« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。 酒さのレーザー治療で有名な山本クリニック 世田谷にレーザー治療御願い致します。兵庫から週一回通院到します

酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。 相談者:匿名希望 年齢:52 性別:女性 地域:兵庫県 2014/02/09 (日)13:55:16 52歳女、兵庫在住。 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html 酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。 酒さのレーザー治療で有名な山本クリニック 世田谷にレーザー治療御願い致します。兵庫から週一回通院到します レーザー治療、美容外科 酒さ レーザー治療 こどものころから 両側の頬があかかったです。 4年ほど前に、両側の頬のはり感、はれ感が ではじめて発症致しました。 もとよりほほやこめかみが赤かったです。 市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。 そして3年ほど前に、その中の皮膚科のひとつで 両側の頬のい上部に、 すすめられてシミのレーザー治療を3種類のレーザー でいたしました。あまりよくとれません。 これから半年して両側の頬の、熱感で苦しむように なりました。 あかいのもいやなのですが、よりとても辛いのは、 両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感なのです。 また赤みが強くなったり弱くなったりはじまります。 首をしたにむけているたり、 つかれて横になると、症状はつよくなり はり感、はれ感とあつい感じの熱感が強くなります。 実際頬にさわると、熱く、そして張ったいるようにも 感じます。 これらの酒さの感覚障害・知覚障害で苦しんでいます。 冷やしてもどうにもなりません。 このような頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ おこるのでしょう。 同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。 まぶたはさがるようになります。 喉の痛みのような違和感があります。 酒さによる頬のはり感、はれ感、熱感、もぞもぞ感のレーザー治療 で名医で口コミの、 世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷にレーザー治療御願いしたいのです。 兵庫より毎週1回可能で御座います。 相談掲示板にかかれた山本クリニック世田谷の山本先生の御回答 はすべからく読ませていただいております。 何卒に、よろしく御願い致します。   この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=123 です。 同じく兵庫からの「御婦人」の相談で 【120】 題名:悩みは、顔が赤くなること。 酒さの第2度と診断 http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120 という御相談が御座います。 ぜひ御参考になと存じますのでおよみいただけますか。 これは大変難しい「御説明」を必要である「御相談」です。 ですから今回は、極めて簡単に「御回答」をいたします。 なぜならば 「海綿静脈洞:cavernous sinus」という「解剖学的構造物」の御説明を しなければいけなくなるからです。 (まず海綿静脈洞とは、頭蓋に入ってすぐ 、眼の真後ろのあたりの頭蓋骨内に内頸動脈を囲むように存在する 、海綿状の静脈機能を持った部位です。 ちなみにここに腫瘍が発生するとこれらの神経が障害され, 物が二重に見える、目の奥の痛みなどの症状が現れます。 この部位は特に手術が非常に難しく、眼球運動障害等の合併症を生じやすいのが特徴です。) この「海綿静脈洞:cavernous sinus」に隣接して、「三叉神経の塊=節」 ガッセル神経節 - Gasserian ganglion, Gasser's ganglion (半月神経節 Semi lunar ganglion) という神経節があり、この「解剖学的構造物」の御説明を しなければいけなくなるからです。 => 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の 「このような頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ おこるのでしょう。 同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。 まぶたはさがるようになります。 喉の痛みのような違和感があります。」 という「御相談」は、「レーザー光照射」が始まってから 施術中におはなししていきたいと存じます。 さて 御相談者が典型的な「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 であることは間違いありません。 「市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。」との事です。 10年前は、「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という診断すら本邦 ではできなかったのです。 たいていは、脂漏性皮膚炎、接触皮膚炎・などといわれていました。 今現在は、「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という診断はたっても。 「頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ おこるのでしょう。 同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。 まぶたはさがるようになります。 喉の痛みのような違和感があります。」というような とりわけ「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 に特有な「感覚障害・知覚障害」のような 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に付随する事象に関しては。 => 「副症状」に関しては、 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を専門とされない 「レーザーの先生」では、まだ御理解できておらず、説明はまったく不可能です。 ------------------------------ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の方は 皮膚が極めて俗にいう「敏感肌」です。 また「肩こり・頸こり・背中こり」をお持ちになられています。 酒さ性角膜炎、酒さ性結膜炎をおもちです。 そして「あまり水分をおとりになりません」。 さらに また「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」の反復を されていますが「御自覚症状」としては築かれていません。 過去歴に、「Qスイッチ」のついていない 「パルスレーザー」=「熱レーザー「レーザー光照射装置」」 の照射既往のあるかたが多いものです。 また、「皮膚」を密閉するような、「・・軟膏」という 外用薬を、「なぜ必要なのか」という「御説明」なく もちいられている「御既往」があります。 吹き出物=「毛包炎:もうほうえん」を、[座瘡:「にきび」と まちがわれていることが大部分です。 ------------------------------- 「市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。 そして3年ほど前に、その中の皮膚科のひとつで 両側の頬のい上部に、 すすめられてシミのレーザー治療を3種類のレーザー でいたしました。あまりよくとれません。」 との事です。 => 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」としんだんされているのに なぜにシミ=「メラニン色素系の「病態」」の治療がされるのでしょう。 すべからくを「省略」させていただきます。 何卒に「御理解」ください。 「これから半年して両側の頬の、熱感で苦しむように なりました。 あかいのもいやなのですが、よりとても辛いのは、 両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感なのです。 また赤みが強くなったり弱くなったりはじまります。 首をしたにむけているたり、 つかれて横になると、症状はつよくなり はり感、はれ感とあつい感じの熱感が強くなります。 実際頬にさわると、熱く、そして張ったいるようにも 感じます。 これらの酒さの感覚障害・知覚障害で苦しんでいます。」という 「症状・症候」を、治す為には 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による、1回数(日)に20000「ショット数」での 「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」 でおこなわれるのがベストです。 赤くなりません・腫れません・痛くありません。 御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。 QスイッチNd・YAGレーザーにより、 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に固有の 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の照射 ほ基本として。 さらに、 下記の通りである三叉神経の枝の 一部あるいは全部に近くを 「レーザー光照射」しなくてはなりません。 ------------------------------- 三叉神経の枝 眼神経 鼻毛様体神経 毛様体神経節との交通枝 後篩骨神経 長毛様体神経 滑車下神経 前篩骨神経 涙腺神経 前頭神経 滑車上神経 眼窩上神経 上顎神経 頬骨神経 頬骨側頭枝 頬骨顔面枝 眼窩下神経 上歯槽神経 翼口蓋神経節 鼻口蓋神経 大口蓋神経 小口蓋神経 翼突管神経 下顎神経 深側頭神経 外側翼突筋神経 内側翼突筋神経 咬筋神経 口蓋帆張筋神経 鼓膜張筋神経 耳介側頭神経 頬神経 舌神経 下歯槽神経 顎舌骨筋神経 下歯槽神経 オトガイ神経 ------------------------------- 領域のすべからくの神経を QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置で 「レーザー光照射」をしていく必要があるのです。 そしてこの「レーザー光照射」は極めて難易度のたかい 「テクニック」を必要と致します。 なおちなみに 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」 ができていないうちに 上記神経の、ペインクリニックなどされると リバウンドで大変なことになります。 もとより 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」」での 段階での「まちがい」があると、 御相談者御自身のような「症状・症候」は「なにがなんだかわからなく」 なってしまいます。 結論: 「症状・症候」を、治す為には 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による、1回数(日)に20000「ショット数」での 「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」 でおこなわればなりません。 なお同じく兵庫からの「御婦人」の相談で 【120】 題名:悩みは、顔が赤くなること。 酒さの第2度と診断 http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120 という御相談が御座います。 ぜひ御参考になと存じますのでおよみいただけますか。 とりあえずに第一報としての御回答を致します。 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=123 です。

続きを読む "酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。 酒さのレーザー治療で有名な山本クリニック 世田谷にレーザー治療御願い致します。兵庫から週一回通院到します"

|

酒さの治療法はQスイッチNd・YAGレーザー治療しかありません

地元の大学病院で山本クリニック美容外科・世田谷を薦められた。九州でも口コミ世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷の山本先生 59歳女。赤ら顔・酒さレーザーで名医で口コミの山本クリニック世田谷山本先生の病院に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学病院で山本クリニック 美容外科 世田谷を薦められました。九州でも口コミの山本クリニック 世田谷美容外科。熊本から週一回通院可能です。山本先生よろしくお願いいたします 59歳女。赤ら顔・酒さレーザー口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学病院で山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生を薦められました。九州でも口コミの山本先生 世田谷。熊本から週一回通院可能です。山本先生よろしくお願いいたします 59歳女。赤ら顔・酒さレーザー口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学で山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生を薦められました。九州でも口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 の山本先生。熊本から週一回通院可能です。山本先生よろしくお願いいたします 世田谷区 山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生 のホームページ



この御相談の山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板内容です。↓ 山本クリニックの新しい美容外科・形成外科相談掲示板
http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php
の「トップ」から ログ番号検索 キーワード検索を
「26」でして頂けますか。
題名:酒さの何ともいえぬほてりともぞも




山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
題名:酒さの何ともいえぬほてりともぞも 相談者:ぴっぴー 年齢:59 性別:女性 地域:岩手県 2009/03/21 (土)20:24:24 初めまして。 大学病院の診断ですが鼻の酒さです。 酒さのでレーザー治療を考え山本先生のサイトに到着。 私の鼻は酒さで赤く毛穴は開いています。 美容目的ですが ほてりやもぞもぞ感が私には辛いです。 相談のポイント(一番知りたいことです)。 ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。 酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。 お忙しいところを要領の悪いご質問ですみません。  



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「相談のポイント(一番知りたいことです)。 ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。 酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の「本体」は。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による ものです。 すなわち 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 による「症状・症候」です。 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 により 「温・痛覚障害」が発生致します。 「温・痛覚障害」は「自発痛」或は「錯感覚」「異感覚」の 「範疇(カテゴリー)」の 「感覚障害・知覚障害」であり。 これにより 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の出現に到るものです。 「酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 => 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」がなおれば 「治るはずです」。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「症状・症候」とはいかなる「病態」から発生し。 それは「何か」という。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態概念」 の「根本」をつかれた御相談です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの お顔の「症状・症候」から。 単純に 「赤ら顔」とか「「毛穴」の広がり」とのみしか表現されない 先生もいらっしゃるかもしれません。 そしてさらに 「よくない事例」では。 「赤ら顔」「毛穴痕の拡大」として 「毛細血管拡張:もうさいけっかんかくちょう:capillaryreaction」 と間違われて。 (「毛細血管拡張:もうさいけっかんかくちょう:capillary reaction」= 「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」= 「血管腫」です) 「赤」に反応する「レーザー光照射装置」 を用いて「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんを治そう」とする 先生もいらっしゃるかもしれません。 お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。 けれども。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しては。 このような「御診断」のもとでの 「治療戦略」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 患者さんにとっては。 「当然にしておきる」副作用あるいは「しかるべくしておきる」施術後の苦痛 の「根源」になってしまうことが多いものです。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を 「毛細血管拡張:もうさいけっかんかくちょう:capillary reaction」 =「血管腫」と間違われて 「Vビームレーザー」などを「レーザー光照射」されると 大変なことになります。 (「皮下内出血」をおこし「青タン」になりお顔がぱんぱんにはれます)



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「脂腺疾患:しせんしっかん」です。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の分布 や 「上眼嶮(うわまぶた)」の「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」 の分布と と非常に緊密な関連を有しています。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の増殖に関与する 神経であり。 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の増殖抑制に関与する 神経であるといえます。 ちなみに 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」は「眼球を動かす」「外眼筋」の運動神経 です。 また「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」の「副交感神経」成分は 「瞳孔」の「内眼筋」に作用し瞳孔を縮瞳させる神経です。 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」が 顔面の「皮膚=表皮+真皮」に分布する「部位と範囲」は 極めて狭いのですが存在致します。 「上眼嶮(うわまぶた)」と「下眼嶮(したまぶた)」 のみです。 この 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」の分布により 「下眼嶮(したまぶた)」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の「発生しえない「部位と範囲」」となります。 この現象は。 (「下眼嶮(したまぶた)」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の「発生しえない「部位と範囲」」となります。) 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの 「下眼嶮(したまぶた)」はその患者さんの 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」のない場合の 「元来のお色」= 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 を推定・確認しようとするときに大変役に立つ重要な部位*になります。 * (「下眼嶮(したまぶた)」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の「発生しえない「部位と範囲」」となります。)*



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」は お顔の「知覚神経」です。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の分布 する部位に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は多いに発生致します。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の原因となる 脂腺は「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」であり 「黒い」色をしています。 そして 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が 「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん」 の周囲にが幾重にもまきついて。 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 を形成。 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の 「沢山の束(たば)」の断面が。 「お顔」の「皮膚=表皮+真皮」に俗にいう 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の赤味としてあらわれます。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の分布域 に出現する「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は。 当然に。 「お顔」の「感覚神経」である 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」に関与して 「感覚障害・知覚障害」を惹起致します。 これが 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害として具現化致します。 この「感覚障害・知覚障害」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害と呼称されます。 そしてこの 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害 はとりわけて 頬酒さや鼻酒さやこめかみ酒さ鼻横酒さに強くきます。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
いずれの「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの場合も 同様なのですが「症状・症候」は「皮膚=表皮+真皮」のほかに 「眼」にきます。 「眼の奥がいたい」「眼が重たい痛み」或は「瞼が重い」 「ピント・フオーカス・視力があいずらい・眼鏡があわない・見づらい」 があります。 これあらの「症状・症候」がある場合 「酒さ性結膜炎」「酒さ性角膜炎」です。 「酒さ性結膜炎」「酒さ性角膜炎」は 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「機能性末梢神経障害」であるがゆえに。 「眼科専門医先生」の検査では大きな「異常所見」はないといわれることが 多いものです。 「ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。」 との事です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の「本体」は。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による ものです。 すなわち 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 による「症状・症候」です。 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 により 「温・痛覚障害」が発生致します。 「温・痛覚障害」は「自発痛」或は「錯感覚」「異感覚」の 「範疇(カテゴリー)」の 「感覚障害・知覚障害」であり。 これにより 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の出現に到るものです。 「酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 => 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」がなおれば「治るはずです」。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
ちなみに 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は その他の「レーザー光照射」の対象となる 「皮膚=表皮+真皮」の「病態」を合併していることが多いものなのです。 たとえば 「太田母斑:naevusfusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:おおたぼはん」+ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 や 「汗管腫(かんかんしゅ);sylringoma:シリンゴーマ」*+ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 のような組み合わせはよく経験致します。 (*とりわけ 「クリア・セル・汗管腫:clear-cell syryngoma」と併発することが あります。)



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。 酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 上記御回答致しました。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」 として「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の過剰産生増殖 により。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の「知覚神経障害」 が「発生」致します。 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」の「機能性末梢神経障害」 が発生致します。 これが 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の「本体」です。 すなわち。 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」は 「刺激」或は「圧迫」されて「温・痛覚障害」が発生致します。 「温・痛覚障害」は「自発痛」或は「錯感覚」「異感覚」の 「感覚障害・知覚障害」に到ります。 「酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 => 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」がなおれば「治るはずです」。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 一般的にポピュラーな「病態」なのですが。 実際に現実的には正診断率の大変低い「皮膚=表皮+真皮」の「病態」 ではあるのです。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しましては さらなる詳細につきましては。 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 1・ 酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方 [2] [2008年 7月20日 16時53分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html 2・ 酒さの原因と。顔で酒さのできないところ教えて頂きたいのです。 [2] [2008年 9月 7日 17時45分 7秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html 3・ 酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう [2] [2008年11月15日 22時25分42秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html 4・ なやんでいることは、顔の赤いことです。 [2] [2008年11月30日 16時30分32秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/126590831278921.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/126590831278921.html 5・ 私は酒さのようです。 [2] [2008年 9月 4日 16時49分11秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/502201349780993.htmlb http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/502201349780993.htmlb 6・ 顎ニキビ跡ポツポツではない赤みで全体に広がり消えない。 [2] [2009年 1月 2日 16時19分41秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/93953443791634.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/93953443791634.html 7・ 頬の酒さの山本先生のレーザー治療中での注意事項 [2] [2009年 2月14日 20時59分12秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/422346740801917.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/422346740801917.html そして更に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する 総集編として 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14 [2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html を 御参照頂けますか。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
下記のpsも御参照頂けますか。 ++++++++++++++++++++++ ps1 1・「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の部位分類 御相談者の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 鼻との事です。 念のため「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の分類につき御記載致します。 御参考になれば何よりです。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には様々な分類が あります。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類 としてとても有名な。 病理学的な 1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosaceaerythematosa) 2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acnerosacea) 3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma) の分類は。 判りやすそうでいて現実的な「診断戦略」や「治療戦略」への 応用という「臨床診断学」の観点からは。 「極めて役にはたたない分類」です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」はお顔にできる 「部位と範囲」により。 1・一般的な「4つの部位」 2・特殊な「3つの部位」 の「1・」+「2・}=「7つの部位」にできる 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類が 役にたちます。 すなわち ------------------------------- 「1・一般的な「4つの部位」」 1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheekrosacea:チーク・ロザケア」 2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasalrosacea:ネーサル・ロザケア」 3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 4・「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 「2・特殊な「3つ の部位」」 5・「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」 6・「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:templerosacea:テンプル・ロザケア」 7・「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasalosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」 ------------------------------- の「7部位」です。 これらの「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「部位と範囲」により。 「症状・症候」の性格もことなります。 そしてひいては「レーザー光照射装置」による 「治療戦略そのもの」も「治療戦略の方法」も異なります。 ++++++++++++++++++++++



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
ps2 ++++++++++++++++++++++ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副症状・副症候」 ##1 「残像」が「強く」光が嫌いでは ##2 「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。 ##3 視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。 ##4 忘れ物が多くなっていませんか。 ##5 土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。 ##6 お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。 ##7 アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は ##8 光・音に過敏になられていませんか。 ##9 就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。 ##10 就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。 ##11 目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。 ##12 眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか おおくは片側です。 ##13 低い枕でないとお休みになれないのでは ##14 節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です) ##15 物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。 ##16 休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。 ##17 終末に具合が悪くなりませんか。 ##18 いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。 ##19 「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」 はありませんか。 ##20 俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感] がくることはありませんか。 ##21 「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。 ##22 水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。 ##23 喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。 ##24 口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている 感じはありませんか。 ##25 咳をすると痛みませんか。 ##26 「下をむくと」辛い感じがされませんか。 (バーバーズ・サイン:Barber'sign:理髪店症候) ##27 他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。 ##28 急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。 ##29 お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると 天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。 ##30 肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。 「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」 で御座います。 ##31 「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが おありではないでしょうか。 ##32 「左側」のほうが痛くはありませんか。 ##33 後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり さわると痛くないでしょうか。 これらの「症状・症候」は不思議ですが 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副症状・副症候」 として有名なものです。 ++++++++++++++++++++++ 上記御回答致しました。 上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。 何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ

続きを読む "酒さの治療法はQスイッチNd・YAGレーザー治療しかありません"

|

目の下のレーザー治療で名医 口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都






母斑と間違われるほど青い眼の下のクマ・目の下のクマで悩んでいます。眼の下のクマ・目の下のレーザー治療で名医 口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都 に目の下のクマのレーザー治療をお願いいたします。青森から週一回通院可能です。36歳女。 母斑と間違われるほど青い目の下のクマレーザーで名医で口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生にレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。 母斑と間違われるほど青い目の下のクマ・くま・眼の下のクマ・の下のレーザーで名医で口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生に目の下のくま・目の下のレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。 クマ・眼の下のクマ・目の下クマのレーザー専門医・山本クリニック美容外科世田谷・。 目の下のくま・目の下のクマ・眼の下のクマ・めのしたのくま・くま・クマ・シミ・あざ・アザ・下眼嶮(したまぶた)・レーザー・ レーザー・レーザー治療・レーザー専門医・。 山本クリニック脳神経外科世田谷・山本クリニック美容外科世田谷・。




山本クリニック 世田谷 美容外科 「御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。」 との事です。 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが。 「顔面表情筋」の「直上」」の「顔面皮膚」である 「眼嶮(まぶた)」は「精密機械」であり多数の「レイヤー:layer」= 「層状構造物」から構成されています。 この「レイヤー:layer」=「層状構造物」の各段階の「膜」に 「薄くなっていたり」 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」が あると「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 が発生到します。 皆様「CDrom」が虹「色」をされているのをご存知であろうと 思います。 これは「CDrom」が「レイヤー:layer」=「層状構造物」が薄く 情報伝達のため「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 であるからであり。 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」により「回折:かいせき」 という現象を起こすためです。 同様な現象は「貝殻」「真珠」や「ラブラドライト(鉱物)」 でも知られています。 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「メタリック」な色合いは。 このようにして「眼嶮(まぶた)」を構成するデリケートな 「レイヤー:layer」=「層状構造物」が「薄く波打つ」あるいは 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 により発生到します。 このような「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「治療戦略」は「レーザー光照射」とりわけ 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「レイヤー:layer」=「層状構造物」に 「皮膚のターン・オーバー」に乗っかりながら 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 をかけてあげながら。 「レイヤー:layer」=「層状構造物」を平坦化していくことにあります。




山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。



【61】 題名:眼の下のクマ・目の下のクマでメタリックなあおさです・・ 相談者:klm44 年齢:44 性別:女性 地域:奈良県 2010/01/20 (水)22:32:46

山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。 >
眼の下のクマ・目の下のクマですが。 メタリックなほどの濃さというかあおさです・・ とても悩んでいます。 総合病院の皮膚科も3件まわりました。 メラノーシスといわれたりもしました。太田母斑かもしれないともいわれましたが。 結局両目の左右対象にはメラノーシスも太田母斑もできないし。 メラニン沈着としては何かおかしい・。 結局どこの皮膚科でも「くま」であろうということになりました。 山本クリニック美容外科世田谷の相談掲示板で。 私は眼の下のクマ・目の下のクマであることが確信をもてました。 そして。 眼の下のクマ・目の下のクマの中でも 「影クマ」「メイク・化粧クマ」 というものであることがわかりました。 御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。 是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。 お忙しいところを申し訳ございません・・。 よろしくお時間のあるときにでも御回答いただければと 御願い致します。 よろしくお願いいたします。



この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61 です。 これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 御相談者の御相談内容要旨御記載から 御相談者の御指摘のとおりこの眼の下のクマ・目の下のクマは 「影クマ:shadow-shadow」あるいは化粧で目立ってしまうことが あり「メイククマ:化粧クマ」とも呼称されます。 眼の下のクマ・目の下のクマでも「メタリックブルー」の 眼の下のクマ・目の下のクマで。 「メイククマ:化粧クマ」=「影クマ:shadow-shadow」の場合。 「レーザー光照射」の難易度は非常に高いです。 私たちはわかるのですが。 「レーザー光照射」をされている間に次第に 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 になっていきますが。 「皮膚のターン・オーバー」に上手にのらないと 患者さんは「「色」が消えた気がせず」スランプ状態に陥られることも あります。 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の場合 は「レーザー光照射」の回数は多く必要と到します。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
#1 ##1 「眼の下のクマ・目の下のクマですが。 メタリックなほどの濃さというかあおさです・・ とても悩んでいます。 総合病院の皮膚科も3件まわりました。 メラノーシスといわれたりもしました。太田母斑かもしれないともいわれましたが。 結局両目の左右対象にはメラノーシスも太田母斑もできないし。 メラニン沈着としては何かおかしい・。 結局どこの皮膚科でも「くま」であろうということになりました。 山本クリニック美容外科世田谷の相談掲示板で。 私は眼の下のクマ・目の下のクマであることが確信をもてました。 そして。 眼の下のクマ・目の下のクマの中でも 「影クマ」「メイク・化粧クマ」 というものであることがわかりました。 御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。 是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。 お忙しいところを申し訳ございません・・。 よろしくお時間のあるときにでも御回答いただければと 御願い致します。 よろしくお願いいたします。」 との事です。



#2 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の レーザー治療・レーザー外科 の「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には 「4種類」あります*。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「皮膚の薄いくま」と考えます。 ##3 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療戦略」は 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 による「レーザー・リサーフエシング」の独壇場です。 ##4 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 とりわけ 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「レーザー・リサーフエシング」に抜群に優れています。 ##5 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは 超高性能Qスイッチレーザー治療」 は 根治療法であり「対症療法」ではありません。 ##6 「再発」とは無縁の「治療戦略」です。 ##7 #3に眼の下のクマ・目の下のクマの臨床分類につき 触れておきます。



#3 ##1 眼の下のクマ・目の下のクマには通常「4種類」に 分類到します。 ###1 「皮膚の薄い「目の下のクマ」 」 =>最も多いものです。 ###2 「アトピークマ」 =>「夜間就眠中」などに「御自分」で引掻かれて しまう「病態」です。 ###3 「循環不全クマ」 =>悪性疾患あるいは慢性の重篤「病態」があり 「悪液質:カケキシア:カケキシー」から羸痩(るいそう) を経て眼の下のクマ・目の下のクマの出現をみるものです。 ###4 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 => 青く暗く黒くかつ光る感じのするクマです。 最初は「メラニン沈着」と間違われることすらあります。 ##2 眼の下のクマ・目の下のクマは##1の分類のほかに。 ###1 「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりふくれた」「目の下のクマ」の「病態」 ###2 「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりへこんだ」「目の下のクマ」の「病態」 に分類することも御座います。 眼の下のクマ・目の下のクマの患者さんは 概ねこの両方の成分をお持ちの方が多いものです。 ##3 「メイククマ:化粧クマ」=「影クマ:shadow-shadow」は 明らかに眼の下のクマ・目の下のクマ・クマなのですが。 特徴があります。 ##4 この「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 の特徴を#4に御記載致します。



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
#4 ##1 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 患者さんはまず実際に現実的には正診断率の大変低い「病態」 であり。 ##2 「光るような青み」があるために「メラニン沈着」と間違われます。 ##3 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の患者さん は眼の下のクマ・目の下のクマ・クマに間違いはないのですが。 「上眼嶮(うわまぶた)」内側にも「クマ」が同じように 発生していることがあります。 =>##4 ##4 そのような意味では眼の下のクマ・目の下のクマ・クマというよりは 「眼のクマ・目のクマ」と呼称したほうがよいと思われることがあります。 ##5 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」それぞれでクマの色調というか 色合いが変化到します。 そして「光線2方向」=「自然光」+「白色光」にてなんらの 蛍光を発していると思われる「病態」の患者さんすらいます。 ##6 メイク・化粧で「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 を隠すことは不可能です。 これは他の眼の下のクマ・目の下のクマ・クマ全般に言えることです。 ##7 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマの中でも 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」は メイク・化粧で「症状・症候」が「強くなると御自覚される」 患者さんが多いものです。



#5 ##1 「御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。」 との事です。 ##2 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが。 「顔面表情筋」の「直上」」の「顔面皮膚」である 「眼嶮(まぶた)」は「精密機械」であり多数の「レイヤー:layer」= 「層状構造物」から構成されています。 ##3 この「レイヤー:layer」=「層状構造物」の各段階の「膜」に 「薄くなっていたり」 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」が あると「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 が発生到します。 ##4 皆様「CDrom」が虹「色」をされているのをご存知であろうと 思います。 これは「CDrom」が「レイヤー:layer」=「層状構造物」が薄く 情報伝達のため「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 であるからであり。 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」により「回折:かいせき」 という現象を起こすためです。 ##5 同様な現象は「貝殻」「真珠」や「ラブラドライト(鉱物)」 でも知られています。 ##6 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「メタリック」な色合いは。 このようにして「眼嶮(まぶた)」を構成するデリケートな 「レイヤー:layer」=「層状構造物」が「薄く波打つ」あるいは 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 により発生到します。 ##7 このような「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「治療戦略」は「レーザー光照射」とりわけ 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「レイヤー:layer」=「層状構造物」に 「皮膚のターン・オーバー」に乗っかりながら 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 をかけてあげながら。 「レイヤー:layer」=「層状構造物」を平坦化していくことにあります。



#6 ##1 「是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。」 との事です。 有難うございます。 ##2 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「レーザー光照射」の難易度は非常に高く。 ##3 まず大抵の患者さんで「週一回(日)のペース」= 「「皮膚のターン・オーバー」の1/4=7日間」= 「golden pace」での「レーザー光照射」で28「回数(日)」 くらいで 「下眼嶮(したまぶた)」が 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 になってきたことが実感されます。



#7 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の レーザー治療・レーザー外科 の「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には 「4種類」あります。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 典型的な「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」と考えます。 ##3 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の中でも 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の「治療戦略」は 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 による「レーザー・リサーフエシング」の独壇場です。 ##4 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 とりわけ 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「レーザー・リサーフエシング」に抜群に優れています。 ##5 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは 超高性能Qスイッチレーザー治療」 は 根治療法であり「対症療法」ではありません。 ##6 「再発」とは無縁の「治療戦略」です。



#8 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による 「レーザー・リサーフエシング」に関しては。 ##2 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 で「レーザー光照射」を繰り返す「治療戦略」が必要です。 ##3 「超高性能Qスイッチレーザー外科 あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」での 「レーザー・リサーフエシング」の「レーザー光照射」は。 「down time:ダウン・タイム」(この言葉は日本で生まれた用語) が全くありません。 ##4 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」ごとの「レーザー光照射」は 「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。



#9 ##1 「レーザー光照射」の「メカニズム」としては 「3種類」の「メカニズム」 が御座います。 ##2 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による「レーザー・リサーフエシング」に際しては 「レーザー光照射」の「メカニズム」としては「3種類」の「メカニズム」 「phto-thermal effects:「光熱反応」 「photo-chemikal effects:「光化学反応」」 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」 の中で 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」のみを 用います。 ##2 「熱」に化けません。 => 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) ##3 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) = 「photo-ablation:フオト・アブレーション」とは 「熱作用を用いず組織を再構築させるレーザー治療」 のことです。 ##4 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」に この 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) による 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 により「治療戦略」をとります。 ##5 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人であれば 「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います



#10結論: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマの中でも 難易度の高い典型的な「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 です。 ##3 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」は 「下眼嶮(したまぶた)」あるいは「上眼嶮(うわまぶた)」 を構成する「レイヤー:layer」=「層状構造物」 の「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 にて発生到します。 ##4 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマ全般の 「過去の御相談と御回答」につきましては 御相談者はもう読まれているかもしれませんが。 =>##5 ##5 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」総集編8 [2] [2008年 5月17日 21時18分59秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0581276920429481.html を御参照頂けますか。 ##6 綺麗に治したいですね。 私も頑張ります。



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
Thursday 1/21 2010 16:48pm この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61 です。























続きを読む "目の下のレーザー治療で名医 口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都"

|

大田母斑の治療法

太田母斑・おおたぼはんのレーザー治療で名医口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都にレーザー治療御願いしたい兵庫在住の26歳女です。 太田母斑のレーザー治療で名医で口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生にレーザー治療御願い致します。26歳女性。兵庫在住。兵庫から週一回通院可能です。



太田母斑・おおたぼはん・レーザー専門医・で名医口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都。 太田母斑・おおたぼはん・のレーザー治療で名医口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都に、太田母斑のレーザー治療御願い致します。26歳女性。兵庫在住。兵庫から週一回通院可能です。 太田母斑レーザー治療で名医、口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷美容外科。太田母斑レーザー治療の口コミの山本クリニック 世田谷美容外科で太田母斑の本物のレーザーを受けたい。山本クリニック 世田谷美容外科山本先生の太田母斑レーザ治療を受けたいです。兵庫在住。26歳女。




太田母斑・おおたぼはん・レーザー専門医・山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生・。 太田母斑・おおたぼはん・太田ぼはん・青あざ ・レーザー・太田母斑レーザー治療専門医・Qスイッチルビーレーザー・レーザー専門医・。 山本クリニック脳神経外科世田谷・山本クリニック美容外科世田谷・。




「御婦人」の大敵 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の患者さんの場合は まず「下眼嶮(したまぶた)」から 「御鼻」すじの「メラニン:melanin」を 除くことから始めること。 「まず「メラニン:melanin」が「メラニン蒸散」により消えていく 「実感」を御自覚いただかないと。 「大きい太田母斑」の場合患者さんは「苦労の連続」になります。 「下眼嶮(したまぶた)」に加えて髪型にもよります。 「御婦人」は髪で「病態」を隠せます。 「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」の 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」 の「レーザー光照射」を行う場合に 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」を行うにつれ 美容院にいかれて「髪型」も変わっていきます。 「レーザー光照射」の方法によっては 「レーザー光照射痕」のために美容師さんにみせられず 「美容院にいかれての髪型チエンジ」もできない「悪循環」も発生しうるので。 注意が必要です。





お名前: 東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭    URL

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から




太田母斑の本物のレーザー治療
[2] [2008年10月15日 21時20分22秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/355305335092456.html




太田母斑の本物のレーザー治療の

懇切丁寧な御回答本嬉しい
[2] [2008年10月26日 16時15分56秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/955778457065211.html




太田母斑のレーザー・レーザー治療・レーザー外科。レーザーで評判の
山本クリニック世田谷の美容外科
山本博昭 先生の太田母斑のレーザー




これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 この御相談の御回答は大変に難しく 御相談を頂いてから今現在まで御回答文章を 書きつづりました。 まだ「書きかけでは失礼である」と考えつつも 時間をかけて適切な御回答にいたるまで とりあえずに第一報としての御回答を致します。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 この御回答は大変に難しく。 御回答は「時間をかければけるほど散文的」になってしまいます。 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 をはじめとする。 1・ 私の 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に対する解釈と。 2・ 私の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」 3・ そして この「治療戦略」を支える 私の 「レーザー光照射」の毎回或は毎回各時期における 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 の「ダーモ・スコピー:dermascopy」による「診断戦略」につき。 4・ 付記して 私は「レーザー光照射」で「治療戦略」をたてるべき「病態」の患者さん には。 「「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」 に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えていること。 をもって御回答に変えさせて頂きます。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++




#1 ##1 「36歳女性女性です。 15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。 今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。 山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。 太田母斑の本物のレーザーを施術されている 東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に 御願い致します。 要領の悪いご質問ですみません。 お忙しいところを申し訳ございません。」 との事です。








#2 ##1 「茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。 今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。」 との事です。 ##2 大学病院の形成外科或は美容外科で複数の「お受けもちの先生」 を「御受診」されていらっしゃいます。 ##3 「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。」 との事です。 ##4 御相談者の御相談内容要旨御記載の通りに 「お顔」の「青あざ」は 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 に間違いないと仮定させていただきます。 ##5 眉間にできる俗にいう「青あざ」の場合。 「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」が 成人しても「お尻の蒙古斑」以外の「部位と範囲」にできる 場合があります。 「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」 と呼称致します。 ##6 ちなみに 「お尻の蒙古斑」が成人しても持続性に残存する場合は 「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」 と呼称致します。 ##7 ##5のように 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 の「病態」特性として 左右にお持ちの患者さんの場合であっても 太田母斑 が小さい場合でも「正中線」上に同心円状に 発生することはありません。 =>##8 ##8 このような場合は「お顔」の 「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」 です。








#3 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 には。 「病態」が「症状・症候」として発現する時期。 或は「母斑:ぼはん」としての「症状・症候」の増大が確認される時期 の「御年齢」により。 ------------------------------- ###1 「早発型太田母斑」 「幼小児期」より「母斑:ぼはん」の認められる場合。 ###2 「遅発型太田母斑」 思春期に比較的急速に「母斑:ぼはん」として増大が認められる場合。 ------------------------------- に分類されることがあります。 ##2 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」 は特有の「青茶色」に 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」「第2枝」 に「症状・症候」がきます。 ##3 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の 「第3枝」=顎に「症状・症候」の認められることは 極めて稀です。 ##4 ##3のような場合は ###1 「毛孔性苔癬」「毛孔性角化症」の合併による顎の「症状・症候」 (多いものです。) ###2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の合併による「症状・症候」 (多いものです。) ###3 その他 の「合併「病態」」によることが多いものです。 ##5 生後間もなくか青年期にできる太田母斑は。 顔面の眼周囲に発生することの多い 褐青色斑です。 普通は「病態」初期には「まず片側である」という特徴があります。 ##7 「太田母斑:おおたぼはん」は「10%位で両側性にできます。」 とよくいわれますが 現実的は「もっと両側」の「太田母斑:おおたぼはん」の頻度は 多い。 =>#4








#4 ##1 そして 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」は「連続性に両側性は皆無に近い」 或はまずありません。 ##2 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」は 「「片側性の「太田母斑:おおたぼはん」」が両側に発生した「病態」」。 =>##3 ##3 必ずや「正中線上」に「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」 のない「空白」=「間隙」=「スペース」が存在致します。 ##4 この「太田母斑:おおたぼはん」の「病態概念」の「病態把握」は 俗にいう 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の「治療戦略」には 極めて重要な意味を持ちます。








#5 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の 「青あざ」としての「病態」は。 ------------------------------- 1・「表皮基底層の「メラニン沈着」」 2・「真皮メラノサイトの増加」 の「2つ」に分類されます。 ------------------------------- =>##2 ##2 「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」」の理由は 「2・」の・「真皮メラノサイトの増加」から「真皮」にある 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」増加=> 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での 「メラノソーム:melanosome」の「生成数トータル」が結果多くなる。 => ひいては 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 により「メラノソーム:melanosome」から 「ケラチノサイト:keratinocyte」へ「移行」 する(配達される)「メラノソーム:melanosome」数も増加。 => 「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」の増加 が 「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 の「メラニン色素系の「病態」」の本体です ##3 極めて判りやすくいえば 「メラノソーム:melanosome」を産生する 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」が真皮で増大して 「1・」の・表皮基底層細胞に 「配達される」「メラノソーム:melanosome」増大し。 「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」」の増加にいたる 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」。 これが 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」 です。








#6 ##1 「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。」 との事です。 ##2 ##1の御相談者の御相談内容要旨御記載からは 御相談者が非常によく観察をされていることがわかります。 ##3 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 は ------------------------------- 1・ 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」 =>「右或は左の」額全体と 「右或は左の「上眼嶮(うわまぶた)」および 「右或は左の「こめかみ」 2・ 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第2枝」は 「右或は左の」「下眼嶮(したまぶた)」と 「右或は左の」頬「右或は左」の「鼻」 ------------------------------- に「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」として 「症状・症候」を出します。 ##4 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」「第2枝」の 「右或は左」のいずれも。 「正中線」で「明確」に「症状・症候」は「定規で線を引いたように」 「左右」に分離されます。 =>##5 ##5 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris の「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」には 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」であっても。 「メラニン:melanin」のない部分が 「正中線上」に存在するということです。








#7 ##1 「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。」 ##2 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」が産生する 「メラノソーム:melanosome」の 表皮細胞への移行と「受け取り」方により発生する 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」 としての変動は。 =>##3 ##3 Fitzpatrickというかたによる 「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 の「概念」により。 より判りやすく説明可能となりました。 ##4 ちなみに 炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊により。 これらの細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。 「「マクロフアージ;macrophage」=「貪食細胞」という「白血球」の一種」 が「メラニン:melanin」を「食べる」=「貪食」という現象が「「第4因子」としてくわわると。 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 と名称は変わります。 ##5 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 は Fitzpatrickの「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 に「「マクロフアージ;macrophage」=「貪食細胞」という「白血球」の一種」 の機構が加味されたものですが。 =>##6 ##6 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」は 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」による 「色調の変化」など「レーザー光照射」後の「変化」を「推察する」 上で極めて重要な意味をもちます。 ##7 「レーザー光照射」の患者さんには 「レーザー光照射」の各時期に或は毎回「レーザー光照射」の最中でも。 「ダーモ・スコピー:dermascopy」による 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 の「評価」が必要になります。 ##8 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 につき簡単にご説明致します。 =>#8・#9








#8 ##1 皮膚のメラノサイト1個は。 その周囲の約36個の表皮細胞に「メラノソーム:melanosome」 を「配送」しています。 ##2 「メラノソーム:melanosome」とは 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」 内部で「メラニン:melanin」を生成する「小器官」のことです。 ##3 皮膚の「メラニン代謝:melaninーmetabolism」 すなわち「メラニン:melanin」の生成から分解・消失までは 次の「3段階」から構成されています。 =>##4 ##4 「メラニン:melanin」の。 生成から分解・消失までの「3段階」 ------------------------------- ###1 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での 「メラノソーム:melanosome」の生成。 ###2 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」で生成された 「メラノソーム:melanosome」の「ケラチノサイト:keratinocyte」 への「移行」 ###3 「ケラチノサイト:keratinocyte」内部での「メラノソーム:melanosome」 の崩壊・消化・と皮表からの剥奪。 です。 ------------------------------- ##5 ##4の###1・###2・###3の 「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を Fitzpatrickは 「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 と定義づけました(1998)。 ##6 ------------------------------- 現実的には炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊によりこれらの 細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。 ##5に加えて「第4の機構」である ###4 「真皮の「マクロフアージ;macrophage」= 「貪食細胞」という「白血球」の一種」 の「貪食」による「メラノソーム:melanosome」の除去が加わります。 ------------------------------- ##7 ##4+##6の###4 すなわち。 「「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を Fitzpatrickは 「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 と定義づけました(1998)。」 (###1・###2・###3) + 「真皮の「マクロフアージ;macrophage」= 「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による 「メラノソーム:melanosome」の除去。 = 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 と命名されました。 ##8 これが 皮膚で「メラニン:melanin」が合成され「メラニン:melanin」が動き回る 機構なのです。








#9 ##1 #8の 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 のいずれのステップに異常があっても。 => ##2 「色素異常症:pigmentary anomalies:PA: disorders of skin color:DSC 」 すなわち 1・ 「色素脱失症:hypo-pigmentation:HP」 2・ 「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」 は発生致します。 ##3 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 は 「皮膚のターン・オーバー」の考え方で「診断戦略」或は「治療戦略」 をたてると「大失敗」を致します。








#10 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 は左右の広範に「症状・症候」がある患者さんの場合でも。 まだ「部位と範囲」が小さい患者さんでも。 ##2 「下眼嶮(したまぶた)」が様々な意味で「症状・症候」が 一番強い・或は強いと 悩まれている患者さんがたが 多いものです。或は大部分です。 ##3 「上眼嶮(うわまぶた)」と「下眼嶮(したまぶた)」と ほぼ同様に「症状・症候」 がある場合でも 「上眼嶮(うわまぶた)」は「レーザー光照射」により 「反射で動いてしまうから」 患者さんが慣れられないと難しい場合が多いです。 「レーザー光照射」が「不可能では毛頭ありません」。








#11 ##1 広範な 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の患者さんは「御婦人」に多いのです。 ##2 このような場合「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必要です。 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 による「レーザー光照射」 と 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 による 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 が「治療戦略」です。 ##3 他に「選択枝」はありません。 ##4 あればそれは「間違い」に近い。 ##5 患者さんは広範な「大きい太田母斑」で苦労されている場合に 「病態把握」で 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 という「部位と範囲」を考慮にいれない「診断戦略」ではだめです。 ##6 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 には。 => 「部位と範囲」による 「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」としての 「差異或は特性」がある。 ##5 ##4を「診断戦略」で間違えると。 適切な 「治療戦略」は生まれず「治療効果比:therapeutic ratio:TR」は 著しく低下致します。 ##6 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」にいえることですが 患者さんは「大いに苦労されることになります」。








#12 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 の患者さんの場合。 これは「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」にいえる事です。 => その患者さんが現実的にはどの「部位と範囲」で 一番苦労されているかを把握することが極めて重要です。 (患者さん御自身も認識されていない場合が多いものです。 傷痕と同様です) ##2 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の患者さんの場合。 「アイシャドウ」で隠せるので左右対称的に「上眼嶮(うわまぶた)」 の「メラニン:melanin」があっても「なんとかなる」と御考え或は 御考えに至るの患者さんが多いものです。 ##3 けれども 「下眼嶮(したまぶた)」は化粧でも隠せない或は隠し難いことが多い。 「御婦人」は広範な「大きい太田母斑」の場合でも。 現実的には髪でかくせない「下眼嶮(したまぶた)」 の「メラニン:melanin」沈着で苦労されていることを 見抜くことが重要です。 ##4 場合により「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の 患者さんも「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」で頭一杯で 「下眼嶮(したまぶた)」の脱色が「太田母斑:おおたぼはん」 の「病態」の「治療戦略」 の「いろは・のい」であることを「気づかれていないことが多い」。 =>##5 ##5 このような場合は患者さんに「太田母斑:おおたぼはん」の「治療戦略」 としてポイントが「下眼嶮(したまぶた)」にあるという 認識にまで導いてさしあげること が重要です。








#13 ##1 「御婦人」の大敵 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の患者さんの場合は まず「下眼嶮(したまぶた)」から 「御鼻」すじの「メラニン:melanin」を 除くことから始めること。 ##2 「まず「メラニン:melanin」が「メラニン蒸散」により消えていく 「実感」を御自覚いただかないと。 「大きい太田母斑」の場合患者さんは「苦労の連続」になります。 ##3 「下眼嶮(したまぶた)」に加えて髪型にもよります。 「御婦人」は髪で「病態」を隠せます。 ##4 「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」の 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」 の「レーザー光照射」を行う場合に 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」を行うにつれ 美容院にいかれて「髪型」も変わっていきます。 ##5 「レーザー光照射」の方法によっては 「レーザー光照射痕」のために美容師さんにみせられず 「美容院にいかれての髪型チエンジ」もできない「悪循環」も発生しうるので。 注意が必要です。








#14 ##1 「今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。」 との事です。 ##2 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」 は「非常によく耳にする言葉」です。 ##3 「お受けもちの先生」も施術が上手くいくように 御考えにならない先生はいらっしゃらないと思います。 ##4 上記の 「「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」は。 ##5 ##4で一番問題になる情報的な言葉は ------------------------------- 1・ 「何ゆえ「レーザー光照射」が何故「3ヶ月に「1回」」であるのか」 2・ 「何ゆえ「レーザー光照射」の後「10日間」ひと前にでられない」 「レーザー光照射」になるか。 ------------------------------- これらの命題の合理性です。 ##6 ##5と先生から「おっしゃられたら」 「お受けもちの先生」の「1・」「2・」に関する 「理由」をお尋ねになられると宜しいと今の私は考えます。








#15 ##1 「今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。」 との事です。 ##2 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」 との事です。 ##3 「決まって「3ヶ月に1回でレーザー・略・」は 「お受けもちの先生」が 「太田母斑:おおたぼはん」という「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」 に関して。 =>##4 ##4 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 と「レーザー光照射」という 極めて重要な「治療戦略」理論を。 適切な事例が思い浮かばないのですが 「放棄されている」ことによる可能性が大きいです。 ##5 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」の 「10日間はひと前にはでられませんよ」は ------------------------------- 1・「お受けもちの先生」が用いられる「レーザー光照射装置」 2・「お受けもちの先生」がおこなわれる「レーザー光照射」の「テクニック」 3・「お受けもちの先生」が「こなさなければならない」患者さんの「数」 4・その他 ------------------------------- に帰来する事由が。 => 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」の理由として考えられます。 ##6 ##5では「太田母斑:おおたぼはん」の「レーザー光照射装置」 の「機種或はそれに伴う性能」に依存することが多いように思えます。 ##7 =>#16








#16 ##1 「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」に関しては。 ##2 東京都世田谷区山本クリニックでは 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 と 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー: ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 の「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 にて「治療戦略」をとります。 ##3 「太田母斑:おおたぼはん」や その他 「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」 「Becker母斑:Becker's melanosis: pigmented hairy naevus:ベッカー母斑」 その他 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」 に「治療戦略」をたてます。 ##4 「3ヶ月に一度」どころか 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 で「太田母斑:おおたぼはん」で 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」をうけられている患者さんが大部分です。 ##5 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の場合は 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 は。 =>##6 ##6 「太田母斑:おおたぼはん」の 或は 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」」の 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 を踏まえると 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 になります。 ##7 毎週でも 「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」 にて「レーザー光照射」をされている患者さんもいますが。 ##8 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」の ような。 =>##4 ##4 患者さんへの。 「御注意下さい。」を促さざるを得ない事例は「一例たりとももありません」。








#17 ##1 「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」 との事です。 ##2 有難うございます。 ##3 「・略・ 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 ・略・ 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」 との事です。 =>##4 ##4 私は「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に関しては 当然の事ながら 「治す」「消す」つもりで「レーザー光照射」をおこないます。 =>##5 ##5 この「治療戦略」には 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必須であり。 かつ 「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 の 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 が必須です。 (ちなみに「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」 とりわけ 「レーザー光ビーム」直径が10円玉くらいある 「脱毛レーザー仕様」の「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は 全く「役にはたちません」 ##6 ##5はこれは私の考えです。だから間違っているかもしれません。 ##7 「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」 に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えています。








#18 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 をはじめとする。 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の「レーザー光照射」 の「治療戦略」の「盲点」或は「間違い」が 一気に浮上致します。 ##3 治してさし上げたいという「Dr’s mind」= 「ドクターズ・マインド」 と 「治療戦略」には 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必須であり。 => かつ 「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」 「QスイッチNd・YAGレーザー( Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 の => 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 が必須です。 (ちなみに「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」 とりわけ 「レーザー光ビーム」直径が10円玉くらいある 「脱毛レーザー仕様」の「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は 全く「役にはたちません」) という現実的な「レーザー光照射装置」の組み合わせで。 ##4 患者さんの「太田母斑:おおたぼはん」の「病態」或は「部位と範囲」 により 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique: MQST」 の用いる「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」 の順番をどんどんと変えていきます。 ##5 「太田母斑:おおたぼはん」を始めとする 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」には すべからくの 「メラニン:melanin」蒸散に用いうる 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」を すべからく可動状態に致します。 ##6 これが私の「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」 の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」なのです。 ##7 その結果「どんどん綺麗になられていく患者さんの「症状・症候」」 が私の「喜び」でもあり。 患者さんの「喜び」ともなりましょう。








#19結論-1: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」 の御回答として。 ##3 箇条書き的な御回答は到底に不可能です。 ##4 よりまして 上記「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 をはじめとする 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に対する。 私の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」 そして この「治療戦略」を支える 私の 「レーザー光照射」の毎回或は毎回各時期における 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 の「ダーモ・スコピー:dermascopy」による「診断戦略」につき。 付記して 私は「レーザー光照射」で「治療戦略」をたてるべき「病態」の患者さん には。 「「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」 に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えています。 ##5 上記御記載させていただき御回答に変えさせていただければ と今の私は考えます。




#20結論-2: ##1 「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。 太田母斑の本物のレーザーを施術されている 東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に 御願い致します。」 との事です。 ##2 御評価いただきましたことを深い感謝にたえません。 とても嬉しいです。 ##3 御回答が遅れては申し訳なく存じます。 適切な御回答にいたるまで とりあえずに第一報としての御回答を致します。 ps 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 高校3年生の娘。生下時より右目の下の薄い太田母斑のQ-YAGレーザー。 [2] [2007年 8月16日 15時24分15秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/60852482968858.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/60852482968858.html を御参照頂けますか。 上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。 何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。 [2008年10月15日 21時20分22秒]









お名前: 36歳女性女性    36歳女性女性です。 15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。 今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。 山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。 太田母斑の本物のレーザーを施術されている 東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に 御願い致します。 要領の悪いご質問ですみません。 お忙しいところを申し訳ございません。








太田母斑 のレーザー・レーザー治療・レーザー外科。レーザーで評判の 山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー



[2008年10月11日 22時48分38秒]
























続きを読む "大田母斑の治療法"

|

・酒さレーザーで名医で口コミの山本クリニック世田谷山本先生の病院に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学病院で山本クリニック 美容外科 世田谷を薦められました。九州でも口コミの山本クリニック 世田谷美容外科。熊本から週一回通院可能です。

地元の大学病院で山本クリニック美容外科・世田谷を薦められた。九州でも口コミ世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷の山本先生 59歳女。赤ら顔・酒さレーザーで名医で口コミの山本クリニック世田谷山本先生の病院に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学病院で山本クリニック 美容外科 世田谷を薦められました。九州でも口コミの山本クリニック 世田谷美容外科。熊本から週一回通院可能です。山本先生よろしくお願いいたします 59歳女。赤ら顔・酒さレーザー口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学病院で山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生を薦められました。九州でも口コミの山本先生 世田谷。熊本から週一回通院可能です。山本先生よろしくお願いいたします 59歳女。赤ら顔・酒さレーザー口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学で山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生を薦められました。九州でも口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 の山本先生。熊本から週一回通院可能です。山本先生よろしくお願いいたします 世田谷区 山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
レーザーで評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生 のホームページ



この御相談の山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板内容です。↓ 山本クリニックの新しい美容外科・形成外科相談掲示板
http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php
の「トップ」から ログ番号検索 キーワード検索を
「26」でして頂けますか。
題名:酒さの何ともいえぬほてりともぞも




山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
題名:酒さの何ともいえぬほてりともぞも 相談者:ぴっぴー 年齢:59 性別:女性 地域:岩手県 2009/03/21 (土)20:24:24 初めまして。 大学病院の診断ですが鼻の酒さです。 酒さのでレーザー治療を考え山本先生のサイトに到着。 私の鼻は酒さで赤く毛穴は開いています。 美容目的ですが ほてりやもぞもぞ感が私には辛いです。 相談のポイント(一番知りたいことです)。 ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。 酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。 お忙しいところを要領の悪いご質問ですみません。  



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「相談のポイント(一番知りたいことです)。 ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。 酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の「本体」は。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による ものです。 すなわち 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 による「症状・症候」です。 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 により 「温・痛覚障害」が発生致します。 「温・痛覚障害」は「自発痛」或は「錯感覚」「異感覚」の 「範疇(カテゴリー)」の 「感覚障害・知覚障害」であり。 これにより 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の出現に到るものです。 「酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 => 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」がなおれば 「治るはずです」。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「症状・症候」とはいかなる「病態」から発生し。 それは「何か」という。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態概念」 の「根本」をつかれた御相談です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの お顔の「症状・症候」から。 単純に 「赤ら顔」とか「「毛穴」の広がり」とのみしか表現されない 先生もいらっしゃるかもしれません。 そしてさらに 「よくない事例」では。 「赤ら顔」「毛穴痕の拡大」として 「毛細血管拡張:もうさいけっかんかくちょう:capillaryreaction」 と間違われて。 (「毛細血管拡張:もうさいけっかんかくちょう:capillary reaction」= 「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」= 「血管腫」です) 「赤」に反応する「レーザー光照射装置」 を用いて「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんを治そう」とする 先生もいらっしゃるかもしれません。 お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。 けれども。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しては。 このような「御診断」のもとでの 「治療戦略」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 患者さんにとっては。 「当然にしておきる」副作用あるいは「しかるべくしておきる」施術後の苦痛 の「根源」になってしまうことが多いものです。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を 「毛細血管拡張:もうさいけっかんかくちょう:capillary reaction」 =「血管腫」と間違われて 「Vビームレーザー」などを「レーザー光照射」されると 大変なことになります。 (「皮下内出血」をおこし「青タン」になりお顔がぱんぱんにはれます)



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「脂腺疾患:しせんしっかん」です。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の分布 や 「上眼嶮(うわまぶた)」の「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」 の分布と と非常に緊密な関連を有しています。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の増殖に関与する 神経であり。 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の増殖抑制に関与する 神経であるといえます。 ちなみに 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」は「眼球を動かす」「外眼筋」の運動神経 です。 また「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」の「副交感神経」成分は 「瞳孔」の「内眼筋」に作用し瞳孔を縮瞳させる神経です。 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」が 顔面の「皮膚=表皮+真皮」に分布する「部位と範囲」は 極めて狭いのですが存在致します。 「上眼嶮(うわまぶた)」と「下眼嶮(したまぶた)」 のみです。 この 「動眼神経:第3脳神経・Ⅲ」の分布により 「下眼嶮(したまぶた)」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の「発生しえない「部位と範囲」」となります。 この現象は。 (「下眼嶮(したまぶた)」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の「発生しえない「部位と範囲」」となります。) 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの 「下眼嶮(したまぶた)」はその患者さんの 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」のない場合の 「元来のお色」= 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 を推定・確認しようとするときに大変役に立つ重要な部位*になります。 * (「下眼嶮(したまぶた)」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の「発生しえない「部位と範囲」」となります。)*



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」は お顔の「知覚神経」です。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の分布 する部位に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は多いに発生致します。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の原因となる 脂腺は「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」であり 「黒い」色をしています。 そして 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が 「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん」 の周囲にが幾重にもまきついて。 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 を形成。 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の 「沢山の束(たば)」の断面が。 「お顔」の「皮膚=表皮+真皮」に俗にいう 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の赤味としてあらわれます。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の分布域 に出現する「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は。 当然に。 「お顔」の「感覚神経」である 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」に関与して 「感覚障害・知覚障害」を惹起致します。 これが 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害として具現化致します。 この「感覚障害・知覚障害」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害と呼称されます。 そしてこの 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害 はとりわけて 頬酒さや鼻酒さやこめかみ酒さ鼻横酒さに強くきます。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
いずれの「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの場合も 同様なのですが「症状・症候」は「皮膚=表皮+真皮」のほかに 「眼」にきます。 「眼の奥がいたい」「眼が重たい痛み」或は「瞼が重い」 「ピント・フオーカス・視力があいずらい・眼鏡があわない・見づらい」 があります。 これあらの「症状・症候」がある場合 「酒さ性結膜炎」「酒さ性角膜炎」です。 「酒さ性結膜炎」「酒さ性角膜炎」は 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「機能性末梢神経障害」であるがゆえに。 「眼科専門医先生」の検査では大きな「異常所見」はないといわれることが 多いものです。 「ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。」 との事です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の「本体」は。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による ものです。 すなわち 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」による 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の増殖による 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 による「症状・症候」です。 「三叉神経:torigeminalerve:さんさしんけい」の 「刺激」或は「圧迫」による「機能性末梢神経障害」 により 「温・痛覚障害」が発生致します。 「温・痛覚障害」は「自発痛」或は「錯感覚」「異感覚」の 「範疇(カテゴリー)」の 「感覚障害・知覚障害」であり。 これにより 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の出現に到るものです。 「酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 => 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」がなおれば「治るはずです」。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
ちなみに 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は その他の「レーザー光照射」の対象となる 「皮膚=表皮+真皮」の「病態」を合併していることが多いものなのです。 たとえば 「太田母斑:naevusfusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:おおたぼはん」+ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 や 「汗管腫(かんかんしゅ);sylringoma:シリンゴーマ」*+ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 のような組み合わせはよく経験致します。 (*とりわけ 「クリア・セル・汗管腫:clear-cell syryngoma」と併発することが あります。)



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「ほてりやもぞもぞ感の原因は何?。 酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 上記御回答致しました。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」 として「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の過剰産生増殖 により。 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の「知覚神経障害」 が「発生」致します。 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」の「機能性末梢神経障害」 が発生致します。 これが 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害の「本体」です。 すなわち。 「三叉神経:torigeminalnerve:さんさしんけい」は 「刺激」或は「圧迫」されて「温・痛覚障害」が発生致します。 「温・痛覚障害」は「自発痛」或は「錯感覚」「異感覚」の 「感覚障害・知覚障害」に到ります。 「酒さがなおればこの辛いほてりやもぞもぞ感も治りますか。」 との事です。 => 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」がなおれば「治るはずです」。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 一般的にポピュラーな「病態」なのですが。 実際に現実的には正診断率の大変低い「皮膚=表皮+真皮」の「病態」 ではあるのです。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しましては さらなる詳細につきましては。 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 1・ 酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方 [2] [2008年 7月20日 16時53分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html 2・ 酒さの原因と。顔で酒さのできないところ教えて頂きたいのです。 [2] [2008年 9月 7日 17時45分 7秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html 3・ 酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう [2] [2008年11月15日 22時25分42秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html 4・ なやんでいることは、顔の赤いことです。 [2] [2008年11月30日 16時30分32秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/126590831278921.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/126590831278921.html 5・ 私は酒さのようです。 [2] [2008年 9月 4日 16時49分11秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/502201349780993.htmlb http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/502201349780993.htmlb 6・ 顎ニキビ跡ポツポツではない赤みで全体に広がり消えない。 [2] [2009年 1月 2日 16時19分41秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/93953443791634.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/93953443791634.html 7・ 頬の酒さの山本先生のレーザー治療中での注意事項 [2] [2009年 2月14日 20時59分12秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/422346740801917.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/422346740801917.html そして更に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する 総集編として 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14 [2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html を 御参照頂けますか。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
下記のpsも御参照頂けますか。 ++++++++++++++++++++++ ps1 1・「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の部位分類 御相談者の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 鼻との事です。 念のため「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の分類につき御記載致します。 御参考になれば何よりです。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には様々な分類が あります。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類 としてとても有名な。 病理学的な 1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosaceaerythematosa) 2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acnerosacea) 3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma) の分類は。 判りやすそうでいて現実的な「診断戦略」や「治療戦略」への 応用という「臨床診断学」の観点からは。 「極めて役にはたたない分類」です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」はお顔にできる 「部位と範囲」により。 1・一般的な「4つの部位」 2・特殊な「3つの部位」 の「1・」+「2・}=「7つの部位」にできる 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類が 役にたちます。 すなわち ------------------------------- 「1・一般的な「4つの部位」」 1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheekrosacea:チーク・ロザケア」 2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasalrosacea:ネーサル・ロザケア」 3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 4・「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 「2・特殊な「3つ の部位」」 5・「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」 6・「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:templerosacea:テンプル・ロザケア」 7・「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasalosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」 ------------------------------- の「7部位」です。 これらの「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「部位と範囲」により。 「症状・症候」の性格もことなります。 そしてひいては「レーザー光照射装置」による 「治療戦略そのもの」も「治療戦略の方法」も異なります。 ++++++++++++++++++++++



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ
ps2 ++++++++++++++++++++++ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副症状・副症候」 ##1 「残像」が「強く」光が嫌いでは ##2 「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。 ##3 視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。 ##4 忘れ物が多くなっていませんか。 ##5 土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。 ##6 お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。 ##7 アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は ##8 光・音に過敏になられていませんか。 ##9 就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。 ##10 就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。 ##11 目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。 ##12 眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか おおくは片側です。 ##13 低い枕でないとお休みになれないのでは ##14 節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です) ##15 物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。 ##16 休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。 ##17 終末に具合が悪くなりませんか。 ##18 いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。 ##19 「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」 はありませんか。 ##20 俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感] がくることはありませんか。 ##21 「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。 ##22 水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。 ##23 喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。 ##24 口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている 感じはありませんか。 ##25 咳をすると痛みませんか。 ##26 「下をむくと」辛い感じがされませんか。 (バーバーズ・サイン:Barber'sign:理髪店症候) ##27 他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。 ##28 急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。 ##29 お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると 天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。 ##30 肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。 「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」 で御座います。 ##31 「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが おありではないでしょうか。 ##32 「左側」のほうが痛くはありませんか。 ##33 後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり さわると痛くないでしょうか。 これらの「症状・症候」は不思議ですが 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副症状・副症候」 として有名なものです。 ++++++++++++++++++++++ 上記御回答致しました。 上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。 何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生 の
公式ホームページ

続きを読む "・酒さレーザーで名医で口コミの山本クリニック世田谷山本先生の病院に熊本から週一回通院可能です。赤ら顔・酒さも辛いです。またもぞもぞ感・ほてり感もとてもつらく化粧したり暑い日にはとて辛い。地元の大学病院で山本クリニック 美容外科 世田谷を薦められました。九州でも口コミの山本クリニック 世田谷美容外科。熊本から週一回通院可能です。"

|

眼の下のクマのレーザー治療 経験談






眼の下のクマ・目の下のクマで悩んでいます。眼の下のクマ・目の下のレーザー治療で名医 口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都 に目の下のクマのレーザー治療をお願いいたします。青森から週一回通院可能です。36歳女。 目の下のクマレーザーで名医で口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生にレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。 目の下のクマ・くま・眼の下のクマ・の下のレーザーで名医で口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生に目の下のくま・目の下のレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。 クマ・眼の下のクマ・目の下クマのレーザー専門医・山本クリニック美容外科世田谷・。 目の下のくま・目の下のクマ・眼の下のクマ・めのしたのくま・くま・クマ・シミ・あざ・アザ・下眼嶮(したまぶた)・レーザー・ レーザー・レーザー治療・レーザー専門医・。 山本クリニック脳神経外科世田谷・山本クリニック美容外科世田谷・。




山本クリニック 世田谷 美容外科 「御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。」 との事です。 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが。 「顔面表情筋」の「直上」」の「顔面皮膚」である 「眼嶮(まぶた)」は「精密機械」であり多数の「レイヤー:layer」= 「層状構造物」から構成されています。 この「レイヤー:layer」=「層状構造物」の各段階の「膜」に 「薄くなっていたり」 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」が あると「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 が発生到します。 皆様「CDrom」が虹「色」をされているのをご存知であろうと 思います。 これは「CDrom」が「レイヤー:layer」=「層状構造物」が薄く 情報伝達のため「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 であるからであり。 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」により「回折:かいせき」 という現象を起こすためです。 同様な現象は「貝殻」「真珠」や「ラブラドライト(鉱物)」 でも知られています。 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「メタリック」な色合いは。 このようにして「眼嶮(まぶた)」を構成するデリケートな 「レイヤー:layer」=「層状構造物」が「薄く波打つ」あるいは 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 により発生到します。 このような「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「治療戦略」は「レーザー光照射」とりわけ 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「レイヤー:layer」=「層状構造物」に 「皮膚のターン・オーバー」に乗っかりながら 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 をかけてあげながら。 「レイヤー:layer」=「層状構造物」を平坦化していくことにあります。




山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。



【61】 題名:眼の下のクマ・目の下のクマでメタリックなあおさです・・ 相談者:klm44 年齢:44 性別:女性 地域:奈良県 2010/01/20 (水)22:32:46

山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。 >
眼の下のクマ・目の下のクマですが。 メタリックなほどの濃さというかあおさです・・ とても悩んでいます。 総合病院の皮膚科も3件まわりました。 メラノーシスといわれたりもしました。太田母斑かもしれないともいわれましたが。 結局両目の左右対象にはメラノーシスも太田母斑もできないし。 メラニン沈着としては何かおかしい・。 結局どこの皮膚科でも「くま」であろうということになりました。 山本クリニック美容外科世田谷の相談掲示板で。 私は眼の下のクマ・目の下のクマであることが確信をもてました。 そして。 眼の下のクマ・目の下のクマの中でも 「影クマ」「メイク・化粧クマ」 というものであることがわかりました。 御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。 是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。 お忙しいところを申し訳ございません・・。 よろしくお時間のあるときにでも御回答いただければと 御願い致します。 よろしくお願いいたします。



この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61 です。 これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 御相談者の御相談内容要旨御記載から 御相談者の御指摘のとおりこの眼の下のクマ・目の下のクマは 「影クマ:shadow-shadow」あるいは化粧で目立ってしまうことが あり「メイククマ:化粧クマ」とも呼称されます。 眼の下のクマ・目の下のクマでも「メタリックブルー」の 眼の下のクマ・目の下のクマで。 「メイククマ:化粧クマ」=「影クマ:shadow-shadow」の場合。 「レーザー光照射」の難易度は非常に高いです。 私たちはわかるのですが。 「レーザー光照射」をされている間に次第に 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 になっていきますが。 「皮膚のターン・オーバー」に上手にのらないと 患者さんは「「色」が消えた気がせず」スランプ状態に陥られることも あります。 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の場合 は「レーザー光照射」の回数は多く必要と到します。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
#1 ##1 「眼の下のクマ・目の下のクマですが。 メタリックなほどの濃さというかあおさです・・ とても悩んでいます。 総合病院の皮膚科も3件まわりました。 メラノーシスといわれたりもしました。太田母斑かもしれないともいわれましたが。 結局両目の左右対象にはメラノーシスも太田母斑もできないし。 メラニン沈着としては何かおかしい・。 結局どこの皮膚科でも「くま」であろうということになりました。 山本クリニック美容外科世田谷の相談掲示板で。 私は眼の下のクマ・目の下のクマであることが確信をもてました。 そして。 眼の下のクマ・目の下のクマの中でも 「影クマ」「メイク・化粧クマ」 というものであることがわかりました。 御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。 是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。 お忙しいところを申し訳ございません・・。 よろしくお時間のあるときにでも御回答いただければと 御願い致します。 よろしくお願いいたします。」 との事です。



#2 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の レーザー治療・レーザー外科 の「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には 「4種類」あります*。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「皮膚の薄いくま」と考えます。 ##3 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療戦略」は 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 による「レーザー・リサーフエシング」の独壇場です。 ##4 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 とりわけ 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「レーザー・リサーフエシング」に抜群に優れています。 ##5 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは 超高性能Qスイッチレーザー治療」 は 根治療法であり「対症療法」ではありません。 ##6 「再発」とは無縁の「治療戦略」です。 ##7 #3に眼の下のクマ・目の下のクマの臨床分類につき 触れておきます。



#3 ##1 眼の下のクマ・目の下のクマには通常「4種類」に 分類到します。 ###1 「皮膚の薄い「目の下のクマ」 」 =>最も多いものです。 ###2 「アトピークマ」 =>「夜間就眠中」などに「御自分」で引掻かれて しまう「病態」です。 ###3 「循環不全クマ」 =>悪性疾患あるいは慢性の重篤「病態」があり 「悪液質:カケキシア:カケキシー」から羸痩(るいそう) を経て眼の下のクマ・目の下のクマの出現をみるものです。 ###4 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 => 青く暗く黒くかつ光る感じのするクマです。 最初は「メラニン沈着」と間違われることすらあります。 ##2 眼の下のクマ・目の下のクマは##1の分類のほかに。 ###1 「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりふくれた」「目の下のクマ」の「病態」 ###2 「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりへこんだ」「目の下のクマ」の「病態」 に分類することも御座います。 眼の下のクマ・目の下のクマの患者さんは 概ねこの両方の成分をお持ちの方が多いものです。 ##3 「メイククマ:化粧クマ」=「影クマ:shadow-shadow」は 明らかに眼の下のクマ・目の下のクマ・クマなのですが。 特徴があります。 ##4 この「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 の特徴を#4に御記載致します。



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
#4 ##1 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 患者さんはまず実際に現実的には正診断率の大変低い「病態」 であり。 ##2 「光るような青み」があるために「メラニン沈着」と間違われます。 ##3 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の患者さん は眼の下のクマ・目の下のクマ・クマに間違いはないのですが。 「上眼嶮(うわまぶた)」内側にも「クマ」が同じように 発生していることがあります。 =>##4 ##4 そのような意味では眼の下のクマ・目の下のクマ・クマというよりは 「眼のクマ・目のクマ」と呼称したほうがよいと思われることがあります。 ##5 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」それぞれでクマの色調というか 色合いが変化到します。 そして「光線2方向」=「自然光」+「白色光」にてなんらの 蛍光を発していると思われる「病態」の患者さんすらいます。 ##6 メイク・化粧で「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 を隠すことは不可能です。 これは他の眼の下のクマ・目の下のクマ・クマ全般に言えることです。 ##7 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマの中でも 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」は メイク・化粧で「症状・症候」が「強くなると御自覚される」 患者さんが多いものです。



#5 ##1 「御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。」 との事です。 ##2 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが。 「顔面表情筋」の「直上」」の「顔面皮膚」である 「眼嶮(まぶた)」は「精密機械」であり多数の「レイヤー:layer」= 「層状構造物」から構成されています。 ##3 この「レイヤー:layer」=「層状構造物」の各段階の「膜」に 「薄くなっていたり」 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」が あると「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 が発生到します。 ##4 皆様「CDrom」が虹「色」をされているのをご存知であろうと 思います。 これは「CDrom」が「レイヤー:layer」=「層状構造物」が薄く 情報伝達のため「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 であるからであり。 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」により「回折:かいせき」 という現象を起こすためです。 ##5 同様な現象は「貝殻」「真珠」や「ラブラドライト(鉱物)」 でも知られています。 ##6 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「メタリック」な色合いは。 このようにして「眼嶮(まぶた)」を構成するデリケートな 「レイヤー:layer」=「層状構造物」が「薄く波打つ」あるいは 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 により発生到します。 ##7 このような「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「治療戦略」は「レーザー光照射」とりわけ 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「レイヤー:layer」=「層状構造物」に 「皮膚のターン・オーバー」に乗っかりながら 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 をかけてあげながら。 「レイヤー:layer」=「層状構造物」を平坦化していくことにあります。



#6 ##1 「是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。」 との事です。 有難うございます。 ##2 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「レーザー光照射」の難易度は非常に高く。 ##3 まず大抵の患者さんで「週一回(日)のペース」= 「「皮膚のターン・オーバー」の1/4=7日間」= 「golden pace」での「レーザー光照射」で28「回数(日)」 くらいで 「下眼嶮(したまぶた)」が 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 になってきたことが実感されます。



#7 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の レーザー治療・レーザー外科 の「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には 「4種類」あります。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 典型的な「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」と考えます。 ##3 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の中でも 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の「治療戦略」は 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 による「レーザー・リサーフエシング」の独壇場です。 ##4 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 とりわけ 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「レーザー・リサーフエシング」に抜群に優れています。 ##5 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは 超高性能Qスイッチレーザー治療」 は 根治療法であり「対症療法」ではありません。 ##6 「再発」とは無縁の「治療戦略」です。



#8 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による 「レーザー・リサーフエシング」に関しては。 ##2 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 で「レーザー光照射」を繰り返す「治療戦略」が必要です。 ##3 「超高性能Qスイッチレーザー外科 あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」での 「レーザー・リサーフエシング」の「レーザー光照射」は。 「down time:ダウン・タイム」(この言葉は日本で生まれた用語) が全くありません。 ##4 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」ごとの「レーザー光照射」は 「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。



#9 ##1 「レーザー光照射」の「メカニズム」としては 「3種類」の「メカニズム」 が御座います。 ##2 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による「レーザー・リサーフエシング」に際しては 「レーザー光照射」の「メカニズム」としては「3種類」の「メカニズム」 「phto-thermal effects:「光熱反応」 「photo-chemikal effects:「光化学反応」」 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」 の中で 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」のみを 用います。 ##2 「熱」に化けません。 => 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) ##3 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) = 「photo-ablation:フオト・アブレーション」とは 「熱作用を用いず組織を再構築させるレーザー治療」 のことです。 ##4 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」に この 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) による 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 により「治療戦略」をとります。 ##5 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人であれば 「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います



#10結論: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマの中でも 難易度の高い典型的な「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 です。 ##3 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」は 「下眼嶮(したまぶた)」あるいは「上眼嶮(うわまぶた)」 を構成する「レイヤー:layer」=「層状構造物」 の「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 にて発生到します。 ##4 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマ全般の 「過去の御相談と御回答」につきましては 御相談者はもう読まれているかもしれませんが。 =>##5 ##5 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」総集編8 [2] [2008年 5月17日 21時18分59秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0581276920429481.html を御参照頂けますか。 ##6 綺麗に治したいですね。 私も頑張ります。



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
Thursday 1/21 2010 16:48pm この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61 です。























続きを読む "眼の下のクマのレーザー治療 経験談"

|

酒さのQスイッチレーザー治療でQスイッチNd・YAGレーザーの腕前は世界一で名医で口コミの世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷・東京都のレーザー治療御願い致します。

成功。赤ら顔・酒さのレーザー治療の美容外科で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都に赤ら顔・酒さのレーザー治療御願い致します。長崎在住。25歳女。 赤ら顔・酒さのレーザー治療で口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生、赤ら顔・酒さで悩んでいます。赤ら顔・酒さのレーザ治療で口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科の山本先生のレーザー治療を受けたいです。長崎から週一回通院可能です。25歳女性。 赤ら顔・酒さのレーザー治療で名医で口コミの世田谷区 山本クリニック 美容外科 世田谷 山本先生、赤ら顔・酒さで悩んでいます。赤ら顔・酒さレーザー・レーザー治療で名医口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の治療を受けたいです。決断致しました。山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生に御願い致します。長崎在住。長崎から週一回通院可能です。25歳女性。




暖かい山本クリニック美容外科世田谷の治療を受けたいです。決断致しました。山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生に御願い致します。長崎在住。長崎から週一回通院可能です。25歳女性。 赤ら顔・酒さ(しゅさ)のレーザー治療で名医口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都。 酒さ・しゅさ・赤ら顔・毛穴痕・にきび・尋常性痊瘡・にきび跡・にきび痕・にきびあと・毛細血管拡張症・怖いVビームレーザー・レーザー専門医・。 山本クリニック脳神経外科世田谷・山本クリニック美容外科世田谷・。




にきび」・にきび跡・にきび痕と間違われやすい酒さ:しゅさについて。 にきび痕=にきび引っ掻き痕のレーザー治療・レーザー外科のレーザー治療で名医口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都にお願い致します。 赤ら顔・酒さの酒さ専門医でレーザー専門医の山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都。 綺麗に消せるレーザー・レーザー治療・レーザー専門医で名医で口コミの世田谷区 世田谷 美容外科 東京都 で本物のレーザーを受けたい。 長崎在住。長崎から週一回通院可能です。25歳女性。





お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL


レーザーで評判の
東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科
の山本博昭 先生 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html




この御相談の山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板URLです。↓



顎ニキビ跡ポツポツではない赤みで全体に広がり消えない。 [2] [2009年 1月 2日 16時19分41秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/93953443791634.html



これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御気持ちは大変よく判ります。 けれども 「御顔」の「Vビームレーザー」には極めて 慎重になられてください。 「赤ら顔」であれば「Vビームレーザー」の「治療戦略」 は大変な間違いです。 何卒に御注意下さい。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「血管腫」の「治療戦略」である 「Vビームレーザー」の適合性が見出せません。 御相談者の 「症状・症候」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」* であり 「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」 であり 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+ 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) です。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「脂腺疾患:しせんしっかん」である。 「毛細血管拡張:もうさいけっかんかくちょう:capillary reaction」 は「脂腺疾患:しせんしっかん」で附随しても。 断じて 「もうさいけっかんかくちょうしょう」= 「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」= 「血管腫」ではありません。 「Vビームレーザー」は当院にも 「6機種」ありますが。 間違っても御相談者の「症状・症候」には用いません。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に「Vビームレーザー」 を用いると大変なことになります。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++ (*「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 は「毛包炎:もうほうえん:folliculitis」を合併しやすく 「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」と間違われることが あります) #1 ##1 「こちらに御相談せていただいていいのか、 他にお問い合わせする適切なところがあったら 申し訳ありません。 私は大学1年生の女なのですが、 (点々でポツポツではなく、全体的に広がっているもの) が顎に4,5年あり、ずっと消えません。 他の皮膚科や美容外科では 「顎はなかなか場所的に消えにくいし、 赤みっていうのは治すのが難しいんだよ」 というようなことを散々と聞かされました。 しかし、毛細血管の拡張による赤みには Vビームがいいと聞いたので、調べていたところ、 山本クリニックが最初に出てきて、 レーザーが専門とのことでしたので、 ぜひお伺いできれば嬉しいなと思った次第です。 料金や、 もしくはVビームよりも適切な治療があるようでしたら、 そちらもぜひお教え願いたいです。 突然図々しく質問ばかりで申し訳ありませんでした。 とにかく治して、 人と上手く付き合えるきっかけにしたいので、 何卒よろしくお願いいたします」 との事です。 #2 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 1・ 「点々でポツポツではなく、全体的に広がっているもの) が顎にある」「症状・症候」につき「にきび痕=にきび引っ掻き痕」 が原因なのか・。 2・ 「赤ら顔」に相応する「病態」があり 「赤ら顔」になられているのか・ を慎重に御考えになられるべきだと 考えます。 ##2 御相談者の御相談としての問題点は 1・ 他の「お受けもちの先生方」からも 「他の皮膚科や美容外科では 「顎はなかなか場所的に消えにくいし、 赤みっていうのは治すのが難しいんだよ」 => 「皮膚科専門医先生」或は「美容外科専門医先生」 を「複数まわられて」 「赤み」という「症状・症候」 に「Vビームレーザー」という「治療戦略」がでていないこと。 =「「血管腫」ではない」 2・ 御相談者が。 => 「毛細血管の拡張による赤みには Vビームがいいと聞いたので、調べていたところ、 山本クリニックが最初に出てきて、 レーザーが専門とのことでしたので、 ぜひお伺いできれば」という「症状・症候」 3・「1・」+「2・」から「Vビームレーザー」を 受けられることの可否。 の「3つ」と考えます。 ##3 当然「Vビームレーザー」の「治療戦略」にはなりえません。 下記に順を追って御回答致します。 #3 ##1 「「他の皮膚科や美容外科では 「顎はなかなか場所的に消えにくいし、 赤みっていうのは治すのが難しいんだよ」 => 「皮膚科専門医先生」或は「美容外科専門医先生」 を「複数まわられて」 「赤み」という「症状・症候」」 との事です。 ##2 「赤ら顔」の「症状・症候」は 「皮膚科専門医先生」も「美容外科専門医先生」 お気づきになられていたと思われます。 ##3 けれども「どなたも「血管腫」にとる「Vビームレーザー」の「治療戦略」 を考えられていない」 と推察致します。 ##3 「赤ら顔」=「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」のかたに 「Vビームレーザー」を「レーザー光照射」されれば 大変な「皮下内出血」 に至りますから通常禁忌です。 #4 ##1 「血管のういた状態」に関して 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 今現在「顎」を中心とした「赤ら顔」であることは判りました。 ##2 けれども御相談者の御相談内容要旨御記載からは なんらの「Vビームレーザー」を「レーザー光照射」 する的確な「病態」は考えられないのですね。 ##3 「Vビームレーザー」は純粋な 「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」 です。 ##4 =>#5 #5 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「血管のう浮いた「症状・症候」」の解釈に関して 「皮膚科専門医先生」も「美容外科専門医先生」もいっしゃられていない 「治療戦略」である。 => 「「毛細血管の拡張による赤みには Vビームがいいと聞いたので、調べていたところ・略・」 が今ひとつ 判り辛いのですが。 ##2 御相談者は「Vビームレーザー」の 「レーザー光照射」に関してどのように 「お受けもちの先生」から御説明を受けられているでしょうか。 「Vビームレーザー」の「お話し」はあったのでしょうか。 ##3 「毛細血管:もうさいけっかん:capillary」の 反応している「病態」があることはわかります。 ##4 けれどもこの「症状・症候」は御相談者が おちいさいときからおありなのでしょうか。 ##5 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「血管腫」である 「もうさいけっかんかくちょうしょう」= 「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」= 「血管腫」の「病態」では ありません。 =>#6 #6 ##1 「もうさいけっかんかくちょうしょう」= 「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」= 「血管腫」は 生まれたときからある「病態」である。 成人してから「血管腫」が発生するとは全く考えられません。 ##2 「Vビームレーザー」は (「Vビームレーザー」も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。) 「色素レーザー;ダイレーザー」と同じく 「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」 です。 「血管腫」を治療する「レーザー光照射装置」です。 =>##3 ##3 「ひふのあかみ=あからがお」の赤味をとる 「レーザー光照射装置」ではありません。 =>#7 #7 ##1 皆様実によく間違われるのですが 「Vビームレーザー」自体が「血管腫」の血管に限らず 血管になんら直接作用するわけではないのです。 ##2 「美容外科専門医先生」でも間違えられている 先生は多いものです。海外留学の御経験がないと 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「診断」は まずなされません。 ##3 「Vビームレーザー」の 標的は血管の中を流れる「赤血球=「赤い」」が標的なのです。 ##4 「赤血球=「赤い」」ですから「毛細血管」の中を流れる「あかい」 「赤血球」を「破壊したエネルギー」で「「毛細血管」の壁」を「破壊」する 「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」が「Vビームレーザー」 です。 ##5 元来本物の「血管腫」であれば「血管腫」は 「「イチゴ状血管腫」に代表されるように「実体」があります。 ##6 だから 「Vビームレーザー」で 「赤血球」を「破壊したエネルギー」で「「毛細血管」の壁」を「破壊」する 意義は十分あります。 ##7 御相談者の御相談内容要旨御記載の「顎を中心とする広い赤味」 に「血管腫」のような「実体」はおありですか。 #8 ##1 「他の皮膚科や美容外科では 「顎はなかなか場所的に消えにくいし、 赤みっていうのは治すのが難しいんだよ」 というようなことを散々と聞かされました。 しかし、毛細血管の拡張による赤みには Vビームがいいと聞いたので、調べていたところ、 山本クリニックが最初に出てきて、 レーザーが専門とのことでしたので、 ぜひお伺いできれば嬉しいなと思った次第です。」 との事です。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載の「赤ら顔」が 「血管腫」でない「病態」であれば とうぜんのことながら 「顎はなかなか場所的に消えにくいし、 赤みっていうのは治すのが難しいんだよ」どころではありません。 ##3 「皮下出血」から「広範な皮下血腫」に至り 俗にいう「青タン」の状態にいたると考えます。 ##4 「Vビームレーザー」或は「色素レーザー;ダイレーザー」を 「治療戦略」として「レーザー光照射」を受けられる場合は 間違いなく「症状・症候」より 「血管腫である」と診断されていることになります。 ##5 もしも「お受けもちの先生」が 「Vビームレーザー」のお話しがあったのであれば 「Vビームレーザー」の対象「病態」を診断を確認されていただいたほうが よろしい」 と今の私は考えます。 ##6 極めて判りやすくいえば 「Vビームレーザー」のレーザー治療・レーザー外科を されるときは。 「お受けもちの先生」に 「診断名」をしっかりと 「紙に書いて頂いた」ほうが宜しいでしょう。 ##7 勿論当然のことながら 「赤ら顔」*や「毛穴痕の拡張」*は「症状・症候」 ですから「病名」ではありません。 しっかりとした「診断名」を 「紙に書いて頂いた」ほうが宜しいでしょう。 * 「赤ら顔」「毛穴痕の拡張」は 「アルコール」で 酔っ払ったときでも「おきる「症状・症候」」 です。 #9 ##1 それでは御相談者の御相談内容要旨御記載から 御相談者の「赤ら顔」の本当の「病態」はなんでしょう。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 典型的な 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であると考えます。 ##3 まず 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には 「レーザー光照射」による「治療戦略」で必要な 「分類法」が御座います。 ##4 この分類について下記に簡単にご説明致します。 => #10 #10 ##1 病理学的に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) 2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) 3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma) という分類法が御座います。 ##2 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の性状から 1・常時マジックインキをぬったような 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「強い」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 =「赤酒さ:あかしゅさ:red rosacea: レッド・ロザケア」 2・時々「赤み」の変化する桃色肌の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 =「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」 ##3-1 ------------------------------- 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」から 1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」 3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 4・「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 と「4分類」することが御座います。 ##3-2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」 から##5-1よりさらに 5・「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」* 6・「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」* 7・「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」* に「皮膚部位」からの 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」からの 分類が追加されることもあります。 ------------------------------- と「皮膚部位」から分類される「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 があります。 =>#11 #11 ##1 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「皮膚部位」からの分類ですが。 1・ 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」 2・ 「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」 3・ 「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」 は かなり「特殊性」があります。 ##2 #10の ##3-2の「7・」 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:テイーゾーン・ロザケア」 ですが。 ------------------------------- 2004年ころまでは 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」= 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」+ 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」 ------------------------------- と分類されてきました。 ##3 けれども 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」は 現実的には 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」 は「眉毛」-「鼻根部」までの「独特の赤み・桃色」でくることが あります。 ##4 また 「症状・症候」の「臨床診断学」からも ------------------------------- 2004年ころまでは 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」= 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」+ 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」 ------------------------------- ではなく 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」や 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」と異なり 「改めて」 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」という 「皮膚部位」からの分類の方が正確であると 考えられるようになりました。 ##5 #10の##3-2 の 「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」 の「temple」=「眼鏡のつるのあたる部分」ですが 「感覚障害・知覚障害」が強く脂漏性も強く 「皮膚部位」感染を起しやすい。 => 「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」と間違われる「クレーター」 を作ることで「レーザー光照射」では 難易度が高いです。 ##6 「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」 は 1・ 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」と 合併することもあれば。 2・ 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」 の「レーザー光照射」により「横に逃げる」形で 「毛嚢炎」」或は「毛包のう腫(もうほうのうしゅ)」を合併しやすい という特徴があります。 ##7 このようにして 1・ 「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」と 2・ 「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」 の場合には「レーザー光照射」と併用して 適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」 が必要な事例が多いものです。 #12 御相談者の御相談内容要旨御記載からは この 「病態」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 ##2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の中でも 「皮膚部位」からは 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 です。 ##3 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の中でも 「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」ではなく 「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」です。 ##4 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の中でも 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) 「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma) のなかで 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+ 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) です。 ##4 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が 「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん] の周囲にが幾重にもまきついた 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 から構成される 「脂腺疾患:しせんしっかん」です。 ##5 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「脂腺疾患:しせんしっかん」である。 ##6 断じて 「もうさいけっかんかくちょうしょう」= 「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」= 「血管腫」のような血管「病態」ではありません。 #13 ##1 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 である 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 とりわけ 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー: ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 で「治療戦略」をとります。 ##2 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 とは 「1ショット時間」が「10億分の10秒」で 「光速度」でも「光が3mしか進めない時間」で 「10億分の10秒」で高エネルギーの「1ショット」を。 毎秒10ショットする「エネルギー・スイッチ」をもつ 「高速レーザー」の「レーザー光照射」のことです。 ##3 「レーザー光照射」の「メカニズム」としては「3種類」の「メカニズム」 がります。 =>##4 ##4 1・「phto-thermal effects:「光熱反応」 2・「photo-chemikal effects:「光化学反応」」 3・「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」 の 中でも 「3・」の 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません)= (「ablation:フオト・アブレーション」であり 「アブユレージョン:aburasion:剥奪」ではありません) の作用をもちいて「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」を不活化 致します。 ##5 「熱」に化けません。 ##6 「photo-ablation:フオト・アブレーション」とは 「熱作用を用いず組織を再構築させるレーザー治療」 の「レーザー光照射」のことです。 ##7 赤くなりません・腫れません・痛くありません。 御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います #14 ##1 「「他の皮膚科や美容外科では 「顎はなかなか場所的に消えにくいし、 赤みっていうのは治すのが難しいんだよ」 というようなことを散々と聞かされました。 しかし、毛細血管の拡張による赤みには Vビームがいいと聞いたので、調べていたところ、 山本クリニックが最初に出てきて、 レーザーが専門とのことでしたので、 ぜひお伺いできれば嬉しいなと思った次第です。・略・ 料金や、 もしくはVビームよりも適切な治療があるようでしたら、 そちらもぜひお教え願いたいです。」 との事です。 =>##2 ##2 「赤ら顔」に「Vビームレーザー」は「効果」がある? [2] [2006年 5月22日 18時 4分 8秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/377695159594627.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/377695159594627.html を御参照頂けますか。 一部コピー致します => 「ごらんくださいませ★★★」 ##3 また「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 に関しましては 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14 [2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html も 是非御参照頂けますか。 ##3 御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」 に「Vビームレーザー」の「レーザー光照射」により 「悲惨な事例」が山ほどもあることを 何卒に御理解下さい。 #15 ##1 ちなみに 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 は「毛包炎:もうほうえん:folliculitis」(「毛穴」の細菌感染です) を合併しやすいという特徴があります。 ##2 ##1に「病態」を 「仮性粉瘤」= 「毛穴が塞がったために出来た粉瘤 (組織学的には毛包のう腫(もうほうのうしゅ))) と呼称されることもあります。 ##3 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 の特性の一つです。 #16結論: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」からは 典型的な 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 ##3 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+ 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)であり 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」であり 「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」です。 ##4 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 の 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」= 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー: ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 による「治療戦略」が最適であると考えます。 ##5 「赤ら顔」=>「Vビームレーザー」への短絡した 「治療戦略」には 極めて極めて御注意下さい。 ##6 「「御費用」や「初診のしおり」」に関しては 東京都世田谷区山本クリニックの 「レーザー光照射」の「初診のしおり」を御記載致します。 =>ps 「初診のしおり」 「赤ら顔」に「Vビームレーザー」は「効果」がある? [2] [2006年 5月22日 18時 4分 8秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/377695159594627.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/377695159594627.html を御参照頂けますか。 一部コピー致します 。 一部コピー致します。 => 「ごらんくださいませ★★★」 ++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++ ------------------------------- 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 「赤ら顔」に「Vビームレーザー」は「効果」がある? [2] [2006年 5月22日 18時 4分 8秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/377695159594627.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/377695159594627.html を御参照頂けますか。 一部コピー致します。 ------------------------------- これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。 けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。 ++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 御相談者の御相談内容要旨御記載から 「赤ら顔」は 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であり 「血管腫」ではありません。 「Vビームレーザー」の「レーザー光照射」の 「回数」とその「Vビームレーザー」の「効果」 を論ずる「病態」ではありません。 「現在自分は赤ら顔で悩んでいて、 Vビームが受けたいと思っています。 山本クリニックでは導入されているのですか?」 => 今現在「3機種」保有しています。 けれどもいずれも「血管腫」の「レーザー光照射装置」 として用いています。 けれども 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 には 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 を用います。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++ #1 ##1 「お聞きしたい事があってメールしました。 現在自分は赤ら顔で悩んでいて、 Vビームが受けたいと思っています。 山本クリニックでは導入されているのですか? そして他のクリニックなどでは 2~3回が標準みたいなことをいっていますが、 普通これは1回目から効果が感じられるのではないのでしょうか!? 前に一回他のクリックにお聞きしにいったのですが、 そこでは1回目から効果が出てくると伺ったのですが!! このクリニックでおっしゃられていることが 違う事に関してはどう思われますか!?」 との事です。 #2 ##1 御相談者は「Vビームレーザー」の「レーザー光照射」の 「回数」とその「Vビームレーザー」の「効果」 に関して御相談をされているものと 解釈致します。 ##2 「Vビームレーザー」も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。 ##3 「Vビームレーザー」は「血管腫」のレーザー外科の 「レーザー光照射装置」として用いられるものです。 ##4 御相談者の御相談内容要旨御記載 からは「赤ら顔」との事ですが 「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」 も含め。 或いは 「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」 以外の「おかお」の「ポートワイン」のような 「血管腫」の存在を示唆する御記載は見当たりません。 ##5 よしんば「Vビームレーザー」で「治療戦略」を とるべき「病態」であったとしても。=>##6 ##6 「他のクリニックなどでは 2~3回が標準みたいなことをいっていますが、 普通これは1回目から効果が感じられるのではないのでしょうか!? 前に一回他のクリックにお聞きしにいったのですが、 そこでは1回目から効果が出てくると伺ったのですが!!」 の「レベル」の「病態」は 「mm単位」の微小「病態」です。 ##7 「「現在自分は赤ら顔で悩んでいて、 Vビームが受けたいと思っています。 山本クリニックでは導入されているのですか?」 => 今現在「3機種」保有しています。 けれどもいずれも「血管腫」の「レーザー光照射装置」 として用いています。 俗にいう「赤ら顔」には一切用いる意味も「正当性」も ないから用いません。 #3 ##1 #2・##4からは 御相談者が「Vビームレーザー」の 「レーザー光照射」の「回数」とその「Vビームレーザー」の「効果」 を御心配されている「病態」である 「赤ら顔」は「血管腫」ではなくて 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 ##2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に 「錯覚」としてか「赤くない毛細血管」自体の 「病態」に「Vビームレーザー」が用いられることが ありますが間違いなのです。 ##3 よく間違われますが。「Vビームレーザー」は・ 「あからがお」などの「赤み」には元来「効果」は御座いません。 「赤ら顔」=「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であれば 「赤ら顔」は「血管腫」ではないからです。 #4 ##1 「現在自分は赤ら顔で悩んでいて、 Vビームが受けたいと思っています。 ・略・ そして他のクリニックなどでは 2~3回が標準みたいなことをいっていますが、 普通これは1回目から効果が感じられるのではないのでしょうか!? 前に一回他のクリックにお聞きしにいったのですが、 そこでは1回目から効果が出てくると伺ったのですが!!」 との事です。 ##2 「血管腫」のレーザー治療は「ダイ・レーザー」 (「色素レーザー」)或は「Vビームレーザー」を用います。 ##3 通常「血管腫」しかもお顔の「血管腫」は mm単位の直径ではないですから 「血管腫」であれば「治療戦略」に「年単位」の 時間をひつようとする。 ##4 「他のクリニックなどでは 2~3回が標準みたいなことをいっていますが、 普通これは1回目から効果が感じられるのではないのでしょうか!?」 等と言うような「2-3回」が標準で 「Vビームレーザー」を用いて 「治療戦略」をとれる「病態」など 「微小血管拡張」或いは「微小血管腫」以外には存在 致しません。 #5 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載からは この 「赤ら顔」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 です。 ##2 「酒さ」は御婦人に圧倒的に多い「病態」であり この「酒さ」の「病態」で苦労されている御婦人は多いのです。」 ##3 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「脂腺疾患:しせんしっかん」であり「微小血管拡張」 という「症状・症候」を伴うけれども 「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=「血管腫」 では毛頭ありません。 ##4 「赤ら顔」=「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を 「血管腫」と間違われて 「Vビームレーザー」「レーザー光照射」をされた かたの御相談は 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」 でもその御相談「文章」のみを掲載すれば。 ##5 =>#6の「ひらこ様」の如くになります。 #6 ・略・ ------------------------------- 13・ 本当にお世辞ぬきで(すみません)とてもよいです。 [2] [2006年 2月12日 14時14分23秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/228805892708809.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/228805892708809.html お名前: ひらこ    本当にお世辞ぬきで(すみません)とてもよいです。 レーザーの台数『だけ』をを宣伝する先生 [2] [2006年 1月22日 15時45分11秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/659761277566762.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/659761277566762.html の相談をさせていただきました。 ひらこ 32歳・女・会社員です。 山本先生昨日は有りがとうございました。 酒さですが6回目が昨日すんで今鏡をみると とてもよいんです。 本当に有りがとうございます。 『偶然に私の同じ職場の同僚(32才)も山本先生の酒さレーザー治療を をうけてとてもきれいであり毎週職場の話題になっていました。』 と前回ご相談させていただきました。 今は二人でペアで注目されています。 とてもよいです。 本当にお世辞ぬきで(すみません)とてもよいです。 信じられません。 IPLとVビームレーザーとクールタッチとは全く えらい違いやわと友人と話しました。本当にひどいめにあいました。 山本先生にレーザーをお願いできて本当によかったです。 大阪より通院させていただきます。 毎回がそして毎回の翌日のメイク前に鏡をみるのがが楽しみです。 本当に有りがとうございます。 本当にお世辞ぬきで(すみません)とてもよいです。 [2006年2月12日 08時47分40秒] ----------------------------------------------------------------------------------- 32・ 「酒さのレーザー治療 [2] [2005年 1月30日 11時 7分46秒] 」 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/362713228286342.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/362713228286342.html お名前: ゆうり    初めまして。おはようございます。 宮城県在住26歳女性です。 顔特に頬と鼻が緊張したりすると異様に赤くなります。 会社の近くに大学病院があり去年の2月に皮膚科で診ていただき 酒さといわれました。ビタミン剤を何種類か処方して頂きましたが 内服薬でなおるものかと内服はしませんでした。 その後別の美容外科の先生でVビームレーザー治療で3回通院しましたが 3回目のレーザー治療のあと(去年2月ー3月通院) 青タンのようになり(1cmくらいの斑点3つ)本当に困りました。 先生のホームページのこの相談掲示板で酒さのレーザー治療 を知りました。 週一回は平日でも(水曜日)通院はできます。 青タンのようになったりはしないでしょうか。青タンのようにならなければ 是非レーザー治療をお願いしたいと思い書き込ませていただきました。 [2005年1月30日 10時1分40秒] --------------------------------------------------------------------------------- 「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
[2009年1月2日 16時19分41秒]


お名前: 匿名希望   
こちらに御相談せていただいていいのか、
他にお問い合わせする適切なところがあったら
申し訳ありません。


私は大学1年生の女なのですが、
(点々でポツポツではなく、全体的に広がっているもの)
が顎に4,5年あり、ずっと消えません。

他の皮膚科や美容外科では
「顎はなかなか場所的に消えにくいし、
赤みっていうのは治すのが難しいんだよ」
というようなことを散々と聞かされました。

しかし、毛細血管の拡張による赤みには
Vビームがいいと聞いたので、調べていたところ、
山本クリニックが最初に出てきて、
レーザーが専門とのことでしたので、
ぜひお伺いできれば嬉しいなと思った次第です。

料金や、
もしくはVビームよりも適切な治療があるようでしたら、
そちらもぜひお教え願いたいです。

突然図々しく質問ばかりで申し訳ありませんでした。
とにかく治して、
人と上手く付き合えるきっかけにしたいので、
何卒よろしくお願いいたします

Friday, January 02, 2009 12:58 PM
[2009年1月2日 12時58分16秒]<




































続きを読む "酒さのQスイッチレーザー治療でQスイッチNd・YAGレーザーの腕前は世界一で名医で口コミの世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷・東京都のレーザー治療御願い致します。"

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »