« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

さかさまつげの手術を右側ですが手術をうわまぶたの、うらがわからあかんべーをするように瞼板への縫合で術後赤くなり痛いのです。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都



逆さ睫毛:さかさまつげのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。 さかさまつげの手術を右側ですが手術を上眼嶮の裏側からあかんべーをするように瞼板への縫合しましたが。術後赤くなり痛いのです。世田谷区 山本クリニック 世田谷にてレーザー治療御願い致します。42歳女。熊本在住。熊本から週一回通院可能です。 さかさまつげの手術を右側ですが手術をうわまぶたの、うらがわからあかんべーをするように瞼板への縫合で術後赤くなり痛いのです。 世田谷区 山本クリニック 世田谷にてレーザー治療御願い致します。42歳女。 逆さ睫毛:さかさまつげの手術のあと赤くなり痛い。世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療を御願い致します。 さかさまつげの手術の痛みのレーザー治療を山本クリニック 世田谷御願い致します。 ++++++++++++++++++++++ 42歳女。熊本在住。さかさまつげの手術を右側ですが手術をうわまぶたの、うらがわから「あかんべー」をする ように、瞼板に縫い付ける方法で手術を過去歴 2回施術致しました。 3か月前から、両方のめが赤く 痛みでくるしんでいます。 ぜひともに通院させていただきます。 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生 よろしくお願いいたします。 要領の悪いご質問ですみません。 ------------------------------ この相談への個別リンクは  http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=121  です。 これは困りましたね 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 ++++++++++++++++++++++ 1・ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 2・ 御相談者の御相談内容からは「逆さ睫毛:さかさまつげ」は 「「眼瞼内反」+「睫毛乱生」」の両方の「要素」をもたれているように思われます 3・ 根治手術が必要と判断致します。 4・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。 だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方 からのアプローチが必要です。 この場合ペインクリニックでは (「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません) これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 5・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は 局所麻酔で行えます。 けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。 「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。 ちなみに「逆さ睫毛:さかさまつげ」には 「「眼瞼内反」と「睫毛乱生」」の分類から 外科的手術が行われます。 また、 「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。 だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方 からのアプローチが必要です。 この場合ペインクリニックでは (「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません) これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++ 、 逆さまつげの治療法 逆さまつげは非常に痛いです。、何度も繰り返すため憂鬱な気持ちになるものです。 逆さまつげの対策や改善法で、スッキリしたほうが宜しいです。 逆さま つげは、まつげが通常は外側(そとがわに向かって生えているものです。 さかさまつげですが、「5種類」に分類致します。 ------------------------------ 1・ ところが毛根が内側(うちがわ)に生える場合があります。 2・ はえかたの毛根はは正常位置でも先端が内側にむかってことがあります。 3・ まぶたが内側に入り込んでしまうために起こるものもあります。 4・ 内科的要因 5・ その他 ------------------------------ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」とはこのようにして。 目の中にまつげが入ったり刺さったりしてしまうことを呼称いたします。 逆さまつげをそのままにしておくと、角膜など眼球を傷付けてしまいます。 さらに、炎症を起こすなど、眼病の原因ともなりかねません。 逆さまつげは眼科でまつげを抜いてもらうことで一時的に解消されます。 けれども、毛根が残っているため、また同じように生えてきてしまい再発致します。 逆さまつげには、上記のように、 「まぶたが内側に入り込んでしまうために起こるもの」 もあります。 このタイプは小さな子供に起こりやすいです。 この場合は、成長することで自然と治ることがあります。 ちなみに、「肥満や加齢など」が逆さまつげの原因のことがあります。 ------------------------------ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の「治療戦略」には 1・内科的なあるいはその他の「対症療法」があります。 2・外科的な「根治療法」があります。 ------------------------------ 1・ 1・内科的なあるいはその他の「対症療法」 外科的な治療の他に、「対症療法」 としてまつげパーマをかける方法があります。 これはしばらくの間はまつげが内側に向かないように 強制的にまつげに睫毛パーマをかけるものです。 ある程度の時間が経つと元に戻ってしまいますので、 定期的にまつげパーマをかける必要があります。 パーマをかけずにビューラーで上向きにさせることで対処することも可能です。 けれども、数時間で元に戻りますので、こまめにカールさせる必要があります。 自分でまつげを抜くかたがいます。けれどもよくはありません。 抜いた後の毛穴から炎症を起こしてしまうことがあります。 だから眼科で相談しながら行うことが一番よろしいでしょう。 2・外科的な「根治療法」 逆さまつげの手術 手術と聞くと大掛かりで怖い感じがするかもしれません。 けれども逆さまつげを根本的に治療するには一番効果的な治療なのです。 逆さまつげは薬やクリームなどで治療できるものではなく、 毛根の位置やまつ毛の生え方やまぶたの「病態」が根本的な原因です。 いくつかの治療法、対処法はあります。 定期的に継続して行わなければ再発してしまうものです。 逆さまつげをそのままにしておくと、視力低下を招く恐れもあります。 また、眼球や角膜を傷つけ、炎症を繰り返すと、角膜炎や角膜潰瘍にいたることもあります。 逆さまつげは手術することで根本的な治療が可能です。 生え方が内側に生えてしまっている場合は毛根をレーザーで焼く などの治療があります。 逆さまつ げには肥満や加齢が原因でまぶたが下がって来るために起こるものもあります。 これは正常な位置にもどすように手術することが可能です。 プチ整形で二重にすることで改善されることもあります。 いずれも部分麻酔で安全に効果的に行われますので、 有効な治療法と言えるでしょう。 子供とりわけ乳幼児の場合は全身麻酔で行われます。 その分、リスクは大きくなってしまいます。 継続的な改善策で十分対処できるか、「眼科専門医先生」の「病態」 への懸念など総合的に判断した上で手術を決定致します。 逆さまつげといっても本人は非常に辛く煩わしいものです。 しかし、十分にケアすることで緩和させることが出来ます。 だから、悲観しないようにしましょう。 まずは信頼のおける眼科医あるいは形成外科医師 を見つけておくことが大切です。 逆さまつげの手術ですが費用は一般的に埋没法で5万程度、 二重の方法で15万程度となっていますが「御施設」によりさまざまですから しっかり問い合わせされておいたほうが宜しいでしょう。 ちなみに 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は 局所麻酔で行えます。 けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。 「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」とは、 本来、外向きに生えて角膜(かくまく)(黒眼)に は触れない睫毛(しょうもう)(まつ毛)が、 内向きに生えて角膜に当たり、角膜に傷をつくる場合を言います。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の原因について。 ------------------------------ まつ毛が角膜方向を向く原因には、 1・ 「まぶた自体が内向きにまくれ込んでいる 「眼瞼内反」と、 2・ 「まぶたには問題なく、 毛根からのまつ毛の生え方がいびつで角膜側を向く「睫毛乱生」」とがあります。 3・ その他 ------------------------------ 1・ 眼瞼内反には、先天性のものと加齢性(老人性)のものが多く、 いずれもまぶたの皮膚の過剰やたるみ、皮下の筋肉の筋力低下などによるものです。 さらにまた、先天性のもので、まぶたの内反の程度が軽く、 皮膚や皮下脂肪が過剰なため、まつ毛の生える方向が内向きである場合、 とくに睫毛内反と呼ぶことがあります。 また、これらのほかに、炎症などの結果、 まぶたが変形して起こる瘢痕性(はんこんせい)のものや、 まぶたがけいれんして起こるものなどを含めることがあります。 いずれも、ひと並びのまつ毛全体が角膜方向を向くので、 多くのまつ毛が角膜に当たることになります。 2・ 一方、睫毛乱生は「眼瞼縁炎(がんけんえんえん)」など、 まつ毛の毛根部の炎症によって引き起こされることが多いです。 角膜に当たるまつ毛の数は1本のみの場合から多数の場合までいろいろです。 ------------------------------ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の「症状・症候」 乳幼児では 1・ 瞬目過剰(しゅんもくかじょう)(まばたきが異常に多い)、 2・ 羞明(しゅうめい)(光を異常にまぶしがる)、 3・ 結膜充血(眼が赤い)、眼脂(がんし)(目やに)、 4・ 流涙(りゅうるい)などを起こします。 2・ 小児、成人では以上に加え、異物感、痛みなどを訴えます。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の検査と診断 診察で、 1・ まぶたの形状、まつ毛が角膜に接触していること、 2・ 角膜の傷の程度などを診断致します。 常時まつ毛が角膜に接触している場合のほかに 、眼球運動やまばたきの強さ次第で、まつ毛が角膜に接触する場合 とがあります。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の治療の方法 1・ 先天性の眼瞼内反・睫毛内反の場合、成長とともに1歳前後で自然に治ることが多いので、 それまでは抗生剤の点眼などで様子をみるのが普通です。 2・ 2歳以上で治らない場合、 さらなる成長に伴い自然治癒することも期待できますが、 症状の強さ次第では手術を考えます。 3・ 加齢性の眼瞼内反では、まつ毛を抜くと一時的に症状は改善しますが、 またまつ毛が生えると同じことの繰り返しになります。 また、抜くにしても、ひと並びのまつ毛全体を抜く苦痛も決して楽な「治療戦略」ではありません。 手術して治すほうが効果的です。 4・ 睫毛乱生の場合 まつ毛を抜くと一時的に症状は改善しますが、 まつ毛が生えるとやはり同じことの繰り返しです。 抜く本数が少なくても、繰り返せば炎症を引き起こしたり、 さらに太いまつ毛が生えてくる場合もあります (といわれますが実際これはあくまでも教科書的です)。 「根治療法」には手術が必要です。 睫毛電気分解(まつ毛の毛根を電気の針で焼く)や冷凍凝固を行います。 また内反症手術に準じた手術などが行われますが、 簡単には治らない場合もあります。 結論: 1・ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 2・ 御相談者の御相談内容からは「逆さ睫毛:さかさまつげ」は 「「眼瞼内反」+「睫毛乱生」」」の両方の「要素」をもたれているように思われます 3・ 根治手術が必要と判断致します。 4・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。 だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方 からのアプローチが必要です。 この場合ペインクリニックでは (「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません) これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 5・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は 局所麻酔で行えます。 けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。 「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。 この相談への個別リンクは  http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=121  です。 世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都



続きを読む "さかさまつげの手術を右側ですが手術をうわまぶたの、うらがわからあかんべーをするように瞼板への縫合で術後赤くなり痛いのです。"

|

になっていてかゆみというか変なかんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。赤ら顔・酒さのレーザで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。赤ら顔・酒さのレーザー治療での治り方教えて下さい。52歳女・名古屋在住。愛知県から週一回通院可能です。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都











赤ら顔の頬酒さです。両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびを引っ掻いた痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変なかんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。赤ら顔・酒さのレーザで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。赤ら顔・酒さのレーザー治療での治り方教えて下さい。52歳女・名古屋在住。愛知県から週一回通院可能です。 ぽっと赤くなり、痛みというか熱い感じやもぞもぞ感が頬にくる酒さのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都。


レーザーで名医で口コミの世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都




赤ら顔・酒さ・酒さのレーザーによる治り方について教えてください。
レーザーで名医で口コミの世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都
御願い致します。




これはさぞかしにご心配なことと存じます。 御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。 ++++++++++++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。 大変に的を射られた御相談で感心致しました。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」 による 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」の。 「「毎週1回(日)照射」のペース」での 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消えていく経過についての 御相談と解釈致しました。 「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに 山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」 => 頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる 「一次消退」と。 「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は 「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する 「二次消退」で消えていきます。 またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」 と「同時」に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」 も「改善」していきます。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状が御座います。 「補足1」に御記載致します。  下記順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++++++++++++



#1 ##1 「山本先生初めまして。 52才女です。 酒さと4年前に診断されました。 そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。 山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい 心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました。 是非治療(レーザー)をお願いしようと決心してから4ヶ月もたち 早速にも予約をとらせていただきたいと昨日決断いたしました。 方法も費用も心得ています。 私の酒さは両側の頬です。 自分では1回の費用が5万円で 毎週通院して30回くらい必要なのかなあと考えています。 両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた 痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。 酒さにはかゆみってありますか。 またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに 山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。 お忙しい所をすみません。 お時間のあるときにまた治療を始めさせていただいてからでも よいのですが教えて下さい。」 との事です。 #2 ##1 「山本先生初めまして。 52才女です。 酒さと4年前に診断されました。 そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。」 との事です。 =>##2 ##2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に治療法がない などということはありません。 ##3 「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」 とりわけ 「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」 による「レーザー光照射」にて「治療戦略」を とります。



#3 ##1 けれども「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」 には 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」が「脂腺疾患」 であることを理解した上での「治療戦略」が必要です。 ##2 「欧米人」と異なり「日本人」は「皮脂腺」が豊富なため 「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」 として「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」があります。 ##3 勿論「欧州・米国」=「コーカサス人種」にも 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は御座います。 ##4 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の 「治療戦略」としては 「脂腺」を「不活化」する「レーザー光照射」が必要になります。 ##5 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「毛細血管拡増殖」という 「症状・症候」を伴います。 ##6 けれども断じて「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「毛細血管拡張症:tele-angiectasia」というような「血管腫」 ではありません。 ##7 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を「血管腫」と間違えて 「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」などの 「血管腫」「レーザー光照射装置」を用いると大変なこと になります。 ##8 当院にも「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」 はあり「血管腫」の患者さんの「治療戦略」に用います。 けれども「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん には用いません。



#4 ##1 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には 「レーザー光照射」による「治療戦略」で必要な 「分類法」が御座います。 ##2 この分類について下記に簡単にご説明致します。 ##3 病理学的に 1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) 2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) 3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma) という「分類法」 ##4 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の性状から 1・常時マジックインキをぬったような 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「強い」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 =「赤酒さ:あかしゅさ:red rosacea: レッド・ロザケア」 2・時々「赤み」の変化する桃色肌の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 =「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」 ##5 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」から 1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」 3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 4・「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 と「4分類」することが御座います。 (「major Four:大4部位」) ##6 ##5の 「2・」+「3・」= 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:テイーゾーン・ロザケア」 と呼称することもあります。 ##7 更に詳細な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「部位と範囲」 による分類には上記も 「major Four:大4部位」のほかに。 ------------------------------- 「specific Three:特異3部位」として 5・「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」 6・「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」 7・「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」 ------------------------------- に分類を加えることが御座います。
#5 ##1 上記の#4の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の それぞれによって「レーザー光照射」による 「治療戦略」は全く異なります。 ##2 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」のかたは 「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「クレーター」を 併せ持つことが多いです。 ##3 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の患者さん は「レーザー光照射」の難易度が最も「高い」です。 ##4 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは 「一種」独特の「もぞもぞ感」といった「知覚障害」を 「病態」と併せ持っておられるかたが多いものです。 ##5 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)のかたが 「知覚障害」のために「引っ掻くと」 「落屑性皮膚炎:らくせつせいひふえん」のような「小さなパイの皮」 のような「皮膚の破片」=「落屑:らくせつ」がついたり。 或いは 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)に 移行することがあります。 #6 ##1 「私の酒さは両側の頬です。・略・ 両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた 痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。 酒さにはかゆみってありますか。 またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに 山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」 との事です。 =>##2 ##2 御相談者の御相談の御記載内容からは 典型的な 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) であり 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 であり 「知覚障害」=「もぞもぞ感」を伴う 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で御座います。 ##3 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 (「major Four:大4部位」)* の場合に共通して 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 という「脂腺」の「配列」があります。 ##4 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「QスイッチNd・YAGレーザー: Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」 の「レーザー光照射」 により 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 に沿って「脂腺」が「不活化」されていきます。 ##5 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」とは 「毛細血管」を中心に周囲に「脂腺」の分布する「ちくわ」のような 構造物です。 ##6 ##3の「major Four:大4部位」に加えて 更に詳細な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「部位と範囲」 による分類には上記も 「major Four:大4部位」のほかに。 =>##7 ##7 ------------------------------- 「specific Three:特異3部位」として 5・「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」 6・「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」 7・「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」 ------------------------------- に「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「部位と範囲」 による分類を加えることが御座います。
#7 ##1 「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに 山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」 との事です。 =>##2 ##2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「QスイッチNd・YAGレーザー: Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」 の「「毎週1回(日)照射」のペース」で。 ##3 「レーザー光照射」により 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の場合 「頬と鼻翼の間」「頬と耳の間」の「内側」と「外側」から 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が飛んでいきます。 ##4 御相談者の御相談の御記載内容からは 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」であり 「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」です。 ##5 即ち頬の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は概ね「逆三角形」 をしている「内側」と「外側」から 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。 =>「一次消退」と呼称致します。 ##6 「内側」と「外側」の「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は 「部位」と「程度」という「内側」と「外側」の「間」に 次第に「「縦しま」の帯状」のように「赤み」=「赤さ」=「紅さ」 は消退していきます。 ##7 この「せばまった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の「部位」 は 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 の「断面」にそって「まる」状にところどころ 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。 =>「二次消退」と呼称致します。 ##8 ##5・6・7の 「「内側」と「外側」の「間」に次第に「「縦しま」の帯状」のように 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消退していきます。」+ 「「断面」にそって「まる」状にところどころ 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。」 の「ほぼ「同時」進行」で 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。 ##9 「QスイッチNd・YAGレーザー: Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」 による「レーザー光照射」で 「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」 である 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。 ##10 「断面」にそって「まる」状にところどころ 「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます =>「二次消退」と呼称致します」 は「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 を構成する「「脂腺」のターンオーバー」に依存致します。  



#8 ##1 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 と若干異なり。 ##2 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の 場合は 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 の「大きさ」が他の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 よりも大きい。 ##3 よって 「レーザー光照射」による「脂腺」を「不活化」する 場合 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 (とは「「毛細血管」を中心に周囲に 「脂腺」の分布するちくわ状の構造物」 のサイズが大きいので難易度ははるかに高くなります。



#9結論: ##1 御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。 ##2 「52才女です。 酒さと4年前に診断されました。 そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。」 => 間違いです。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」 で「治療戦略」をとります。 ##3 「山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい 心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました。」 => 有難うございます。 ##4 「是非治療(レーザー)をお願いしようと決心してから4ヶ月もたち 早速にも予約をとらせていただきたいと昨日決断いたしました。」 => 宜しかったです。 「予約」で御来院になられた「初診の当日」は 09:50AM到着で「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」 で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」を 拝見し 「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」 の走り方などを「「診断」致します。 」 その後「レーザー光照射装置」の「オリエンテーション」=「御説明」 を致します。  ##5 「方法も費用も心得ています。 私の酒さは両側の頬です。 自分では1回の費用が5万円で 毎週通院して30回くらい必要なのかなあと考えています。」*(=>ps1) => 御相談者の御相談の御記載内容からは 「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低30回(日)の 「レーザー光照射」が必要です。 「照射回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。 「照射回数(日)」は「皮膚のターンオーバー」=「4週間」の「倍数」 でTDF(time dose fractionation factor)を計算致します。  「30回(日)」「レーザー光照射」をされるのであれば 4週間(「「毎週1回(日)照射」のペース」で4回(日)) x8=32回(日)のほうが本当に宜しいです。 ##6 「両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた 痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。 酒さにはかゆみってありますか。」 => 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」であり 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「知覚障害」=「もぞもぞ感」 を伴い「夜中」に「引っ掻く」 典型的な「症状・症候」で御座います。 ##7 「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに 山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」 => 上記御回答致しました。 頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる 「一次消退」と。 「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は 「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する 「二次消退」で消えていきます。 ##8 またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」 と「同時」に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」 も「改善」していきます。 ##9 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に 御記載致します。  ##10 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」 は 「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」 の独壇場です。 ##11 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」をくれぐれも 「血管腫」と間違われて 「Vビームレーザー」或いは「ダイ・レーザー」「色素レーザー」 など「レーザー光照射」されないようにご留意は大変重要です。 ##12 もうお読みになられていることと存じます。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の過去の「御相談と御回答」の 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14 [2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html を御参照頂けますか。 ##13 綺麗に治したいですね。 私も頑張ります。



++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に御記載致します。  ##1 「残像」が「強く」光が嫌いでは ##2 「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。 ##3 視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。 ##4 忘れ物が多くなっていませんか。 ##5 土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。 ##6 お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。 ##7 アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は ##8 光・音に過敏になられていませんか。 ##9 就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。 ##10 就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。 ##11 目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。 ##12 眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか おおくは片側です。 ##13 低い枕でないとお休みになれないのでは ##14 節分(1-2月)そして梅雨のころ胃や下腹部が痛かったことは (胃ばけ(あだ名です) ##15 物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。 ##16 休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。 ##17 終末に具合が悪くなりませんか。 ##18 いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。 ##19 「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」 はありませんか。 ##20 俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感] がくることはありませんか。 ##21 「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。 ##22 水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。 ##23 喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。 ##24 口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている 感じはありませんか。 ##25 咳をすると痛みませんか。 もしくは虫歯もないのに奥歯が痛みませんか。 ##26 「下をむくと」辛い感じがされませんか。 あるいは洗髪で頚部前屈されて「症状・症候」がでませんでしょうか。 (バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候) ##27 他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。 ##28 急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。 ##29 お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると 天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。 ##30 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には 「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」が 併発し 「上気道」や「呼吸器」の「症状・症候」が併発します。 ##31 「ウイルスによる風邪症候群」と間違われて「風邪症候群」 あるいは気管支炎からの熱発と頭痛というように包括されてしまうことが 少なからず御座います。 ##32 「反復性上気道感染」のため「リンパ節腫大」と「緊張型」による 頚部・顔面の「しこり」か区別されていないことも御座います。 ##33 そのため「リンパ節腫大」とか「頚部のしこり」とか「緊張型」の患者さん は「表現」されるため「「悪性リンパ腫」などとんでもない疾患の 検査をされることが御座います。 ##34 左側のほうが「症状・症候」お強く御座いませんでしょうか。 「補足1おわり」 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生

お名前: miko    山本先生初めまして。 52才女です。 酒さと4年前に診断されました。 そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。 山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい 心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました。 是非治療(レーザー)をお願いしようと決心してから4ヶ月もたち 早速にも予約をとらせていただきたいと昨日決断いたしました。 方法も費用も心得ています。 私の酒さは両側の頬です。 自分では1回の費用が5万円で 毎週通院して30回くらい必要なのかなあと考えています。 両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた 痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。 酒さにはかゆみってありますか。 またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに 山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。 お忙しい所をすみません。 お時間のあるときにまた治療を始めさせていただいてからでも よいのですが教えて下さい。

続きを読む "になっていてかゆみというか変なかんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。赤ら顔・酒さのレーザで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。赤ら顔・酒さのレーザー治療での治り方教えて下さい。52歳女・名古屋在住。愛知県から週一回通院可能です。"

|

大学病院でも母斑と間違われるほど青い目の下のクマレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の山本先生にレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都
















大学病院でも母斑と間違われるほど青い眼の下のクマ・目の下のクマで悩んでいます。眼の下のクマ・目の下のレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都 に目の下のクマのレーザー治療をお願いいたします。青森から週一回通院可能です。36歳女。 大学病院でも母斑と間違われるほど青い目の下のクマレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の山本先生にレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。 大学病院でも母斑と間違われるほど青い目の下のクマ・くま・眼の下のクマ・の下のレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の山本先生に目の下のくま・目の下のレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。




山本クリニック 世田谷 「御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。」 との事です。 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが。 「顔面表情筋」の「直上」」の「顔面皮膚」である 「眼嶮(まぶた)」は「精密機械」であり多数の「レイヤー:layer」= 「層状構造物」から構成されています。 この「レイヤー:layer」=「層状構造物」の各段階の「膜」に 「薄くなっていたり」 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」が あると「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 が発生到します。 皆様「CDrom」が虹「色」をされているのをご存知であろうと 思います。 これは「CDrom」が「レイヤー:layer」=「層状構造物」が薄く 情報伝達のため「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 であるからであり。 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」により「回折:かいせき」 という現象を起こすためです。 同様な現象は「貝殻」「真珠」や「ラブラドライト(鉱物)」 でも知られています。 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「メタリック」な色合いは。 このようにして「眼嶮(まぶた)」を構成するデリケートな 「レイヤー:layer」=「層状構造物」が「薄く波打つ」あるいは 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 により発生到します。 このような「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「治療戦略」は「レーザー光照射」とりわけ 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「レイヤー:layer」=「層状構造物」に 「皮膚のターン・オーバー」に乗っかりながら 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 をかけてあげながら。 「レイヤー:layer」=「層状構造物」を平坦化していくことにあります。




山本クリニック世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。



【61】 題名:眼の下のクマ・目の下のクマでメタリックなあおさです・・ 相談者:klm44 年齢:44 性別:女性 地域:奈良県 2010/01/20 (水)22:32:46

山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。 >
眼の下のクマ・目の下のクマですが。 メタリックなほどの濃さというかあおさです・・ とても悩んでいます。 総合病院の皮膚科も3件まわりました。 メラノーシスといわれたりもしました。太田母斑かもしれないともいわれましたが。 結局両目の左右対象にはメラノーシスも太田母斑もできないし。 メラニン沈着としては何かおかしい・。 結局どこの皮膚科でも「くま」であろうということになりました。 山本クリニック美容外科世田谷の相談掲示板で。 私は眼の下のクマ・目の下のクマであることが確信をもてました。 そして。 眼の下のクマ・目の下のクマの中でも 「影クマ」「メイク・化粧クマ」 というものであることがわかりました。 御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。 是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。 お忙しいところを申し訳ございません・・。 よろしくお時間のあるときにでも御回答いただければと 御願い致します。 よろしくお願いいたします。



この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61 です。 これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 御相談者の御相談内容要旨御記載から 御相談者の御指摘のとおりこの眼の下のクマ・目の下のクマは 「影クマ:shadow-shadow」あるいは化粧で目立ってしまうことが あり「メイククマ:化粧クマ」とも呼称されます。 眼の下のクマ・目の下のクマでも「メタリックブルー」の 眼の下のクマ・目の下のクマで。 「メイククマ:化粧クマ」=「影クマ:shadow-shadow」の場合。 「レーザー光照射」の難易度は非常に高いです。 私たちはわかるのですが。 「レーザー光照射」をされている間に次第に 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 になっていきますが。 「皮膚のターン・オーバー」に上手にのらないと 患者さんは「「色」が消えた気がせず」スランプ状態に陥られることも あります。 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の場合 は「レーザー光照射」の回数は多く必要と到します。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
#1 ##1 「眼の下のクマ・目の下のクマですが。 メタリックなほどの濃さというかあおさです・・ とても悩んでいます。 総合病院の皮膚科も3件まわりました。 メラノーシスといわれたりもしました。太田母斑かもしれないともいわれましたが。 結局両目の左右対象にはメラノーシスも太田母斑もできないし。 メラニン沈着としては何かおかしい・。 結局どこの皮膚科でも「くま」であろうということになりました。 山本クリニック美容外科世田谷の相談掲示板で。 私は眼の下のクマ・目の下のクマであることが確信をもてました。 そして。 眼の下のクマ・目の下のクマの中でも 「影クマ」「メイク・化粧クマ」 というものであることがわかりました。 御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。 是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。 お忙しいところを申し訳ございません・・。 よろしくお時間のあるときにでも御回答いただければと 御願い致します。 よろしくお願いいたします。」 との事です。



#2 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の レーザー治療・レーザー外科 の「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には 「4種類」あります*。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「皮膚の薄いくま」と考えます。 ##3 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「治療戦略」は 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 による「レーザー・リサーフエシング」の独壇場です。 ##4 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 とりわけ 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「レーザー・リサーフエシング」に抜群に優れています。 ##5 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは 超高性能Qスイッチレーザー治療」 は 根治療法であり「対症療法」ではありません。 ##6 「再発」とは無縁の「治療戦略」です。 ##7 #3に眼の下のクマ・目の下のクマの臨床分類につき 触れておきます。



#3 ##1 眼の下のクマ・目の下のクマには通常「4種類」に 分類到します。 ###1 「皮膚の薄い「目の下のクマ」 」 =>最も多いものです。 ###2 「アトピークマ」 =>「夜間就眠中」などに「御自分」で引掻かれて しまう「病態」です。 ###3 「循環不全クマ」 =>悪性疾患あるいは慢性の重篤「病態」があり 「悪液質:カケキシア:カケキシー」から羸痩(るいそう) を経て眼の下のクマ・目の下のクマの出現をみるものです。 ###4 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 => 青く暗く黒くかつ光る感じのするクマです。 最初は「メラニン沈着」と間違われることすらあります。 ##2 眼の下のクマ・目の下のクマは##1の分類のほかに。 ###1 「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりふくれた」「目の下のクマ」の「病態」 ###2 「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりへこんだ」「目の下のクマ」の「病態」 に分類することも御座います。 眼の下のクマ・目の下のクマの患者さんは 概ねこの両方の成分をお持ちの方が多いものです。 ##3 「メイククマ:化粧クマ」=「影クマ:shadow-shadow」は 明らかに眼の下のクマ・目の下のクマ・クマなのですが。 特徴があります。 ##4 この「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 の特徴を#4に御記載致します。



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
#4 ##1 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 患者さんはまず実際に現実的には正診断率の大変低い「病態」 であり。 ##2 「光るような青み」があるために「メラニン沈着」と間違われます。 ##3 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の患者さん は眼の下のクマ・目の下のクマ・クマに間違いはないのですが。 「上眼嶮(うわまぶた)」内側にも「クマ」が同じように 発生していることがあります。 =>##4 ##4 そのような意味では眼の下のクマ・目の下のクマ・クマというよりは 「眼のクマ・目のクマ」と呼称したほうがよいと思われることがあります。 ##5 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」それぞれでクマの色調というか 色合いが変化到します。 そして「光線2方向」=「自然光」+「白色光」にてなんらの 蛍光を発していると思われる「病態」の患者さんすらいます。 ##6 メイク・化粧で「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 を隠すことは不可能です。 これは他の眼の下のクマ・目の下のクマ・クマ全般に言えることです。 ##7 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマの中でも 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」は メイク・化粧で「症状・症候」が「強くなると御自覚される」 患者さんが多いものです。



#5 ##1 「御相談ですが。 「影クマ」「メイク・化粧クマ」は眼の下のクマ・目の下のクマなのに なぜ光があたると不気に暗く青く光る?るものなのでしょう? ほんとうになんというかスチールのようなクマです。 化粧でかくれないどころか余計目立ってしまいます。」 との事です。 ##2 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが。 「顔面表情筋」の「直上」」の「顔面皮膚」である 「眼嶮(まぶた)」は「精密機械」であり多数の「レイヤー:layer」= 「層状構造物」から構成されています。 ##3 この「レイヤー:layer」=「層状構造物」の各段階の「膜」に 「薄くなっていたり」 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」が あると「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 が発生到します。 ##4 皆様「CDrom」が虹「色」をされているのをご存知であろうと 思います。 これは「CDrom」が「レイヤー:layer」=「層状構造物」が薄く 情報伝達のため「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 であるからであり。 「光線2方向」=「自然光」+「白色光」により「回折:かいせき」 という現象を起こすためです。 ##5 同様な現象は「貝殻」「真珠」や「ラブラドライト(鉱物)」 でも知られています。 ##6 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「メタリック」な色合いは。 このようにして「眼嶮(まぶた)」を構成するデリケートな 「レイヤー:layer」=「層状構造物」が「薄く波打つ」あるいは 「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 により発生到します。 ##7 このような「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「治療戦略」は「レーザー光照射」とりわけ 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「レイヤー:layer」=「層状構造物」に 「皮膚のターン・オーバー」に乗っかりながら 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 をかけてあげながら。 「レイヤー:layer」=「層状構造物」を平坦化していくことにあります。



#6 ##1 「是非とも山本クリニック美容外科世田谷 山本博昭先生に レーザーを御願い致したいと思っています。」 との事です。 有難うございます。 ##2 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の 「レーザー光照射」の難易度は非常に高く。 ##3 まず大抵の患者さんで「週一回(日)のペース」= 「「皮膚のターン・オーバー」の1/4=7日間」= 「golden pace」での「レーザー光照射」で28「回数(日)」 くらいで 「下眼嶮(したまぶた)」が 「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」 になってきたことが実感されます。



#7 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の レーザー治療・レーザー外科 の「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 には 「4種類」あります。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 典型的な「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」と考えます。 ##3 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の中でも 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」の「治療戦略」は 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 による「レーザー・リサーフエシング」の独壇場です。 ##4 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」 とりわけ 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 は「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「レーザー・リサーフエシング」に抜群に優れています。 ##5 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 に対する 「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは 超高性能Qスイッチレーザー治療」 は 根治療法であり「対症療法」ではありません。 ##6 「再発」とは無縁の「治療戦略」です。



#8 ##1 「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による 「レーザー・リサーフエシング」に関しては。 ##2 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 で「レーザー光照射」を繰り返す「治療戦略」が必要です。 ##3 「超高性能Qスイッチレーザー外科 あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」での 「レーザー・リサーフエシング」の「レーザー光照射」は。 「down time:ダウン・タイム」(この言葉は日本で生まれた用語) が全くありません。 ##4 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」ごとの「レーザー光照射」は 「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。



#9 ##1 「レーザー光照射」の「メカニズム」としては 「3種類」の「メカニズム」 が御座います。 ##2 「QスイッチNd・YAGレーザー (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 による「レーザー・リサーフエシング」に際しては 「レーザー光照射」の「メカニズム」としては「3種類」の「メカニズム」 「phto-thermal effects:「光熱反応」 「photo-chemikal effects:「光化学反応」」 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」 の中で 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」のみを 用います。 ##2 「熱」に化けません。 => 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) ##3 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) = 「photo-ablation:フオト・アブレーション」とは 「熱作用を用いず組織を再構築させるレーザー治療」 のことです。 ##4 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」に この 「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」= 「photo-ablation:フオト・アブレーション」 (アブユレージョン:aburasionではありません) による 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 により「治療戦略」をとります。 ##5 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人であれば 「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います



#10結論: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマの中でも 難易度の高い典型的な「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」 です。 ##3 「影クマ:shadow-shadow」=「メイククマ:化粧クマ」は 「下眼嶮(したまぶた)」あるいは「上眼嶮(うわまぶた)」 を構成する「レイヤー:layer」=「層状構造物」 の「「孔」があいている状態:foramination:フオラミネイション」 にて発生到します。 ##4 眼の下のクマ・目の下のクマ・クマ全般の 「過去の御相談と御回答」につきましては 御相談者はもう読まれているかもしれませんが。 =>##5 ##5 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」総集編8 [2] [2008年 5月17日 21時18分59秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0581276920429481.html を御参照頂けますか。 ##6 綺麗に治したいですね。 私も頑張ります。



山本クリニック美容外科世田谷の
公式ホームページ

この「御相談と御回答」の記事のURLは下記になります。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61
山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 の「過去の御相談と御回答」は http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html を御参照頂けますか。 「初診のしおり」としては 東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた  [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html を御参照頂けますか。
Thursday 1/21 2010 16:48pm この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=61 です。























続きを読む "大学病院でも母斑と間違われるほど青い目の下のクマレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の山本先生にレーザー治療御願い致します。青森から週一回通院可能です。36歳女。"

|

上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都から本物のレーザーを受けたい。54歳女。北海道在住。北海道から週一回通院可能です。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック 世田谷 レーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ








世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都から本物のレーザーを受けたい。54歳女。北海道在住。北海道から週一回通院可能です。 上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都から本物のレーザーを受けたい。54歳女。北海道在住。北海道から週一回通院可能です。
上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都から本物のレーザーを受けたい。54歳女。北海道在住。北海道から週一回通院可能です。 きずあと・傷痕・傷痕色素沈着・ケロイド・傷痕傷跡レーザー治療専門医・。 きずあと・傷痕・創傷の痕・創傷の跡・けがの跡・怪我の跡・怪我の痕・かおのきず・顔のきず・ケロイド・色素沈着・傷痕レーザー・レーザー専門医・ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都。




5年前、上まぶた1cm位の所から横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉を摘出、その部分が全体的に凹み、 中奥に表の瞼が癒着して凹んでいます。 美容整形をした医師にそれを相談すると、 凹みを治すにはその癒着をとるために瞼の1mm上を 全切開して癒着を綺麗に取り除き、脇から脂肪をとって注入するしかない。 全切開すると、白い傷痕が残ります。 きずあと・傷跡レーザー治療レーザーで評判の世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。 ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。 また。 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。




「上眼嶮(うわまぶた)」の「リジャブ」=rejuvenation・リジャビュネーション。上眼レーザー ------------------------------
題名:上まぶたについて2
相談者:匿名希望 年齢:0 性別:女性 
地域:北海道 2009/07/20 (月)16:23:07 上まぶたについて2

Wednesday, July 15, 2009 1:32 PM
相談掲示板の中で。
「御相談ログ番号」 50 でログ検索で検索をされてください。
あるい相談掲示板の中のはキーワード検索「上まぶたについて」
で検索されてください。



傷痕レーザー治療・レーザー外科。
レーザーで評判の山本クリニック形成外科美容外科
世田谷 山本博昭 先生 山本クリニック美容外科 世田谷区 山本博昭先生
の公式公式ホームページ



5年前、 上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。 美容整形をしたお医者さんにそれを相談すると、 へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。 と言われたのですが、 全切開すると、白い傷痕が残り、 脂肪もきれいに注入できるかわかりません。 でもまぶたの癒着をはがし、 脂肪がないところには注入しなければこの癒着とへこみは治らないでしょうか? 全切開しないで脂肪注入*もしないで癒着とへこみを治す方法はないでしょうか? *すみません。脂肪注入ではなく、脂肪移植でした。 でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか? 抜いたところには脂肪移植しないと元通りにはならないような気がします。 そこの所がよくわかりません。 脂肪移植しないでどうやって 新たな脂肪が生まれてくるのか、 そこをお聞きしたいです。 まぶたの全体的なへこみというのは、 脂肪と筋肉がないことによるものだと言われました。 レーザーで脂肪を増やすことは可能なのでしょうか? どうしても治したくて必死で御相談をしています。 現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか? Wednesday, July 15, 2009 1:32 PM



  ログ番号50です。 山本クリニック美容外科 世田谷 山本博昭 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp A/ 御回答要旨 「御相談者」の「症状・症候」を御表現されている さまざまな御表現は。 適切な表現が思い浮かばないのですが。 「正確」とは思えません。 けれども 前回に「御回答」致しましたように。 「御相談者」に存在する 明確な「症状・症候」として「御記載」のある ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。 また。 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。 「御受け持ちの先生」も一生懸命で いらっしゃることがよくわかります。 けれども 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「超精密機械」に対して 「re-do:リドゥー:再手術」を 御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりの「症状・症候」である のであれば。 もう「re-do:リドゥー:再手術」としてメスをいれるべきではないです。 下記に少し詳しく説明到します。



B/詳しい「御回答」1 「5年前、上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 との事です。 「5年前、上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい」 との事ですが 非常に不思議におもえることがいくつかあります。 この御相談者の御相談内容要旨御記載の「局在部位」 が御相談者の御相談内容要旨御記載どおりであるとすれば。 => 「上眼嶮(うわまぶた)」の中央部位ですから には 「脂肪組織」はありません。 「脂肪と筋肉をとってしまい」の「筋肉」はなんという筋肉 なのでしょうか。



B/詳しい「御回答」2 まぶたは表面から順に、 皮膚、 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 「眼瞼挙筋〈がんけんきょきん〉」 「ミュラー筋」 「眼瞼結膜〈がんけんけつまく〉」 という層状の構造になっています。 人体のほかの部分は皮膚の下に脂肪があってその下に筋肉があります。 まぶたは「皮膚」のすぐ下にも筋肉があり脂肪組織はありません 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 眼嶮は「超精密機械」であり「軽くできています」。 この「超精密機械」としての 特殊な構造が微細な動きを可能にしているのです *まぶたでも眉毛や頬に近いほうには脂肪があります。 「美容整形をしたお医者さんにそれを相談すると、 へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。 と言われたのですが、 全切開すると、白い傷痕が残り、 脂肪もきれいに注入できるかわかりません。」 との事です。 「癒着:adhesion:アドヒージョン」は「形成縫合線」には 必ず「発生」致します。 「切創」は 「癒着:adhesion:アドヒージョン」によって「縫着:ほうちゃく」 が完成到します。 だから一度「癒着:adhesion:アドヒージョン」が完成した 組織を再度「前回の「形成縫合線痕」にそってはがす」ことは まず「不可能」です。 もしも 行う場合は「顕微鏡手術」で行う手術方法で行います。 「へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。」 は。 極めて判りやすく言えば 「その部位の何らかの「組織欠損」」が「病態」である。 そして 「癒着:adhesion:アドヒージョン」は 関係ないのではないでしょうか。



B/詳しい「御回答」3 「でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか?」 脂肪組織に関しては 「脂肪注入」にしろ「何にしろ」。 人体から「とりだした段階」で「その組織は死にます」。 「脂肪注入」のあと「脂肪」は「脂肪」としてのこるわけはありません。 「脂肪注入」の脂肪は「真皮の「マクロフアージ;macrophage」あるいは 「貪食細胞」という「白血球」の一種」にたべられて 自然に「消滅」到します。 「御自分」の脂肪組織とはいえ「注入」にしろ「脂肪移植」 (という概念も用語もありませんが) は体内にはいってその瞬間から「異物」としての反応を起こします。 そして結局線維芽細胞という細胞におきかわり 線維化がおきます。 これが「瘢痕:はんこん」の「状態」です。 「でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか?」 => 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 の「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で。 「なにもないところに」 「脂肪組織:adipose tissue」や「筋肉:muscle」 ははえてきませんが。 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 の「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で。 今現在そこのある 「脂肪組織:adipose tissue」や 今現在そこのある「筋肉:muscle」を 増やすことも減らすこともできます。*



B/詳しい「御回答」4 * ------------------------------ ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 で「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」で 殿部の「レーザー光照射」により 「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」はきえたのですが 「皮下結合組織」および「脂肪」までとんでしまい 「親指のさき」がはいるくらいの空隙ができて凹んでしまわれた 「御婦人」の患者さん がいらっしゃいました。 => ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 の「御受け持ちの先生」から 「水疱瘡の痕」くらいならなんとかなるが「これほど大きい」 と「「レーザー光照射」では不可能」といわれたそうです。 当院の「レーザー光照射」ですっかり改善されて ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 の「御受け持ちの先生」から「これはどのようにして!」 と絶句されたそうです。 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 のやりかたで「プラス・マイナスを逆にすれば」 「皮下結合組織」や「脂肪組織:adipose tissue」を 減らすこともできます。 ------------------------------



B/詳しい「御回答」5 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。 「御受け持ちの先生」も 一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。 けれども 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「超精密機械」に対して 「re-do:リドゥー:再手術」を 御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりの「症状・症候」である のであれば。 もう「re-do:リドゥー:再手術」としてメスをいれるべきではないです。



B/詳しい「御回答」6 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。」 => まぶたは表面から順に、 皮膚、 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 「眼瞼挙筋〈がんけんきょきん〉」 「ミュラー筋」 「眼瞼結膜〈がんけんけつまく〉」 という層状の構造になっています。 「瞼板〈けんばん〉」 はまぶたの中にあるやや硬い組織で、 薄く繊細なまぶたを支える支柱のような役割を果たしています。 御相談者の御相談内容要旨御記載どおりであれば 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。」 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 が「局在部位」で「欠損」していることになります。 こような大それたことの「病態」であれば 「御相談者」は「開眼と閉眼障害」の双方が発生しているはずですから。 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて・略・。」 は「なにかの間違い」ではないでしょうか。 「多重眼嶮」になるだけではすみません。



B/詳しい「御回答」7 「その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 の 文章が。 「御相談者」の「症状・症候」を御表現が 適切な表現が思い浮かばないのですが。 「正確」とは思えません。 けれども 前回に「御回答」致しましたように。 「御相談者」に存在する 明確な「症状・症候」として「御記載」のある ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。



B/詳しい「御回答」8 「目は口ほどに物を言う」目の表情 の「上眼嶮(うわまぶた)」 は下記の「1・」ー「8・」 の「解剖学的」および「臨床神経局在診断学」 に裏づけされています。 これは氷山の一角でもあるのです。 「上眼嶮(うわまぶた)」の「形成外科」解剖学 につき簡単にご説明致しておきます ------------------------------ 「1・」 まぶたの筋肉と神経 まぶたは表面から順に、 皮膚、 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 「眼瞼挙筋〈がんけんきょきん〉」 「ミュラー筋」 「眼瞼結膜〈がんけんけつまく〉」 という層状の構造になっています。 「口ほどに物を言う」目の表情は、 これらの筋肉が互いに微妙に変化して作り出しています。 「2・」 これらの まぶたを開く動作には三つの筋肉が関係していて、 それぞれ別の神経の指示を受けて動きます。 最も重要なのは上まぶたにある眼瞼挙筋です。 これは「動眼神経:第3脳神経・?」の「神経支配」を受けています。 眼瞼挙筋の下にはミュラー筋があります。 これは内頚動脈にまきつきながら「頭蓋底」より 「頭蓋底」内にはいる「交感神経」の「神経支配」を受けています。 驚いたときや興奮したときに意思とは関係なく、 少し目を見開くように働きます。 まぶたからやや離れた眉毛のあたりにある 前頭筋〈ぜんとうきん〉は表情筋〈ひょうじょうきん〉 (顔だけにあり、皮膚を動かすことができる筋肉)の一部で、 「顔面神経:第?脳神経」の「神経支配」を受けます。 反対にまぶたを閉じるのは、 上下両方のまぶたにある眼輪筋で、 「顔面神経:第?脳神経」の「神経支配」を受けています。 「3・」 「口ほどに物を言う」目の表情は、 これらの筋肉が互いに微妙に変化して作り出しています。 「4・」 瞼板〈けんばん〉 瞼板はまぶたの中にあるやや硬い組織で、 薄く繊細なまぶたを支える支柱のような役割を果たしています。 「5・」 内部には眼球表面に油分を供給するための 分泌腺〈ぶんぴつせん〉(脂腺〈しせん〉)があります。 まつ毛の根元の近く(瞼縁〈けんえん〉)にその開口部が並んでいます。 「6・」 眼窩隔膜〈がんかかくまく〉と前葉〈ぜんよう〉・後葉〈こうよう〉 という構造物がああります。 「7・」 頭蓋骨が凹んで眼球が収まっている部分全体が「眼窩〈がんか)」です。 「眼窩〈がんか)」は 「眼窩隔膜」という薄い膜で周囲の組織と隔てられています。 まぶたの眼窩隔膜は、 眼窩骨〈こつ〉の縁〈ふち〉から 瞼板に向かって広がっています。 眼窩隔膜の前(皮膚や眼輪筋)を前葉、 後ろ(眼瞼挙筋や瞼結膜)を後葉といいます。 「病態」の原因が後葉にあると、眼球へより大きな影響を及ぼします。 「8・」 睫毛〈しょうもう〉 睫毛(まつ毛)は 目にゴミや汗が入らないようにするとともに、 異物を感知するセンサーの働きをします。 まつ毛になにかが触れると反射的に目をつぶり、 眼球を保護しているまぶたの働きを助けます。 瞬目〈しゅんもく〉の役割 瞬目(まばたき)は、 目にゴミが入りそうなときにそれを防ぐためだけでなく、 涙の分泌を促したり、 角膜〈かくまく〉・結膜上の涙を涙道へ導く役割もあります。 これらは「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の 「脊髄路」という神経線維が 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」「脊髄路核」 からでて「制御」センサーの役目をなしています。 ------------------------------ 「目は口ほどに物を言う」目の表情は このような「超精密機械」としての各種構造物にて 制御されています。 「目は口ほどに物を言う」目の表情 の「上眼嶮(うわまぶた)」 は上記の「1・」ー「8・」 の「解剖学的」および「臨床神経局在診断学」 に裏づけされています。 これは氷山の一角でもあるのです。



「御相談者」の「症状・症候」を御表現されている さまざまな御表現は。 適切な表現が思い浮かばないのですが。 「正確」とは思えません。 けれども 前回に「御回答」致しましたように。 「御相談者」に存在する 明確な「症状・症候」として「御記載」のある ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。



山本クリニック美容外科 世田谷 山本博昭
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html

hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
2009 0720 Mon 16:18:53



ps ------------------------------ 同じように眼瞼の「傷痕」に関する 「傷痕レーザー外科」の「範疇(カテゴリー)」の患者さん の「過去の御相談と御回答」 が 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html あるいは http://www.clinicayamamoto.com/ http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php にあります。 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から。 1・ 上眼嶮(うわまぶた)の凹みが気になり脂肪注入後にしこりと凹凸 [2] [2007年 6月27日 9時49分54秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/364102323613228.html 2・ 10年前の上嶮の脂肪除去手術の傷痕レーザー [2] [2005年10月23日 13時58分40秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/261070149791525.html を御参照頂けますか。 そして 「傷痕」の傷痕レーザー治療に関しましては ちょっと長いですが。 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から。 「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編集版11 [2] [2008年 5月17日 20時59分 3秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/400402011889131.html を御参照頂けますか。 綺麗に治したいですね。 「御顔」の施術に関しましては すべからくの「部位と範囲」に共通する 注意点になりますが。 「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」 の「形成外科再縫合」の「形成外科」の施術に関しましては くれぐれも慎重に進路をお取りいただきますように。 上記あくまでもご参考にまでお留めおき ご無事にお大事にされて下さいませ。 取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、 誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。 なおpsに 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1(せたがやく みなみからすやま) http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map2.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html の 「初診のしおり」を書き添えます。 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/847297527435334.html ------------------------------ 綺麗に治したいですね。 私も頑張ります。 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp 2009 0720 Mon 16:18:53

続きを読む "上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都から本物のレーザーを受けたい。54歳女。北海道在住。北海道から週一回通院可能です。"

|

私は酒さのようです。大阪から週一回通院可能です。酒さ:しゅさのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都







私は酒さのようです。酒さのレーザー治療では、もはや世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都しかいません。レーザー治療御願い致します。 私は酒さのようです。大阪から週一回通院可能です。酒さ:しゅさのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。    1. 39歳・女性。 大阪在住。 2. 15歳頃からニキビが出来始め、その頃は近所の皮膚科に通い、 「まだ若いから普通のニキビ」と診断され、塗り薬を塗り、 もらったビタミン剤を飲んだりして、気にしながらもそのうち治るだろうと 生活していました。 高校を卒業してからは化粧をし始め、隠せることで 少し安心をしながらも、やはりニキビは治ったり出来たりの繰り返しで、 なかなか良くはなりませんでした。 自分はニキビ肌だから、一生付き合っていかないといけないのだな・・ などと思いながら、社会人になってからはいろんな化粧品を試したりするうちに、 アルコールが入っている化粧品を使うと顔が赤くなり、 お酒を飲んでも、凄く顔が赤くなるなぁという事に気付きました。 人からも皮膚が薄いと指摘されたりもするので、 それで顔の赤みが人よりも出てしまうのかなぁとも思ったり、 皮脂が多く出るので、それが皮膚に合わず脂漏性湿疹のようなものなのかな とも思ったりしてましたが、 赤みは常に出ており、山本先生の掲示板をお読みしたところ、 ずっと悩んでた症状は酒さではないかと強く思い、 今回ご相談させていただきました。 人に素肌を見られるのが苦痛で、 気軽に泊まりで旅行に行く事も出来ず、 異性に対しても積極的になれません。 自分の肌を見ると、額と頬と顎が赤く、 毛穴が広がっているような少しただれているような箇所もあり、 最近では化粧をしていても、顔赤いよと言われ、化粧が濃くなるばかりです。 3. 私のような場合、酒さならば、 治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか? 赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか? すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、 すがるような気持ちでご相談させていただきました。 大阪より週一回通院可能です。 回数は40回以上は必用と考えております。 どうぞよろしくお願いいたします。 ------------------------------- これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御相談者の御気持ちが大変よく判ります。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 典型的な 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 1・ 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+ 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) である。 2・ 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 である。 3・ 「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」ではなく 「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」である。 そして 「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」というよりは 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」= 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」= 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 である。 (「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」とも 呼称されます) 「Ultra-Qスイッチ:ウルトラQスイッチ」の ついた 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」で「治療戦略」を とります。 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「部位と範囲」 がひろい場合 は最初から広範囲レーザーは行わずに。 「「御自分」で目立つと思われる場所」(最大「2部位」)から 「レーザー光照射」を行うのが宜しいです。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++ 下記に順を追って御回答致します。 #1 ##1 「 1.39歳・女性 大阪在住。 2. 15歳頃からニキビが出来始め、その頃は近所の皮膚科に通い、 「まだ若いから普通のニキビ」と診断され、塗り薬を塗り、 もらったビタミン剤を飲んだりして、気にしながらもそのうち治るだろうと 生活していました。 高校を卒業してからは化粧をし始め、隠せることで 少し安心をしながらも、やはりニキビは治ったり出来たりの繰り返しで、 なかなか良くはなりませんでした。 自分はニキビ肌だから、一生付き合っていかないといけないのだな・・ などと思いながら、社会人になってからはいろんな化粧品を試したりするうちに、 アルコールが入っている化粧品を使うと顔が赤くなり、 お酒を飲んでも、凄く顔が赤くなるなぁという事に気付きました。 人からも皮膚が薄いと指摘されたりもするので、 それで顔の赤みが人よりも出てしまうのかなぁとも思ったり、 皮脂が多く出るので、それが皮膚に合わず脂漏性湿疹のようなものなのかな とも思ったりしてましたが、 赤みは常に出ており、山本先生の掲示板をお読みしたところ、 ずっと悩んでた症状は酒さではないかと強く思い、 今回ご相談させていただきました。 人に素肌を見られるのが苦痛で、 気軽に泊まりで旅行に行く事も出来ず、 異性に対しても積極的になれません。 自分の肌を見ると、額と頬と顎が赤く、 毛穴が広がっているような少しただれているような箇所もあり、 最近では化粧をしていても、顔赤いよと言われ、化粧が濃くなるばかりです。 3. 私のような場合、酒さならば、 治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか? 赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか? すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、 すがるような気持ちでご相談させていただきました。 大阪より週一回通院可能です。 回数は40回以上は必用と考えております。 どうぞよろしくお願いいたします。」 との事です。 #2 ##1 これはお可愛そうですね。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 典型的な 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 ##3 「自分の肌を見ると、額と頬と顎が赤く、 毛穴が広がっているような少しただれているような箇所もあり、 最近では化粧をしていても、顔赤いよと言われ、化粧が濃くなるばかりです。」 との事です。 =>##4 ##4 ただ単純に 「赤ら顔」とか「毛穴痕の拡大」とかいわれて しまうことがある。 何卒に御注意下さい。 ##5 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」と 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」と 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 をお持ちのようです。 ##6 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」の 成分が少ないようです。 宜しかったです。 =>##7 ##7 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の中で とりわけ「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」 の「レーザー光照射」の難易度は高いです。 #3 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 典型的な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 である。 ##2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」にも 1・ 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) 2・ 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) 3・ 「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma) の「3種類」の「病理学的」*分類がありますが。 *(この分類は思いのほか役にたちません。) ##3 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)+ 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) で 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) の成分が多いように思えます。 ##4 因みに。 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) はよく毛嚢炎或は文字通り「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」と まちがわれますが。 「稗粒腫:はいりゅうしゅ:ひりゅうしゅ:milium:ミリアム・ミリウム」 よりひとまわり大きい「ちいさな肌と同じ色」の「ぷつぷつ」の事です。 ##5 更に 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「合衆国USA」では 時として 「汚れ顔症候群:赤みあぶら顔毛嚢炎症候群:dirty-face syndrome」 のことをさすことがあります。 ##6 何卒に御注意下さい。 #4 ##1 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類には ###1 #3のような「病理学的分類」 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa) 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) 「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma) (この分類は思いのほか役にたちません) ###2 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 の「スタンダード4」あるいは「メジャー4:major 4-:四大部位」 ------------------------------- 「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」 「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」 「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」 の「ハード3」あるいは「スペシフィック3:specific-3:特殊三部位」 (いずれも難易度がたかい) ------------------------------- というような 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 部位による分類。 ###3 「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」 =>「常時真っ赤ではない」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」 =>「赤マジックでぬったより」赤い・常に赤い。 ###4 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の発生している 「皮膚の厚さ」により分類 1・ 「皮膚の薄くない「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」= 「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」 2・ 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」= 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」 ##2 ##1のような「臨床診断学」による 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類が あります。 ##3 ##2の###4の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の発生している「皮膚の厚さ」により分類で。 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」= 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」 のかたは。 何故か「御婦人」の場合「秘書:secretary」にむいている方 が多く 「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」 とか また何故か「敏感肌」でいらっしゃるために 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 と呼称されることがあります。 ##4 ##3のような 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」のかたは 「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」 を起さないことでも(あまり目立たない) 有名です。 #4 ##1 但し「症状・症候」のメインになっているのは。 =>##2 ##2 「自分はニキビ肌だから、一生付き合っていかないといけないのだな・・ などと思いながら、社会人になってからはいろんな化粧品を試したりするうちに、 アルコールが入っている化粧品を使うと顔が赤くなり、 お酒を飲んでも、凄く顔が赤くなるなぁという事に気付きました。」 + 「人からも皮膚が薄いと指摘されたりもするので、 それで顔の赤みが人よりも出てしまうのかなぁとも思ったり、 皮脂が多く出るので、それが皮膚に合わず脂漏性湿疹のようなものなのかな とも思ったりしてましたが、・略・」 という =>##3 ##3 「皮膚が「薄くなっている」あるいは「表皮が薄い」」からの 分類の 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」 別名 「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 でいらっしゃる可能性が高い。 ##4 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 のかたの 「レーザー光照射」には 当然「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」でなければ 不可能です。 ##5 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」でも「非常に早い」 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー: ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 のような「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」 でないと 「レーザー光照射」の「治療戦略」がとれない危惧が あります。 ##6 このような意味では 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 「秘書酒さ:ひしょしゅさ:secretary rosacea:セクレタリイ・ロザケア」 は「難易度が高い」ものです。 ##7 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」 であるということです。 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 であるということです。 #5 ##1 「3. 私のような場合、酒さならば、 治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか? 赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか? すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、 すがるような気持ちでご相談させていただきました。」 との事です。 ##2 概ね 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」を用いる 「レーザー光照射」では 「レーザー光照射」のあとに 赤くなりません・腫れません・痛くありません。 御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います。 ##3 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 1・ 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+ 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) である。 2・ 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 である。 3・ 「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」ではなく 「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」である。 そして 「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」というよりは 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」= 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」= 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 である。 ##3 「レーザー光照射」は 「照射回(日)は週一回(日)のペース」で* *(週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」) 36ー52回数(日)以上の「レーザー光照射」を 必要とするような気が致します。 ##4 「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。 ##5 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」で もとりわけ「超高性能Qスイッチ」に置き換えて 「「Ultra-Qスイッチ:ウルトラQスイッチ」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」=「1ショット時間」が「10億分の1秒」 =「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは 「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です の「極少短時間」での「ショット数」の多い「レーザー光照射」 が必用です。 #6 ##1 「「3. 私のような場合、酒さならば、 治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか? 赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか? すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、 すがるような気持ちでご相談させていただきました。」 との事です。 ##2 #5に御記載致しました条件で 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん全般に いえることですが 施術は「お若いほど反応が早い」です。 ##3 早い方は 「照射回(日)は週一回(日)のペース」で 翌週にも反応がおわかりになるが 「ラグ・フエーズ:lag-phase」といって 10回目くらいで「レーザー光照射」による「治療効果比:therapeutic ratio:TR」 が「低下したように思える時期」 が 「あるかた」「ないかた」がいらっしゃいます。 ##4 多くの「照射回(日)は週一回(日)のペース」での 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の場合に 「6-10-16回の法則」という法則があります。 =>##5 ##5 「6-10-16回の法則」は「御自分」が「症状・症候」の変化を探知できうる 「照射回(日)は週一回(日)のペース」で「レーザー光照射」を施術した 場合の「回数(日)」のことです。 #7 ##1 「すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、 すがるような気持ちでご相談させていただきました。」 との事です。 ##2 御相談者の御気持ちが大変よく判ります。 ##3 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で 「部位と範囲」がひろい「部位と範囲」のかたは。 ##4 例えば 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 のなかで 最も「「御自分」で目立つと思われる場所」たとえば 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」から 「レーザー光照射」をはじめられることが重要です。 ##5 「皮膚が「薄くなっている」あるいは「表皮が薄い」」 「敏感肌」の 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」 の方は 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」を 抑えると周囲も「落ち着いてくること」が多いものです。 ##6 また 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」の 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんでは 「生理前の「高体温期」」「生理中」など「肌があれること」があります。 ##7 また 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん には 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副「症状・症候」」 があります。 ps2に御記載致します。 御参照頂けますか。 #8結論: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 1・ 「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)+ 「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) である。 2・ 「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」 「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」 「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」 である。 3・ 「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」ではなく 「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」である。 そして 「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」というよりは 「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」= 「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」= 「敏感肌酒さ:びんかんはだしゅさ:tension-type rosachea:テンシオンタイプ・ロザケア」 である。 ##3 「レーザー光照射」は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」でも とりわけ 「超高性能Qスイッチ」=「Ultra-Qスイッチ:ウルトラQスイッチ」 の 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー: ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 で行う必要があります。 ##4 「照射回(日)は週一回(日)のペース」で* *(週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」) 36ー52回数(日)以上の「レーザー光照射」を 必要とするような気が致します。 「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。 ##5 上記御回答致しました。 むずかしい御話しの御回答になってしまったかもしれません。 ##6 「私のような場合、酒さならば、 治療でほぼ赤みは完治しますでしょうか? 赤みがひいてきたと、何回ぐらいから実感できるものなのでしょうか? すぐにでも先生に診察と治療をしていただきたく、 すがるような気持ちでご相談させていただきました。 どうぞよろしくお願いいたします。」 との事です。 =>##6 ##6 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 典型的な 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。 「もうさいけっかんかくちょうしょう」と間違われないように 御注意下さいますように。 ##7 綺麗に治したいですね。 私も頑張ります。 ps1 ------------------------------- 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14 [2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html 何卒に御参照頂けますか。 不躾お許し下さい。 ------------------------------- とりわけ 「治り方」に関しては。 => 酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方 [2] [2008年 7月20日 16時53分31秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html を御参照頂けますか。 不躾お許し下さい。 ------------------------------- ps2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」 の「副「症状・症候」」について ++++++++++++++++++++++ ##1 「残像」が「強く」光が嫌いでは ##2 「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。 ##3 視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。 ##4 忘れ物が多くなっていませんか。 ##5 土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。 ##6 お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。 ##7 アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は ##8 光・音に過敏になられていませんか。 ##9 就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。 ##10 就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。 ##11 目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。 ##12 眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか おおくは片側です。 ##13 低い枕でないとお休みになれないのでは ##14 節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です) ##15 物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。 ##16 休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。 ##17 終末に具合が悪くなりませんか。 ##18 いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。 ##19 「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」 はありませんか。 ##20 俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感] がくることはありませんか。 ##21 「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。 ##22 水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。 ##23 喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。 ##24 口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている 感じはありませんか。 ##25 咳をすると痛みませんか。 ##26 「下をむくと」辛い感じがされませんか。 (バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候) ##27 他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。 ##28 急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。 ##29 お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると 天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。 ##30 肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。 「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」 で御座います。 ##31 「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが おありではないでしょうか。 ##32 「左側」のほうが痛くはありませんか。 ##33 後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり さわると痛くないでしょうか。 ++++++++++++++++++++++ 上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。 何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

続きを読む "私は酒さのようです。大阪から週一回通院可能です。酒さ:しゅさのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都"

|

太田母斑・おおたぼはん・のレーザー治療で名医で有名な山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都に、太田母斑のレーザー治療御願い致します。26歳女性。兵庫在住。兵庫から週一回通院可能です。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都







太田母斑・おおたぼはんのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都にレーザー治療御願いしたい兵庫在住の26歳女です。 太田母斑のレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。26歳女性。兵庫在住。兵庫から週一回通院可能です。



太田母斑・おおたぼはん・レーザー専門医で名医で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都。 太田母斑・おおたぼはん・のレーザー治療で名医で有名な山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都に、太田母斑のレーザー治療御願い致します。26歳女性。兵庫在住。兵庫から週一回通院可能です。 太田母斑レーザー治療で名医、口コミの世田谷区 山本クリニック 世田谷。太田母斑レーザー治療で名医で有名な山本クリニック世田谷 東京都で太田母斑の本物のレーザーを受けたい。世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の太田母斑レーザ治療を受けたいです。兵庫在住。26歳女。




太田母斑・おおたぼはん・レーザー専門医・世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 山本博昭先生・。 太田母斑・おおたぼはん・太田ぼはん・青あざ ・レーザー・太田母斑レーザー治療専門医・Qスイッチルビーレーザー・レーザー専門医・。 世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科。




「御婦人」の大敵 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の患者さんの場合は まず「下眼嶮(したまぶた)」から 「御鼻」すじの「メラニン:melanin」を 除くことから始めること。 「まず「メラニン:melanin」が「メラニン蒸散」により消えていく 「実感」を御自覚いただかないと。 「大きい太田母斑」の場合患者さんは「苦労の連続」になります。 「下眼嶮(したまぶた)」に加えて髪型にもよります。 「御婦人」は髪で「病態」を隠せます。 「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」の 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」 の「レーザー光照射」を行う場合に 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」を行うにつれ 美容院にいかれて「髪型」も変わっていきます。 「レーザー光照射」の方法によっては 「レーザー光照射痕」のために美容師さんにみせられず 「美容院にいかれての髪型チエンジ」もできない「悪循環」も発生しうるので。 注意が必要です。





お名前: 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都    URL

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から




太田母斑の本物のレーザー治療
[2] [2008年10月15日 21時20分22秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/355305335092456.html




太田母斑の本物のレーザー治療の

懇切丁寧な御回答本嬉しい
[2] [2008年10月26日 16時15分56秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/955778457065211.html




太田母斑のレーザー・レーザー治療・レーザー外科。レーザーで評判の
山本クリニック世田谷の美容外科
山本博昭 先生の太田母斑のレーザー




これはさぞかし御心配であろうと存じます。 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 この御相談の御回答は大変に難しく 御相談を頂いてから今現在まで御回答文章を 書きつづりました。 まだ「書きかけでは失礼である」と考えつつも 時間をかけて適切な御回答にいたるまで とりあえずに第一報としての御回答を致します。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 この御回答は大変に難しく。 御回答は「時間をかければけるほど散文的」になってしまいます。 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 をはじめとする。 1・ 私の 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に対する解釈と。 2・ 私の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」 3・ そして この「治療戦略」を支える 私の 「レーザー光照射」の毎回或は毎回各時期における 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 の「ダーモ・スコピー:dermascopy」による「診断戦略」につき。 4・ 付記して 私は「レーザー光照射」で「治療戦略」をたてるべき「病態」の患者さん には。 「「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」 に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えていること。 をもって御回答に変えさせて頂きます。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++




#1 ##1 「36歳女性女性です。 15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。 今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。 山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。 太田母斑の本物のレーザーを施術されている 東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に 御願い致します。 要領の悪いご質問ですみません。 お忙しいところを申し訳ございません。」 との事です。








#2 ##1 「茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。 今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。」 との事です。 ##2 大学病院の形成外科或は美容外科で複数の「お受けもちの先生」 を「御受診」されていらっしゃいます。 ##3 「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。」 との事です。 ##4 御相談者の御相談内容要旨御記載の通りに 「お顔」の「青あざ」は 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 に間違いないと仮定させていただきます。 ##5 眉間にできる俗にいう「青あざ」の場合。 「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」が 成人しても「お尻の蒙古斑」以外の「部位と範囲」にできる 場合があります。 「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」 と呼称致します。 ##6 ちなみに 「お尻の蒙古斑」が成人しても持続性に残存する場合は 「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」 と呼称致します。 ##7 ##5のように 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 の「病態」特性として 左右にお持ちの患者さんの場合であっても 太田母斑 が小さい場合でも「正中線」上に同心円状に 発生することはありません。 =>##8 ##8 このような場合は「お顔」の 「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」 です。








#3 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 には。 「病態」が「症状・症候」として発現する時期。 或は「母斑:ぼはん」としての「症状・症候」の増大が確認される時期 の「御年齢」により。 ------------------------------- ###1 「早発型太田母斑」 「幼小児期」より「母斑:ぼはん」の認められる場合。 ###2 「遅発型太田母斑」 思春期に比較的急速に「母斑:ぼはん」として増大が認められる場合。 ------------------------------- に分類されることがあります。 ##2 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」 は特有の「青茶色」に 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」「第2枝」 に「症状・症候」がきます。 ##3 「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の 「第3枝」=顎に「症状・症候」の認められることは 極めて稀です。 ##4 ##3のような場合は ###1 「毛孔性苔癬」「毛孔性角化症」の合併による顎の「症状・症候」 (多いものです。) ###2 「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の合併による「症状・症候」 (多いものです。) ###3 その他 の「合併「病態」」によることが多いものです。 ##5 生後間もなくか青年期にできる太田母斑は。 顔面の眼周囲に発生することの多い 褐青色斑です。 普通は「病態」初期には「まず片側である」という特徴があります。 ##7 「太田母斑:おおたぼはん」は「10%位で両側性にできます。」 とよくいわれますが 現実的は「もっと両側」の「太田母斑:おおたぼはん」の頻度は 多い。 =>#4








#4 ##1 そして 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」は「連続性に両側性は皆無に近い」 或はまずありません。 ##2 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」は 「「片側性の「太田母斑:おおたぼはん」」が両側に発生した「病態」」。 =>##3 ##3 必ずや「正中線上」に「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」 のない「空白」=「間隙」=「スペース」が存在致します。 ##4 この「太田母斑:おおたぼはん」の「病態概念」の「病態把握」は 俗にいう 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の「治療戦略」には 極めて重要な意味を持ちます。








#5 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の 「青あざ」としての「病態」は。 ------------------------------- 1・「表皮基底層の「メラニン沈着」」 2・「真皮メラノサイトの増加」 の「2つ」に分類されます。 ------------------------------- =>##2 ##2 「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」」の理由は 「2・」の・「真皮メラノサイトの増加」から「真皮」にある 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」増加=> 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での 「メラノソーム:melanosome」の「生成数トータル」が結果多くなる。 => ひいては 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 により「メラノソーム:melanosome」から 「ケラチノサイト:keratinocyte」へ「移行」 する(配達される)「メラノソーム:melanosome」数も増加。 => 「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」の増加 が 「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 の「メラニン色素系の「病態」」の本体です ##3 極めて判りやすくいえば 「メラノソーム:melanosome」を産生する 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」が真皮で増大して 「1・」の・表皮基底層細胞に 「配達される」「メラノソーム:melanosome」増大し。 「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」」の増加にいたる 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」。 これが 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」 です。








#6 ##1 「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。」 との事です。 ##2 ##1の御相談者の御相談内容要旨御記載からは 御相談者が非常によく観察をされていることがわかります。 ##3 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 は ------------------------------- 1・ 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」 =>「右或は左の」額全体と 「右或は左の「上眼嶮(うわまぶた)」および 「右或は左の「こめかみ」 2・ 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第2枝」は 「右或は左の」「下眼嶮(したまぶた)」と 「右或は左の」頬「右或は左」の「鼻」 ------------------------------- に「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」として 「症状・症候」を出します。 ##4 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」「第2枝」の 「右或は左」のいずれも。 「正中線」で「明確」に「症状・症候」は「定規で線を引いたように」 「左右」に分離されます。 =>##5 ##5 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris の「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」には 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」であっても。 「メラニン:melanin」のない部分が 「正中線上」に存在するということです。








#7 ##1 「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。」 ##2 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」が産生する 「メラノソーム:melanosome」の 表皮細胞への移行と「受け取り」方により発生する 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」 としての変動は。 =>##3 ##3 Fitzpatrickというかたによる 「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 の「概念」により。 より判りやすく説明可能となりました。 ##4 ちなみに 炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊により。 これらの細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。 「「マクロフアージ;macrophage」=「貪食細胞」という「白血球」の一種」 が「メラニン:melanin」を「食べる」=「貪食」という現象が「「第4因子」としてくわわると。 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 と名称は変わります。 ##5 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 は Fitzpatrickの「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 に「「マクロフアージ;macrophage」=「貪食細胞」という「白血球」の一種」 の機構が加味されたものですが。 =>##6 ##6 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」は 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」による 「色調の変化」など「レーザー光照射」後の「変化」を「推察する」 上で極めて重要な意味をもちます。 ##7 「レーザー光照射」の患者さんには 「レーザー光照射」の各時期に或は毎回「レーザー光照射」の最中でも。 「ダーモ・スコピー:dermascopy」による 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 の「評価」が必要になります。 ##8 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 につき簡単にご説明致します。 =>#8・#9








#8 ##1 皮膚のメラノサイト1個は。 その周囲の約36個の表皮細胞に「メラノソーム:melanosome」 を「配送」しています。 ##2 「メラノソーム:melanosome」とは 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」 内部で「メラニン:melanin」を生成する「小器官」のことです。 ##3 皮膚の「メラニン代謝:melaninーmetabolism」 すなわち「メラニン:melanin」の生成から分解・消失までは 次の「3段階」から構成されています。 =>##4 ##4 「メラニン:melanin」の。 生成から分解・消失までの「3段階」 ------------------------------- ###1 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での 「メラノソーム:melanosome」の生成。 ###2 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」で生成された 「メラノソーム:melanosome」の「ケラチノサイト:keratinocyte」 への「移行」 ###3 「ケラチノサイト:keratinocyte」内部での「メラノソーム:melanosome」 の崩壊・消化・と皮表からの剥奪。 です。 ------------------------------- ##5 ##4の###1・###2・###3の 「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を Fitzpatrickは 「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 と定義づけました(1998)。 ##6 ------------------------------- 現実的には炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や 「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊によりこれらの 細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。 ##5に加えて「第4の機構」である ###4 「真皮の「マクロフアージ;macrophage」= 「貪食細胞」という「白血球」の一種」 の「貪食」による「メラノソーム:melanosome」の除去が加わります。 ------------------------------- ##7 ##4+##6の###4 すなわち。 「「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を Fitzpatrickは 「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」 と定義づけました(1998)。」 (###1・###2・###3) + 「真皮の「マクロフアージ;macrophage」= 「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による 「メラノソーム:melanosome」の除去。 = 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 と命名されました。 ##8 これが 皮膚で「メラニン:melanin」が合成され「メラニン:melanin」が動き回る 機構なのです。








#9 ##1 #8の 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 のいずれのステップに異常があっても。 => ##2 「色素異常症:pigmentary anomalies:PA: disorders of skin color:DSC 」 すなわち 1・ 「色素脱失症:hypo-pigmentation:HP」 2・ 「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」 は発生致します。 ##3 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 は 「皮膚のターン・オーバー」の考え方で「診断戦略」或は「治療戦略」 をたてると「大失敗」を致します。








#10 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 は左右の広範に「症状・症候」がある患者さんの場合でも。 まだ「部位と範囲」が小さい患者さんでも。 ##2 「下眼嶮(したまぶた)」が様々な意味で「症状・症候」が 一番強い・或は強いと 悩まれている患者さんがたが 多いものです。或は大部分です。 ##3 「上眼嶮(うわまぶた)」と「下眼嶮(したまぶた)」と ほぼ同様に「症状・症候」 がある場合でも 「上眼嶮(うわまぶた)」は「レーザー光照射」により 「反射で動いてしまうから」 患者さんが慣れられないと難しい場合が多いです。 「レーザー光照射」が「不可能では毛頭ありません」。








#11 ##1 広範な 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の患者さんは「御婦人」に多いのです。 ##2 このような場合「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必要です。 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 による「レーザー光照射」 と 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 による 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 が「治療戦略」です。 ##3 他に「選択枝」はありません。 ##4 あればそれは「間違い」に近い。 ##5 患者さんは広範な「大きい太田母斑」で苦労されている場合に 「病態把握」で 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 という「部位と範囲」を考慮にいれない「診断戦略」ではだめです。 ##6 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 には。 => 「部位と範囲」による 「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」としての 「差異或は特性」がある。 ##5 ##4を「診断戦略」で間違えると。 適切な 「治療戦略」は生まれず「治療効果比:therapeutic ratio:TR」は 著しく低下致します。 ##6 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」にいえることですが 患者さんは「大いに苦労されることになります」。








#12 ##1 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 の患者さんの場合。 これは「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」にいえる事です。 => その患者さんが現実的にはどの「部位と範囲」で 一番苦労されているかを把握することが極めて重要です。 (患者さん御自身も認識されていない場合が多いものです。 傷痕と同様です) ##2 「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の患者さんの場合。 「アイシャドウ」で隠せるので左右対称的に「上眼嶮(うわまぶた)」 の「メラニン:melanin」があっても「なんとかなる」と御考え或は 御考えに至るの患者さんが多いものです。 ##3 けれども 「下眼嶮(したまぶた)」は化粧でも隠せない或は隠し難いことが多い。 「御婦人」は広範な「大きい太田母斑」の場合でも。 現実的には髪でかくせない「下眼嶮(したまぶた)」 の「メラニン:melanin」沈着で苦労されていることを 見抜くことが重要です。 ##4 場合により「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の 患者さんも「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」で頭一杯で 「下眼嶮(したまぶた)」の脱色が「太田母斑:おおたぼはん」 の「病態」の「治療戦略」 の「いろは・のい」であることを「気づかれていないことが多い」。 =>##5 ##5 このような場合は患者さんに「太田母斑:おおたぼはん」の「治療戦略」 としてポイントが「下眼嶮(したまぶた)」にあるという 認識にまで導いてさしあげること が重要です。








#13 ##1 「御婦人」の大敵 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」の患者さんの場合は まず「下眼嶮(したまぶた)」から 「御鼻」すじの「メラニン:melanin」を 除くことから始めること。 ##2 「まず「メラニン:melanin」が「メラニン蒸散」により消えていく 「実感」を御自覚いただかないと。 「大きい太田母斑」の場合患者さんは「苦労の連続」になります。 ##3 「下眼嶮(したまぶた)」に加えて髪型にもよります。 「御婦人」は髪で「病態」を隠せます。 ##4 「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」の 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」 の「レーザー光照射」を行う場合に 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」を行うにつれ 美容院にいかれて「髪型」も変わっていきます。 ##5 「レーザー光照射」の方法によっては 「レーザー光照射痕」のために美容師さんにみせられず 「美容院にいかれての髪型チエンジ」もできない「悪循環」も発生しうるので。 注意が必要です。








#14 ##1 「今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。」 との事です。 ##2 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」 は「非常によく耳にする言葉」です。 ##3 「お受けもちの先生」も施術が上手くいくように 御考えにならない先生はいらっしゃらないと思います。 ##4 上記の 「「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」は。 ##5 ##4で一番問題になる情報的な言葉は ------------------------------- 1・ 「何ゆえ「レーザー光照射」が何故「3ヶ月に「1回」」であるのか」 2・ 「何ゆえ「レーザー光照射」の後「10日間」ひと前にでられない」 「レーザー光照射」になるか。 ------------------------------- これらの命題の合理性です。 ##6 ##5と先生から「おっしゃられたら」 「お受けもちの先生」の「1・」「2・」に関する 「理由」をお尋ねになられると宜しいと今の私は考えます。








#15 ##1 「今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。」 との事です。 ##2 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」 との事です。 ##3 「決まって「3ヶ月に1回でレーザー・略・」は 「お受けもちの先生」が 「太田母斑:おおたぼはん」という「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」 に関して。 =>##4 ##4 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 と「レーザー光照射」という 極めて重要な「治療戦略」理論を。 適切な事例が思い浮かばないのですが 「放棄されている」ことによる可能性が大きいです。 ##5 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」の 「10日間はひと前にはでられませんよ」は ------------------------------- 1・「お受けもちの先生」が用いられる「レーザー光照射装置」 2・「お受けもちの先生」がおこなわれる「レーザー光照射」の「テクニック」 3・「お受けもちの先生」が「こなさなければならない」患者さんの「数」 4・その他 ------------------------------- に帰来する事由が。 => 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」の理由として考えられます。 ##6 ##5では「太田母斑:おおたぼはん」の「レーザー光照射装置」 の「機種或はそれに伴う性能」に依存することが多いように思えます。 ##7 =>#16








#16 ##1 「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」に関しては。 ##2 東京都世田谷区山本クリニックでは 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 と 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー: ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 の「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 にて「治療戦略」をとります。 ##3 「太田母斑:おおたぼはん」や その他 「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」 「Becker母斑:Becker's melanosis: pigmented hairy naevus:ベッカー母斑」 その他 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」 に「治療戦略」をたてます。 ##4 「3ヶ月に一度」どころか 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 で「太田母斑:おおたぼはん」で 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」をうけられている患者さんが大部分です。 ##5 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の場合は 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 は。 =>##6 ##6 「太田母斑:おおたぼはん」の 或は 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」」の 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 を踏まえると 週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の一皮膚のターン・オーバー」 になります。 ##7 毎週でも 「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」 にて「レーザー光照射」をされている患者さんもいますが。 ##8 「決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。」の ような。 =>##4 ##4 患者さんへの。 「御注意下さい。」を促さざるを得ない事例は「一例たりとももありません」。








#17 ##1 「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」 との事です。 ##2 有難うございます。 ##3 「・略・ 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 ・略・ 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」 との事です。 =>##4 ##4 私は「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に関しては 当然の事ながら 「治す」「消す」つもりで「レーザー光照射」をおこないます。 =>##5 ##5 この「治療戦略」には 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必須であり。 かつ 「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 の 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 が必須です。 (ちなみに「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」 とりわけ 「レーザー光ビーム」直径が10円玉くらいある 「脱毛レーザー仕様」の「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は 全く「役にはたちません」 ##6 ##5はこれは私の考えです。だから間違っているかもしれません。 ##7 「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」 に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えています。








#18 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 をはじめとする。 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の「レーザー光照射」 の「治療戦略」の「盲点」或は「間違い」が 一気に浮上致します。 ##3 治してさし上げたいという「Dr’s mind」= 「ドクターズ・マインド」 と 「治療戦略」には 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必須であり。 => かつ 「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」 「QスイッチNd・YAGレーザー( Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 の => 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique:MQST」 が必須です。 (ちなみに「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」 とりわけ 「レーザー光ビーム」直径が10円玉くらいある 「脱毛レーザー仕様」の「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は 全く「役にはたちません」) という現実的な「レーザー光照射装置」の組み合わせで。 ##4 患者さんの「太田母斑:おおたぼはん」の「病態」或は「部位と範囲」 により 「マルチQスイッチレーザーテクニック: multi-Q switched Laser technique: MQST」 の用いる「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」 の順番をどんどんと変えていきます。 ##5 「太田母斑:おおたぼはん」を始めとする 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」には すべからくの 「メラニン:melanin」蒸散に用いうる 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」を すべからく可動状態に致します。 ##6 これが私の「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」 の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」なのです。 ##7 その結果「どんどん綺麗になられていく患者さんの「症状・症候」」 が私の「喜び」でもあり。 患者さんの「喜び」ともなりましょう。








#19結論-1: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」 の御回答として。 ##3 箇条書き的な御回答は到底に不可能です。 ##4 よりまして 上記「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris: おおたぼはん」 をはじめとする 「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に対する。 私の 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」 そして この「治療戦略」を支える 私の 「レーザー光照射」の毎回或は毎回各時期における 「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」 の「ダーモ・スコピー:dermascopy」による「診断戦略」につき。 付記して 私は「レーザー光照射」で「治療戦略」をたてるべき「病態」の患者さん には。 「「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」 に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えています。 ##5 上記御記載させていただき御回答に変えさせていただければ と今の私は考えます。




#20結論-2: ##1 「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。 太田母斑の本物のレーザーを施術されている 東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に 御願い致します。」 との事です。 ##2 御評価いただきましたことを深い感謝にたえません。 とても嬉しいです。 ##3 御回答が遅れては申し訳なく存じます。 適切な御回答にいたるまで とりあえずに第一報としての御回答を致します。 ps 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から 高校3年生の娘。生下時より右目の下の薄い太田母斑のQ-YAGレーザー。 [2] [2007年 8月16日 15時24分15秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/60852482968858.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/60852482968858.html を御参照頂けますか。 上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。 何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。 [2008年10月15日 21時20分22秒]









お名前: 36歳女性女性    36歳女性女性です。 15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に 太田母斑があります。 茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して 「あざ」になっています。 よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。 額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が 違います。 今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科 或は形成外科にいきました。 決まって 「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は ひと前にはでられませんよ」 と脅かすようにいわれます。 そしてやる気がないようにも思えるのです。 山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答 をずとまえから読ませて頂いています。 山本クリニック 山本博昭先生の 太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で そして綺麗になられているように思えます。 私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭 先生にお願いしようと。 藁をもすがる思いで書いています。 山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。 太田母斑の本物のレーザーを施術されている 東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に 御願い致します。 要領の悪いご質問ですみません。 お忙しいところを申し訳ございません。








太田母斑 のレーザー・レーザー治療・レーザー外科。レーザーで評判の 山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー



























続きを読む "太田母斑・おおたぼはん・のレーザー治療で名医で有名な山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都に、太田母斑のレーザー治療御願い致します。26歳女性。兵庫在住。兵庫から週一回通院可能です。"

|

汗管腫(かんかんしゅ)は、汗管腫といわれたときから。「誤診」が多いものです。ほくろの治療戦略ではだめ。QスイッチNd・YAGレーザーによるlaser rejuvenation:レーザー・リジュビネーショ=レーザー・リサーフエシングでやらなければだめです。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都











最新の汗管腫のレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 汗管腫(かんかんしゅ)のレーザー治療で権威、名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都に最新の汗管腫のレーザー治療御願い致します。兵庫から週一回通院可能です。 レーザー治療では名医で有名でいらっしゃる世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都に 汗管腫について、またレーザー治療について、御教示をよろしく御願い致します。 汗管腫(かんかんしゅ)は、汗管腫といわれたときから。「誤診」が多いものです。ほくろの治療戦略ではだめ。QスイッチNd・YAGレーザーによるlaser rejuvenation:レーザー・リジュビネーショ=レーザー・リサーフエシングでやらなければだめです。 35歳女です。兵庫在住。 二十歳代から両目の下眼嶮(したまぶた)か ら鼻のわきにかけてプツプツができています。 ふえたりはしていません。 直径1mmくらいで、光ったかんじです。 はだと同じ色でツブツブがたくさんあります。 3件の近くの皮膚科では、3件とも汗管腫?と診断されました。 1件では治療が不能、1件では液体窒素・ のこる一件ではレーザー治療しかない。 使うのはCO2(炭酸ガス)レーザーで ひとつずつとっていくのもできる。 けれども、顔に赤い点々がのこることがある・との事でした。 私には疑問があります。 1・そもそも汗管腫ってどういう病気。 2・ネットではCO2(炭酸ガス)レーザーでとるのが多いが、 痛いらしい。赤くなるのもこまる。 汗管腫 とレーザー治療しかないことはわかりました。 以上ですが、 レーザー治療では、口コミからも名医でいらっしゃる 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生 に 汗管腫について、またレーザー治療について、 おおしえいただけないでしょうか。 ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは 私には酒さがあるお確信しております。 兵庫から週一回通院可能です。 できるようならば、名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にて レーザー治療を御願い致します。 よろしくお願いいたします。   この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=115 です。 「汗管腫(かんかんしゅ)」につきましては・・ 確かにレーザー治療しかありません。 けれども [汗管腫]の正診断率は非常低く、 「御婦人」の「下眼嶮(したまぶた)」あるいは「上眼嶮(うわまぶた)」 になにかブツブツがあると、 無条件い、 [汗管腫(かんかんしゅ)]と診断されてしまいます。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 1・ まず 「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という 病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」 には、なにも、「汗の管」の意味はありません。」 と、いうことを覚えてください => 「「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、 「汗」とはなんの関係もない 「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきものであったのです。 「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳です。」 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、 増えもせず、あとは「化石」として残ります。 この化石はコラーゲンの塊でできています。そしてうずまきのような 形をしています。顕微鏡でみても「汗腺や汗管」の成分はみあたりません。 上記はなにを意味しているかというと、 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、生理の始まる前後にできるのだけれども 20歳を、すぎると、プツプツの中身は、「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 或いは「コラーゲンの「うず」」になっています。 だから、10台の方より、お年をめした30-40-50台の「御婦人」 の「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、もはや「生もの」ではなく、 「コラーゲンでできた化石でうずまきになっている」のです。 アンモナイトのようにコラーゲンでできた化石です。 この「うずまきの状態」は 、いわば一種の「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 とも考えられます。 本物の「汗管腫(かんかんしゅ)」のレーザー治療は、 「このうずまきをほぐしてあげる」レーザー治療をすることが 必要です。 すなわちコラーゲンのうずまきをターゲット にして、 QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)で。 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 という方法を、行います。 「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」 ということなのです。 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば 「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 には1回数(日)の 「ショット数」」は2両眼で、10000ショット が必要です・ 「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の1「皮膚のターンオーバー」 で「Qスイッチヤグレーザー」の「レーザー光照射」を くりかえす必要があること。 「熱レーザー「レーザー光照射装置」」の「CO2(炭酸ガス)レーザー」 「エコツー eCO2レーザー」のでは「治療戦略」は不可能です。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++ #1 ##!1 「35歳女です。兵庫在住。 二十歳代から両目の下眼嶮(したまぶた)か ら鼻のわきにかけてプツプツができています。 ふえたりはしていません。 直径1mmくらいで、光ったかんじです。 はだと同じ色でツブツブがたくさんあります。 3件の近くの皮膚科では、3件とも汗管腫?と診断されました。 1件では治療が不能、1件では液体窒素・ のこる一件ではレーザー治療しかない。 使うのはCO2(炭酸ガス)レーザーで ひとつずつとっていくのもできる。 けれども、顔に赤い点々がのこることがある・との事でした。 私には疑問があります。 1・そもそも汗管腫ってどういう病気。 2・ネットではCO2(炭酸ガス)レーザーでとるのが多いが、 痛いらしい。赤くなるのもこまる。 汗管腫 とレーザー治療しかないことはわかりました。 以上ですが、 レーザー治療では、口コミからも名医でいらっしゃる 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生 に 汗管腫について、またレーザー治療について、 おおしえいただけないでしょうか。 ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは 私には酒さがあるお確信しております。 兵庫から週一回通院可能です。 できるようならば、名医で口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科にて レーザー治療を御願い致します。 よろしくお願いいたします。」 との事です。 #2 ##1 まず 「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という 病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」 には、なにも、「汗の管」の意味はありません。 ##2 「汗腺腫瘍」とか「汗管腫(かんかんしゅ)」と、誤訳したのは 昔の日本の皮膚科の先生です。 ##3 御相談者御自身は「シリンダー」という言葉をご存じだと 存じます。 「シリンダー」は「空洞の円柱」のことです。 ##4 だから 「元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」」も、 古代ギリシャ語で「syrinxは=円柱」という意味なのです。 => にかしの日本の医師は、古代ギリシャ語は習いません。 だから、外国語の病名を日本語病名に翻訳すのにはとてもこまったはずです。 ##5 上述のごとく 「sylingoma:シリンゴーマ」の「sylingは円柱」「omaは=腫瘍」 ということなのですから。「円柱腫」と訳せればよかったのですが、 「汗管腫(かんかんしゅ)」になってしまったのです。 ##6 だから、おおよそ、 [汗管腫(かんかんしゅ)]と診断される先生の 大部分は、このような歴史をしらないで、ずっと、使ってこられたということになります。 ##7 事実、脳神経外科にも「脳腫瘍」に、「sylingoma:シリンゴーマ」性格には 「cyridroma:シリンドオーマ」という「脳腫瘍」があります。 これは文字通り、「円柱腫」と翻訳されています。 ##8 医療の世界では注射器を、「シリンジ」といいます。 同じ意味です。 ##9 #2で、以上から申し上げたかったことは、 「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、「汗」とはなんの関係もない 「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきもので、 「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳であったということです・。 ##10 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 ##11 ただし、以下、 [汗管腫(かんかんしゅ)]ですませます。 御了解ください。 #3 ##1 「汗管腫(かんかんしゅ)」というのは、「御婦人」の「下眼嶮(したまぶた)」に おおくはっせいする「できもの」です。 ##2 ところが 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、 増えもせず、あとは「化石」として残ります。 ##3 この化石はコラーゲンの塊でできています。そしてうずまきのような 形をしています。顕微鏡でみても「汗腺や汗管」の成分はみあたりません。 ##4 上記はなにを意味しているかというと、 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、生理の始まる前後にできるのだけれども 20歳を、すぎると、プツプツの中身は、「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 或いは「コラーゲンの「うず」」になっています。 ##5 だから、10台の方より、お年をめした30-40-50台の「御婦人」 の「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、もはや「生もの」ではなく、 「コラーゲンでできた化石でうずまきになっている」のです。 アンモナイトのとうに・です。 ##5 この「うずまきの状態」は、いわば一種の「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 とも考えられます。 ##6 教科書などに、顕微鏡で「おたまじゃくし」とか「コッマ状」をしているのは これらの渦巻きを、断面としてみれば、そのようにみえるのですね。 ##7 だから、本物の「汗管腫(かんかんしゅ)」のレーザー治療では、 「このうずまきをほぐしてあげる」レーザー治療をすることが 必要になってきます。 ##8 この「テクニック」はコラーゲンのうずまきをターゲット にして、 QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置 により、 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 という方法を、行います。 「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」 ということなのです。 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば 「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 には1回数(日)の 「ショット数」」は2両眼で、10000ショット が必要です・ 「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」 で「Qスイッチヤグレーザー」の「レーザー光照射」を くりかえす必要があります。 =>#4 #4 ##1 上述のように「汗管腫(かんかんしゅ)」の「病態」は「誤診」を されやすいこと。 「汗」とはなんお関係もないこと・・を、御回答致しました。 ##2 「汗管腫(かんかんしゅ)」の「病態」は「誤診」を されやすいこと」であれば、 いかなる「病態」と間違われるのでしょうか。 =>##3 ##3 「ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは 私には酒さがあるお確信しております。」との事です。 => 一番多いのは「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 2「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) =「「皮膚」と同色のmmくらいのぷつぷつ」 とまちがえあれやすいのです。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 ##4 この場合「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「下眼嶮(したまぶた)」にはできないのですが、 なぜか、「下眼嶮(したまぶた)」に「内側」が一部はいりこみ、 はなすじから「左側頬」に、広がります。 ##5 「メラニン色素系の「病態」」は付属しませんが、 「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」= 「毛孔性角化症」:keratosis pilaris:ケラトーシス・ピラーリス」 を、合併していると、茶色のいろあいになります。 ##7 その他は[稗粒腫:はいりゅうしゅ] =「稗粒腫(ひりゅうしゅ)」(milium:ミリウム) とまちがわれることがあります。 これはしょうめんからみて、光沢つよく、中身は脂肪の塊なので、 「白くみえます」。 #5 ##1 「山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生 に 汗管腫について、またレーザー治療について、 おおしえいただけないでしょうか。 ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは 私には酒さがあるお確信しております。」 との事です。 ##2 #1-#4まで上述のごとく、「汗管腫(かんかんしゅ)」とは。 ------------------------------ 1・「汗管腫(かんかんしゅ)」という病名の起源について。 「 まず 「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という 病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」 には、なにも、「汗の管」の意味はありません。」 と、いうこと。=> 「「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、「汗」とはなんの関係もない 「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきもので、 「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳であったということです・。」 2・「汗管腫(かんかんしゅ)」の病理学的「病態」と特徴について。 ------------------------------ 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、 増えもせず、あとは「化石」として残ります。 この化石はコラーゲンの塊でできています。そしてうずまきのような 形をしています。顕微鏡でみても「汗腺や汗管」の成分はみあたりません。 上記はなにを意味しているかというと、 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、生理の始まる前後にできるのだけれども 20歳を、すぎると、プツプツの中身は、「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 或いは「コラーゲンの「うず」」になっています。 だから、10台の方より、お年をめした30-40-50台の「御婦人」 の「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、もはや「生もの」ではなく、 「コラーゲンでできた化石でうずまきになっている」のです。 アンモナイトのとうに・です。 この「うずまきの状態」は、いわば一種の「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」 とも考えられます。 ------------------------------ 3・「汗管腫(かんかんしゅ)」の病理学的「病態」と特徴からそのレーザー治療 は。 本物の「汗管腫(かんかんしゅ)」のレーザー治療では、 「このうずまきをほぐしてあげる」レーザー治療をすることが 必要になってきます。 この「テクニック」はコラーゲンのうずまきをターゲット にして、 QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置 により、 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 という方法を、行います。 「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」 ということなのです。 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば 「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 には1回数(日)の 「ショット数」」は2両眼で、10000ショット が必要です・ 「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」= 「4分の1「皮膚のターンオーバー」 で「Qスイッチヤグレーザー」の「レーザー光照射」を くりかえす必要があること。 ------------------------------ 4・「汗管腫(かんかんしゅ)」は、「汗管腫(かんかんしゅ)」といわれたときから。 「誤診」が多いものです。 一番多いのは「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の 2「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea) =「「皮膚」と同色のmmくらいのぷつぷつ」 とまちがえあれやすいのです。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 この場合「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は 「下眼嶮(したまぶた)」にはできないのですが、 なぜか、「下眼嶮(したまぶた)」に「内側」が一部はいりこみ、 はなすじから「左側頬」に、広がります。 「メラニン色素系の「病態」」は付属しませんが、 「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」= 「毛孔性角化症」:keratosis pilaris:ケラトーシス・ピラーリス」 を、合併していると、茶色のいろあいになります。 その他は[稗粒腫:はいりゅうしゅ] =「稗粒腫(ひりゅうしゅ)」(milium:ミリウム) とまちがわれることがあります。 これはしょうめんからみて、光沢つよく、中身は脂肪の塊なので、 「白くみえます」。 ------------------------------ #6 ##1 声をおおきくしていいたいことは 「汗管腫(かんかんしゅ)」の「病態」は Qスイッチのついていない、「熱レーザー「レーザー光照射装置」」 =「CO2(炭酸ガス)レーザー」や「エコツー eCO2レーザー」 で2-3回数(日)やっても・・ 御金をドブにすてるようなもので 全く「効果」がないこと! このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 ##2 ##1はとても重要です。 #7結論: ##1 上記御解答致しました。 ##2 病名の錯誤から・ 「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、 増えもせず、あとは「化石」として残る「病態」であること。 ##3 「治療戦略」は結局、 QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置 により、 「「コラーゲンのうず」をまきほどして平らにする」、あるいは これを 内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」 という「テクニック」である。 ##3 ターゲットはコラーゲンになります。 この「テクニック」を 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 ということp。 ##4 QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー) の独壇場だることを上記御解答致しました。 ##5 さらに、ひとつひとつ、「CO2(炭酸ガス)レーザー」などの 「熱レーザー「レーザー光照射装置」」で「治療戦略」を たてるべきではないことを、 御回答致しました。 ##6 同じ「症状・症候」の「御遠方」から御通院中の患者さんは多いものです。 ##7 綺麗に治したいですね。 この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=115 です。

続きを読む "汗管腫(かんかんしゅ)は、汗管腫といわれたときから。「誤診」が多いものです。ほくろの治療戦略ではだめ。QスイッチNd・YAGレーザーによるlaser rejuvenation:レーザー・リジュビネーショ=レーザー・リサーフエシングでやらなければだめです。"

|

逆さ睫毛:さかさまつげのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都



逆さ睫毛:さかさまつげのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。 さかさまつげの手術を右側ですが手術を上眼嶮の裏側からあかんべーをするように瞼板への縫合しましたが。術後赤くなり痛いのです。世田谷区 山本クリニック 世田谷にてレーザー治療御願い致します。42歳女。熊本在住。熊本から週一回通院可能です。 さかさまつげの手術を右側ですが手術をうわまぶたの、うらがわからあかんべーをするように瞼板への縫合で術後赤くなり痛いのです。 世田谷区 山本クリニック 世田谷にてレーザー治療御願い致します。42歳女。 逆さ睫毛:さかさまつげの手術のあと赤くなり痛い。世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療を御願い致します。 さかさまつげの手術の痛みのレーザー治療を山本クリニック 世田谷御願い致します。 ++++++++++++++++++++++ 42歳女。熊本在住。さかさまつげの手術を右側ですが手術をうわまぶたの、うらがわから「あかんべー」をする ように、瞼板に縫い付ける方法で手術を過去歴 2回施術致しました。 3か月前から、両方のめが赤く 痛みでくるしんでいます。 ぜひともに通院させていただきます。 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生 よろしくお願いいたします。 要領の悪いご質問ですみません。 ------------------------------ この相談への個別リンクは  http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=121  です。 これは困りましたね 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 ++++++++++++++++++++++ 1・ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 2・ 御相談者の御相談内容からは「逆さ睫毛:さかさまつげ」は 「「眼瞼内反」+「睫毛乱生」」の両方の「要素」をもたれているように思われます 3・ 根治手術が必要と判断致します。 4・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。 だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方 からのアプローチが必要です。 この場合ペインクリニックでは (「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません) これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 5・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は 局所麻酔で行えます。 けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。 「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。 ちなみに「逆さ睫毛:さかさまつげ」には 「「眼瞼内反」と「睫毛乱生」」の分類から 外科的手術が行われます。 また、 「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。 だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方 からのアプローチが必要です。 この場合ペインクリニックでは (「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません) これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++ 、 逆さまつげの治療法 逆さまつげは非常に痛いです。、何度も繰り返すため憂鬱な気持ちになるものです。 逆さまつげの対策や改善法で、スッキリしたほうが宜しいです。 逆さま つげは、まつげが通常は外側(そとがわに向かって生えているものです。 さかさまつげですが、「5種類」に分類致します。 ------------------------------ 1・ ところが毛根が内側(うちがわ)に生える場合があります。 2・ はえかたの毛根はは正常位置でも先端が内側にむかってことがあります。 3・ まぶたが内側に入り込んでしまうために起こるものもあります。 4・ 内科的要因 5・ その他 ------------------------------ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」とはこのようにして。 目の中にまつげが入ったり刺さったりしてしまうことを呼称いたします。 逆さまつげをそのままにしておくと、角膜など眼球を傷付けてしまいます。 さらに、炎症を起こすなど、眼病の原因ともなりかねません。 逆さまつげは眼科でまつげを抜いてもらうことで一時的に解消されます。 けれども、毛根が残っているため、また同じように生えてきてしまい再発致します。 逆さまつげには、上記のように、 「まぶたが内側に入り込んでしまうために起こるもの」 もあります。 このタイプは小さな子供に起こりやすいです。 この場合は、成長することで自然と治ることがあります。 ちなみに、「肥満や加齢など」が逆さまつげの原因のことがあります。 ------------------------------ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の「治療戦略」には 1・内科的なあるいはその他の「対症療法」があります。 2・外科的な「根治療法」があります。 ------------------------------ 1・ 1・内科的なあるいはその他の「対症療法」 外科的な治療の他に、「対症療法」 としてまつげパーマをかける方法があります。 これはしばらくの間はまつげが内側に向かないように 強制的にまつげに睫毛パーマをかけるものです。 ある程度の時間が経つと元に戻ってしまいますので、 定期的にまつげパーマをかける必要があります。 パーマをかけずにビューラーで上向きにさせることで対処することも可能です。 けれども、数時間で元に戻りますので、こまめにカールさせる必要があります。 自分でまつげを抜くかたがいます。けれどもよくはありません。 抜いた後の毛穴から炎症を起こしてしまうことがあります。 だから眼科で相談しながら行うことが一番よろしいでしょう。 2・外科的な「根治療法」 逆さまつげの手術 手術と聞くと大掛かりで怖い感じがするかもしれません。 けれども逆さまつげを根本的に治療するには一番効果的な治療なのです。 逆さまつげは薬やクリームなどで治療できるものではなく、 毛根の位置やまつ毛の生え方やまぶたの「病態」が根本的な原因です。 いくつかの治療法、対処法はあります。 定期的に継続して行わなければ再発してしまうものです。 逆さまつげをそのままにしておくと、視力低下を招く恐れもあります。 また、眼球や角膜を傷つけ、炎症を繰り返すと、角膜炎や角膜潰瘍にいたることもあります。 逆さまつげは手術することで根本的な治療が可能です。 生え方が内側に生えてしまっている場合は毛根をレーザーで焼く などの治療があります。 逆さまつ げには肥満や加齢が原因でまぶたが下がって来るために起こるものもあります。 これは正常な位置にもどすように手術することが可能です。 プチ整形で二重にすることで改善されることもあります。 いずれも部分麻酔で安全に効果的に行われますので、 有効な治療法と言えるでしょう。 子供とりわけ乳幼児の場合は全身麻酔で行われます。 その分、リスクは大きくなってしまいます。 継続的な改善策で十分対処できるか、「眼科専門医先生」の「病態」 への懸念など総合的に判断した上で手術を決定致します。 逆さまつげといっても本人は非常に辛く煩わしいものです。 しかし、十分にケアすることで緩和させることが出来ます。 だから、悲観しないようにしましょう。 まずは信頼のおける眼科医あるいは形成外科医師 を見つけておくことが大切です。 逆さまつげの手術ですが費用は一般的に埋没法で5万程度、 二重の方法で15万程度となっていますが「御施設」によりさまざまですから しっかり問い合わせされておいたほうが宜しいでしょう。 ちなみに 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は 局所麻酔で行えます。 けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。 「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」とは、 本来、外向きに生えて角膜(かくまく)(黒眼)に は触れない睫毛(しょうもう)(まつ毛)が、 内向きに生えて角膜に当たり、角膜に傷をつくる場合を言います。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の原因について。 ------------------------------ まつ毛が角膜方向を向く原因には、 1・ 「まぶた自体が内向きにまくれ込んでいる 「眼瞼内反」と、 2・ 「まぶたには問題なく、 毛根からのまつ毛の生え方がいびつで角膜側を向く「睫毛乱生」」とがあります。 3・ その他 ------------------------------ 1・ 眼瞼内反には、先天性のものと加齢性(老人性)のものが多く、 いずれもまぶたの皮膚の過剰やたるみ、皮下の筋肉の筋力低下などによるものです。 さらにまた、先天性のもので、まぶたの内反の程度が軽く、 皮膚や皮下脂肪が過剰なため、まつ毛の生える方向が内向きである場合、 とくに睫毛内反と呼ぶことがあります。 また、これらのほかに、炎症などの結果、 まぶたが変形して起こる瘢痕性(はんこんせい)のものや、 まぶたがけいれんして起こるものなどを含めることがあります。 いずれも、ひと並びのまつ毛全体が角膜方向を向くので、 多くのまつ毛が角膜に当たることになります。 2・ 一方、睫毛乱生は「眼瞼縁炎(がんけんえんえん)」など、 まつ毛の毛根部の炎症によって引き起こされることが多いです。 角膜に当たるまつ毛の数は1本のみの場合から多数の場合までいろいろです。 ------------------------------ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の「症状・症候」 乳幼児では 1・ 瞬目過剰(しゅんもくかじょう)(まばたきが異常に多い)、 2・ 羞明(しゅうめい)(光を異常にまぶしがる)、 3・ 結膜充血(眼が赤い)、眼脂(がんし)(目やに)、 4・ 流涙(りゅうるい)などを起こします。 2・ 小児、成人では以上に加え、異物感、痛みなどを訴えます。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の検査と診断 診察で、 1・ まぶたの形状、まつ毛が角膜に接触していること、 2・ 角膜の傷の程度などを診断致します。 常時まつ毛が角膜に接触している場合のほかに 、眼球運動やまばたきの強さ次第で、まつ毛が角膜に接触する場合 とがあります。 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の治療の方法 1・ 先天性の眼瞼内反・睫毛内反の場合、成長とともに1歳前後で自然に治ることが多いので、 それまでは抗生剤の点眼などで様子をみるのが普通です。 2・ 2歳以上で治らない場合、 さらなる成長に伴い自然治癒することも期待できますが、 症状の強さ次第では手術を考えます。 3・ 加齢性の眼瞼内反では、まつ毛を抜くと一時的に症状は改善しますが、 またまつ毛が生えると同じことの繰り返しになります。 また、抜くにしても、ひと並びのまつ毛全体を抜く苦痛も決して楽な「治療戦略」ではありません。 手術して治すほうが効果的です。 4・ 睫毛乱生の場合 まつ毛を抜くと一時的に症状は改善しますが、 まつ毛が生えるとやはり同じことの繰り返しです。 抜く本数が少なくても、繰り返せば炎症を引き起こしたり、 さらに太いまつ毛が生えてくる場合もあります (といわれますが実際これはあくまでも教科書的です)。 「根治療法」には手術が必要です。 睫毛電気分解(まつ毛の毛根を電気の針で焼く)や冷凍凝固を行います。 また内反症手術に準じた手術などが行われますが、 簡単には治らない場合もあります。 結論: 1・ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 2・ 御相談者の御相談内容からは「逆さ睫毛:さかさまつげ」は 「「眼瞼内反」+「睫毛乱生」」」の両方の「要素」をもたれているように思われます 3・ 根治手術が必要と判断致します。 4・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。 だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方 からのアプローチが必要です。 この場合ペインクリニックでは (「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません) これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 5・ 「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は 局所麻酔で行えます。 けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。 「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。 この相談への個別リンクは  http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=121  です。 世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都



続きを読む "逆さ睫毛:さかさまつげのレーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。"

|

手足のぴくつき。体中の筋(筋肉)がぴくつく。ぴくつきの診断法と治療法とは。名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都に福岡から通院致します。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都








手足のぴくつき。体中の筋(筋肉)がぴくつく。ぴくつきの診断法と治療法とは。名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都に福岡から通院致します。 筋萎縮性側索硬化症(ALS)或は「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」を否定しうるか? 筋萎縮性側索硬化症(ALS)或は「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」最新の情報で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都




筋萎縮性側索硬化症・運動ニューロン病・家族性・MND・ALS・ぴくつき専門・世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都




「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 に関しては。 筋萎縮性側索硬化症(ALS)をはじめ 本物の 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」の患者さん を「お受けもちの先生」が直接診療にあたられた御経験がおありかいなか は極めて重要です。 大学病院の「神経内科専門医先生」でも 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」の 筋萎縮性側索硬化症(ALS)を「一度も御経験がない」こと があります。 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者さんの御経験がおありかいなか を「問われることは極めて重要」です。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の診断が「正しいか否か」 が心配 は当たり前のことです。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は非常に「怖い「病態」」です。 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」ですが。 ------------------------------- 初期の段階での誤診率(診断もれ) は5%(2004・4-2006・4) です。 25%(2006.4-2008.4) ------------------------------- と初期の段階での誤診率(診断もれ) は「4年前」より「5倍の誤診診断」とはるかに増加しています。 この「初期の段階での誤診率(診断もれ)」激増の理由としては 2004年代から「4年間」の間に。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を「よめる」「中枢神経系専門医」が 減少或は「第一線」をしりぞき。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の患者さんを一度も ご覧になられていない或は診療に携わったことがない 「中枢神経系専門医」の先生が「比例的に増加」 したことによります。 びっくりされるかもしれませんが これが現状であり。 また患者さんにとってはこの上ない「不幸」です。 東京都 世田谷区 山本クリニックに 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」のかたは お気の毒ですが10名ほどはおられます。 大学病院の如く「神経内科専門医先生」が複数常駐される 「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を「御受診」で 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断がついていたかたは 4名のみでした(40%)。 当院で「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」 となれば再度 大学病院の如く 「神経内科専門医先生」が複数常駐される 「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を 「御受診」される事になります。 一介のクリニックで「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」 の患者さんを「完全御予約制」の御予約で 御通院に到るまでは欠かせないのは。 => 大学病院の如く「神経内科専門医先生」が複数常駐される 「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を「御受診」される 「御既往」が御ありの上です。 逆に泣く子も黙る「有名病院」の神経内科外来の「お受けもちの先生」 から「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」といわれたが 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」ではなかった患者さん も多いものです。




ぴくつき筋萎縮性側索硬化症(ALS)或は「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」最新の情報
この御相談の山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板URLです。↓ http://www.clinicayamamoto.com/list_N.php 相談掲示板画面上のログ検索で御相談NO・で検索されてください。
【80】です。







筋萎縮性側索硬化症(ALS)或は
「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」
を否定しうるか?




「脳血管障害」「脳腫瘍」とりわけ「glioma(グリオーマ):神経膠腫」
で評判の
世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都




年齢:39 性別:男性  約4年前に、手足のぴくつきとつっぱりと 日常生活には困らない程度の手足の筋力低下、 某大学病院に3年半前検査入院 (針筋電図検査に異常が一本だけでたが 心配する程の事はないと言われる) 経過観察。 最近は上記の症状も改善されず、飲み込みにくい、 体重が4年で58キロから49キロまで減少しました。 そもそも4年も 動けていてもMNDという事はないのでしょうか?
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 御相談者の御相談要旨は 筋萎縮性側索硬化症(ALS)或は 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 を否定しうるか?という 御相談と解釈致します。 まず。 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 につき 簡単にご説明致します。 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 は 筋萎縮性側索硬化症(ALS)が代表的な「病態」です。 今現在は広く 「中枢神経系」の運動神経細胞病として考えられています。 例えば シャルコーの定義した脊髄の神経細胞のみの障害の通常の 筋萎縮性側索硬化症(ALS)=古典的「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」= 「Chrcot ALS:シャルコーALS] が「俗にいう筋萎縮性側索硬化症(ALS)」のことです。 このほかに 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は 「1・」の分類 ------------------------------- 俗にいう「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と呼称されているものの 「病態」でも 1・ 古典的「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」= 「Chrcot ALS:シャルコーALS] (または「通常型=forme commune」) 2・ 「延髄型:forme bulbaire」「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」 3・ 「偽多発神経症型:forme pseudo-poly-neuritique」 4・ その他 の「4「病態」」に分類致します。 これらの「4「病態」」はさらに「症状・症候」の・或は その他の「病態学的変数」により細分化されることがあります。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は 西太平洋・グアム・ロタ・テニアン諸島に多発致します。 本邦では有名な事ですが 「紀伊半島南部地方」に多発点があります。 ------------------------------- また別の観点から 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」= 筋萎縮性側索硬化症(ALS)を分類することがあります。 (あまり意味はありません) 「2・」の分類 ------------------------------- 1・ 上位と下位運動ニューロンの両方が障害されるALS 2・ 上位運動ニューロンだけが障害される原発性側索硬化症 (primary lateral sclerosis/プライマリー ラテラル スクレローシス=PLS) 3・ 下位運動ニューロンの障害が脊髄運動神経細胞だけの脊髄性進行性筋萎縮症 (spinal progressive muscular atrophy/ スパイナル プログレシブ マスキュラー アトロフィー=SPMA) 4・ 下位運動ニューロンの障害が延髄の脳運動神経細胞だけの進行性球麻痺 (progressive bulbar palsy/プログレシブ バルバー パルシー=PBP) のように 分類されることがあります。 ------------------------------- また一方これは「重要」な分類ですが 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」= 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」が 1・家族性か 2・家族性ではないか という分類があります。 「家族性」のある患者さんの場合は。 このような場合 「家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS」と呼称されます。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の5%が家族性です。 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の「家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS」 の場合は。 「常染色体優性遺伝」の様式を有します。 けれども 「常染色体劣性遺伝」の様式を有することもあります。 散発性の「若年者「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」」 の事例も御座います。 家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS」の患者さんの 「生存期間」は「2峰性」を示します。 1・ 「短期生存年数型」は24ヶ月 2・ 「長期生存型」は144ヶ月です。 「家族性筋萎縮性側索硬化症: familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」 の発症年齢は平均45.7年です。 「家族性筋萎縮性側索硬化症: familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」 は 通常の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」よりもやや早く発病する 傾向があります。 男女比=1.36:1でやや男性に多い。 「家族性筋萎縮性側索硬化症: familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」 は 「古典的筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と 「臨床神経学」での「症状・症候」 に相違点はありません。 「家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS」の 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は 本邦では「紀伊半島南部地方」に多発点があります。 一般に筋萎縮性側索硬化症(ALS)の 「家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS」は。 西太平洋・グアム・ロタ・テニアン諸島にも多発致します。 このような 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は。 「難しい解釈」から。 総じて 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」とも 「病態概念」から呼称されることも あります。 古典的「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」=「Chrcot ALS:シャルコーALS] を「原点」にして。 「運動神経細胞」=「motor neuron:MN」に 筋萎縮性側索硬化症(ALS)同様の「病態概念」を 想定して 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 と呼称されます。 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 の「分類」など。 「考え続ければ」「きりがない」。 結果として ある日突然に訪れるのが 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」であり その多くが 筋萎縮性側索硬化症(ALS)です。 「診断戦略」がままならず「「治療戦略」がない」 「中枢神経系」の「病態概念」として 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 があります。 一方では 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」は 「極めて怖い」「病態」です。 「ブラック・ホール:black hall」から「抜け出す理論」 で有名な「英国:United Kingdom UK」の「理論物理学者」である スティーヴン・ホーキング:Stephen William Hawking博士 は「筋萎縮性側索硬化症(ALS)である」として 診断されてから「40年」たっています。 よって 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は「間違い」と今現在考えられています。 但し。 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 の「一種」*ではあろうと考えられています。 * 1・ 「運動ニューロン病:moter neuron disease:MND」は。 狭義には筋萎縮性側索硬化症(ALS)と同義に用いることが多いですが。 2・ 広義にはALSのほかにも 同じように運動ニューロンの変性を主体とする「病態」があります。 それらの中に。 ------------------------------ 1・ 「球脊髄性筋萎縮症:ケネデイ・オルター・スン症候群」 2・ ウェルデニッヒ・ホフマン病 3・ クーゲルベルク・ウェランダー病 4・ 慢性脊髄性筋萎縮症 5・ その他 があります。 ------------------------------ 3・「運動ニューロン病:moter neuron disease:MND」 と遺伝子 ウェルデニッヒ・ホフマン病、 クーゲルベルク・ウェランダー病はともに遺伝子の異常が認められます。 ともに 「5q12.2-q13.3」の「SMN」=「 survival of motor neuron遺伝子:運動ニューロン存続遺伝子:SMN」 の異常によります。 ウェルデニッヒ・ホフマン病では「SMN遺伝子」 を含む大きな欠失があります。 1歳までに発症する重症の障害の場合。 クーゲルベルク・ウェランダー病では「SMN遺伝子のみに限局した欠失」 のために、ウェルデニッヒ・ホフマン病よりも遅く発病しなおかつ 軽い症状であることが知られています。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 御相談者が 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」であるか 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」でないか の「判断」はつきません。 「そもそも4年も 動けていてもMNDという事はないのでしょうか?」 という御相談には御回答が可能です。 => 「そもそも4年も 動けていてもMNDという事は・略・」という事は => 多いにありえます。 「ないことはありません」。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「症状・症候」はまとめれば。 1・ 4年前から。 2・ 手足のぴくつきとつっぱりと。 3・ 日常生活には困らない程度の手足の筋力低下。 4・ 最近は上記の症状も改善されず。 => 「進行はしていない」と仮定させて頂きます。 5・ 飲み込みにくい、 6・ 体重が4年で58キロから49キロまで減少しました。 という「症状・症候」で 御相談者が「肩こり・頸こり・背中こり」」或は 「背中バリバリ症候群」(あだ名です)がお強いようであれば 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 として 「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」 として「治療戦略」をとれば「症状・症候」は治っていくはずです。 お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。 但し 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 に関しては。 筋萎縮性側索硬化症(ALS)をはじめ 本物の 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」の患者さん を「お受けもちの先生」が直接診療にあたられた御経験がおありかいなか は極めて重要です。 大学病院の「神経内科専門医先生」でも 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」の 筋萎縮性側索硬化症(ALS)を「一度も御経験がない」こと があります。 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者さんの御経験がおありかいなか を「問われることは極めて重要」です。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の診断が「正しいか否か」 が心配 は当たり前のことです。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は非常に「怖い「病態」」です。 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」ですが。 ------------------------------- 初期の段階での誤診率(診断もれ) は5%(2004・4-2006・4) です。 25%(2006.4-2008.4) ------------------------------- と初期の段階での誤診率(診断もれ) は「4年前」より「5倍の誤診診断」とはるかに増加しています。 この「初期の段階での誤診率(診断もれ)」激増の理由としては 2004年代から「4年間」の間に。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を「よめる」「中枢神経系専門医」が 減少或は「第一線」をしりぞき。 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の患者さんを一度も ご覧になられていない或は診療に携わったことがない 「中枢神経系専門医」の先生が「比例的に増加」 したことによります。 びっくりされるかもしれませんが これが現状であり。 また患者さんにとってはこの上ない「不幸」です。 東京都 世田谷区 山本クリニックに 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」のかたは お気の毒ですが10名ほどはおられます。 大学病院の如く「神経内科専門医先生」が複数常駐される 「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を「御受診」で 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断がついていたかたは 4名のみでした(40%)。 当院で「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」 となれば再度 大学病院の如く 「神経内科専門医先生」が複数常駐される 「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を 「御受診」される事になります。 一介のクリニックで「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」 の患者さんを「完全御予約制」の御予約で 御通院に到るまでは欠かせないのは。 => 大学病院の如く「神経内科専門医先生」が複数常駐される 「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を「御受診」される 「御既往」が御ありの上です。 逆に泣く子も黙る「有名病院」の神経内科外来の「お受けもちの先生」 から「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」といわれたが 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」ではなかった患者さん も多いものです。 山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板 2003/7/23-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html の「過去の御相談と御回答」から 1・ 母親が近くの大病院で筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断 [2] [2009年 1月10日 21時 1分 5秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/279114393125386.html 2・ 家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS? [2] [2005年10月 9日 11時 2分 9秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/90024117434314.html 御参照頂けますか。 今現在に確率論からすれば 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断をされた患者さんの中にも 適切な表現が思い浮かばないのですが 誤診診断例は「いくつもある」はずです。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 私は 家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS」ではなく 「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」 ではないなあという気が致します。 「気がする」のみです。 これは私の考えです。いわば「感」です。 だから間違っているかもしれません。 上記御回答致しました。 一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・ 一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。
世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都 ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都 ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都 ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都    ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都 ペインクリニック 世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都 の新規ホームページ




























続きを読む "手足のぴくつき。体中の筋(筋肉)がぴくつく。ぴくつきの診断法と治療法とは。名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都に福岡から通院致します。"

|

左側で物を食べると左の歯、耳、こめかみ、後頭と順序よく痛みが広がり10分ほど続く。ペインクリニックの名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都神経ブロックをお願い致します。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザー治療世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都のレーザーの知識 そして 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さのレーザー治療相談掲示板世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の酒さレーザー治療のホームページ世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都








顔の左半分が痛い。非定型顔面痛といわれ診断がつきません。脳神経外科的治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都に御願い致します。暖かい山本先生の確実な豊富な知識に基ずいた専門医の治療を受けた。




顔や眼や眼の奥や鼻の奥や歯の喉違和感や痛み・顔面片頭痛・スルーダー神経痛・ペインクリニック・。 口の中の痛み・口の中の違和感・顔や眼や眼の奥や鼻の奥や歯の喉違和感や痛み・顔面片頭痛・スルーダー神経痛・ペインクリニック・。 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都。




「耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。」 との事です。 かえって「妙な「診断病名」」をつけられるより 「「診断病名」確立不能」とされたほうが幸いです。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+ 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+ 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 です。 「耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。 左側で物を食べると左の歯、耳、こめかみ、後頭と順序よく痛みが広がり10分ほど続く。 痛みは序々に強くなりガーと押し寄せてくる感じで拍動感はない。 痛みが完全に取れることはなく左半分が重苦しく痛む。 病名と医療機関を知りたい 」 との事です。 「病名」とは 「診断病名」とは「治療戦略」と「一対一対応」を なすものです。 例外はありません。 あうるひとつの「診断病名」に複数の「治療戦略」はありえません。 よって 「診断戦略」がつかなければ 「治療戦略」もつきませんね。 「耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。」 との事です。 かえって「妙な「診断病名」」をつけられるより 「「診断病名」確立不能」とされたほうが幸いです。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+ 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+ 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 です。




世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都

の公式ホームページ
【101】 題名:顔の左半分が痛い 相談者:匿名希望 年齢:58 性別:女性 地域:山形県  耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。 左側で物を食べると左の歯、耳、こめかみ、後頭と 順序よく痛みが広がり10分ほど続く。 痛みは序々に強くなりガーと押し寄せてくる感じで拍動感はない。 痛みが完全に取れることはなく左半分が重苦しく痛む。 病名と医療機関を知りたい



      東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医) 相談掲示板 101「御回答」 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医) http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html 2009 6 28 SUN 15:10:04 まず「御相談者」の 御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 今現在およみであるこの相談掲示板の。 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の新しい脳神経外科・神経内科相談掲示板 の「トップ」から ログ番号検索を「95」でして頂き。 【95】 題名:顔面片頭痛でしょうか? 相談者:匿名希望 年齢:46 性別:女性 地域:千葉県 2009/05/29 (金)18:19:32 を御参照頂けますか。 さて。 「痛みは序々に強くなりガーと押し寄せてくる感じで拍動感はない。 痛みが完全に取れることはなく左半分が重苦しく痛む。」 という 「重苦しく痛む」「感覚障害・知覚障害」或は違和感が 「「左側」でものを食べると序々に強くなり出現」とは。 「御自覚症状」であり 「元来医師相手も含めて他には伝えがたい」「感覚障害・知覚障害」 である「「「疼痛」の「症状・症候」」であるにもかかわらず。 「御相談者」は。 きわめて明確な「症状・症候」の「御記載」を されています。 あたかも医師から医師への「症状・症候」の伝達のようであり びっくり致しました。 (ちなみに 医師自身が患者の場合は は医師自身のもつ「自覚症状」を他に伝えがたいものです。)



「耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。 左側で物を食べると左の歯、耳、こめかみ、後頭と 順序よく痛みが広がり10分ほど続く。 痛みは序々に強くなりガーと押し寄せてくる感じで拍動感はない。 痛みが完全に取れることはなく左半分が重苦しく痛む。 病名と医療機関を知りたい 」 との事です。 「病名」とは 「診断病名」とは「治療戦略」と「一対一対応」を なすものです。 例外はありません。 あうるひとつの「診断病名」に複数の「治療戦略」はありえません。 よって 「診断戦略」がつかなければ 「治療戦略」もつきませんね。 「耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。」 との事です。 かえって「妙な「診断病名」」をつけられるより 「「診断病名」確立不能」とされたほうが幸いです。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+ 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+ 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 です。 「病名と医療機関を知りたい 」 とのことです。 「診断病名」にかんしては上記「御回答」致しました。 「医療機関を知りたい 」との事です が。 「医療機関を知りたい 」。 これに関しましては この相談掲示板の「範疇(はんちゅう)」を こえてしまいます。 しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い 「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生 を御受診されるのが宜しいと考えます。 但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも 「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。 全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 なお。 「御相談者」の 御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都の新しい脳神経外科・神経内科相談掲示板 http://www.clinicayamamoto.com/list_N.php の「トップ」から ログ番号検索を「95」でして頂き。 【95】 題名:顔面片頭痛でしょうか? 相談者:匿名希望 年齢:46 性別:女性 地域:千葉県 2009/05/29 (金)18:19:32 を御参照頂けますか。 なお 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 に関しましては。 psにURLのリンク先を「御記載」致しました。



その上で詳細につき 下記に順を追って御回答致します。 御相談者には「肩こり・頸こり・背中こり」がありませんか。 もしも御相談者に元来より。「肩こり・頸こり・背中こり」」 がお強い様であれば。 この「症状・症候」は。 ------------------------------ 1・「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 を背景に。 2・ 顔・眼・眼の奥・鼻の奥・歯の喉違和感や痛みなどの 「症状・症候」でくる 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」= 「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」= 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」= 「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」 と。 3・ ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)という外受容器性疼痛。 4・ その他 ------------------------------ の 「複合病態」です。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 に関しましては 「左側」の「肩こり・頸こり・背中こり」を 「症状・症候」としてもち頭痛感というよりは 「「ふわふわ」+「上肢と下肢の「しびれ感」」でくる 病態です。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 で 一番困るのは「頚椎の疾患」或は「脊椎の疾患」と間違われることです。 二番目に困るのは「心療内科「病態」」「精神科「病態」」と間違えられることです。 一番困るのは「頚椎の疾患」或は「脊椎の疾患」と間違われることで あり。 1・「「頚椎」の5番・6番(C5/C6)の椎間板が磨り減っている」 「「頚椎」の「生理的湾曲」が無く「真直ぐだ」或いは「逆弯曲」であると いわれてしまいます。 「臨床神経学的」にMRIで或いは頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が 「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。 99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」或い「はCT・MRI」は 「臨床神経診断学」と合致致しません。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 の患者さんは 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」 という 顔・眼・眼の奥・鼻の奥・歯の喉違和感や痛みの 「病態」や。 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」= ヤコブソン神経痛 Jacobson’s neuralgia耳の痛み・耳の後ろの痛み・ 耳の中の痛み・耳痛・頭痛・耳が痛 いという「症状・症候」 に移向しやすいものなのです。 稀ならずあるいは極めて多くいらっしゃいます。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+ 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+ 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 の「3つ」をお持ちの 「病態」が。 御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」 にいたったものです。 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」と 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」と 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 につき この順番で下記に簡単にご説明致します。



1・ 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 を背景にもたれる患者さんは 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」= 「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」= 「顔面片頭痛」(「スルーダー」)= 「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」 を併発しやすく・あるいは移向しやすいのです。 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」とは (「Sluder:1908」により始めて報告された 「頭蓋顔面痛症候群」が最初の論文です。) 顔・眼・眼の奥・鼻の奥・歯の喉違和感や痛みの 「症状・症候」でくる「目に見えない「機能性病態」」であり。 ------------------------------ 1・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられて劇症化する「タイプ」* 2・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられても劇症化しない「タイプ」 ------------------------------ の「2タイプ」があります。 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」で 「*」の 1・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられて劇症化する「タイプ」 の患者さんの場合は 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の 「抜歯後症候群:ばっしごしょうこうぐん」とも呼称いたします。 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」は 実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」です。 いたみというよりは 「耳や鼻の閉塞感」が定常時の「症状・症候」であり ときによりきわめて「劇症化」到します。 「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は「頭痛系の疾患」で 「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」です。 実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」です。 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の患者さんは。 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」の患者さん の場合もそうなのですが。 「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」の反復 の「御既往」が特徴的であり。 「反復性上気道感染」とも呼称いたします。 けれども この「反復性上気道感染」の患者さんは「学童期」をすぎると熱発もしなければ 痛くもないために。 今現在も「反復性上気道感染」を反復されていることの「現実」に 気づかれてはいないことが多いものです。 だから 何十年もの間に反復し鍛えられた「白血球の細胞性免疫能」 は強くなります。 少ない数の「白血球数」でも事足りるようになります。 その結果 「白血球数が少ないといわれる」 ならまだしも 「ウイルス系の感染・ウイルス病態」と間違われることがあります。



2・ 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」=「tympanic nerve:鼓室神経」 という神経があります。 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」とは。 ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)という外受容器性疼痛 のことです。 簡単にご説明致します。 舌咽神経の中耳と外耳道神経の 末梢神経のひとつに 「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」= 「tympanic nerve:鼓室神経」とと呼称する「舌咽神 神経」の末梢枝でありであり 「鼓室」=「中耳のこと」と「外耳道」の感覚を司ります(つかさどります)) という末梢神経があります。 この「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」= 「tympanic nerve:鼓室神経」が分布する領域の「ピリピリ感」 でくる 耳と「ユースタキイ管」に限局した神経痛です。 多くの場合は。 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」は 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 を背景として発症し。 「耳鼻の奥の「閉塞感」」や 「ふわふわ感」「くらくら感」できたり 「しびれ感」を「御自覚症状」とされることがあるので。 「耳鼻の奥の「痛み」」は程度は患者さんにより さまざまです。 実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」です。 「目に見えない「機能性病態」」であり 「機能性「病態」」即ち「画像診断」或いは「眼で見えぬもの」= 「機能性末梢神経障害「病態」」 です。



3・ 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 この「緊張型」は 極めて実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」です。 psにて詳述を「代えさせて」頂きます。


「耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。 左側で物を食べると左の歯、耳、こめかみ、後頭と 順序よく痛みが広がり10分ほど続く。 痛みは序々に強くなりガーと押し寄せてくる感じで拍動感はない。 痛みが完全に取れることはなく左半分が重苦しく痛む。 病名と医療機関を知りたい 」 との事です。 「病名」とは 「診断病名」とは「治療戦略」と「一対一対応」を なすものです。 よって 「診断戦略」がつかなければ 「治療戦略」もつきませんね。 「耳が痛く 耳鼻科、脳神経医院でも痛みの特定できず。」 との事です。 かえって「妙な「診断病名」」をつけられるより 「「診断病名」確立不能」とされたほうが幸いです。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+ 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+ 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 です。 「病名と医療機関を知りたい 」 とのことです。 「診断病名」にかんしては上記「御回答」致しました。 「医療機関を知りたい 」との事です が。 「医療機関を知りたい 」。 これに関しましては この相談掲示板の「範疇(はんちゅう)」を こえてしまいます。 しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い 「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生 を御受診されるのが宜しいと考えます。 但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも 「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。 全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 なお。 「御相談者」の 御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 山本クリニックの新しい脳神経外科・神経内科相談掲示板 http://www.clinicayamamoto.com/list_N.php の「トップ」から ログ番号検索を「95」でして頂き。 【95】 題名:顔面片頭痛でしょうか? 相談者:匿名希望 年齢:46 性別:女性 地域:千葉県 2009/05/29 (金)18:19:32 を御参照頂けますか。 なお 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 に関しましては。 psにURLのリンク先を「御記載」致しました。 何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。



ps1・ 「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」に関しましては 山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板 2003/7/23-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html の「過去の御相談と御回答」から ここ2ヶ月鼻と鼻の間の左側を触ると嫌な痛みがあります。 [2] [2007年 1月25日 18時17分33秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/157293660639883.html を御参照頂けますか。 山本クリニックの新しい脳神経外科・神経内科相談掲示板 http://www.clinicayamamoto.com/list_N.php の「過去の御相談と御回答」から 山本クリニックの新しい脳神経外科・神経内科相談掲示板 http://www.clinicayamamoto.com/list_N.php の「トップ」から ログ番号検索 キーワード検索を「95」でして頂き 【95】 題名:顔面片頭痛でしょうか? 相談者:匿名希望 年齢:46 性別:女性 地域:千葉県 2009/05/29 (金)18:19:32 を御参照頂けますか。



ps2 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」に 関しましては 山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板 2003/7/23-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html の「過去の御相談と御回答」から 1・ 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 に「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」 => 6月に詰め物をしてある左奥歯が痛く歯科で神経を「抜き」ましたが・。 [2] [2006年 9月28日 15時51分50秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/982267639207752.html 2・ 「抜歯後症候群:ばっしごしょうこうぐん」 「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」 が併発した患者さんの御相談(「抜歯後症候群」) 緊張型頭痛と抜歯後の疼痛 [2] [2005年 4月27日 19時58分42秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/921498984637768.html 緊張型頭痛の抜歯後症候群 [2] [2005年 6月10日 18時45分 7秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/51379643690689.html 母、64歳。数年前以来の抜歯後の下顎の痛み [2] [2006年 3月12日 10時18分35秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/667334235812636.html



ps3 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 に関しましては。 山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板 2003/7/23-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html の「過去の御相談と御回答」から ちょっと長いのですが。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」特集10 [2] [2008年 5月17日 20時37分32秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html を御参照頂けますか。
世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都(脳神経外科専門医) http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 2009 6 28 SUN 15:10:04
ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都 ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都 ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都 ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都
   ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都
ペインクリニック 世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都 の新規ホームページ























続きを読む "左側で物を食べると左の歯、耳、こめかみ、後頭と順序よく痛みが広がり10分ほど続く。ペインクリニックの名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都神経ブロックをお願い致します。"

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »