [2005年10月 9日 11時 2分 9秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/90024117434314.html

を御参照頂けますか。
一部分コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」

#5
##1
「 alsなのではないかと不安で仕事に身が入りません
どうすれば、良いのでしょうか。
アドバイスを頂きたく投稿しました。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは

##3
「御相談者の御相談内容要旨御記載
から「症状・症候」は
上記#3の##2の
「###1-###8」の「8つ」の点」の
「###7
「ピクつきは主に尻からふくらはぎにかけて出ます。」
=>
「ぴくつき」の「部位と範囲」は
「臀部から下肢」にかけての
「ぴくつき」であること。」
からは
「外側大腿皮神経」領域の「限局性」がある。
=>##4

##4
この点からは
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」に共通する
「上肢」「前胸部」に好発とは相反致します。

##5
但し「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」には
「陰性徴候:megative symptom」=「これがあるから「病態」を否定しうる」
「臨床神経診断学」とりわけ「臨床神経局在診断学」の
「症状・症候」は「ありません」。

#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を御心配されて
いることが良く判ります。

##3
「総合病院」或いは「大学病院」等の「高次医療機関」
の「神経内科専門医先生」外来の先生であっても
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の御経験の「有無」を
伺って。

##4
しかるべきのちに
適切な「神経内科専門医先生」からの「診断戦略」を
たてていただくことが肝要と判断致します。

##5
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
御参考になれば何よりです。

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++
-------------------------------

家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS? [2] [2005年10月 9日 11時 2分 9秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/90024117434314.html
-------------------------------

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

+++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
「伯母は筋萎縮性の患者の父親の異父兄弟です。
筋萎縮性の患者は家族性ではないと言い続けていたのですが、
複雑な家系ですので、それもまた不安です。」
との事です。

「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」
という家族性の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」「病態」
は5%に存在致します。

下記に順を追って御回答致します。
+++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「相談は、伯母68歳のことなんですが、
2年前から突然、右手親指、人差し指に力がはいらなくなり、
筋肉が萎縮してしまいました。

身内に筋萎縮性束索硬化症の患者がいたため、
同じ病気ではないかと疑われました。

しかし、2年たった今も、完全には麻痺しておらず、
また、他にも進行はしていないため、原因不明のままです。
最近は、筋萎縮性束索硬化症ではないかも、と言われています。

私には娘が二人おり、もし家族性だったらと思うと、
胸がつまる思いで、鬱になり、精神科にまで通うほどです。
先生のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか?

伯母は筋萎縮性の患者の父親の異父兄弟です。
筋萎縮性の患者は家族性ではないと言い続けていたのですが、
複雑な家系ですので、それもまた不安です。

長文失礼致しました。わらにもすがる思いで、
失礼を承知でメールさせて頂きました。」
との事です。

#2
##1
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」

について
簡単にご説明致します。

#3
##1
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の5%が家族性です。

##2
##1の内訳は
###1
「常染色体優性遺伝」の様式を有します。
###2
「常染色体劣性遺伝」の様式を有することもあります。
###3
散発性の「若年者「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」」
の事例も御座います。
です。

##3
「生存期間」は「2峰性」を示します。
###1
「短期生存年数型」は24ヶ月
###2
「長期生存型」は144ヶ月です。

##4
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」
の発症年齢は平均45.7年で御座います。

##5
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」 は
通常の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」よりもやや早く発病する
傾向が御座います。

##6
男女比=1.36:1でやや男性に多い。

##7
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」

「古典的筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と
「臨床神経学」での「症状・症候」
に大略一致すると御考え下さい。

#4
##1
俗にいう「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と呼称されているものの
「病態」でも
###1
古典的「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」=
「Chrcot ALS:シャルコーALS]
(または「通常型=forme commune」)

###2
「延髄型:forme bulbaire」「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」

###3
「偽多発神経症型:forme pseudo-poly-neuritique」

###4
その他
の「4「病態」」に分類致します。

##2
これらの「4「病態」」はさらに「症状・症候」の・或は
その他の「病態学的変数」により細分化されることがあります。

##3
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は
西太平洋・グアム・ロタ・テニアン諸島に多発致します。

##4
本邦では有名な事ですが
「紀伊半島南部地方」に多発点があります。

#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「神経内科専門医先生」でも
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」に苦手な先生が多いものです。

##3
大学病院の如く「神経内科専門医先生」が複数常駐される
「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を「御受診」される事を
お勧め致します。

##4
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

「補足」
+++++++++++++++++++++++++++++++++
筋萎縮性側索硬化症(ALS)は進行性の神経変性疾患であり
原因不明で根本的な治療法が未発見の難病で対処の困難な
疾患です。

全国で推定8000人以上の患者さんが闘病していると思われる。

イギリスの物理学者のホーキング博士がALS患者。

アメリカのルーゲーリックという有名な大リーガーの選手が罹患し
ルーゲーリック病とも「米」では呼称。

チエロのヨーヨーマさんは素晴らしいストラデイバリウスの
チェロをお持ちです。
この以前の持ち主はジャクリーヌ・デユ・プレさんという
超有名な女性のチェリストで
やはりALSでこの世を去りました
(ジャクリーヌ・デユ・プレ
の死亡前の診断はMS(多発性硬化症)でしたが誤診。)
+++++++++++++++++++++++++++++++++

[2005年10月9日 11時2分9秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

相談は、伯母68歳のことなんですが、
2年前から突然、右手親指、人差し指に力がはいらなくなり、
筋肉が萎縮してしまいました。

身内に筋萎縮性束索硬化症の患者がいたため、
同じ病気ではないかと疑われました。

しかし、2年たった今も、完全には麻痺しておらず、
また、他にも進行はしていないため、原因不明のままです。
最近は、筋萎縮性束索硬化症ではないかも、と言われています。

私には娘が二人おり、もし家族性だったらと思うと、
胸がつまる思いで、鬱になり、精神科にまで通うほどです。
先生のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか?

伯母は筋萎縮性の患者の父親の異父兄弟です。
筋萎縮性の患者は家族性ではないと言い続けていたのですが、
複雑な家系ですので、それもまた不安です。

長文失礼致しました。わらにもすがる思いで、
失礼を承知でメールさせて頂きました。

Saturday, October 08, 2005 10:57 PM

[2005年10月8日 122時57分46秒]

「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年8月30日 20時58分37秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: 小関   
はじめまして。
私は27歳。男性でデスクワークの仕事をしています。
パソコンを見ることが多いです。
1ヶ月くらい前から、筋肉のピクつきが気になるように
なりました。1週間ほど前に神経内科を受診して、一応
握力などの検査をしてもらいましたが、正常とのことでした。
しかし、ピクつきはなくならず、1時間に1回くらいの割合で
ゆっくり「ピク」とします。
 ピクつきは夜になると頻度が減り、一応眠ることができ
ます。むしろ朝方に頻度が多いようです。
こむら返りを起こすような激しいピクつきはほとんどありません。
ピクつきは主に尻からふくらはぎにかけて出ます。

 alsなのではないかと不安で仕事に身が入りません
どうすれば、良いのでしょうか。
アドバイスを頂きたく投稿しました。

[2008年8月22日 13時59分19秒]

|

39歳女性。岩手在住。頬酒さと顔中酒さで悩んでいます。の心温まる御回答に泣いてしまいました。頬酒さと顔中酒さレーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に御願い致します。岩手から週一回通院可能です。暖かい山本先生の治療を決断致しました。

「ここをおして」をクリックされてください。山本クリニック 世田谷区公式ホームページ

宜しかったです。
本当に宜しかったです。

#1
##1
「39歳女性です。岩手県。  

「「臨床医学」の「診断戦略」で問題化が発生しないのは。
原因は「つきとめられない」。
けれども「治療戦略」が明確である
場合のみです。」
という先生のお言葉にとても感銘をうけました。

判っていないのは原因ではなくて治療法なのですね。
また先生の真摯としたレーザーの患者に対するお心構えが
滲み出ています。

思わず涙が出ました。

岩手から酒さ レーザーで。
是非とも山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー
に通院させて頂きたいと思います。
平日通院は可能です。

今現在仕事の調整中で曜日を先生に決めていただく
御連絡段階直前です。
御費用や通院のしかたは心得ております。

何卒によろしくおねがいいたします」
との事です。

#2
##1
御回答はお役にたてたようです。

##2
岩手から御通院の患者さんな何人かいらっしゃいます。

##3
電子メールも頂きました。

##4
綺麗に直したいものです。
私も頑張ります。

#3
##1

「「臨床医学」の「診断戦略」で問題化が発生しないのは。
原因は「つきとめられない」。
けれども「治療戦略」が明確である
場合のみです。」
という先生のお言葉にとても感銘をうけました。
判っていないのは原因ではなくて治療法なのですね。

また先生の真摯としたレーザーの患者に対するお心構えが滲み出て
思わず涙が出ました。」
との事です。

##2
「臨床医学」は患者さんを「治す医学」です。

##3
「臨床医学」の病名は「自然科学の法則」
(たとえばニュートンの万有引力の「法則」)
と同じく。

##4
ある「病態」を「病名」というキーワードを用いて
「確立された治療戦略」のもとに「「診断戦略」=>「治療戦略」」
を「法則化」させたものです。

##5
「法則」は「現象」であるから「「法則」の原因」
をいくら突き進めても何も生まれせん。*
また「「法則」の原因」を「模索」する意義もありません。

#4
##1
法則、仮説、理論

##2
かつて法則は観察・実験を繰り返すことで帰納的に得られる
と考えられていた時代もありました。

##3
けれども現代では。
1・
法則はあくまでとりあえず「仮説」としてたてられ。
2・
その仮説から具体的・個別的な命題を導き出し
その命題を観察・実験で検証し有効性が検証されれば
「法則」に格上げされます。

##4
そのようにできた
複数の法則が体系化したものが「理論」だ
と言われます。

#5
##1
かつて
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」=
「血管腫」ととよく間違えられた。

##2
「脂腺疾患:しせんしっかん」である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「治療戦略」は
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
が最も
「治療効果比:therapeutic ratio:TR」が高いことは
明らかです。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」は
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」でなおせる
ということは「既に「臨床医学」の法則」です。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「俗にいう原因」が分からない
などということはありません。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の発生は
「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の「運動神経」
が関与。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」のできない部位は
「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」の「副交感神経」の分布部位
が関与。
そして
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」です。

##5
いずれにしても。
「かつて法則は観察・実験を繰り返すことで帰納的に得られる
と考えられていた時代もありました。」
ように。
=>##6

##6
「何かを帰納しよう」という「推理の姿勢」は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「臨床医学」では
間違いでしょう。

#5結論:
##1
宜しかったです。
本当に宜しかったです。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
での。
「レーザー光照射」で。

##3
「御遠方」から起こしになる患者さんはとても多いものです。

##4
ガッツとリラックスがとても重要です。

##5
綺麗に直したいものです。
私も頑張ります。

##6
psの念のため「初診のしおり」を
(もうお読みになられているとはおもいます)
御記載致します。

##7
綺麗に治したいですね。
「まな板の上の鯉」に私もなります。
私も頑張ります。

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬
スカベンジャーといいますが
1)ユベラニコチネート(ユベラは売薬)
2)ビタミンc
です。
「ビタンミンE+ニコチン酸:ユベラニコチネート」
「ビタミンC+パントテン酸:シナール」

「スカベンジャー」として用います。

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。

###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

###10
なお「御初診」の最初の日には
「御身元」の確認できえうもの
「運転免許証」「身分証明書」「パスポート」
「保険証」(用いません)をお持ちいただき
「診療録:カルテ」の「御身元」に間違いのないように
させて頂きます。

++++++++++++++++++++

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。

ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。

地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線

http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」
に「絞られたほう」が宜しいです。)

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」に
「絞られたほう」が宜しいです。)

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。

##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------

[2008年9月10日 21時56分14秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: 39歳女性です。岩手県。     
39歳女性です。岩手県。  

「「臨床医学」の「診断戦略」で問題化が発生しないのは。
原因は「つきとめられない」。
けれども「治療戦略」が明確である
場合のみです。」
という先生のお言葉にとても感銘をうけました。

判っていないのは原因ではなくて治療法なのですね。
また先生の真摯としたレーザーの患者に対するお心構えが
滲み出ています。

思わず涙が出ました。

岩手から酒さ レーザーで。
是非とも山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー
に通院させて頂きたいと思います。
平日通院は可能です。

今現在仕事の調整中で曜日を先生に決めていただく
御連絡段階直前です。
御費用や通院のしかたは心得ております。

何卒によろしくおねがいいたします。

[2008年9月10日 12時43分2秒]

|

「肩こり・頸こり・背中こり」」に「しびれ感」が7あります。「緊張型」ペインクリニック・レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック脳神経外科専門医の山本博昭 先生に「緊張型」の「ペインクリニック」を御願い致します。

「ここをおして」をクリックされてください。山本クリニック 世田谷区公式ホームページ

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者御指摘のとおり
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」です。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「こんにちは。
今年に入り、精神的ショックな事柄が続き、
パニック障害になりました。
母が、くも膜下出血で手術したこともあり、
頭痛がすると、脳疾患では無いかと不安症状が強くなります。

通院していた心療内科に不信感があり、
体の歪みから治そうと頭蓋骨矯正(オステパシー)に通いました。

なかなか治らないので、
最近では整骨院に変えましたが、やはり頭痛は消えません。
整形外科でも内科でもオステパシー&整骨院でも
筋緊張性頭痛だろうとのことでした。

頭のしこりが気になり、
脳神経外科に行きましたが、問診で異常ないだろう、
MRI&MRAをしましょうといわれましたが、
予約でいっぱいで未だです。

山本先生の記述でも、
私の症状がぴったり当てはまりまくりなので、
やはり緊張性だと思っているのですが、
手足のしびれがあり
整骨院の先生は脳梗塞ではないかと思ってます。

前頭葉の頭蓋骨の繋ぎ目箇所、
特に右がズキン、ズーンと痛みます。
肩、背中、首、こめかみの締め付け感、目頭の痛み。
手足は、疲れやすく、しびれやすいです。」
との事です。

#2
##1
「前頭葉の頭蓋骨の繋ぎ目箇所、特に右がズキン、ズーンと痛みます。
肩、背中、首、こめかみの締め付け感、目頭の痛み。
手足は、疲れやすく、しびれやすいです。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。

##3
因みに
「整形外科でも内科でもオステパシー&
整骨院でも筋緊張性頭痛だろうとのことでした。」
との事です。
=>##4

##4
「筋緊張性頭痛」という「用語」は用いません。
=>
昔用いられたことがある用語であり「死語」です。
=>
今現在では「緊張型頭痛」
という「病態名称」です。

##5
これは「骨・皮・筋」の病気ではありません。

#3
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##2
ストレスには弱くなります。「因果関係」を逆転すれば
ストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。

##3
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
二番目に困るのは「心療内科「病態」」「精神科「病態」」と
間違えられることです。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

#4
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型しびれ」(あだ名です)につき「補足3」に。
御記載致します。

##2
御参考になれば何よりです。

#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。

##3
しっかり治されるためには
「機能性末梢神経障害」にお強い「脳神経外科専門医先生」
或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##4
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
でも「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
=>##5

##5
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

##6
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

とりあえずに第一報としての御回答を致します。

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。

##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。

##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。

##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。

「補足3おわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年8月28日 18時15分5秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: ぴーまん   
こんにちは。
今年に入り、精神的ショックな事柄が続き、パニック障害になりました。
母が、くも膜下出血で手術したこともあり、頭痛がすると、脳疾患では無いかと不安症状が強くなります。
通院していた心療内科に不信感があり、体の歪みから治そうと頭蓋骨矯正(オステパシー)に通いました。
なかなか治らないので、最近では整骨院に変えましたが、やはり頭痛は消えません。
整形外科でも内科でもオステパシー&整骨院でも筋緊張性頭痛だろうとのことでした。
頭のしこりが気になり、脳神経外科に行きましたが、問診で異常ないだろう、MRI&MRAをしましょうといわれましたが、予約でいっぱいで未だです。
山本先生の記述でも、私の症状がぴったり当てはまりまくりなので、やはり緊張性だと思っているのですが、手足のしびれがあり整骨院の先生は脳梗塞ではないかと思ってます。
前頭葉の頭蓋骨の繋ぎ目箇所、特に右がズキン、ズーンと痛みます。
肩、背中、首、こめかみの締め付け感、目頭の痛み。
手足は、疲れやすく、しびれやすいです。

[2008年8月22日 10時58分24秒]

|

30歳女性。神戸在住。頬酒さと顔中酒さで悩んでいます。頬酒さと顔中酒さレーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生に頬酒さと顔中酒さのレーザーを御願い致します。神戸から週一回通院可能です。決断致しました。御願い致します。

「ここをおして」をクリックされてください。山本クリニック 世田谷区公式ホームページ

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

典型的な
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
1・
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
である。
2・
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
である。
3・
「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」ではなく
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」である。
そして
「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」というよりは
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」=
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」=
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
である。
(「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」とも
呼称されます)

「Ultra-Qスイッチ:ウルトラQスイッチ」の
ついた
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」で「治療戦略」を
とります。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「部位と範囲」
がひろい場合
は最初から広範囲レーザーは行わずに。
「「御自分」で目立つと思われる場所」(最大「2部位」)から
「レーザー光照射」を行うのが宜しいです。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++
下記に順を追って御回答致します。

#1
##1

1.
30歳・女性

2.
15歳頃からニキビが出来始め、その頃は近所の皮膚科に通い、
「まだ若いから普通のニキビ」と診断され、塗り薬を塗り、
もらったビタミン剤を飲んだりして、気にしながらもそのうち治るだろうと
生活していました。

高校を卒業してからは化粧をし始め、隠せることで
少し安心をしながらも、やはりニキビは治ったり出来たりの繰り返しで、
なかなか良くはなりませんでした。

自分はニキビ肌だから、一生付き合っていかないといけないのだな・・
などと思いながら、社会人になってからはいろんな化粧品を試したりするうちに、
アルコールが入っている化粧品を使うと顔が赤くなり、
お酒を飲んでも、凄く顔が赤くなるなぁという事に気付きました。

人からも皮膚が薄いと指摘されたりもするので、
それで顔の赤みが人よりも出てしまうのかなぁとも思ったり、
皮脂が多く出るので、それが皮膚に合わず脂漏性湿疹のようなものなのかな
とも思ったりしてましたが、

赤みは常に出ており、山本先生の掲示板をお読みしたところ、
ずっと悩んでた症状は酒さではないかと強く思い、
今回ご相談させていただきました。

人に素肌を見られるのが苦痛で、
気軽に泊まりで旅行に行く事も出来ず、
異性に対しても積極的になれません。

自分の肌を見ると、額と頬と顎が赤く、
毛穴が広がっているような少しただれているような箇所もあり、
最近では化粧をしていても、顔赤いよと言われ、化粧が濃くなるばかりです。

3.
私のような場合、酒さならば、
治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか?
赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか?

すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、
すがるような気持ちでご相談させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。」
との事です。

#2
##1
これはお可愛そうですね。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。

##3
「自分の肌を見ると、額と頬と顎が赤く、
毛穴が広がっているような少しただれているような箇所もあり、
最近では化粧をしていても、顔赤いよと言われ、化粧が濃くなるばかりです。」
との事です。
=>##4

##4
ただ単純に
「赤ら顔」とか「毛穴痕の拡大」とかいわれて
しまうことがある。
何卒に御注意下さい。

##5
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」と
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」と
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
をお持ちのようです。

##6
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」の
成分が少ないようです。
宜しかったです。
=>##7

##7
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の中で
とりわけ「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
の「レーザー光照射」の難易度は高いです。

#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
である。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」にも
1・
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
2・
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
3・
「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
の「3種類」の「病理学的」*分類がありますが。
*(この分類は思いのほか役にたちません。)

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)+
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)

「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
の成分が多いように思えます。

##4
因みに。
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
はよく毛嚢炎或は文字通り「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」と
まちがわれますが。
「稗粒腫:はいりゅうしゅ:ひりゅうしゅ:milium:ミリアム・ミリウム」
よりひとまわり大きい「ちいさな肌と同じ色」の「ぷつぷつ」の事です。

##5
更に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「合衆国USA」では
時として
「汚れ顔症候群:赤みあぶら顔毛嚢炎症候群:dirty-face syndrome」
のことをさすことがあります。

##6
何卒に御注意下さい。

#4
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類には
###1
#3のような「病理学的分類」
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
(この分類は思いのほか役にたちません)

###2
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
の「スタンダード4」あるいは「メジャー4:major 4-:四大部位」
-------------------------------
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」
の「ハード3」あるいは「スペシフィック3:specific-3:特殊三部位」
(いずれも難易度がたかい)
-------------------------------
というような
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
部位による分類。

###3
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」
=>「常時真っ赤ではない」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」
=>「赤マジックでぬったより」赤い・常に赤い。

###4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の発生している
「皮膚の厚さ」により分類
1・
「皮膚の薄くない「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」=
「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」
2・
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」=
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」

##2
##1のような「臨床診断学」による
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類が
あります。

##3
##2の###4の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の発生している「皮膚の厚さ」により分類で。
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」=
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」
のかたは。
何故か「御婦人」の場合「秘書:secretary」にむいている方
が多く
「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」
とか
また何故か「敏感肌」でいらっしゃるために
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
と呼称されることがあります。

##4
##3のような
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」のかたは
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
を起さないことでも(あまり目立たない)
有名です。

#4
##1
但し「症状・症候」のメインになっているのは。
=>##2

##2
「自分はニキビ肌だから、一生付き合っていかないといけないのだな・・
などと思いながら、社会人になってからはいろんな化粧品を試したりするうちに、
アルコールが入っている化粧品を使うと顔が赤くなり、
お酒を飲んでも、凄く顔が赤くなるなぁという事に気付きました。」

「人からも皮膚が薄いと指摘されたりもするので、
それで顔の赤みが人よりも出てしまうのかなぁとも思ったり、
皮脂が多く出るので、それが皮膚に合わず脂漏性湿疹のようなものなのかな
とも思ったりしてましたが、・略・」
という
=>##3

##3
「皮膚が「薄くなっている」あるいは「表皮が薄い」」からの
分類の
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」
別名
「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
でいらっしゃる可能性が高い。

##4
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
のかたの
「レーザー光照射」には
当然「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」でなければ
不可能です。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」でも「非常に早い」
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
のような「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
でないと
「レーザー光照射」の「治療戦略」がとれない危惧が
あります。

##6
このような意味では
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」
は「難易度が高い」ものです。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」
であるということです。
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
であるということです。

#5
##1
「3.
私のような場合、酒さならば、
治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか?
赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか?

すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、
すがるような気持ちでご相談させていただきました。」
との事です。

##2
概ね
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」を用いる
「レーザー光照射」では
「レーザー光照射」のあとに
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
1・
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
である。
2・
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
である。
3・
「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」ではなく
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」である。
そして
「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」というよりは
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」=
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」=
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
である。

##3
「レーザー光照射」は
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で*
*(週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」)
36ー52回数(日)以上の「レーザー光照射」を
必要とするような気が致します。

##4
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」で
もとりわけ「超高性能Qスイッチ」に置き換えて
「「Ultra-Qスイッチ:ウルトラQスイッチ」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」=「1ショット時間」が「10億分の1秒」
=「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは
「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です
の「極少短時間」での「ショット数」の多い「レーザー光照射」
が必用です。

#6
##1
「「3.
私のような場合、酒さならば、
治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか?
赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか?

すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、
すがるような気持ちでご相談させていただきました。」
との事です。

##2
#5に御記載致しました条件で
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん全般に
いえることですが
施術は「お若いほど反応が早い」です。

##3
早い方は
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で
翌週にも反応がおわかりになるが
「ラグ・フエーズ:lag-phase」といって
10回目くらいで「レーザー光照射」による「治療効果比:therapeutic ratio:TR」
が「低下したように思える時期」

「あるかた」「ないかた」がいらっしゃいます。

##4
多くの「照射回(日)は週一回(日)のペース」での
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の場合に
「6-10-16回の法則」という法則があります。
=>##5

##5
「6-10-16回の法則」は「御自分」が「症状・症候」の変化を探知できうる
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で「レーザー光照射」を施術した
場合の「回数(日)」のことです。

#7
##1
「すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、
すがるような気持ちでご相談させていただきました。」
との事です。

##2
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で
「部位と範囲」がひろい「部位と範囲」のかたは。

##4
例えば
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
のなかで
最も「「御自分」で目立つと思われる場所」たとえば
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」から
「レーザー光照射」をはじめられることが重要です。

##5
「皮膚が「薄くなっている」あるいは「表皮が薄い」」
「敏感肌」の
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」
の方は
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」を
抑えると周囲も「落ち着いてくること」が多いものです。

##6
また
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」の
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんでは
「生理前の「高体温期」」「生理中」など「肌があれること」があります。

##7
また
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん
には
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副「症状・症候」」
があります。
ps2に御記載致します。
御参照頂けますか。

#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
1・
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
である。
2・
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
である。
3・
「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」ではなく
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」である。
そして
「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」というよりは
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」=
「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」=
「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」
である。

##3
「レーザー光照射」は
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」でも
とりわけ
「超高性能Qスイッチ」=「Ultra-Qスイッチ:ウルトラQスイッチ」

「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
で行う必要があります。

##4
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で*
*(週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」)
36ー52回数(日)以上の「レーザー光照射」を
必要とするような気が致します。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##5
上記御回答致しました。
むずかしい御話しの御回答になってしまったかもしれません。

##6
「私のような場合、酒さならば、
治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか?
赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか?

すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、
すがるような気持ちでご相談させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。」
との事です。
=>##6

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
典型的な
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
「もうさいけっかんかくちょうしょう」と間違われないように
御注意下さいますように。

##7
綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。

ps1
-------------------------------
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14
[2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html

何卒に御参照頂けますか。
不躾お許し下さい。
-------------------------------
とりわけ
「治り方」に関しては。
=>
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

を御参照頂けますか。
不躾お許し下さい。
-------------------------------

ps2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の「副「症状・症候」」について
++++++++++++++++++++++

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

++++++++++++++++++++++

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年9月4日 16時49分11秒]

--------------------------------------------------------------------------------

お名前: 匿名希望   
1.
30歳・女性

2.
15歳頃からニキビが出来始め、その頃は近所の皮膚科に通い、
「まだ若いから普通のニキビ」と診断され、塗り薬を塗り、
もらったビタミン剤を飲んだりして、気にしながらもそのうち治るだろうと
生活していました。

高校を卒業してからは化粧をし始め、隠せることで
少し安心をしながらも、やはりニキビは治ったり出来たりの繰り返しで、
なかなか良くはなりませんでした。

自分はニキビ肌だから、一生付き合っていかないといけないのだな・・
などと思いながら、社会人になってからはいろんな化粧品を試したりするうちに、
アルコールが入っている化粧品を使うと顔が赤くなり、
お酒を飲んでも、凄く顔が赤くなるなぁという事に気付きました。

人からも皮膚が薄いと指摘されたりもするので、
それで顔の赤みが人よりも出てしまうのかなぁとも思ったり、
皮脂が多く出るので、それが皮膚に合わず脂漏性湿疹のようなものなのかな
とも思ったりしてましたが、

赤みは常に出ており、山本先生の掲示板をお読みしたところ、
ずっと悩んでた症状は酒さではないかと強く思い、
今回ご相談させていただきました。

人に素肌を見られるのが苦痛で、
気軽に泊まりで旅行に行く事も出来ず、
異性に対しても積極的になれません。

自分の肌を見ると、額と頬と顎が赤く、
毛穴が広がっているような少しただれているような箇所もあり、
最近では化粧をしていても、顔赤いよと言われ、化粧が濃くなるばかりです。

3.
私のような場合、酒さならば、
治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか?
赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか?

すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、
すがるような気持ちでご相談させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

[2008年9月4日 11時47分57秒]

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »